2016年08月17日

靖国参拝をパフォーマンスとして使う似非保守のヘタレっぷり

8月15日の終戦の日、戦没者を弔うため多くの方が靖国神社へ参拝されましたが、わが日本国の首相である安倍晋三を始めとする自民党政権の閣僚は中国韓国からの圧力に屈し参拝を次々に見送り、結局靖国神社に参拝した閣僚は注目度の低い高市総務相を含む僅か3名だけということになりました。


稲田朋美防衛相も自衛官激励及び視察という名目でジブチへ行きましたが、取り立て急遽視察など行く必要もないのに敢えて終戦の日をまたいでの海外視察とはあからさま過ぎです。しかもバカンス気取りのこのファッションで渡航したのですから呆れてモノが言えません。公私混同しちゃう人のようですから靖国に行かなくて正解です。て言うか二度と行くな!!


稲田朋美 バカンス.jpg


私は終戦の日に総理大臣や閣僚が靖国神社参拝することに関して正直どうでもいいです。むしろ国益を損なう政策を遂行し続ける安倍自民党政権全閣僚は参拝などしてほしくはないしするべきではありません。しかもこの日は韓国議員が大挙して竹島に上陸されてしまい、何一つ手が打てなかったとは情けない。「竹島は日本の領土」と主張しておきながらこのザマ、おまけに従軍慰安婦を認めてしまいその賠償金10億円を恵んであげるのですからこれが保守とは片腹痛しです。




国会議員の中には愛国者を装い靖国を利用する不逞な輩もいます。この日ぬけぬけと参拝していた西田昌司など最たるものでしょう。どの面下げて靖国参拝してきたのか?

西田昌司 靖国参拝.png


ヘイトスピーチ法ですっかり売国面をさらけ出しておきながらまだ保守層からも一定の支持を得ておきたいのか分かりませんが、靖国神社参拝に最もふさわしくない国賊者です。しかもこの男、頻繁に靖国参拝をしておいて保守層にアッピールしておきながらこうした二枚舌の噂もあり胡散臭さ満載です。





安倍ちゃんや稲田が靖国参拝を見送ったのを棚に上げて我らが自民党工作員のfuzita2015クンは相変わらずコーイKこと小池百合子攻撃にご熱心のようです。小池が靖国参拝してないだのと言って小池支持層をネトウヨと侮蔑用語を使って罵ってますが、まずは要職に就くまでずっと靖国参拝していた安倍や稲田に言えよ(笑)このチンピラはネトウヨよりも醜悪なネトサポなのですからお前にだけは言われたくはないわな( ̄▽ ̄;)




靖国を利用するだけ利用して保守を気取る似非保守など、目立つ要職に就くと萎縮して参拝を見送るものです。こんな気概のない似非保守などに靖国パフォーマンスなどやってもらいたくはないですね。


(スポンサードリンク)









posted by yuuponshow at 23:55| Comment(0) | 靖国神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

慰安婦像が全世界に建立されようとも韓国に10億円を支払う国賊ニッポン政府

尖閣諸島の中国による了解侵犯は外国船と中国船の衝突が元で一旦中国側が船舶を引き上げることになりましたが、露呈された日本側のずさんな対応、敵の都合で引き上げてくれたものの結局敵に威嚇することもせず遺憾の意だけとは日本国民は屈辱を味わされた格好となりましたが、更に今度は昨年末に韓国と合意された慰安婦問題を巡る日韓合意で拠出金10億円の支払いに合意し、今月中に支払われる見通しとなりました。


日韓合意 慰安婦像は野放し 韓国では“蒸し返し”の動き続く saikei 2016.8.12 (URL)


日韓合意 安倍猛省.jpg





屈辱的な外交を続けている我が日本国、日本より拠出される10億円は「賠償ではなくあくまで基金だ」と否定する日本政府だが、それを手にする財団の金兌玄(キム・テヒョン)理事長は取材に対し「日本側が拠出する10億円は実質的には賠償の性格を持ち日本軍の関与と責任を認め、謝罪と反省を表明し、その意味において政府予算から拠出するものだ」」と解釈していることから分かるように双方の主張が食い違っています。しかし慰安婦像の撤去すらも条件に入れられず日本政府は易々と慰安婦にかかわる責任を全面的に認めて政府よりお金を支出しているのですから韓国側の主張がそのまま通ったものと捉えられても仕方がありません。



この日韓合意が成立してしまった昨年12月に日本政府への批判もある中、「手切れ金として10億なら安いものだ。この前の合意は世界が見ていたから韓国はこれで蒸し返すことができなくなった」と安倍政権への称賛の声が挙がりました。





自民党工作員のfuzita2015クンもこれで韓国を黙らせると意気揚々と語っていました。




あれから何か日本にとって良いことがあったのでしょうか?日本政府のお墨付きを貰って韓国側のロビー活動が止むことなく慰安婦像が次々と全世界に建立され続けているのが現状なのです。


二度と関わってくるんじゃねーぞと言われてもタカリユスリを続けてきた国家がピタッと止むはずがありません。むしろこれからより過激に日本への批判を強めていくことが予想されます。 難癖付けてきたら 卑しさと嘘が暴かれるだけと嘲笑していた者もいましたが、そんなことで襟を正す国家ならばとっくの昔にしてます!!


1965年の日韓基本条約で韓国への大戦時の保障問題に対して「完全かつ最終的に解決済み」となったはずが、それを反故にして新たな賠償を要求をしてきたのですからむしろこれをきっかけにタカリユスリ体質が高まり賠償利権の幕切れとなることは間違いありません。

そもそもこんな合意をしてしまったことでこれまで日本が否定していたことと矛盾が生じてしまい、従軍慰安婦の存在を認めてしまうことになります。日本政府から慰安婦問題があったとお墨付きを貰った韓国や反日勢力からの批判が強まってもそれを否定することが叶わなくなるのです。我々日本国民は安倍政権という最低最悪の政府の元、屈辱的な敗北外交を強いられることになってしまったのです。支持率50%超の安倍政権ですが、これでもあなたは国賊安倍政権を支持できますか?


これでも安倍支持?.jpg


オリンピックでの華々しい日本選手の活躍とは対照的に屈辱的な外交を行い続ける安倍政権、相手の思うがままされるがままで国益を損なうことになった我が国は保守やリベラルといった思想信条などを超越した国賊政権として歴史に名を残すことになるでしょう。

(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 22:45| Comment(0) | 外交問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

尖閣諸島を見捨ててアメリカ様中国様のご機嫌伺いに躍起の安倍政権

日本ではオリンピックと天皇陛下生前譲位の報道が大きく扱われていますが、その一方で中国海軍と同国の漁船300隻もの船舶が日本領海である尖閣諸島への領海侵犯、もしくはその周辺まで押し寄せて挑発行動を行っています。日本領土を占領されかねない緊迫した情勢にも拘わらず日本国内ではなぜか各報道機関ともに小さな扱いとなっています。

中国船了解侵犯1.jpg中国船領海侵犯2.jpg



この前の北朝鮮から発弾されたミサイルが秋田県沖の排他的水域内に着弾したことも含めて日本側報道があまりにも扱いが小さいのはいったいどういうことなのでしょうか?国土を奪われたり人名の危険にさらされかねないこれらの事態であるにも拘わらず報道の優先順位がおかしいし、意図的に矮小化しているとしか思えません。それと歩調を合わせるかのようにこれまで連日の領海侵犯にも拘わらず日本政府にはまったく動きがありません。

やっていることは中国大使を連日呼んで遺憾の意を伝えるだけ、その中国も「尖閣領土は中国固有の領土」と一歩も引かず反論されるの繰り返し。もういい加減に強硬的措置を行わねば取り返しのつかない事態も想定されます。




これだけの船舶が大挙押し寄せているのですから海上保安庁だけでは対応は無理なので緊急措置として個別的自衛権を行使して自衛隊出動も検討しなければならないはずですがそれすらもしようとしません。2012年の政権交代時の総選挙で尖閣諸島に公務員を配備するといった公約は何だったのでしょうか?威勢の良いことを言っといて続々と領海侵犯され放題とは安倍はどこまで国民を愚弄し続ければ気が済むのだ!!


ここで思い出されるのが2010年9月に発生した尖閣諸島近辺に領海侵犯してきた中国漁船が日本の海上保安庁船に衝突したことで中国漁船が拿捕され船長が逮捕されたことです。数日後日本政府(当時は民主党政権)が中国船船長を釈放したことがありました。民主党政権によるあまりに弱腰の情けない対応に屈辱を覚え激怒した日本国内では各地で抗議活動やデモが開催されこれにより民主党政権の失速が始まりました。

中国漁船 船長釈放.jpg
尖閣デモ1.jpg


この民主党に批判が集中した時に当時の自民党総裁だった谷垣禎一が何と言ったかというと、「(中国人船長を)直ちに国外退去させた方が良かった。最初の選択が間違っていた」というもの。要するに騒動になる前にさっさと釈放していれば良かったと言っていたのです。自国の保安船をぶつけられておいてさっさと釈放せよとは民主の対応もそうですが、自民はそれに輪をかけて酷いと言える発言でした。

これは谷垣個人の見解ではなく自民党としての資質の在り方がそう言わせたと思います。それを裏付けるのが六年経った現在の領空侵犯されている今の状況を見れば一目瞭然。保守の期待を一手に背負って再登板した安倍ちゃんやその後継者と目されて新防衛大臣に就任したばかりの稲田朋美はこの件についてまったく言及していません。稲田朋美など自民が野党時代に民主政権に対し、威勢の良いことを言って糾弾したのもはるか昔のように感じます。それがこの有様、せいぜい遺憾の意が精一杯なのでしょうがこの無様な弱腰対応では中国のやりたい放題にされるのも仕方がありません。


こうして振り返ると尖閣を巡る領土問題に関しては民主党政権の方がまだマシでした。尖閣諸島の国有化宣言したり、日本の漁船も尖閣海域を自由に航行できていたのですから。それが今では海上保安庁が中国様を刺激するなと言わんばかりに尖閣諸島警備を強化して日本の漁船を近づけさせないよう邪魔しています。これもすべて安倍がアメリカ様、中国様のご機嫌を伺っているからであり、中国様の嫌がらせに触発せずジッとひたすら耐えているという状況なのです。



こんな政権が保守とは片腹痛し、安倍も稲田も口だけの方便使いで何一つ国民を守ろうという気概などない!こんな政権の支持率が高まること自体がおかしな状況であり日本国民の資質の在り方も問われかねません!!


(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 18:35| Comment(0) | 尖閣諸島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする