2015年12月12日

消費税軽減税率決着、減税と偽り有無を言わさず10%の増税確定

2017年4月より行われる消費税10%増税に合わせて軽減税率導入を巡り自民、公明の与党両党が合意したと発表しました。軽減税率対象は食料品全般とし、不足する財源はたばこを一本当たり3円(一箱当たり60円)に引き上げることになりそうです。


軽減税率 酒除く全食料品で自公が大筋一致 Yahoo News 2015.12.11url



その財源不足をたばこを60円もの値上げで補うことになるのですが、2010年10月民主党政権時にも100円以上値上げされておりそれに次ぐ大きな値上げ幅となりそうです。健康促進のついでにたばこの喫煙率や本数も更に減って税収減は間違いないですね(呆)


だいたい消費税のせいで景気後退しているのに10%増税を前提として軽減税率の話をしているのだから話になりません。軽減税率とは言っても8%ベースで今の現状を鑑みれば8%も厳しいことに違いはありません。軽減税率など消費税を肯定させるための国民を欺くまやかし行為でしかないのです!!



以前は消費税増税に慎重的な見方をしていた参議院議員の西田昌司ですら消費税増税を肯定する変節振りです。



ビデオレターの内容も軽減税率を10%の段階では行うべきではないとし、不足する「財源」はどうするのだと異を唱えています。しかも世間で散々批判されていた軽減税率にプリペイトカードを導入するべしとか言っちゃってるのだからどうしようもありません。経済を疲弊させている消費税税制そのものに異論を唱えていないところを見るとこの人もズレているようです。いかに自民党という政党全体が消費税に前のめりで増税による経済への悪影響を総括していないかが分かります。




それにしても軽減税率を争点とした一連の税制改正の動き、増税あり気の自公政府は勿論の事、増税を既定路線として報道しているマスコミにも怒りを感じます。新聞などの媒体にもきっちり増税されると思いきや、この連中は抜け目なく新聞に軽減税率適用させるべく安倍ちゃんとゴルフしたり会食したり献金に勤しんでいるのですから。

消費税に異を唱えると「おたくの社は軽減税率なしね」などと言われるのが怖いのでしょうか?報道の自由度ランキングにおいて北朝鮮と肉薄するくらいの低いランクを見れば頷けます。民主主義の国において政府が行う政策に異を唱えることは建設的なことであり、消費税導入からの日本経済の惨状を鑑みれば消費税そのものに対する見直しを唱える報道機関があってもよさそうなのですが、残念ながらそういったマスコミは皆無なのでしょうか。


リーマンショックのような世界同時不況が起こらない限り増税をストップするしか方法はないのでしょうか。否、右肩上がりの増税など許してはなりません。10%に上げさせない且つ少なくとも5%への引き下げ、更には消費税廃止に繋げるためにも国民が物分りよく仕方ないと言わずに拒絶反応を示さなければなりません!民意を増税ありきの売国奴自公政権に突きつけてやりましょう!!















posted by yuuponshow at 15:24| Comment(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする