2021年12月01日

福祉の党、公明党の愚策が招いた支持母体創価学会への影響

今年も早いものであと一ヶ月。昨年から猛威を振るっていた新型コロナが日本においてやや収束しかかっていたのが、またしても新たな変異種が誕生してしまいました。オミクロンと名付けられた新変異種は世界各地で感染拡大の猛威を振るい、そして日本でも感染者が出てしまいました。






新変異種オミクロンが確認されてからの日本政府の対応は海外からの渡航者入国を原則禁止にするなど迅速で評価できますが、これまでの医療機関の病床や人員を減らした挙句、自宅療養者という医療放置で救われた命が多く失うという失政を犯した自民党政権。前任、前々任者の轍を踏むことのないよう万全の対策で臨んで貰いたいものです。まだ全容が明らかでないこの新変異種に戦々恐々ですが、これまで通り国民一人一人が正しく恐れて対処するよう心掛けましょう。



コロナにより社会生活が疲弊するなか政府の国民への給付補償をもっと手厚く行いたいところです。ところが年齢・収入で差別化を図るなど相変わらずですが、その給付内容の全容が明らかとなりました。






給付の一部をクーポン券にして支給する子ども向け10万円給付、貯蓄に回るのを避けるために半分の5万円はクーポン給付する政府方針となりましたが、印刷、宣伝、郵送の事務経費だけで900億円も必要になることが分かりました。直接現金給付にすれば、この額を様々な支援に回せるのに、またしても無駄な血税を垂れ流そうとしています。そして与党の公明党代表は悪びれることなくこのようなことをおっしゃっています。







900億円もの経費を要するクーポン支給を止めて現金支給にすれば、より多くの国民に支給金をまわすことができるのに無駄遣いに精を出す公明党。かつて福祉の党と呼ばれた政党の党首の言葉とは思えません。そんな公明党が自民党と連立を組んで20年となる訳ですが、この政党を見ていると欺くことを厭わない組織であることが分かります。



自民党と連立を組んでおきながら大阪では維新と選挙協力する小賢しい立ち回り振りを見せつけ、大阪都構想では一回目の住民投票では反対だったのに維新側に寝返って二回目には賛成に転じる節操の無さ。この無様な振舞に支持母体である創価学会への風当たりは相当なものでした。そして選挙買収のまかり通る連立仲間の自民党と遜色ない買収疑惑までやらかし、その信用は地に墜ちたも同然です。その影響も遠からずあるのか最近創価学会内で大きな組織改正があったようです。







創価学会の女子部とは未成年を含む未婚女性会員のことを指しており、今回婦人部と統合することになった訳ですが、要するに若い女性学会員の減少で女子部が成り立たなくなり統合せざるを得なくなったということのようです。若い人がいなくなれば、組織は衰退の一途を辿るだけです。一連托生の公明党と創価学会ですが、国民に寄り添わない政策ばかり見せつけられてそれを支持するなんて若い人でなくても反発するのは当然です。



今だ国政と地方選挙で組織力を存分に見せつける公明党ですが、それもそう長く続かないかも知れません。創価学会という強力なバックボーンあっての公明党であり、公明党に対する創価への反発が更に強まれば、その関係性が瓦解することになるかも知れません。悪しき政治をサポートしてきた公明党と創価学会が共倒れしてくれれば国民にとって大変望ましいことです。
posted by yuuponshow at 18:45| Comment(0) | 公明党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月24日

高市早苗を救世主であり女神のように崇える痛い人たち

総理就任から2ヶ月が経過する岸田内閣。当初ご祝儀相場もなく支持率が思うように伸びなかったのが、総選挙が終わるとなぜか上昇し現在60%
を超える高支持率を得ています。





「総選挙に勝ったから支持してあげようか」という有権者の心理なのでしょうか?しかし公約をあっさり撤回したりと朝令暮改が目に余る岸田総理に一体何を期待できるのでしょうか?懐疑的な支持率とは裏腹にその曖昧な姿勢が元でSNS上ではこのようなハッシュタグがつけられ拡散される事態となりました。






反政権側というよりは、同じ政党の市早苗氏を支持するいわゆる保守層からの批判が日増しに高まる岸田政権。右からも左からも批判を集めてしまい政権運営危ぶまれる状況ですが、しかしこれも自ら招いた種であり、それを是正できなければ消え去る運命の人でしかありません。


市支持派が岸田批判の急先鋒となっているのは何とも滑稽に映りますが、その市早苗氏が総理になったら混迷極める政情をただすことができるのでしょうか?結論から言えば無理と申し上げておきたいのですが、支持する連中の言い分では高市早苗はまさに救世主であり女神であるかのような存在として持ち上げており、その持ち上げ方が異様で気持ち悪く映ります。





総裁選に出馬したきっかけが安倍晋三の再登板を本人に直訴したのが断られての決断であることからして、国会で嘘108回もついて何ら責任を取らない人間を担ぐなど非常識と言わざるを得ません。そんな高市早苗に何をもって期待できるのか?保守層にウケの良いことを吹聴しても眉唾ものだと思わないのでしょうか?そんな保守層期待の高市さんは、今まさに経済停滞を招いている消費税については減税も廃止も否定的です。





消費税については、高市に限らず自民党幹部・議員もろもろが減税や廃止に否定的な見解ですが、主観が国民でなく「安倍」さんの苦労話で持ち上げては、普通の感覚からして日本の救世主など到底思えないのですが。ともかく消費税を下げるなんてとんでもない!という方なので経済再建を期待するだけ無駄のようです。そして10万円給付についても馬脚をあらわしてくれました。







自民と公明の間で調整をすすめていた18歳以下の子供に10万円の給付金の条件の相違について、政策の責任者である政調会長として必死にやりましたアピールする高市氏ですが、条件の相違とは世帯の所得制限を設けるかしないかとのことで、これでは条件を設けない公明党案の方がまだマシです。


彼女は何を公明党に譲歩させたかったのでしょうか?全国民への2度目の10万円給付実現に尽力されているならば分かりますが、そんな戦う彼女の姿勢に心打たれる人って中身見ずに印象で誤魔化される人たちなのでしょうかね。



サナエノミクス.PNG



変更できないと自慢されても政調会長としての能力を疑問視されるだけなのですが、それも僅か2割に届かない国民にしか適用されない給付金問題。高市早苗は積極財政派と必死に吹聴し、岸田総理には退陣を迫るネトサポ連中、傍からみればどっちもどっちなのですよ。そして自民党のキングメーカーとして君臨する嘘108の安倍晋三が後ろ楯にある高市早苗に期待できることなど安倍の悪事を必死に庇い立てることくらいなのですよ。



posted by yuuponshow at 20:15| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月17日

返り討ちに遭っても侮れない!メディア支配で世論誘導を企てる維新の党

総選挙を終え、国会を取り巻く勢力図が一新されましたが、その中でも4倍増の議席獲得で勢力を増した日本維新の会は最も勢いのある政党であると言えるでしょう。維新の拠点である大阪の選挙区をほぼ独占する形で獲得した維新は鼻息荒くしながら、その勢いを更に加速させるべく、新たな問題提起をし自分たちが主導する形で世論誘導しようと企てています。








橋下徹は日本維新の会の代表を降りて6年になるとは言え、いまだこの政党に影響力を残す疑いの余地はありません。おまけに政治の世界から足を洗っていながら政治バラエティー番組のレギュラーやゲストコメンテーターとしてテレビで見ない日はないほどテレビに出続けており、選挙特番でもコメンテーターを務めるなどメディアでの発信力は相当なものです。


橋下 山本.PNG



メディアジャックの如く、テレビに出て辛口に物申す橋下徹の影響は少なからずというかかなりの部分で効果を出しているのではないでしょうか?ある意味、維新躍進の原動力にもなっていると思います。維新の新人議員が問題提起した国会議員の文通費の問題を維新の幹部や橋下が焚きつけることで維新主導で文書通信交通滞在費の改革を旗印に改革政党としてアピールすれば支持をあげることになるでしょう。



それにしても橋下や引用元の吉村代表のツイートを見ると明らかに「れいわ」を標的にしているようにしか見えません。たかだか5人の政党に向けて親の仇のように敵意むき出しなのが笑えますが、本来この問題を突き詰めて訴えるべき相手は与党であるはずなのですがね。弱小政党相手にマウントをとり優位に進めようとする維新ですが、思わぬ反撃を喰らうことになります。








維新から標的にされたれいわの大石あきこ議員の爆弾反論ツイートにより、問題提起した維新の吉村代表に巨大なブーメランとなり突き刺さることになりました。僅か一日だけの活動費で満額支給されるのは大問題だ!!と提起しておきながら吉村代表は国会議員辞める時に、辞任を一日延ばして月をまたいだことで文通費せしめていたのですね。あ、おまけに文書交通費だけではなく、いわゆる本給もひと月分余計にせしめたことになりますね。







この文通費の問題については、僅か一日でも満額出るというのはどう見ても世間的に見て納得できるものではありませんし、おかしな制度は改めて然るべきです。しかし文書交通費は使いようによっては議員によっては足りないこともあります。だから減らすのではなく、議員報酬の内容を改めて精査するべきだと考えます。維新のように悪戯に税金の無駄と決めつけ、余計に煽り立てるような行為は適切な活動をしている議員にとって大迷惑でしかありません。おまけに自分たちは公金を自らの政党団体に寄付するという驚くべき行為を行っているのですからね。







それに吉村代表が文通費を寄付すると平然と言ってますが、受け取った公金をどこの誰に横流しするのかも問題だし、倫理的に大問題だと思うのですが。上のような自分の政治団体にでも寄付するというオチなのでしょうか?維新は攻めるときは威勢が良いですが、突っ込まれると面白いように失笑もののボロが出まくるというお粗末さがあります。







この一連の文書通信交通滞在費問題は、維新へのブーメランとなった形ですが、一方メディアはこの一連の流れについては報じることもなく、維新に対しては税金の無駄として問題提起してくれた頼るべき政党という形で好意的な印象で流しています。むろん吉村代表の件や維新の過去の私的流用を含めた不祥事の数々はひた隠しにしたまま。メディアを牛耳っている橋下率いる維新と、赤裸々に暴いているネット発信内容に大きな見解の差が表れましたが、メディアだけを見ている者が維新を信じてしまうのは至極当然と言えるでしょう。このメディアの姿勢は公正さを欠き、維新の世論誘導を後押しする非常に厄介な存在です。







繰り返しになりますが、公費を寄付すれば良いなどというのはもっての外であり、これを手柄のように自慢する維新の議員と、美談として流しているメディアの倫理性も非常に問題です。しかし政権政党である自民党や他の政党も巻き込んだことで、文書通信交通滞在費問題は維新の意のままに進めていくことになるでしょう。



今回吉村代表が返り討ちされましたが、日本維新の会は他政党、特に他野党に対して攻撃を仕掛け支持を集めてきた政党です。これにめげずにメディアを使ってまた新たな野党攻撃の材料を見つけて世論誘導を企てるでしょう。ボロが出てもお粗末でも侮れません。今後の橋下や維新の連中の出方に要注意です!

posted by yuuponshow at 18:40| Comment(2) | 橋下維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする