2021年07月21日

呪われる以前の問題、利権と杜撰が呼び込んだ東京五輪のドタバタ劇

いよいよ明後日に開会式を迎える東京オリンピック、そして今日から一部競技が開催されることになります。しかしコロナの第五派による感染拡大が連日報じられる渦中で、五輪開催に懐疑的否定的な空気が全体を覆い尽くしており、直近の世論調査でも中止を求める意見が増えているようです。






スガ政権やそれに付託するメディアがいくら「安心・安全」を強調しても世間の肌感覚では無理だという声が圧倒的、感染対策は不十分どころか杜撰すぎるガバガバ状態です。一方で不条理な規制を掛けられ締め上げを喰らっている国民はスガ政府を信用することはできなくなっています。そんなスガ政権が支持率回復の足掛かりにしたい東京五輪は始まる前から禍根を残しまくりで、始まる前から失敗という声が占められています。先週突然に報じられた小山田問題もその象徴とも言われています。







インタビュー記事が四半世紀前のものとは言え、障害を持つ同級生に対し、いじめでは済まされない傷害・暴行事件を犯した主犯格が、プロミュージシャンとして名を馳せて以降のインタビュー記事で悪びれることなく自慢気に語っていた記事をあらためて見ると悍ましい思いです。






この件が放置されたまま時が過ぎ、小山田圭吾がパラリンピックの楽曲を担当することになったことで蒸し返されることとなった訳ですが、これにより本人の楽曲担当辞退だけでは済まなくなりました。掲載した音楽雑誌も四半世紀を経て謝罪を行うこととなり、今やっている仕事にも影響を及ぼすこととなりました。五輪関係の仕事が決まって箔が付くと思って引き受けたのでしょうが、悪を尽くした過去の所業が全世界に拡散されてしまうことになったので今後の音楽活動にも影響を来すことになりそうです。






それにしてもこの小山田といい、絵本作家で教師虐めや障害者蔑視発言でこれまた辞任することになったのぶみを起用したのが、東京五輪組織委員会なのですが、こういういわく付きの人物を選定してしまうとは杜撰すぎる組織運営とも言えます。その責任者である武藤敏郎事務総長は当初、反省しているからと辞任を否定していたのが、世論の反発が高まって一転することに、自分が選んだ訳じゃないと言いながら、任命したのは誰なのか?責任を取らず利権をむしばむこの手の連中が使いそうな言い逃れに失笑するしかありません。




そして肝心の感染対策ですが、組織委員会の杜撰さなど比にならない酷いものです。海外のメディア発信により明らかになった五輪関係者の陽性者数です。数日前の記事なので今現在80名を超えているそうです。空港ではPCRでなく高原検査に検疫のみ、隔離期間も基準も曖昧で、五輪関係者と一般人との棲み分けもできずですから、感染拡大に歯止めがかからない状態となるのは至極当然です。








日本のメディアは五輪における後ろ向きな報道発信には消極的ですが、海外は容赦なくバンバン報道してくれます。組織委員会の後ろ盾となるスガ政権や東京都にも国内では及び腰になるような批判記事の拡散が止まりません。







コロナだけではない、例年以上の酷暑に見舞われた日本列島は比較的涼しいと言われているマラソン会場の札幌でも35℃超えと、例年以上の酷暑に見舞われている日本列島、そして開会式を控える週末に日本本土に近づきつつある大型台風と、何から何まで呪われた感のある東京五輪ですが、そもそも論から、この気候的に適さない時期では予測できたはずです。



トキョ.PNG



間違いなく史上最悪の五輪となることは避けられません。呪われた五輪と称する人もいるが、すべては東京五輪を誘致する段階から主導してきた連中の利権あり気と杜撰とも言える危機管理能力のなさがこの惨状をもたらしたといっても良いでしょう。

posted by yuuponshow at 19:02| Comment(2) | 東京オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

「金融機関への働きかけ」で飲食業界を締めあげたスガ政権の命運が尽きる時

いよいよ来週から東京オリンピックが開催しますが、既に首都圏での競技会場での無観客開催が決定しています。今週より東京都は再び緊急事態宣言発令となり、コロナ感染拡大が懸念されるこんな状況の中で、果たして開催できるのか?開催したとして感染爆発するのでは?開催直前になってもいまだ中止の声が絶えないのに、そうした声に一切耳を貸さずに開催を強行しようとしているのです。







辞退国や辞退する選手もいて、来日した選手・関係者から陽性者が続出するこの状況を見るからに既に失敗と言われても仕方がない東京五輪ですが、いずれにしろ大会終了後には開催強行する日本政府とIOC&JOCには厳しい審判が下されることは避けられそうにありません。

スポンサーリンク




開催強行を決断した日本政府としては五輪成功に向け力強く内外にアピールしたいところですが、西村康稔経済再生担当大臣の不用意な発言によりそんな余裕はなくなってしまったようです。



西村やすとし やらかし.PNG



この発言により、やり玉に挙げられた飲食店業界は怒り心頭、当然です。大した補償も得られず、規制を強いられてばかりで廃業倒産が相次げば政府に対して怒りをぶつけるしかありません!!!






そもそもお酒がコロナ感染の原因であるなど全世界見渡しても聞いたことがありませんし、お酒の規制をしているところもありません。飲食業がお酒の提供を規制したことで、締め出された一部の荒くれものによる路上での飲酒が社会問題となったことから酒類規制すべしと打ち出した根拠なき対策に過ぎません。



この発言をした西村大臣について、野党はもとより与党内からも非難の声が相次いでおり、西村大臣に向けた辞任を要求する声が高まっています。しかしこの声を受けてスガ内閣は押し黙ったままです。そりゃそうです、西村大臣のこの発言は失言などではなく、スガ政権そのものの声明だったからです。






スガ政権勅命による飲食店を標的にした飲酒提供禁止令であることが判明したのです。特定の業者には手厚い利権を提供する一方で、一般国民への補償は一切行わなず恫喝して締めあげることばかり、とりわけ飲食業は根拠なき飲酒禁止令を打ち出されることとなりました。金融機関に締め付けを強制することは経済活動の自由を侵害することになるので、このやり方は基本的人権の侵害で憲法違反に抵触すると思われます。憲法違反も厭わない反社組織と化したスガ政権をこのままほおっておく訳にはゆきません。







やられっぱなしではいられない飲食店業界は自民党政権、スガ政権に対し反旗を翻すこととなり、今秋に迫る総選挙で「自公以外に投票を」というスローガンを掲げられる事態となりました。







五輪成功で支持率回復を目論んでいただけに、お粗末で根拠無きコロナ対策が禍根を残すこととなりました。政権発足以来、恫喝締め付けで統制を強いてきたツケであり、このままだと解散前に自党内からの突き上げを喰らって退陣に追い込まれかねない事態に発展しそうです。五輪成功よりもスガ政権の命運が尽きるのを目の当たりに出来れば最高なのですが。

posted by yuuponshow at 00:15| Comment(2) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月06日

安倍前総理のやらかしが都知事選に影響したか!?それでも懲りずに絶賛応援する自民党工作員

雌雄を決した東京都議選挙の結果について、見方はそれぞれあるかと思いますが、政局でしか動かず、掲げる政策も平気でひっくり返す節操がなく一番断罪されるべき公明党が全員当選することになったのは残念極まりでした。投票率もワースト2の42%ということで創価の組織力にしてやられたということです。こんなのを全部当選させてしまった東京都民もっと反省してください!!







それでも公明党の組織力に陰りが見え始めています。出鱈目政権に蔓延る節操のない公明党に反目して組織からの離反者が相次いだのでしょう。全員当選とは言え薄氷の全勝だったようで、来るべき総選挙で目に物見せたいものです。





スポンサーリンク




その公明党より深刻なのが国政で連立を組む自民党です。獲得議席が33と小池劇場で大惨敗を喫した前回ほどではないですが、ワースト2の歴史的惨敗となりました、小池人気の落ちた今回は議席大幅増が予測され当初50議席はいくと言われていましたが、やはり国政の出鱈目っぷりが影響したようです。



それに複数区で2人擁立し共倒れした選挙区がいくつかあるなど、戦略のミスというかおごりたかぶり強気で勝負をかけて裏目に出るという無様さ、いまだに自民ブランドが通用すると勘違いしていたのでしょうが、執行部の状況認識能力の無さを露呈することになりました。






敗因としては、国政を司るスガ政権の失政が一番に挙げられますが、財務大臣兼副総理の麻生太郎のこの発言、これが小池党のアシストになった一因となったとも言えるでしょう。本当に間抜けとしか言いようがありませんが、この人のアシストも大きく貢献してくれました。







五輪に否定的な見解を示す国民に向かって反日とレッテル貼りとは、ホント行きつくとこまで行きましたねこの人。驚くことに前総理大臣だった人ですよこの人。これ先日、五輪開催の懸念を宮内庁長官を通じて拝察という形で伝えた天皇陛下も反日と言ってるようなものですよ!アベのこの発言についてメディアは麻生同様、なるべく触れずにやり過ごしていたようですが、結果的に安倍さんが応援した立候補者がことごとく落選の憂き目に遭うことになりました。







選挙に強いアベと言われていたのが遠い昔のようです。首相返り咲きの声もあるようですが、そんな声を掻き消す程もはや疫病神と化してしまったようです。麻生同様、今回の都議選で自民党の足を引っ張った戦犯として語り継がれることになるでしょう。それでも健気にアベ前総理を支持する盲目アベ応援団はこの反日やらかし発言を絶賛支持し後押ししているようです。







そして、このブログでもたびたび取り上げている人気ブログランキング1位(を三橋貴明ブログに奪われて久しい)似非愛国者コヒー氏ブログ「正しい歴史認識」も東京五輪&安倍さん絶賛応援しています。安倍さんと櫻井よし子の笑顔のツーショットを掲載するあたり、自民応援団であることを隠さなくなってきました。



コヒー反日安倍応援完全版.png


正しい歴史認識:安倍「反日的な人が五輪に反対」・志位和夫、小沢一郎、山口二郎、鳥越俊太郎、米山隆一らが猛抗議 (URL)



五輪そのものに反対しているのではなく、コロナ蔓延の状況で五輪開催などするべきでないということなのですが、安倍ちゃんはともかく、そのシンパ共にも分からないのでしょうか?アベさんを妄信し過ぎて正しい状況判断が欠落したとしか言いようがありません。最近調子に乗って言いたい放題の安倍前総理が却って追い込まれればそれはそれで良しなのですが、あまりに筋の悪い擁護を展開するアベ応援団たちはそんな予測もつかない程に陥っているのかも知れません。



posted by yuuponshow at 22:45| Comment(2) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする