2016年09月29日

豊洲移転安全論を捲し立てた橋下徹の無責任な対応ぶり

東京都側の土壌汚染や盛り土における二転三転する説明に不審が募る豊洲移転問題について、橋下徹元維新の党代表の言動が物議を醸しています。ツイッターで持論を展開して「豊洲は安全」「豊洲の地下水は富士山麓並みの綺麗な水」などと吹聴しています。











まるで都側のスポークスマンになったかのように建物や土壌における安全性を主張しており、明らかに第三者的な視点ではない度を越えた賛成論を展開しています。しかしこの男、豊洲における都合の良い部分だけを拾い上げてまくし立てていますが、移転に伴う消えた予算については一切言及していません。億単位と言われる予算が消えてしまったことについて元自治体の長であるならば言及するべきなのですが、ここに触れず豊洲延期を決断した小池東京都知事に噛みつくなど元自治体の長としてはあまりに逸脱した行為です。






盛り土よりもコンクリートで覆われたスペースの方が対応しやすいと主張していますがそれならばなぜ都側がそれを説明できなかったのか?検証していた都側の方が状況は詳しいはずなのに説明が二転三転するなど対応があやふや。それに地下に溜まった謎の水は当初雨水と強硬に主張していたのに実は地下水だったとはどういうことなのか?なぜ雨水だと嘘をつく必要があったのか?地下水では何か不都合ではないかと勘繰られても仕方がありません。


以上の点を鑑みると、都側の国民を欺くような意思決定の在り方や説明・広報のまずさ、 さらに工事受注を巡る疑念など 豊洲における信用信頼性を失墜させ風評被害をもたらしたのは都側自身であり改めて再検証する必要性があり移転延期は至極当然です。橋下など現場にも行っておらず議事録でしか確認しないのに一方的に安全だとをつけるのは無責任であり筋違いというもの。自由気ままに調子に乗って外野からキャンキャン吠える様はまったくもって見苦しいとしか言いようがありません。


既に政界を引退して何の利権も得られない立場であるはずの橋下が豊洲問題でなぜこれだけ噛みついて安全安心を主張するのか?かつての盟友であり、豊洲移転の首謀者である石原元東京都知事が批判の矢面に立たされていることへの擁護したいのか分かりませんが、それだけではちょっと異常とも言える噛みつき方です。「大年増 厚化粧ババア」と我を忘れたかのような酷い小池Disりをやらかした石原元都知事共々、自民都連との利害関係があるのではと勘繰りたくなります。



大阪府や市の財政を悪化させ大阪都構想も失敗し、その腹いせにヘイトスピーチ条例を成立させた橋下徹。日本人への言論弾圧を企てるなど姑息さが露わとなったことでこの男に対しては嫌悪感しか湧きません。



そしてこれまで基準値以下という安全性が確認された数値を持ち出して問題ないとし移転延期に噛みついてきた橋下ですが、本日基準値を超えるベンゼンとヒ素が東京都によって検出されました。





更にラジオ放送ではこのような衝撃的な証言が飛び出しています。





これまで豊洲移転における安全性を数値を基に論をまくし立てた橋下ですが、このどんでん返しにアクロバティックな擁護論も影を潜めてこのような弱気な発言。散々煽り立てていながら無様としか言いようがないですね。










(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 23:15| Comment(0) | 豊洲移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする