2021年10月20日

2021総選挙で私はこの候補者に投票します!!

総裁選前に、それまでの自民党政策を一新する新政策と方針を意気軒昂に掲げておられた岸田総理大臣。そして総理大臣就任から半月となり、その新政策の実現に向けた取り組みの実効性が期待されていましたが、蓋を開けてみれば、どうも前・前々政権と違いはない禅譲政権になりつつあるようです。







言葉を言い替えただけですが大きな違いです。要は国民への分配は後回し(つまり撤回)するということのようです。その他にも掲げていた公約がありましたが、自民党公約にはそれらが一切ありませんでした。それにモリカケサクラカワイといった党に降りかかった数々の疑獄案件の真相解明に努めると公言していたはずですが、これらも一切口にしなくなりました。政治家が主張を翻すというのは珍しいことではありませんが、短期間の間にこれだけ有限不実行してくれるとは驚きとしか言いようがありません。







党人事にしても言い逃れのできない疑惑を抱える甘利明を幹事長に置くなど、国民を挑発してるのか?と言わずにはいられません。これで来るべき総選挙に勝てると思っているのでしょうか?自公で過半数維持をボーダーラインとしているようですが、こんな有限不実行がまかり通る政権に良識ある国民であればNOを突き付けるしかありません。

スポンサーリンク




ではここから本題に入ります。国政選挙前なので恒例の私はこの候補者に投票します!です。私の選挙区は鹿児島1区で、選挙区で立候補しているのは自民党が宮路拓馬候補立憲民主党の川内博史候補の2名です。


宮路 川内.PNG



この鹿児島一区の自民党は長らく保岡興治氏の地盤でしたが、前回の総選挙直前に興治氏が病により引退することに。そのため息子である保岡宏武氏に譲り挑みましたが川内氏に敗北を喫することになります。保岡側としては今回リベンジを果たしたいところでしたが、県内の選挙区削減という事情もあり、今回は旧三区を地盤にしていた宮路拓馬氏を擁立することになりました。



自民党としては選挙のたびに選挙区と比例区の候補者を入れ替えるコスタリカ方式をとるようですが、候補者が一本化できないことで地盤としての機能が揺らぐことになります。おまけに二人とも世襲ですからその点でやや風当たりも強いし、揺らぐ地盤では支持も頭打ちになるでしょう。対する立憲の川内氏は、一区は民主系候補として20年以上譲ることのなかった地盤であり、じっくり足固めができるというメリットもあり今回の選挙戦も優位に進めることになりそうです。



自民のお家事情が投票判断について考慮することはありませんが、一応参考のために(笑)。何より安倍・菅政権下での国会運営のあり方、コロナ対応、経済・財政政策いずれも有権者を失望させた自民党には票を投ずることはできません。今回も前回同様、川内氏に票を投じることにしました。しかし私、立憲を支持している訳ではありません。自民党の対立政党だから仕方なく票を投ずるだけです!野党統一候補に票を投ずる人は私のような考えの人がかなりいると思います。立憲党やその支持者はその点しっかり認識した上で、政権交代からの政権運営で有権者の失望を買うことのないようしていただきたいと思います。





続いて比例区ですが、ここは候補者個人としてみるよりも党の方針・政策が決め手となるので単純にそれで選定した結果、「れいわ新選組」に決めました。消費税廃止や個別給付金の公約など経済政策では断トツ文句なしです。



九州ブロックは福岡選挙区で重複する大島九州男候補一人だけなので、仮に大島候補が選挙区で当選したら比例票は死に票になる訳ですが、相手が麻生太郎ですからなかなか厳しいと思われます。ここはれいわ候補の躍進を期して、九州ブロックはれいわにしました。正直、れいわの獲得予想議席は一議席かもう一議席上乗せくらいなので実際公約が実現するのか厳しいところですが、こうした本気で経済立て直しを考えてくれる気概のある政党が勢力を伸ばしてくれることが日本のためになると信じております。






ということで総選挙での投票先をお伝えしました。皆さんの選挙区や比例区の違いはあれど、投票先を決める参考になれば幸いです。今回野党が候補者の一本化にほぼ成功しているので、政権交代もあり得ると思います。野党連合政権が果たしてどうなのか?という不安もありますが、まずは行政を歪めて何ら反省もなく改善もしなかった自公政権を終わらせないと日本はこの先進むことはないと考えます。

posted by yuuponshow at 22:30| Comment(0) | 国政選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月13日

立憲民主党は野党第一党の資格ナシ!やることすべて自民党を利する工作員活動

衆院解散が目前に迫る中、腐敗しきった自公政権に対抗すべく野党連合が一丸にまとまり選挙に臨まなければならないこの大事な時に野党側から信じられないような失言が明らかとなりました。






北朝鮮による拉致事件の発生から40年以上、問題が表面化して20年経過していながら北朝鮮との交渉もなく進展もない状況で、国として非常に扱いずらい案件であることは間違いありません。しかし国の政治家が半ばさじを投げるような発言を、それも死亡と決めつけては被害者家族の逆鱗に触れる発言を仕出かしたのだからもっての外です。






国会代表質問でも与党側から生方幸夫議員の問題発言を叱咤されるなど、野党第一党所属議員の失言にとどまらず党の体質と揶揄される始末で、立つ瀬がありません。政権交代を実現しなければならない総選挙を目前にしていったい何をやっているのでしょうか!?







生方議員は即退場レベルで論外ですが、同党の小川淳也議員あんた一体何やってんだ!?野党連合の枠内ならともかく、よりによって維新に懇願するとか恥を知れよ!!これら立憲党のぶざまな行為が自民党シンパが歓喜し、こぞって取り上げられ拡散されることを想定できないのか!?敵に塩を送る行為のオンパレードでまったく呆れるばかりで情けないです。

スポンサーリンク




とどめは東京8区の混迷極める野党候補でのつばぜり合い、この経緯を時系列で読み解くと山本太郎独断で東京8区出馬を決めたとは思えません。






元・朝日新聞の佐藤章氏が山本太郎が東京8区立候補の経緯について語っている通り、山本側と立憲側とで念書を交わしたという下りについてはどちらが正しいのかは現時点では明らかではありません。しかし山本側が候補を取り下げているのならば立憲側も何らかの説明責任を果たさなければなりません。公党であり、野党第一党として弱小政党を抱き込みながら、その党首に対してあまりに誠意を感じられない。それどころか東京8区の立憲候補者支持者が山本太郎銃弾抗議活動という暴走を許してしまう有様。







戦うべきはこれまでこの選挙区で9回当選し続けてきた石原伸晃ではないのか!?「自分たちの縄張りで何さらしてくれるんだ!」と感情的に山本側へ向け抗議して、一体誰得なのか?対すべきは自民党でしょう!石原でしょう!まったく立憲もその支持者も理性的じゃないし建設的じゃない。こういう一連の流れはすべて自民党政権を利することになるのです。



立憲民主党がこの先、自民党から政権を奪取しても選挙協力してきた他党との軋轢が生じる可能性は限りなく高いと言えるでしょう。まずは野党勢力の勝利が前提ですが、政権奪取後については混迷を極めることになるかも知れません。わずか3年あまりの政権運営で国民に大いに失望させた民主党中枢幹部がそのまま立憲の中枢幹部として滑り込んでいるのはおぞましい思いです。



野党共闘.PNG



自民党には勝たせたくない、でも立憲では・・・そういう思いは野党連合を支持する人たちの間でも大勢を占めていると思います。総選挙を前に浮足立った党と候補者と支持者を見ているとそう言わずにはいられません。こうした不手際を大いに反省しなければ政権交代したとしてもまた失望を買って下野することになるでしょう。望むべくは立憲に代わる自民党に対抗する勢力の台頭、もしくは立憲党内からの改革ですが、果たして政権交代後は如何に!?

posted by yuuponshow at 23:35| Comment(0) | 旧・民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月08日

再活動は厳しい!?自民党工作員の希望の星Dappiのツイートが止まる

発足したばかりの岸田内閣ですが、党人事で傷物の甘利明を幹事長に据えたことで発足直後の政権支持率は思ったほど伸びておらず、ご祝儀のつかない厳しい評価となりました。







甘利だけじゃなく、小渕、高木と傷物面子で固めている自民党執行部ですが、閣僚も有能な人材が揃ってます。







前デジタル大臣の平井卓也と同じですが、こちらはお金を払わなかったと正直に答えているだけまだまともかな?(笑)いずれにしろ収賄容疑に問われる案件ですから、逃げずにきちんと説明していただかないといけませんね。

スポンサーリンク




どうにも先行きが思いやられる岸田政権ですが、それをサポートする側も由々しき事態に!?自民党をサポートする支持者のツイッターアカウントの素性が暴かれてしまうという事態となりました。




DAPPI.png
自民党工作員のDAPPI




かねてより民主党系や左翼系議員に向けデマや悪質な印象操作ツイートを頻繁に発し、自民党工作員としてその活躍が知れ渡る存在となっていたDappi@dappi2019でしたが、立憲の小西ひろゆき議員が名誉棄損としてDAPPIの情報開示を裁判所に求めたところそれが認められたようで、名前は伏せてますがDappiが法人企業であることが明らかとなりました。



そもそも小西議員が情報開示を裁判所に提起するきっかけとなったのが下のツイートであると言われています。一個人の野党攻撃であれば見過ごしていたかも知れませんが、フォロワー16万で政治家や著名人からもリスペクトされる程の影響力ですから攻撃される側としても見過ごせなくなります。






平日の朝から夕方までのツイートが目立ち、会社形態の組織アカウントでは?と勘繰られていたのですが、どうやらその通りとみて間違いなさそうです。個人であるか法人であるか?これ実に重要でして、法人だとどこからかお金が流れて工作活動していた可能性が高いからです。







この法人の詳細も気になりますが、そこにお金を流していた組織とは一体どこなのか?これ突き止めたらとんでもないことになりそうですね。何せ国会議員でしか知りえない情報をもっていたことも暴かれてましたからね。





かつて内閣情報調査室に対してDAPPIの情報開示を求めたところ完全否定ではなく、存否すら明らかに示せなかった苦しい回答をせざるを得ない対応でしたが、ここまでの状況からして答え合わせできたように思えます。







野党攻撃する一方で、自民党(主に安倍やそれに近い人物・維新など)ageの世論誘導を行ってきた法人Dappi、最近の動向はというと10月1日のスガ本人の退陣の挨拶ツイートをリツイートして以降、何ら発信していません。組織内全員が有給休暇に入ったのか?スガ辞任をもって組織を解散したのか?定かでありませんが、小西議員に素性を含めた情報を握られている以上、再活動は厳しいのではないでしょうか?



裁判の行方にもよりますが、法人Dappiの活動運営は厳しくなることは避けられません。逆にDappiのデマ印象操作で散々煮え湯を飲まされてきた者からすればしてやったりざまあ見ろってところでしょう。しかしここで終了ではありません。ここに資金を流し込んだ組織の内幕を明らかにする必要があります。もし政府関係機関であれば我々の税金から工作活動を流していたことになり由々しき大問題です。Dappiの正体だけではなく背後関係しっかり暴くしかありません!!




posted by yuuponshow at 11:30| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする