2018年03月20日

森友疑惑を払拭させるはずが大失態で恥を晒す国士の精鋭たち

今週月曜日に久々に野党が入って予算委員会の集中審議が行われましたが、自民党与党としては後半からの森友関連の野党追撃を逸らすための対策が急務でした。そこでトップバッターに青山繁晴、次いで和田政宗という自民党を代表する国士無双二人を担ぎ出し安倍政権の洗練潔白をアピールする作戦を立てました。しかし終わってみれば二人共に足を引っ張る失態を仕出かし安倍政権をますます窮地に立たせる結果となってしまいました。


青山 和田 国士無双.PNG







財務省を悪者に仕立てるために太田理財局長がかつて民主党の野田元総理の秘書官として仕えていたことでアベノミクスの邪魔をしていると吠える和田ですが、こんな無理筋横暴論を国会の場で喋るとは驚愕ものです。確かに野田元総理が主導した形で消費税増税法案が成立しましたが、景気事項を付帯していながらそれを無視して増税したのは安倍政権です。政権に阿りすぎるこの質疑は後でテレビなどメディアで切取りされて流されて却って政権への風当たりが強まる結果となりました。



省庁の不祥事による政府の監督責任を棚に上げてサラッと安倍政権を賛美することも忘れてはいません。とことん権力にすがる忠犬ぷりを見ると失笑ものです(笑)







しかし政権への忠犬ぶりが過ぎたようで反安倍勢力はともかく支持者や身内からも呆れられる始末では立つ瀬がありません。どっかの維新の足立クンに匹敵するような逸材ですね。元アナウンサーで言葉遣いがマシなだけで中身は同じもんです。








それでも質疑の直後では自分なりにしてやったりと思ったのでしょうか、質疑の直後に和田は悪びれずツイッターでこのような発言もしていました。(削除済み)


和田 政宗 @wadamasamune

私の太田理財局長の質問姿勢に対する質疑で、新聞は「太田局長が猛反論」などと書いたが、
そうした反応を局長がしたのは痛いところを突かれたから。
明らかに答弁が変わってきており財務省が組織防衛に入ったことが明らか。これは戦い。
順次、局長答弁の嘘を明らかにしていく




そして極めつけが山梨の高校の土地取引が評価額の8分の1で国有地売却したとぶち上げたことです。とある民進党議員が関わっていたことを突き止めたことで野党へのブーメランとばかりに、質疑で取り上げ森友問題を矮小化するために問題提起したものですが、この高校(日本航空学園)の理事長である梅沢重雄氏はチャンネル桜の発起人であり、かつてみんなの党から国政出馬した経験のあるいわば和田のお仲間のような人物です。更にこの学園には自民党関係者も名を連ねているのです。

 

●日本航空学園の理事&教育顧問:米田建三 ←自民所属の元衆議院議員(当選3回)日本青年社議員同志連盟指南役

●日本航空総合専門学校 元学校長:赤池誠章 ←自民党参議院議員


ちなみに和田がほのめかしていた民進党議員とは保護者会の会長である大島九州男民主党参議院議員のことで上記の人物達に比べて土地取引の関与は薄いような気がしますね。それに日本航空学園は森友学園と同じ右寄り思想の教育機関であることも判明しており、安倍ちゃんを守るためにお仲間を貶めるなんて無慈悲な方ですね。


財務省と野党への追撃で安倍ちゃんに褒めて貰えると思ったら、身内やお仲間の疑惑を晒してしまい逆に大目玉を喰らう羽目になりそうな和田政宗ちゃん。野党はともかくこれまで政府を助けてきた財務省を無慈悲に切り捨てれば今後の政権運営にも支障を来すことになりそうです。安倍政権を貶める質疑を仕出かした和田の今後の党内での処遇はどうなってしまうのか気になるところです(笑)







最後に青山繁晴もズバッと切れ味鋭く自民党と財務省の癒着振りを暴露してしまうなど悪の財務省に仕立てるための安倍守衛隊としては役立たずというか、味方を後方から射撃する有様。こんな無能な自称国士共に守って貰わなければならない安倍ちゃんに同情してしまいそうです(笑)


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 17:40| Comment(0) | 森友学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

安倍政権を無理筋論で擁護する美しき?ジャーナリスト有本香女史

佐川前理財局長の証人喚問が発表される目が離せない状況が続く森友学園問題。日に日に新たな情報が出て目まぐるしい展開が続く森友学園問題ですが、現時点での政権の見解は近畿財務局とその親省庁である財務省ぐるみで行われたというものであり、政府は一切関係ないということです。しかし公文書改ざんという刑事罰を科せられるリスクを伴う行為を財務省単独で行うとは考えにくいと言えるでしょう。ましてや財務省官僚という立場であればこれまでのキャリアを投げ捨てて、自分達にはメリットのない犯罪行為に手を染めるなど一省庁単独で行うことができるのでしょうか?ともかく今後もこの問題から目が離せません。



改ざんが発覚してから、それまで朝日が証拠を出せと吠えていた政権寄りの著名人たちはそれまでの発言修正を余儀なくされることになった訳ですが、この連中も政府と同様、籠池理事長と財務省を悪者に仕立てて政府への関与を否定しています。当然といえば当然と言えるでしょうが、安倍政権を支持していた籠池氏と政府側の思惑に沿った答弁をしていた財務省をあっさり切り捨て悪者に仕立てるとは何とも無慈悲な連中です。



そんな無慈悲な政権寄り著名人の中で私は有本香に注目してみました。なぜ注目したのかというと小池都政について重箱の隅を突くようにヒステリックに騒ぎ立て批判しておきながら、一方で安倍政権の都合の悪いことは一切語らず逆に異常とも言える程称賛するダブスタぶりが非常に滑稽な人だからです。そんな有本の改ざん発覚後のツイートをいくつか拾い上げてみました。








有本のツイートに皮肉めいた返信が寄せられたことにカチンときたのかご丁寧に反論しております。その内容は朝日の報道の真偽がはっきりしていないというもの、エビデンスを示さずたまたま朝日の都合の良い展開になってるとこの期に及んで言ってるのだから呆れたものです。おまけに改ざん行為を質すための内部リークを違法性があるとか言ってるし負け惜しみもここまでくると口をあんぐりするしかありません、有本恐るべし(笑)



有本は3月8日の公文書改ざんが発覚してからツイッター上ではこのことに触れずしばらく沈黙していましたが、政権寄りジャーナリストとしての使命感からでしょうか政権擁護論を次々と発信するようになりました。








籠池は詐欺師、財務官僚は詐欺師に騙されたお人よしと言いたい放題の有本女史ですが、一応政治家(安倍政権を含んでいるのか?)についても釘を差して中立性を保つように見せてはいますが、直接的な言及がないところがあざといやり口と言えるでしょうね。


そして前回取り上げた、安倍マンセーに告ぐと安倍政権批判のコラムを書いた保守論客の潮匡人氏に対しても決済公文書の改ざん前の原文を読んでいなのでは?バッサリ切り捨てるなど安倍政権を支持していた保守論客に対しても政権批判すれば容赦ありません。








そして極めつけなのがこれも前回取り上げたものですが、玉木希望の党代表にツイートで森友学園の隣の公園を持ち出して問題を矮小化させようとしていることです。要するに隣りの公園も大幅に引き下げられているのだから森友問題なんて大した問題ではないと言いたいのでしょう。







有本はツイッターだけではなく彼女の出演しているネット番組でも萩生田光一自民党副幹事長をゲストに呼んで政権の潔白さを一緒になってアピールしています。


萩生田 有本.PNG


このように政権べったりの有本女史ですが、こうしてみると政権寄り著名人の中においては最もアクティブに政権擁護に尽力していると言えるでしょう。しかしこの問題まだ過程段階でありこれからどう転んでくるのか分かりません。政府の関与はないとはしゃぐのは時期尚早だと思いますし、関係者の自殺者も数人出ており非常に筋の悪い案件です。事の成り行きのよっては自分が苦しむことになる恐れもあるのですが、その時有本女史はまたしても無理筋論を展開するのでしょうかね。現時点も含めて今後もそれが通用するのか心配です(笑)

(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 17:44| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

公文書改ざん問題が政権に飛び火することが避けられない理由

森友学園の問題が勃発してから一年以上経った今月三月、突然の朝日新聞のスクープから一気に情勢が進展しましたが、森友学園の籠池理事長と交渉した当事者である財務省職員の自殺、財務官僚として森友問題の国会答弁に立っていた佐川前理財局長が現職である国税庁長官を事実上更迭されるなど目まぐるしく変わる展開に正直驚きと戸惑いを感じてしまいます。そして公文書の書き換えを認めるという財務省からの発表は、安倍政権にとって衝撃的とも言える大スキャンダルと言えるでしょう。



この問題が紛糾した時は国有地売却における不正な価格引下げ交渉が行われたのでは?というものでしたが、もはやそんなレベルではありません。一年間偽造された公文書で審議していたのであれば国民を欺き愚弄する背任行為です。やや下火になりかけた森友学園問題がここにきてテレビやマスコミで大々的に取り上げられることとなったのは官僚そして政府の怠慢そのものであり自業自得としか言いようがありません。



この問題が再燃した3月2日以降、自民党ネットサポーターズを始めとする自民党工作員共は朝日新聞による安倍政権潰しと捉え、朝日が証拠を出せ出せと政権寄りの政治家、著名人も参戦し責め立てましたが、公文書改ざんを財務省が認めた以上、責める口実を失い完全敗北を喫することとなりました。哀れな連中ですが、ここにきての思いがけぬ展開とその早さには誰も予想できなかったでしょうね。



これにより政権支持派と言われている潮匡人氏と山際澄夫氏の二人の著名人も一転し政権への批判を展開するに至りました。事の本質を見たら非常に筋が悪いのでこの判断は至極当然であると言えます。












こうした良識派もいる一方で、いまだに無理筋に徹底的に庇い続ける安倍擁護派もいます。この連中の手段は批判の矛先を野党やマスコミに向けること、籠池理事長や近畿財務局(財務省)に責任をおっ被せることです。担当者の自殺は朝日や野党のせいにするきちがいじみた無理筋論はともかく、政府は潔白だと現段階で主張するのは今後のリークによってはそれも覆される可能性もあるのに大丈夫なんでしょうかね?










有本香など希望の党の玉木雄一郎代表に嫌味を込めたリプを送るなど攻撃的ですが、今問題にしているのは国有地の土地取引の適正化ではなく公文書改ざんであるのに明後日を向いて攻撃しているという間抜け振り、改ざんが発覚した3月12日以降にリプしているところを見ると情報を精査できず目まぐるしい展開の早さについていけず混乱されてらっしゃるのでしょうかね(笑)



そんな自民党工作員にとって避けたいのは政府に問題を飛び火させないことです。麻生・安倍に追及の手が及ぶことなく事態を鎮静化させることです。そのために佐川前理財局長に責任をすべて押し付けるしかありません。現にツイッターでは「悪いのは財務省」「財務省の暴走」というリプをよく見かけます。政府要人も(佐川氏の)辞任により私人となったので国会招致は難しくなったと述べるなどトカゲのしっぽ切りで幕引きを図りたい意図がミエミエです。


しかしそれも無理な話です。書き換えの行ったのは財務省主導であることは間違いありませんが、国土交通省と会計検査院までも認識しながら隠蔽していたことが明らかになったからです。一組織の隠蔽だけではなく他省庁や独立した組織機関にまで及んでいるということはそれを取り仕切る更に上の存在も改ざん行為を認識していたと考えるのが当然と言えるからです。


内閣人事局.jpg


官僚トップ人事を官邸主導で行うことができる内閣人事局は安倍政権の肝入りで立ち上げたものであり、これにより官僚は政府への忠誠心がより強まることとなりました。官僚を支配し掌握できる権限を持つ内閣人事局は、更に上に立つ機関であることは言うまでもありません。他省庁が把握していたならばその上も把握していたと考えるのが至極当然であり、そうなると麻生は勿論、安倍総理への追及は避けられないでしょう。今後の展開に注目ですね。



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:32| Comment(0) | 森友学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート