2020年08月04日

批判に晒されても安倍政権断固支持するマスコミのあからさまな工作活動

安倍政権の支持率が各報道機関において過去最低を記録しているとのことですが、政府が出してくる情報に一貫性がないのだから当然と言えるでしょう。このGotoキャンペーンの見解の相違とか最たるもの言えるでしょうね。



菅 西村.PNG




お盆帰省は危険と言えば、そうではないと言ったり見解に矛盾が生じています。それもこれもコロナ感染再拡大にも拘わらずGotoキャンペーンを強行したことで整合性が取れなくなってしまったことは明白なのですが、にも拘わらず政府のトップ安倍総理は説明する気もなく一切表に出てこず、国会も開かないのですからこんな政府に信用信頼性を抱ける訳がありません。



こんな状況ですから政府に対する各方面からの批判が絶えないのですが、この期に及んでもまだ政府を擁護するマスコミの姿勢にも腹立たしい限りです。TBSのお昼時間にやってる報道ワイドショーのひるおびでは田崎史郎と八代英輝の安倍ちゃんのメシ友コンビがあからさまな安倍擁護を展開したことが、記事として取り上げられ失笑を買っています。









深刻なコロナ感染医療の最前線に立つ現場を知る人間の切実な主張を「迷惑」と切り捨てる田崎史郎、その主張に耳を貸さない政府こそ非難されて然るべきなのに詭弁を振りかざしてエクストリーム擁護とはさすがに他のコメンテーターから苦言を呈されて当然と言えるでしょう。そしてもう一人のメシ友である八代英輝は国会開けば三億費用がかかるというフェイクを垂れ流して印象操作を図りました。







一日三億かかるというのは政権擁護派からのツイートで幾度も目にしますが、これは真っ赤な嘘です。一年間にかかる国会運営費を365で割ったものが三億円と計算されるだけ、つまり国会を開会する方が無駄にならずに済むのです。国際弁護士ともあろうものがこのこと知っていないはずはないでしょうから悪質な印象操作で煙に巻こうとしたのでしょう。しかもこいつ三億が勿体ないから国会より医療費に回すべきだと言ったそうです。それならばアベノマスク やGoToキャンペーンに言えという話だろう。田崎も酷いがこの国際弁護士も相当なクズですね。




こうした八代の無茶な印象操作にも臆することなく元鳥取県知事で総務大臣を務めたことのある片山善博氏は冷静にこう切り捨てました。


「やりたくない人は、みんなそう言うんですよ」


八代の政府擁護はどう見てもエクストリーム、フェイクデマで印象操作するまでもなくこの一言で八代は無様にも轟沈することとなりました。恥を厭わず安倍ちゃんに飼いならされた忠犬共がいくらキャンキャン喚こうが無理筋なのですよ。いい加減にこの目障りな忠犬共を追放して貰いたいものです。




更にテレビのコメンテーターどころではない、驚くべきことに番組自体が政権擁護と化してしまった事案もあるのです。








日曜討論と言いながら、出演している政治家は菅義偉内閣官房長官ただ一人だけ。これでは討論にもならず政府の見解を垂れ流すプロパガンダ放送でしかない!!こんなあからさまな政権擁護番組あって良いのでしょうか?








政府批判が相次ぐなかでのコメンテーターや番組を使っての政府擁護活動ですが、あからさま過ぎてこれらの番組に対して批判が殺到とのことです。メディアへの政治介入が過ぎると却って反発を生む結果となるのですが、安倍政権はそんな助言に耳をはさむ余裕などなくなったのでしょうかね。

posted by yuuponshow at 17:30| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月31日

政府の犯罪的無責任ぶりも厭わず検査拡充反対を唱えるアベシンパ

本日、東京都の新型コロナ感染者数が400人を超えると発表がありました。毎日のように感染者数最多記録の更新をしていることも深刻な状況ですが、これまでの政府の対応を見ると感染拡大を助長させるGotoキャンペーンを始め、消極的なPCR検査体制など振り返れば現在の惨状を引き起こした要因はまさに政治の無知無策が祟ってのものであると言えるでしょう。







医療体制が十分とは言えないアフリカ諸国と同じ検査数とか、日本の先進的な医療体制からすればこれらの国と比較して検査数はもっと増えていなければならないはずなのにコロナ対策に関しては発展途上国レベルの酷い有様です。我が国の宰相である安倍総理はこの非常時に一か月以上も会見も開かず、国会も開かず、ひたすら自分への風当たりを避けるために引きこもりを継続しており政治の機能は停止させたままでは支持母体からも苦言を呈されるのは当然と言えるでしょう。









東京医師会は自民党の支持団体なのですが、そこから苦言を呈されるなど極めて異例の事態です。国会を開け!法的拘束力のある休業要請と休業補償をセットで行え!検査・隔離の強化を行え!ともっともな提言であり、「最後のチャンス」と政府に釘を刺すなど危機感があらわれた会見であり、政府はこれに応えなければなりません。しかしその切実な訴えもアベシンパには届かないようです。








安倍総理に反旗を翻したと感じたのでしょうか、政権の忠犬ジャーナリストの田崎史郎が朝や昼のワイドショーで東京医師会の会見をスタンドプレーなどと切り捨てています。政府のやることなすことに異論を唱えず擁護ばかりの安倍シンパ振りに見ているだけで反吐が出そうですが、田崎など矢面に立って擁護しているのでそれで反発を買っている分、まだマシなのですが、これよりも無茶な論を振りかざす安倍シンパはいるのです。



まだ春先のコロナ禍が深刻になり始めた時期にPCR検査はすべきでない論を振りかざしていた連中などその典型と言えるでしょう。抗体をつくって自然に治る論をいまだに信じているのか知りませんが、浅く根拠のない見識を振りかざしながら検査拡充を訴えてる専門家や自治体の首長に突っかかっている癌共ですから田崎など可愛く見えます。










おまけに地方議員(都民ファーストの会議員)までもPCR拡充に反対するとか正気でしょうか?ターゲットを絞り込んできた結果が感染源が特定できない感染者の増加に繋がったのではないのですか?







先述したように我が国は他国、とりわけ先進国と呼ばれる国と比較してPCR検査が圧倒的に少なすぎます。医療体制がままならない発展途上国並であることを恥じなければならない、無策が祟って今の惨状があることを理解できない上のような連中が検査を否定したり何ら根拠のない弱毒性の主張を続けている。しかも東京医師会や保坂世田谷区長のような検査推進派へ向けて突っかかっているのは害悪でしかない。そしてそれは安倍政権の犯罪的無責任ぶりを正当化させるため愚かな行為でしかない!!



アベ引き籠り.jpg



検査推進派の主張とこの安倍の引き籠り策どちらが日本のため国民のためになるのか常識人が選ぶならば前者であることは言うまでありません。この役立たずの宰相に忖度して検査をさせない矮小化しようとするシンパも同様日本社会を蝕む邪悪な存在でしかありません。
posted by yuuponshow at 22:35| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

もはやカルトとしか見えない安倍称賛同人誌WILLの醜態ぶり

雲隠れして一月以上経過している安倍総理の動向が久々に報じられたこの記事ですが、来月開催予定のG7サミットからの帰国後14日間の「隔離」を免除されるそうです。






新型コロナウイルスの感染拡大防止のため国が設定した帰国後14日間の「隔離」が免除されるとはさすが上級国民の安倍晋三さんですが、しかしいくら何でもそんな優遇しては下々の国民に向けて示しがつかないでしょう。海外からの帰国者が隔離施設にと促されたとき「でも、安倍ちゃんも免除されたよね」と言われて検査員は何と言い訳するのでしょうか?「上級国民様だから免除したんだ!」と堂々と言えるんでしょうかね。総理大臣なのだから国の中枢を司る閣僚や官僚とも接触するのに安倍ちゃん感染源となってコロナばらまいたと分かれば安全保障の観点からして国として機能していないことになりますね。それとも安倍ちゃんは銃弾や感染病も寄せ付けないヒューマノイドか何かでしょうか。



それと感染再拡大が懸念される中、一国に各国首脳が集まるサミットが開催できると思っているのでしょうか?既に欠席を伝えている首脳もいるのにどう考えても無理ですよね。やるとしたらリモートでの開催が現実的なのですが、そうした提案や懸念も開催国に伝えていないのでしょうか?国会も開かず、会見も行わず、とりあえずバカンスして英気を養いたかっただけのようですね。




そして国民に不評だったアベノマスクを今後8000万枚再配布することが決定しています。






市場のマスク不足は解消されているのに敢えて感染防止に役立たない布マスク8000万枚を配布とは・・・8000万枚となれば数百億円レベルの予算規模ですが、すべて随契なのでお友達の業者にお金が注がれることになるのです。この予算を経営がひっ迫している医療機関へ振り分けるとか他のコロナ対策へ有効に使われない理不尽ぶり。こんな無駄で余計なことばかり思いついて止める奴はいなかったのでしょうか?政府の無能ぶりを嘲笑するのを通り越して怒りに打ち震える心境です。










このように国民に対して無能無策ぶりを露呈していながらいまだに安倍ちゃんを賞賛し続けている奇特な支持層は確かにいます。彼らはどんなマイナス要素を突き付けられても聞く耳見る目持たず安倍称賛ソースに頼りそれを信じ込んでしまっているのですから。月刊誌であるWILLなどそうした支持者に支えられた格好の情報ソースと言えるでしょう。そのWILLの今月号ではページを割いてコロナ危機を軽視した内容の記事をあの小川榮太郎が寄稿しています。




WILL 20年9月号.PNG



他の記事一覧を見ると非常に香ばしい題目ばかりで目移りしちゃいますが、今回注目すべきは小川の寄稿文である新型コロナ第二派は来ないという威勢の良い題目です。コロナ禍が猛威を振るった3月から4月にかけての頃よりも首都圏を中心に全国各地感染者は増えているのですが、現状を認識していないのでしょうか?もしかして4月頃に書いたものでしょうか?それとも実は今が第一派ですよと後で言い訳でもするのでしょうか?色々と推測してしまいますが、感染の専門家でもない一介の文筆家による無責任な見解を誌面で大きく取り上げてくれて何とも間の悪いタイミングとしか言いようがないですね。








国民全体が感染して抗体をつくればよいと提言していたコロナを軽視した学者らとの対談形式による寄稿文のようですが、そう言えば首相官邸は現状を深刻な状況にないと言い切ってましたね。さすが安倍称賛同人誌は官邸の意向を汲んでますね。








第二派は来ないという断言も空しく、現状は裏目に出た同人誌のWILLのやらかしっぷりですが、こういうのを有難がって愛読するとかカルト信仰レベルの何物でもありません。せっかくなので今月号の記事寄稿者のツイートも紹介します。







簡単に実行できるパフォーマンスに騙されつい信じ込んでしまった哀れな例です。今の国難に国会も開かず、何ら手も打たず果てには表舞台に出てこなくなった安倍ちゃんの現状をどう認識しているのでしょうか?恐らく何も考えていないのでしょうね。とにかく安倍ちゃん命、安倍ちゃんを非難する者は許せない、こんな思考停止者が集って寄稿しているのがWILLや姉妹誌のHanadaなのです。この有様を醜態と言わずに何と呼べば良いのでしょうか。

posted by yuuponshow at 18:55| Comment(1) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする