2017年09月16日

このままでは反自民の受け皿にもなれない都民ファースト

今年1月に発足した小池百合子が実質率いる政治団体『都民ファースト』、私はこの政党に希望も期待も抱いていませんが、批判はしていませんでした。なぜならばヒステリックに小池批判を展開している有本おばさんと同類と思われたくないからです(笑) 冗談はこれくらいにして批判しないのは東京都連との抗争を繰り広げてくれたことで都議選で自民都連を壊滅的惨敗に導いてくれたこと。東京ガス跡地の汚染物質が地中深く眠っている豊洲市場への移転を延期したことにより不可解な移転の経緯や土壌汚染の実態が明るみにしてくれたことも大きかったでしょう。


反自民の受け皿として、自民党の対立軸としてここまで良い流れで進んでいたのですが、やはりというか所詮自民党崩れの政党であることが露呈されつつあります。都民ファーストが国政に進出するにあたり国政を取り仕切る形となった若狭勝衆議院議員は記者会見において新党の目玉政策として今の衆議院・参議院の二院制を一院制に変える憲法改正を掲げる考えを発表しました。


若狭勝 一院制.jpeg



ん?これが目玉政策?はっきり言って興醒めレベルの会見です。一院制にするということは議員定数の削減を目指したいのでしょうが、一院制など偏った政策議会になるのが目に見えています。それより広い見識のある議員が当選できるよう小選挙区制の廃止、中・大選挙区の復活・参議院のような非拘束名簿式にすると訴えるべきでした。今の政党名だけで票を投じてしまうような選挙システムは明らかにおかしいしどうせならこれを訴えるべきでした。



いや、それでも一応都民ファーストを謳っている政党であれば消費税の見直し、廃止を第一に掲げるべきでした。経済政策を語らず何が都民ファーストか!?ということで党の方針としてはあまりにズレた政策発表であり落第点やり直しレベルの酷いものです。



そして党の顔である小池都知事、延期していた豊洲移転を表明したものの、豊洲と築地を活かすという方針を立てたものの具体的な両立案はいまだ示されないままです。私はこの両立案を示した時、必ず豊洲での問題が再燃して破錠になると期待していました。それを見越した両立案であるとも推測していました。案の定最新の豊洲でのモニタリング調査では過去調査最高値の基準値である120倍ものベンゼンが検出され、検出されないことが基準となっているシアンは22カ所で検出されるという燦々たる結果となりました。






汚染状況が続く豊洲市場に追加工事をしたところで金の無駄であるし、こんな環境下など本来国の認可がおりるはずがないので移転計画は即停止としなければなりません。しかし都は調査報告しただけで移転の見直しを示唆する動きはありません。去年だったら都知事が先頭に立って即延期表明していたでしょうが今年は何故かフットワークが鈍いです。一度決めたからには移転あり気になっているのでしょうか?


それに豊洲は移転後の赤字経営問題も取りざたされており必ず運営に行き詰まることが確実です。両論あり気など到底無茶であり、いい加減に方針転換するべきなのですがね。この豊洲問題については既に自民党支持層の反小池はもとより、小池支持層からも不満が沸き起こっており、このままでは小池や都ファの信頼を失い失墜となることに繋がりかねません。


と、ここまで小池都知事と都民ファーストへの批判を書き綴りましたが、野党第一党の民進党がこの体たらくですし、いずれは国政に進出することになるでしょうからそれに合わせた形で党の方針や政策も変わっていくのではと希望的観測ながら当面の反自民の受け皿になって貰いたいものです。正直今の都ファのメンツでは頼りないし、党首がコロコロ変わるなど心もとない部分が散見されますが、他にめぼしい政党もないですしね。反自民の受け皿は当面ココしかないのですから批判しつつも日本国民に受け入れられるためのまともな政策を掲げておくようにとエールを送っておきます。



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:30| Comment(0) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

安倍政権への不満は左翼だけではない!保守層から続々と渦巻く批判の声

国連安保理の北朝鮮への制裁決議が、全会一致で可決されました。しかしこの採択、本来米国が主張していた、石油輸出禁止とキム総書記の個人資産凍結までは盛り込まれない極めて妥協した形の採決であったことは否めません。北朝鮮はこの制裁措置に激怒し次なる挑発行為を匂わすなどしていますが、北朝鮮からすればこの措置は想定内ではないでしょうか。


金正恩 笑い.jpg


ロシアと中国による北への手厚い配慮から異次元の制裁にまで踏み込めなかったことで怒りの表明をしながら裏ではこのように高笑いしていそうです。ともかく今後の北朝鮮を取り巻く情勢はまだまだ予断のならないものとなっています。




ただ自民党支持者、安倍シンパからは今回の制裁決議に関しては安倍総理の功績があったからとのことで、「さすが安倍ちゃん」「安倍ちゃんの根回しがあったから全会一致で採択されたのだ」「安倍ちゃんでなければ到底できない採択だ」などと気炎を吐いています。この採決が安倍ちゃんの思惑なのかどうなのか知る由もないですが、日本への度重なるミサイルで挑発されてこんな骨抜き制裁決議で満足していちゃいかんのですがね!



勿論、万歳などとは到底言えぬと本来自民党を支持してきた保守層から批判の声が沸き起こっています。





このツイートまったくその通りで強固な制裁からは程遠い骨抜き制裁案が可決されました。ちなみに民進党の原口議員も同じような内容のツイートをしていますが、「民進党に何ができる!?「口だけのお前がやってみろよ」などとリプを返されていました。








しかし制裁は骨抜きであることに違いはなく、原口氏の指摘はまったく批判される術はありません。政党として資質に欠ける政治家揃いの民進党なのでこぞって茶化すようなリプなどが散見されていますが、原口氏の主張は正論でありこうした声にもっと真摯に耳を傾けなければ本質を見失うことになるのです。


話を山際氏に戻しますが、山際氏はこのツイート以外にも安倍批判というか苦言を呈するツイートが目立ちます。左翼の安倍憎しツイートとは違いこういう保守系の人の批判が増えると安倍支持に凝り固まっている保守層の同意も得られるというものです。











山際澄夫氏と言えば、朝生などのテレビ討論番組でがなり立てる口調でお馴染みの保守論客として知られており、自民党寄り安倍政権寄りのスタンスでした。ところが最近の山際氏のツイートを見ると政府に対しての苦言で占められるようになっています。


更には安倍晋三にべったりと言われていたNHKの岩田明子解説委員も文藝春秋にこのような安倍政権批判を思わせる記事を寄稿しています。少し読みましたが批判というよりは山際氏と同じ苦言とも言える内容で叱咤激励的な意味合いが強かったです。ただ安倍派と言われていた人物の書いた内容としては衝撃的であると言えます。






保守層からの苦言の声が増えてきた安倍政権、支持率が回復してきたとはいえ、本来支持を受けるべき層からの苦言は耳が痛いところでしょう。冷静に見れば今の安倍政権を支持できる理由などこれっぽっちもないのですが、左翼のような安倍憎しに凝り固まった中傷めいた批判ではなく、支持しているからこその苦言を呈する批判が増えることが重要と考えます。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 20:02| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

口では制裁と言いつつも北朝鮮を擁護し支援するプーチンにお金を貢ぐ無慈悲な安倍ちゃん

W不倫により民進党を離党した山尾志桜里議員がマスコミで追及されています。ちょっと前まで森友・加計で盛り上がっていたのが嘘のようですが、正直山尾のスキャンダルなどどうでもいいのです。問題なのがこの山尾のスキャンダルを異様に庇う連中です。メディアのコメンテーター共が、(山尾が)仕事ができるから不倫OKと自民党で取り上げられていた不倫騒動と今回の報道との見解が異なるダブルスタンダードを平気で垂れ流しているのです。この国のモラルというか下手に擁護している様はメディア全体の倫理が著しく欠落しているということを感じます。



さて本題に移りますが、北朝鮮を巡る主要各国の足並みが揃っていません。特に中国とロシアは北朝鮮への制裁に強く反対しあくまで対話をとしています。共に北朝鮮国家建立に一躍を担った国ですからその心情は分からなくもないですが、今の世襲三世の傍若無人振りを見れば対話などしても金を巻き上げられてまたそのお金で核武装やミサイル開発を進めるだけです。過去の六か国会議など振り返れば対話など無駄だと分かるでしょう。すべてこれまでは北朝鮮の思うがままに事が運んだから今の状況があるのです。北朝鮮キム体制を潰すこれ以外あり得ないのです。


我が国のトップ、安倍晋三総理が第二次政権を成立してからのロシアと親密な外交を続けており、度々プーチンとの盟友関係を強調していますが、先日行われた日ロ首脳会談で制裁を訴えていた安倍総理に対してプーチンはあくまで対話をと強調しています。


プーチン 対話.png




安倍ちゃんとプーチンの盟友関係からして北への圧力に同調してくれるかと思いきや思いっきり肘鉄を喰らわせた無慈悲なプーチン。それに首脳会談に先立ちこんなことまで言っているのですからね。


「北朝鮮は雑草を食べることになったとしても、自国の安全が保障されない限り(核開発の)計画をやめない」


まんま北の代弁者ですからね。確かに核武装することが国を守るというのは正論なのですが、そんなのはあくまで北の都合であって敢えて北の代弁者のように振る舞うロシアと仲良く振る舞っている我が国の総理がアホに見えます。そもそも70年も前に北方領土を含む千島列島と南樺太を盗まれておきながら何ら進展していないばかりか、ロシアは北方四島への経済特区を行うようで、そうなると実効支配がますます強まり返還は更に遠のいてしまいます。



そのロシアに安倍ちゃんは3000億円もの経済援助を含めたあらゆる経済支援を行うそうですから開いた口が塞がりません。

安倍 プーチン.png


北方四島の特区が実現すれば「シンゾー頼むよ」とインフラ事業の費用も日本に負担させることも予想されます。仲良さそうに振る舞うだけならいいのですが、北への制裁に反対しているロシアに日本の血税をたれ流すとかあり得ないでしょう。







おまけに北朝鮮の建国記念の祝電を打つなど、圧力を掛けたいアメリカ、日本を嘲笑するかのような行為、こんな行為を見せつけられると北と共にロシアに対し怒りが込み上げます。






北朝鮮への断固とした強い遺憾の意を述べるのは結構ですが、その北を擁護し、祝電を打つプーチンに一言文句すら言わず3000億円を貢いでいる安倍総理て何なんでしょうか?安倍が総理でいる限り北朝鮮やロシアに舐めきった態度をとられお金も巻き上げられ続けることは間違いありません。

(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:25| Comment(0) | 外交問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート