2020年07月10日

反アベだけではない安倍応援団チャンネル桜での分裂抗争

公職選挙法違反の容疑で逮捕された自民党の河井克之・案里夫妻の起訴を受けて、安倍総理大臣が釈明の会見を行いました。






いやー驚きました。いけしゃーしゃーと他人事のように語っているのですから。自分の秘書を何人も選挙事務所に出入りさせといて知らぬ存ぜぬに振舞える神経がわかりません。罪の認識を微塵も感じていないからこんな他人事に振舞えるのでしょうか。この事件に安倍晋三総理が主犯もしくは関与しているのは明白なのですが、それに触れようとしないメディアも同罪と言えるでしょうね。現時点での全容からしても河井夫妻だけで幕引きを図ることは許されないしあってはなりません。



この安倍総理及び安倍政権を応援する人たちとしてもこの事件に関しては筋が悪いと感じているはずですが、どうもどれどころじゃない内輪揉めでそれどころじゃないといったところです。








チャンネル桜
の主要メンバーと言える我那覇真子と同じ沖縄支局キャスターの依田啓示の内輪もめ討論がチャンネル桜の配信にて拡散されたのが今年の5月で、我那覇側が番組出演していたFM放送を突然打ち切られたことで裁判に訴えると怒り心頭だったのを、同士と思われていた依田に苦言を呈されたことで内輪もめが勃発しました。そこでチャンネル桜が仲介して討論番組を企画したのですが、当初は互いに言いたいことを言わせて仲直りさせるつもりだったようですが、むしろ対立が泥沼化して両者引くに引けないつばぜり合いが延々と続いていたのです。



その一方の依田啓示はこの騒動の後、暴行事件を起こし逮捕拘留されるなど、何とも始末に困ることを仕出かしてくれました。対する我那覇側は意気揚々とそれみたことかと嬉しそうにあげつらうなどしてこの勝負我那覇側に雌雄決するものと思われました。ところが喧嘩両成敗と言わんばかりに両者に苦言を呈した水島社長の言葉に怒り心頭した我那覇本人とそのファミリーが今度は水島社長への批判を展開し、以降桜への出演を見合わせることとなったのです。






互いの動画配信で批判のぶつけ合いに発展し、もはや修復は不可能とったところでしょうか。この騒動でかつて桜の水島社長の盟友であった識者が我那覇側につき、水島社長と桜批判を展開することになりました。








チャンネル桜はこれまで出演していたキャスターやコメンテーターが仲違いして去っていく人が非常に多いのですが、今回の我那覇依田抗争も関係者が去っていくことになりそうです。チャンネル桜は虎ノ門に比べればまだマシなレベルですが、無駄に対立を煽って墓穴を掘るというパターンばかりでは支持者も減っていくのも致し方ないですね。



いろいろあるけど頑張れ安倍政権.PNG



チャンネル桜がいまだ安倍応援団メディアというレッテルをぬぐえないのは、支持政党がないから選挙で無効票を投じよ!と訴えていることです。こんなことをして利するのは巨大与党の自民党だけ。つまり自民党に間接的に票を投じよと訴えているようなものです。表面上は安倍批判しておきながらこんなことをやってはかつての安倍応援団してた頃と何ら変わりません。






今回の都知事選でリベラル側の対立構造も浮き彫りになりましたが、対抗勢力もこんな有様なのです。左右共々内輪もめでバチバチやってりゃ政権にとっては何ら影響はありませんし、むしろ風当りを避ける意味でも大歓迎なのではないでしょうか。こんな有様では悪政極まれりの安倍政権は安泰であり国民にとっては暗黒が続くことになるのです。



posted by yuuponshow at 23:00| Comment(0) | チャンネル桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

東京都知事選を終えた今、小池百合子の対抗馬候補者への総括をしてみた

先の日曜日に雌雄決した東京都知事選挙は現職・小池百合子の大圧勝でした。その勝ち方がえげつなく強く、2位宇都宮健児氏と3位山本太郎氏を合わせた得票でも及ばないばかりか、合わせてもダブルスコアでの惨敗となりました。






勝った小池百合子の総評は置いておくとして、今回3位に滑り込んだ山本太郎について書かせていただきます。都知事選公示日直前に突如出馬表明をして、同じリベラルである宇都宮候補と対峙することになった時点で違和感ありまくりでした。出馬に当たり記者から宇都宮候補と票が割れるのでは?と質問されたとき山本いわく、自民や小池支持層の票の取り崩しと無党派層を取り込むと息巻いていましたが、それらの票田コードはすべて小池に握られ、宇都宮支持に回った立憲支持者の票を分断させてしまうことになりました。







宇都宮は前回出馬した2014年から票を大きく下回ることになりましたが、山本と合わせても得票では小池百合子に遠く及ばないので結果だけ見ると山本が降りていればというたらればは通用しません。しかし候補者を絞っていれば対立構造が明確になり、プラスアルファの効果で少なくともこれほど圧勝はされなかったかも知れません。野党が分断したことが有権者も冷めてしまった影響も考慮しておくべきでしょう。問題なのは開票の結果とは別に深刻なのが野党共闘に溝ができてしまったことです。立憲の須藤元気議員が山本支援のために離党したことも立憲や野党共闘の支持者の怒りを買うことになったことは大きな禍根となりました。









上の金子教授のツイートMMTのことで事実誤認がありますが、立候補までの経緯からしてこう言われても仕方がありません。立憲が消費税減税に消極的なのは分かりますし、言ってることは正しいのですが、そこを何とかうまく立ち回って取り込まないと結果小池百合子を自民党を利するだけ、結果悪政が存続することに繋がるだけです。そして自分の足元をすくわれることにもなります。









山本太郎に関しては参院選の比例特定枠で身障候補者を優先させたことで比例での過去を含めた最高得票を獲得しながら落選したように、奇をてらった行動が目立ちます。その奇をてらった行動って有権者の見方によっては冷めてしまうんですよね。立花孝志が突然議員辞めて参院の補選に出たことを思い返してもらえれば分かるようにその後N国は凋落の一途を辿ることとなりました。何やってんだ?という空気が蔓延するとたちまち支持を失うことになります。どんなに正しいことを言ってもね。自分には熱狂的な支持者がたくさんいると高をくくって甘く見るとN国と同じ目に遭うなるということを山本太郎やれいわ支持者には忠告しておきたいと思います。





都知事選についてはもう一つ非常に稀というか史上初の現象が起きたことも印象深いです。候補者が出そろった中で5人の主要候補者がメディアで取り上げられましたが、その主要候補に祭り上げられたN国の立花孝志候補の得票は4万票という泡沫レベルの惨敗で、泡沫にされた桜井誠候補が18万票に迫る票を獲得するという泡沫が主要を喰ってしまったのです。







立花孝志など先述したように信用を落として然るべきことをやっていたので当然の結果ですが、主要候補としてメディアで取り上げられインタビューを受けて紹介されていながらこの結果は衝撃です。逆に立花の得票を大幅に上回り5位に入った桜井誠のメディアでの扱いようを見ると、腫物を扱うような感じなのが非常に笑えますが、この現象は既存メディアの敗北と言っても良いのではないでしょうか?非常に面白いものを見させてもらいました。



最後に私の地元・鹿児島県知事選が一週間後に開票が行われますので少し触れたいと思います。こちらは現職の三反園訓氏優勢とまでは言えず前職の伊藤祐一郎氏と新人の塩田康一氏の三つ巴の争いとなっています。三反園氏に関しては、前回悪評の高かった伊藤氏への反目票が集まり当選となった訳ですが、一期終えた評価としては伊藤氏とそう差のない県政運営となってしまい、一部支持者が離れてしまうこととなりました。









三反園氏は今回早々に自民公明から支持を取り付けるなどしたたかに選挙対策を進めていましたが、そもそも反自民の受け皿として前回立候補しておきながら自公に取り込まれたことが却って有権者からの反発を生むのではと見ています。どのような結果になるかは分かりませんが、主要三候補いずれも巨大権力の後ろ盾があり今後の県政運営にはあまり差は出ないかなと感じています。バックボーンが強い候補者が勝つのは鹿児島の特色ですが、それにより独自の色が出ないことに繋がっているのでしょう。今回ちょっと冷めた感じで見ています。

posted by yuuponshow at 22:35| Comment(0) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

コロナ拡散して景気停滞させる安倍政権を終わらせることが何よりの景気対策

東京都知事選の投開票が週末に迫るこの時に東京都内のコロナ感染者数が約2ヶ月ぶりの100人を超えてしまいました。







ちなみに私の地元鹿児島市の繁華街でも昨日飲食店でクラスター感染が発生してしまいました。自宅から僅か300メートルの距離のところで、街も少し活気が戻ってきたのに水を刺された格好です。クラスター発生は県内初なので地元は衝撃を受けており緊急事態宣言発動時よりも深刻な状況と言えます。




この状況下でありながら、わが日本国の政府は勝手にコロナを終息させて、人の移動を生み出す総額1.7兆円という巨額の予算をつけたGo To キャンペーンを8月より実施します。今やるべき支援もせずに明後日の方向を向いた現実逃避の政策を打ち出すこの政府は国民を挑発しているとしか思えません。






国民は旅行や観光に行く余裕などなく、今日や明日の生活のことで精一杯。自粛要請で給料を減らされるのはまだ良い方で、解雇され職を失う人間が溢れている現状を鑑みれば明らかに予算の使われ方が間違っていますね。






諸外国では消費税減税策に乗り出して経済を回そうと必死なのに、日本は既得権益を守りたくてそっちには手を付けたくないようです。しかも消費税増税に伴う消費喚起策として導入されたものの売上拡大にあまり効果のなかった最大5%還元のキャッシュレス決済も6月末をもって終了となりました。







せっかくポイント還元のための対応レジなどの設備をお店側が金かけて導入したのに、一年も経たずこれでお終いとかわざわざ導入したお店側もそうだし、利用客も恩恵が終わり消費は冷え込むことになるでしょう。それに代わる経済テコ入れ策が出てくるのかと思いきや、その逆にレジ袋の有料化で更に景気悪化を進める有様です。






ゴミ袋を有料化すれば、自前で用意する人が増えるのは当たり前のこと。自前の雑菌だらけのエコバックからコロナが拡散されたらと思うと目も当てられません。このタイミングで実質増税とコロナ拡散を同時に行おうとする安倍政権は確実に日本を転覆に向かわせようとしているように映ります。



日本モデル 安倍.PNG




国民の消費を抑制し、景気停滞に導く安倍政権、これも国民が八年も政権運営を担わせてきたツケであると言えるでしょう。そして新型コロナという未曾有の大惨事に直面すると対策もしない面倒臭くて国会も開かない。たまに出てきてコロナを抑制したと方便を垂れて自画自賛する安倍政権をいつまでのさばらせておくのでしょうか?それを引きずり下ろすことこそが何よりの景気対策であると言えるのではないでしょうか。

posted by yuuponshow at 18:30| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする