2022年09月28日

政策云々の前に空気を読めない日銀黒田は任期を待たずに辞職せよ!

先日、安倍元首相の国葬が行われましたが、賛否分かれるというか、明らかに反対の声が多いなか強行されたことは今後の大きな禍根となりそうです。





メディアは当日の中継、後日のワイドショーでは国葬の模様や朝からのドキュメントを流して国葬一色で視聴率を稼ごうと躍起となり、こうした追悼の辞とかのお涙頂戴ものは視聴率稼ぎコンテンツと言えるでしょう。その流れに乗って賛成派は国葬開催の意義を強く強調し、一般弔問の長い行列を誇らしげに紹介し、ある者はメディアの世論調査で各社すべてが反対の声を「デマ」だと吹聴しています。







しかし、冷静に考えてみれば盲目的なアベ信者というのはそれなりに存在していた訳で、一般弔問の列が長かったからって「だから?」としか言いようがありません。そして都合の悪いことには一切触れずにデマと決めつけるのも自民党工作員の特徴です。連中がアベ国葬の意義を強調したい気持ちはヒシヒシ伝わりますが、冷静に受け止めている多く国民はそういう気持ちにはならないでしょう。


アベ 統一教会.PNG


ビデオメッセージを送るなど広告塔としての役割を果たし、組織票の配分も担っているほど旧・統一教会と深く係わっていたことが分かった安倍元総理に哀悼の気持ちを抱く気持ちには残念ながらなりません。そして自身が深く係わっていた教団の被害者によって殺害されたことは同情の余地はありません。それでも強行した国葬も含めた諸々諸問題を抱える岸田政権におかれてはきっちり国会の場での説明と、諸問題への真摯な取り組みをしていただきたいものです。





国葬に目を向けている間に為替市場は円安が進み、先週には一ドル145.9円まで暴落してしまいましたが、政府は24年ぶりとなる円買い・ドル売りの為替介入を実施しました。介入は時間の問題だと思っていたのでようやくか。という思いですが、当然ながら一度や二度の介入では再び円安に戻るし、トレンドは崩せません。しかし円安の要因となっている要因ははっきりしているので、それらを除去することでトレンド転換が可能となります。その最たる元凶なのが日銀の黒田総裁です。


黒田日銀.jpg


ちなみの今回の為替介入について、政府と日銀が行ったとメディアが報じているところがありますが、この表現はミスリードであり正しくは財務大臣が指示して、日本銀行がそれに従って介入を行ったということなので日銀が介入という表現は誤りです。黒田は介入を「仕方なくやらされただけ」です。この為替介入を実施する前に黒田総裁が会見を開きましたが、その場で飛び出した発言が介入の要因となったと言われています。





総裁任期が残り半年なのに、2,3年先まで政策を縛る発言は次の総裁の手足を縛る発言で看過ならないものです。この余計な一言が米国との更なる金利差拡大を連想させ、146円寸前までドル円をオーバーシュートさせ、介入に踏み切るきっかけとなりました。



異次元の緩和を2年で達成すると言いながら来年で10年になるのに止める気なし。それが祟って世界的なインフレが襲来すると超円安が進み物価高を招き日本経済のガタガタぶりが露呈することに、それに対して日銀は何をしてるかというと国債を必死で買い入れる指値オペで国債金利の上昇を必死で抑え込んで更に円安を加速させる有様。それを後継にも引き継がせようとするとは、これまでも「家計は値上を受け入れている」「円安は経済に良い」など黒田の余計な一言が円安急進を招くことがありましたが、ここまで来れば傲慢という表現以外何物でもないでしょう。






リフレ派はともかく、いわゆる脱緊縮論識者の間では黒田総裁支持の人が多いようですが、彼らは総じて円安は良いと吹聴しています。政策が良いのに政府が動かないのであれば現状何も変わらないし、むしろ金融緩和での副作用が懸念されます。日銀の国債買占めが50%を超えるようですが、このペースで買占めが続けば10年経てばすべての国債を買い占めることになります。こんな国日本くらいですよ。それも直接引受できないから、市場を介してやってる禁じ手ですからね。10年もやるべき政策ではありません。



そもそも黒田の場合は、政策云々よりも空気を読まない暴言・失言が多すぎる。年齢もあるでしょうが、これを言ったらまずいといった思考力判断力が欠如しているとしか思えません。政策手詰まり、失言放題、アベノミクスの負の象徴である日銀総裁の黒田東彦は来年3月の任期といわず、今すぐ辞めていただきたい。それが日本のためなのですから。

posted by yuuponshow at 16:40| Comment(0) | 円安株高 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月21日

拉致問題を政治利用してきた罪深き安倍元総理

メディアの世論調査ではいずれも反対派が賛成派をダブルスコアに近いポイントで圧倒する結果となるなど、安倍元総理の国葬に批判の声が高まり強くなっている状況です。先日慎ましく執り行われた英国・エリザベス女王の国葬とは対照的に、一宰相の、それも、在任中に次々スキャンダルが発覚しても意に介さず、メディアを手籠めにかけて報道を極力抑えさせ、国民が忘れるのをひたすら待つ、このアベの戦法を今回の統一教会問題でも岸田が継承しているように思えてなりませんが、こうした行為がアベ国葬反対の声が圧倒的になったものと思われます。


国葬にしてしまえばこれらの蛮行はすべて水に流れると思ったのでしょうが、却って大きな禍根を残すことになるでしょう。それに輪をかけるかのようなことも明らかとなっています。





民主活動家を死刑執行し、国民を次々と虐殺する非道の限りを尽くすミャンマー軍政トップをアベ国葬に招待する岸田総理。「民主主義を守る決意を示す」という国葬の意義に、民主主義を軍事力で破壊したミャンマー軍政を招待するのは到底理解できる訳がありません。それにミャンマー軍事政権の留学生を自衛隊に招いて訓練を受けさせるなど自民党とミャンマー軍事政権は蜜月の間柄。統一教会もですが、殺戮非道国家との癒着する自民党が主催する日本の恥さらしイベントを国民の税金で行うなど理解できる訳がありません。この異常なイベントを強行する姿勢に遂に身内から異論を通り越した手厳しい批判が飛び出すことになりました。





村上誠一郎衆院議員は不参加の理由について、「国葬に納得できないため」と説明し、「安倍氏の業績が国葬に値するか定かではないうえ、国民の半数以上が反対している以上、国葬を強行したら国民の分断を助長する」「こうしたことを自民党内で言う人がいないこと自体がおかしなこと」「財政、金融、外交をぼろぼろにし、官僚機構まで壊した。国賊だ」と語りました。まったくもって正論であり、異論の余地はありません。しかしアベ元総理を国賊とまでこき下ろす辛辣な批判は党内からの反発を招くことになりかねません。反発が高まり排除されるか?それとも村上氏の声に呼応する形で賛同者が集結するのか?後者であれば自民党にもまだ望みはありますが、果たしてこの結末は如何に!?



国葬賛成派の中には、総理としてのこれまでの実績(ほぼないようなものですが)よりも、思想信条で支持する人もいると思います。例えば拉致問題、これまでの国会議員の中で最も拉致問題に取り組んできたのは安倍さん、という意見が多いのは確かです。2002年9月の小泉訪朝に同行した安倍当時副官房長官の北朝鮮金正日を厳しく睨みつける視線が当時話題となりました。この歴史的両国首脳の握手も、裏で安倍が取り仕切り「決して笑顔を見せないように!」と小泉総理に助言したと言われています。



小泉訪朝 睨むアベ.PNG



そしてこの翌月、拉致被害者が一時帰国することになりますが、この時に拉致家族が北朝鮮に戻るのを阻止したのが安倍晋三と言われており、この説はいまだに語り継がれています。この件があったからなのか分かりませんが、拉致家族からの信頼がより強いものになったと言われています。ところが、当時の安倍の上司である福田康夫氏が最近になって安倍氏が北へ戻るのを阻止したことを否定するインタビュー記事が掲載されています。





拉致被害者家族の蓮池徹氏が、自分が中心になって北へ戻るのを阻止したとメディアや文献などで周知しているように、安倍本人は係わりはないのは間違いないでしょう。冷静に考えてみて、そんなことをしたら今後の拉致被害者帰国の交渉に支障がでるのは明らかであり、北に残した家族が何をされるか分からないし、政府役人の立場からして北へ戻るのを阻止するのは無茶としか言いようがありません。しかしなぜか「北へ戻るのを阻止した安倍さん」が保守界隈から評価されていることに違和感を抱かずにはいられません。そしてそのことを安倍本人も否定する訳でもなく、政権維持のために拉致問題を利用していたと蓮池徹氏に批判されても仕方がありません。そしてもう一つ拉致問題を利用していると言われている案件がこれです。





拉致被害者が生存していると北朝鮮側から伝えたことを問い質されると、安倍総理はまともに答えようとしない、安否の確認を怠り6年も放置していたことが明らかになったこの国会質疑は大変衝撃的でした。安倍政権では拉致問題が進展しないのは当然です。向こうから持ち掛けられても交渉の席に着こうとせず、北へ強硬な姿勢を示すだけなのですから。それなのに拉致問題では他の誰よりも取り組んでいると持ち上げる罪深い一部保守界隈の連中、拉致問題は安倍政権の礎として政治利用されたと言われても仕方がないでしょう。



法的根拠の問題もありますが、皇族以外で国葬で弔われる人物とは誰からも尊敬されるべき人物であることが最低条件であると思います。安倍元総理がその人物だったのかと言えば、決してそのような人物とは言えるはずありません。国葬反対の声が多数を占めているこの状況がすべてを物語っていると言えるでしょう。


posted by yuuponshow at 18:40| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月14日

行くも地獄、退くも地獄アベ国葬が岸田政権を窮地に追い込む

今月8日に逝去されたイギリスのエリザベス女王の国葬が19日に決定となりましたが、世界各国の首脳はこぞって国葬参加を表明しています。







同じ月に行うことになり、エリザベス女王との比較対象にされてしまっている我が国の安倍晋三元首相の国葬(儀)。残念なことですが、各国首脳が一同に介するエリザベス女王の国葬とは対照的に、非常に寂しいものになりそうです。







決定のプロセスにしてもイギリスは女王陛下であろうとも議会承認を得て、初めて国葬となるイギリスに対して、国会を通さず内閣の閣議決定だけで決定してしまう日本、同じ議院内閣制とは思えない国政運営の差が如実に表れたような思いです。



もっとも安倍元首相の場合は憲法違反だの法的根拠といった指摘よりも、すべて税金で賄う国葬に相応しい人物か?ということに当てはまると思いますが。現に国葬開催の是非を巡るアンケートにおいてメディアはすべて反対が上回っている状況ですからね。更に地方議会でも相次いで国葬反対意見書が提出されています。国を二分するというか7・3の割合で国葬反対が占めているのにロクに説明もせず強行に邁進する岸田政権の支持率は下落の一途を辿るばかりです。







40%にまで下落したとは言え、それでも高く感じてしまいますが、いまだにこんな説明もまともにできない困窮する経済事情を見て見ぬふりする政権を支持できる人ってマゾか何かなのでしょうか?




ところで日本政府は国葬(儀)を執り行うに際して、このような案内状を送付しているそうです。










この議員や著名人の欠席表明の声は国会審議を通さない国葬という政治的意味合いが含まれており、これに意志を表明することは非常に大事なことだと言えます。ところがそういう主張を理解できない自民サポ輩から執拗に絡まれてしまうことになりました。








上二つのアベサポのツイートは置いておいてこのところ統一教会に批判的なツイートを投稿しているひろゆきまでもが国葬反対の表明をしているアカウントに批判めいたツイートをしています。政権批判に取られないようバランスを取ったツイートを心がけているのでしょうが、国葬欠席を表明する行為は何も死者を咎めるような批判ではないのです。政治的主張に対する批判を込めたものなのです。




「死者を冒涜するな!」日本人的な美学とも言えますが、世論調査にもあるように国葬反対の声が多いことからして国葬と決定するまでのプロセスがあまりに民主主義国家としての体を成していないことからの主張であり、主張には正当性があります。




一般的な葬儀とは違い、政治的主張の意味合いが強い国葬という行事に異論を唱えることに何ら批判される覚えはありません。そしてこれまでの安倍元総理の総理大臣としての総括を鑑みれば、国葬を行う人物として相応しいのかと言えば世論調査からして決して相応しいものとは言えません。このように全国で反対デモが展開されていることからも分かるように国葬は日本国の一存では決してないのです。



あべ国葬反対.PNG




短絡的に国葬を決定した岸田政権ですが、今月27日に執り行う安倍元総理の国葬においては、既に失敗であることは明確です。国葬儀は執り行われることになるでしょうが、岸田政権にとってはマイナス材料でしかありません。行くも地獄、退くも地獄、人気取りのための国葬開催は支持率凋落中の岸田政権にとって更なるダメージとなるでしょう。


posted by yuuponshow at 22:30| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする