2017年04月17日

仲卸業者を装う豊洲移転推移派の自民党工作員

混沌としている中央卸売市場の豊洲移転問題、移転推進派と反対派とに二分され議論が活発化していましたが、ここに来て新たな動きがありました。築地の卸売業者が小池百合子東京都知事相手に住民監査請求を行うことがわかりました。移転延期は不当だとして小池都知事に移転延期に伴う賠償損害請求を求めるとのことです。

ちなみにこの住民監査請求を行う人物は生田よしかつという仲卸業者なのですが、この男、仲卸業者でありながらこのようなネットチャンネルのホスト進行をやっています。


生田よしかつ.png




「報道特注」なるこのネット番組では築地移転積極推進論者である日本維新の会の足立泰史やジャーナリストの有本香というメンツが度々出演していることから見ても分かるように生田よしかつなる人物がどういうスタンスであるのかというのがお分かりいただけると思います。

国会議員や著名なジャーナリストを呼び寄せて放送するなどどう見ても普通の仲卸業者ではありません。噂では自民党員との声もありますが、このようなネット放送での小池Disりや、住民監査請求の動きを見ると小池都知事と反目している自民都議会への援護射撃にしか見えません。反小池の色が濃く感情際立ってこのような小池憎しのツイートも散見されます。





それにBSながらこういった冠番組も持つようですのでもはや仲卸業者ではなくタレント並みの影響力を持つプロ市民と言えるでしょう。





生田は小池を住民監査という法的措置で追い詰めることで自民党と移転推進派の追い風としたいようです。しかし豊洲移転経緯の不透明さもあり、土壌汚染問題など問題山積みの中で行政がストップをかけたのは正しい判断であり、この自民党工作員である仲卸業者の言い分が通るとは思えません。



ちなみに築地の仲卸業者の大半は移転反対派で占められているようですから生田のような仲卸業者に紛れ込んだプロ市民と違い、豊洲の深刻さを捉えらている慎重派が占められているのは救いです。外野で移転しろと煽り立てる人間よりも実際に現場でお客さんとやり取りしている人間の体感情報の方が役立ちますからね。






このリンク先のアンケート結果で面白いのが豊洲移転賛成が55%と過半数を超えていますが、一方で豊洲は安全対策を行うべきだとの回答が68%と豊洲の現状は安心・安全とは思っていないということです。こうした民意の声も市場の現状を本当に理解している訳ではありませんが55%の数字に乗っかって移転あり気で結論付けようとしているのが移転推進派なのです。

豊洲 アンケート.PNG




私は小池百合子に関しては興味もありませんし、第一自民党の党籍は抜いていませんから支持できる訳がありません。しかし豊洲問題に関しての移転延期は評価します。むしろ移転白紙すべきと訴えたいです。


東京ガスの工場跡地である豊洲市場の地下には蓄積された有害化学物質が眠っており、それが地震による液状化などの天災でいつ地上に出るとも限りません。設計計画で盛り土にするとしながら実はされておらず、モニタリング調査において出てはいけないとされる物質であるシアンまで検出されてしまい豊洲市場における信用・信頼性が次々と崩れ落ちてしまいました。このように不信感極まりない豊洲市場を取り巻く状況を鑑みれば、早急に移転せずに一度立ちかえって豊洲移転を見直す良いきっかけになって良かったと思います。


それに豊洲に関しては仮に移転後にかかる豊洲市場の維持管理費も問題になります。移転せずとも年間20億もの赤字が出続けると言われていますが、移転後には100億円もの赤字が確定と言われています。築地市場からの移転を機に廃業する仲卸業者もいるようですから移転後の運営悪化は避けられずお先真っ暗と言えるでしょう。


年間100億円とも言われる管理費がなぜ発生するのかと言えば、有害物質生産工場跡地に市場を建てることによる閉鎖型施設にするしかありません。施設設備を安定的に維持させるための空調機能などの稼働により築地よりも格段に維持費がかかるからです。

移転推進派は維持費が勿体ないから早く移転しろと言っていますが、豊洲へ移っても巨額の赤字運営が確定となれば本末転倒。ならば豊洲移転を白紙にして築地を改修した方が良い。築地改修の期間は大田や大井市場での仮移転で賄うのが望ましいと言えます。そして豊洲は短期使用目的での多目的イベント会場として使用することで利用価値のある施設会場を建設することです。

いわくつきの土地でも建ててしまったものはしょうがないからさっさと移転せよという推進派の言い分は乱暴であり無責任極まりません。問題山積の豊洲に永年市場を置くことを想像すればこの地に水産卸市場には相応しくない場所であり移転は容認できません。

(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 18:54| Comment(0) | 豊洲移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

迷走する民進党をよそに安倍政権での介護保険改悪法案が可決

今月12日の厚生労働委員会において民進党がとんだ茶番を見せてくれました。事前通告をぜずに森友問題の質問を行ったことで与党が反発し、即日介護保険制度関連法案の採決に踏み切り法案は可決されました。


民進党 審議拒否.png


強硬採決については政府の横暴だとの声もありますが、厚生労働委員会で与党側と野党側との協議により質疑時間を野党に全部あげるかわりに森友問題は取り上げないという約束があったようです。


ところが民進党の柚木議員が介護保険質疑そっちのけで出席した安倍総理を標的に森友問題を10分以上に渡って取り上げました。これに与党が激怒し打ち切って強行採決となったのですが、野党はこれに反発して審議拒否をぶち上げたのですが、僅か一日で撤回、民進党の迷走ぶりが垣間見える流れとなりました。




別に森友問題など言いたきゃ言わせておけばいいのですが、与党とそういう約束しておいたのなら一応守って介護サービスについてしっかり質疑して貰いたいところでした。こんな事をすれば批判が民進党を始めとする野党連合に返ってくるのに何と学習能力のない連中でしょう。自民党からすれば森友など確たる証拠も示さなければ痛くも痒くもない。むしろ非常識な振る舞いが却って自民党に利することになってしまうのです。


先日の長島議員の離党に続いて、都議選を控える民進党都議連公認候補者2名が相次いで離党となり、もはや民進党は沈みゆく泥船同然。こうした動きは更に加速していくものと思われます。


今回の介護保険制度関連法案は介護サービス利用者の自己負担割合引き上げなどを盛り込んだ改正案ですので国民の負担が増すことになりますから野党はきっちり詰めてもらいたいところでした。ところが森友学園に固執するあまり介護制度よりも森友の方を優先させてしまい肝心の介護制度はおざなり。民進党の罪はあまりにも重いのですが、このような重要法案を強行採決した自民党政権にも怒りが込み上げます。


国民負担を更に押し付けることで国民の消費減速は加速していくことになるでしょう。痛みを押し付け景気を更に悪化させようとする自民党政権。その自民党の悪政を誤魔化すパフォーマンスで兄貴である自民党を手助けしている民進党。もはやこの国に自助能力はないのでしょうか(-_-;)


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 23:34| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

長島昭久の民進党離党による今後の展開

民進党の長島昭久議員が4月10日国会内で記者会見を開き、民進党からの離党を表明しました。この離党会見において古巣の民進党に対して辛辣に批判を述べています。会見を聞いてみると民進党は打倒安倍政権に固執するあまり主張やガバナンスを平気でねじ曲げて政局に持ちこむことに嫌気が差したという感じですかね。


長島昭久.PNG


離党の決定的要因が思想の相容れない共産党との野党連合だったそうですが、それにしてもよくここまで残っていたというべきか今更というべきか長島明久はもっと早く出ても良かったのではないかと思います。長島昭久を保守と定義することに異論の声もありますが世間においては民進党の中では一応まともな部類に入るようです。民進党は離党届を受理せず除名処分とするそうですが、そういう人間が抜けていくことを深刻に受け止められない民進党の行く末は相当危うくなるのではと見ています。


長島昭久がこの先自民党に合流するのか分かりませんしあまり興味はありませんが、この離党に対して野党連合支持者は邪魔者がいなくなったと歓迎の声を挙げています。









リベラル左派の迎合となっている野党連合からすれば保守の長島の存在は邪魔でしかありません。ついでに民進党に残っている保守派も出て行けと息巻いていますが、この連中はなぜ民進党や野党連合が支持を伸ばせないのか理解できないようです。


民進党は確かにリベラル政党ですが、その中に保守と言われる議員の存在があったからこそ反自民党の受け皿にもなり得るのです。それが左思考に傾斜すればバランスを欠き、それまでの支持者が離れることに繋がります。民進党を今だに支持しているのはリベラル思想者だけではありません。保守思想でありながら安倍政権の度重なる公約破りに嫌気を差した反自民勢力も少なからずいるのです。


思想の異なる人間も取り込む懐の深さがなければ政権政党になどなり得ませんし、大幅な支持拡大には繋がりません。このままではかつての社会党のように離党者が続出し、壊滅的な崩壊に繋がることになるでしょう。

しかし民進党はとうに野党第一党としての資格を有さない政党であることは国民も理解していますからこのまま崩壊してくれればなによりです。この政党の存在が今の自民党政権を助長させたと言っても過言ではありませんから今回の長島離党が次なる離党者も誘発するきっかけになればと思っています。



ここ二か月間、森友問題で第一線に立って安倍政権を追及したのに支持率は下げっぱなし。安倍が土地の値下げに拘わっていたら「辞める」という言質からその確証を掴むために躍起になってますが、 そんなことしても無駄!寄付金を籠池氏に渡したかどうかという話が本当だとしてもこれまでTPPなど選挙でぶちあげた公約を破りまくってる安倍からすればたくさんついてきた嘘の一つに過ぎないのですからそれで辞めさせることができればとっくの昔に辞めさせられたはずです。


国民世論を汲み取れない民進党が野党第一党では自民党を利するだけ。自民党と民進党はいがみ合っているように見えても実は相互扶助の良好な関係を構築しているのです。自民党からすれば出来の悪い弟を生かさず殺さずある程度人員を確保させておきたいところでしょう。でもそんなことは許されません。自民党を利する政党など木っ端みじんに潰れてしまうべきです。


民進党の崩壊が安倍政権の崩壊に繋がる、そういう連鎖方式となることを期待したいです。



(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 23:09| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする