2014年05月26日

消費税増税は民主党がすべてやりました!!

消費税増税から2か月経とうとしています。原油高などの物価高に加えて消費税増税が実施されたことで日本国民にかかる負担が厳しくなりましたが、賃金は上がっていません。ベアも一部の大手企業が実施しましたが支出が大きいので景況感は感じられないでしょう。

今後更に増税実行した自民党に対する批判が強まっていくことでしょうが、批判の矢面に立たされているはずの自民党サポーター&自民党工作員は消費税増税は民主党がすべてやったと詭弁を抜かしています。呆れて言葉も出ませんが、これが彼らの言い分です。



自民党批判のデマまとめ(消費税は民主党がやりました)

消費税増税は2012年当時民主党政権時の野田首相が消費税増税法案を通すために野党の自民党・公明党の3党合意で可決に至った。法案に賛成してくれれば解散をすると明言した野田の言葉を信じ、これ以上民主党に政権を続けさせるわけにはいかないのでやむなく自民・公明は条件を呑んだのです。

政権交代した後、安倍総理が3党合意に拘ったのは既に予算を組んでいるので消費税増税凍結をしたら行政が混乱し、連立している公明党の離脱され当時参議院での与党過半数が維持出来なくなるのです。自民党安倍政権は3党合意の縛りでやむなく増税を決断したんです。



実は消費税増税を実行したのは自民党ではなく、すべて民主党なんだそうで、この詭弁をぜひ自民党のどなたかが公で発言して貰えないでしょうかね。一斉に反発されますから(^_^;)

確かに消費税増税法案を可決した時の政権与党は民主党でしたが思い返してください。2013年10月1日、安倍総理は間違いなく自分の口で消費税増税を実施すると日本国民に告げているのです。

安倍政権は経済政策優先といいながら確実に景気の腰折れを招く消費税増税を実施しました。景気優先を第一に掲げていながら民主党ごときの縛りや一時の行政の混乱を恐れてやむなく実施して、その後に確実に及ぶ景気の悪循環の事など気にせず増税を決意したのでしょうか?
増税判断の付帯事項は何だったのか?
増税発表にやった有権者ヒアリングも出来レースだったのか?

私は30分にも及ぶ安倍総理の増税会見を見て失望したのです。



12分15秒過ぎ
増税をせずに経済再生だけを優先すれば、将来の社会保障の安定と税制再建に疑問符がつくことになってしまいます。

かつて3から5%へ消費税を増税したときどうなったでしょう。全体の税収は落ち込んでいますよね。あれから日本は深刻なデフレ不況に突入したのです。また同じ過ちを繰り返すのでしょうか?将来のために避けられない消費税増税とうそぶいて国民を騙していることで我々国民は大きなとばっちりを受けるハメになるのです。

そして安倍工作員、この連中の言い訳や屁理屈を見ていて、いくら支持しているからといってすでに死に体の民主にすべてを押し付けようとする行為は呆れてものが言えません!何にせよ消費税増税を実施したのは安倍政権に他ならないのです!くだらぬ詭弁や屁理屈は大概にして貰いたい!!
posted by yuuponshow at 15:59| Comment(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする