2014年05月16日

自民党工作員急先鋒fuzita2013の異常な批判叩き

私はツイッターで意見の違う人とのやり取りが好きで自分でも書き込みます。特に政治の話に関心があり色んな人と議論してきました。

つい先日、ある自民党支持者とも議論しましたが、私が自民党を批判しようものならば罵詈雑言を浴びせかけチョンだのミンスだの共産党員だのレッテルを貼られてしましました。

彼のツイート名はfuzita2013。安倍総理の熱烈信者かと思われますが、質問をしてもはぐらかして罵倒してきます。例えば

「安倍政権について消費税増税、TPP、竹島の式典、グレンデール慰安婦像設置問題、最近ではリニアの技術無償提供報道がありました。これらについて自民党政権に批判はしないのか?」

と問いたらなぜかお前はチョンかシナか共産かなど逆質問を投げかけてくるのです。

質問を浴びせかけてもこちらの質問には答えません。おそらく彼にも自民党政権に対するふがいなさを感じているから答えにくいのだと思いますが、それでも批判を許せない自民愛安倍愛が一気に着火し、批判者に対して攻撃的に罵詈雑言を浴びせてくるのです。

幼稚だろうが何だろうが手段はどうでもいいようで兎に角、安倍政権批判者を叩き潰すのが彼らのやり方です。こちらの質問に対しては一切応じようとはしません。言葉のロジックを使い誤魔化し、逆に質問を浴びせまた罵詈雑言し、レッテル貼りをし批判者を追い込んでいきます。そして批判者がツイートしなくなると勝利宣言をします。ちなみにfuzita2013はこのやり方を論破というそうです(笑)

以前も彼らグループのやり取りを見ていて、あまりの攻撃的で執拗な罵倒攻撃に不快な思いをしました。そして今回私も彼らのペースに狂わされまともな議論をすることが出来ませんでした。なぜそこまで執拗に安倍批判者を攻撃するのか、今回書ききれなかった部分もまた改めて記事にしたいと思います。
posted by yuuponshow at 14:48| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする