2017年07月15日

ヘイトスピーチ条例を成立させた日本維新の会にシンパも賛成していたという驚愕の証言

先の東京都議会選挙で大躍進を遂げた都民ファーストと大惨敗を喫した自民党がクローズアップされていますが、割を喰ったのは自民党だけではありません。民進党の15⇒5 日本維新の会2⇒1があります。



民進党は地方レベルで言えばもはや自民党の対抗勢力とはならない少数勢力と化していますが、日本維新の会は民進党などよりも更に酷く絶滅危惧種と化しています。大田選挙区で最後の最後でようやく滑り込んで1議席を獲得するなど辛うじて首の皮一枚繋がりましたが、この政党に議席をくれてやることはなかった、消滅してくれた方が国のためでした。



今回の都議選で維新の党は自民党と同じく豊洲移転を訴えていましたが、むしろ自民党よりも強く訴え、自民党と対立している都民ファーストの小池都知事に執拗な口撃を仕掛けていました。特に衆議院議員の足立康史は候補者の応援演説において小池都知事へアホ呼ばわりし、小池都知事に吐き気を催すなどと抜かしていましたが、このような悪態を突き罵詈雑言を浴びせる足立そのものが吐き気を催す邪悪な人間なのです。そんな足立の悪態もあって維新は消滅寸前の惨敗に繋がることになりました。


維新の会 7・1.png



あからさまな売国奴である民進党に対し、いかにも保守受け狙いのことをやっている維新の党ですが、その正体は規制改革革新政党であり保守などと呼べる代物ではありません。大阪都構想やTPP賛成など国体を破壊する政策であり、こんなものを称賛すること自体が理解不能です。それよりも許せないのが大阪市でヘイトスピーチ条例をどの地方、どの政党よりも先駆けて成立させてしまったことです。




国政のヘイトスピーチ法案は罰則を設けていないのに対して、大阪市はヘイトスピーチと認定されたら氏名を公表するというもの。事実上社会的制裁を科し、言論の自由を侵害する非道な条例となっています。



この都議選の維新の応援演説のYOUTUBEの動画に私めがヘイトスピーチ条例を絡ませた批判コメントを寄せたところ、これに反論する維新支持者から反論を喰らったのですが、その中に驚くべきコメントをいただきました。


《日本維新の会》足立康史、吉村洋文大阪市長、やながせ裕文候補 東京都都議会議員選挙 街頭演説会 2017年7月1日 (URL)


維新支持者 アホ1.JPG
維新支持者 アホ2.JPG
維新支持者 アホ3.JPG
維新支持者 アホ4.JPG



維新の支持者は維新が仕出かしたヘイトスピーチ条例に後ろめたさを感じていると思ったのですが、むしろ諸手を挙げて賛成しているとは驚きです。言論弾圧に加担していることを自覚していながら応援しているのです。ヘイトスピーチ法案や条例など表現の自由の侵害以外何者でもないのですが、それに踏み込んでいることを自覚していないのか感覚が麻痺しているのかまともな思考回路ではありません。


野党でありながら自民党に迎合し、逆に追及する野党を攻撃する維新の党など存在意義はありません。自民党に吸収されるか早いとこ消滅してくれるかどちらかにして貰いたいものですね。


(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 23:25| Comment(0) | 橋下維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

安倍政権終焉は間近!?安倍シンパも認める危険水域

今週賑わしたのが前川元文科事務次官の参考人招致でしたが、両者相譲らず平行線のまま終わったと言う感じが否めません。追及する野党側も落としどころが分かりませんが、金銭の絡みがない以上不毛の追及のような気がします。この問題に関しては政府側に同情しますが、政権側も文章消失など対応が後手後手になって付け入る隙を与えてしまっていることもあり鎮火しない状況となっています。それに今回の参考人招致も後に引きずらないよう登場人物を全て出しておくべきでしたが、これではまた追及を強めることになります。


この森友学園問題で野党に同調しているのがマスコミです。ここ最近の報道を見ているとマスコミは本気で安倍潰しを画策しています。森友や加計など政府側がどんなに鎮静化を図ろうとも「疑惑が深まった」として更に追及の手を緩めることはありません。この毎日新聞の編集者が証言しているように安倍潰しは今後更に加速していくものと思われます。








こうしたマスコミの画策が功を奏して政権支持率の世論調査は、どこも支持率より不支持率が上回るという結果となり、不支持率は50%を超えるところも出てきました。



内閣支持率 推移.png-large


上記のグラフは主要マスコミの2016年初頭からの政権支持率平均値を出したものです。50%超えの不支持率というのは恐らく安倍政権発足時からすれば初めてではないかと思われますが、その理由というのも「人柄が信用できない」というものが最も高かったそうで、政策云々ではなく人間として評価できないとは衝撃的と言えるでしょう。この不支持率50%超えというのは実は鬼門でして、この水準を超えると政権運営が危うくなるのです。


自民党から民主党政権に変わる直前の麻生政権での不支持率が65%。民主党から自民党政権に変わる直前の野田政権での不支持率が68%です。両政権とも直後の総選挙で自党を大惨敗に追い込まれ、政権交代となりましたから、支持率が不支持率を上回る50%超えの不支持率がいかに危険な水域であるかがお分かりいただけるかと思います。ですので私の場合、支持率よりも不支持率に注目しています。




安倍擁護の自民党シンパからも安倍政権の現状を危険水域であるとブログで発信しています。

遠藤健太郎オフィシャルブログ  安倍政権が危険水域に… (URL)

記事の一部を抜粋

決して「反日(対日ヘイト)派」だけでなく「もう安倍晋三首相の顔も見たくない。テレビで映ればチャンネルを変える」という意見が増え始めているというのです。
 これは、首相官邸としては「えらいこっちゃ」と真剣に思ったほうがよいでしょう。私が述べたような程度で構えていると、挽回しないどころかこのまま安倍内閣が終わるのです。


これを見ても分かるように自民党シンパからしてもかなり絶望的な状況と捉えているのではないでしょうか。




第二次安倍政権になって4年半になりますが、国民が一番期待していた経済においては消費税増税による失速が大きく、それを総括をしないままでは、右左の思想を問わず国民全体からの不支持が高まるのは当然です。不始末の女王、稲田朋美も閣僚に残したままでは真摯な姿勢とは到底思えません。自民党シンパも認める安倍政権の危険水域は更に上がることとなり退陣も近いと言えるのではないでしょうか。


(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 20:14| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

自民党を惨敗に導いた無能な味方である有本香

東京都議選から一週間経ち、都議選の総括をあらゆるメディアで行われています。都民ファーストが勝ったというよりも自民党の自滅であるというのが大筋の見方ですが、自民党を惨敗に導いたのは執拗に小池都政を辛辣に批判をしていた連中もそれに当てはまるのではないかとみています。その中でも最たるのがジャーナリストの有本香です。


有本香.png


彼女の喋りはやや鼻づまりでトーンが低いものの無駄なく淡々と語るのでそれが却って視聴者に響き伝わりやすいと言われています。物おじしないはっきり物を言う論調が保守系の視聴者層に評価を得ているところもあります。


この有本香女史ですが、小池都政に関して他の話題に比べてモロに感情むき出しで批判しています。有本が小池批判に転じるきっかけとなったのが築地市場の豊洲移転にストップをかけたことによるものと自ら言っていますが、そもそも豊洲はガス工場跡地であり有害物質が長年の稼働によって蓄積されている場所です。こんなところに移転を決定してしまったというプロセスが果たして都民や市場関係者に十分に説明されていたのでしょうか?


豊洲移転に関しては、モニタリング調査が完了する前に建物を建ててしまったことも問題です。後で汚染が発覚した場合に建物が出来上がった後ですから完全な改修が出来なくなります。それに豊洲の建築費用も当初の予定よりも倍以上の6000億円もかけてしまい、移転により多くの仲卸業者が移転せず廃業の道を選ぶことで市場規模が縮小されると予想されるのに市場を運営する維持費は年間100億円とは間違いなく経営が行き詰まります。こうした状況を鑑みれば一度立ち止まって検証するのは当然のことです。


それでも移転を止めた小池都知事を批判する有本香を見ていると臭い物に蓋をして誤魔化す、一部の権力者に阿っているようにしか思えません。そして口だけではなく著書で小池批判を広めようとして都議会選挙前に急きょこうしたネガティブ本を出版しました。






立ち読みでパラっと見たのですが、豊洲の安全性に関してはお友達の建築家・佐藤尚巳の受け売りで安全性を主張しているだけです。(有本は建築学の知識ゼロなので当たり前ですが)この佐藤尚巳、地下の空洞を絶賛していますが、後で専門家会議において追加対策工事が必要との判断が下されており、環境アセスメントに載っていた盛り土もなくあるはずのない地下水の溜まった空洞など結果的にそれが良かったという見解とか建築士としてどうなのでしょうか?建築家ってこんないい加減なものなのでしょうか?


豊洲の敷地は広大でありながら市場関係者が指摘しているように市場内が道路で分断されており、トラックの積み荷下ろしも市場の構造上の問題から手間や時間もかかるとのこと。その他にも色々ありますが、汚染問題だけではなくこうした問題もあるのですが、建築学の知識のない有本香は「問答無用で移転せよ!」と高飛車に言い放っているのです。








お仲間が追加工事が必要と言ってもプライドの高さからか自己分析せずにあんたが間違っているのよと言わんばかりのこの物言い、そして憎っくき小池へのDisりも忘れていません。


小池Disりのために有本香が出版した「小池都政が日本を滅ぼす」ですが、豊洲新市場の建築的見解の検証もないようで安全性を主張しても空虚でしかありません。保守と言われる連中にはこの有本と同調した形で小池批判キャンペーンを展開していましたが、小池dISりあまりに度が過ぎたのか都民ファースト大圧勝、自民党は有本のお仲間まで議席を失うなど大惨敗を喫しました。



自身の妄想を最大限に膨らませてつくりあげたネガティブ本でしたがその効果はないばかりか、選挙から一転、情勢は変わって小池ネガティブキャンペーンを展開してきた有本への批判が集中することになりました。お友達の自民党都議のヤジ問題で言及されるとお友達はやっていませんと代弁していますが、当時現場にいなかった有本がどうしてやっていないと言い切れるのでしょうか?





お友達を必死で庇う健気な姿勢は感動ですが、直後にこのような証拠まで突き付けられるとは悲しいですね。良いヤジってどんなヤジやねん(笑)。








有本香はいまだ小池Disりに躍起になっていますが、お友達擁護ですっかりうさん臭さが定着したようです。一部のヒステリック同調者には需要はあるかも知れませんが、公平公正なジャーナリストとしては失格レベルでしょうね。有本と一緒に虎ノ門ニュースでコメンテーターをやる機会のある竹田恒泰なんか一緒に小池Disりしていますがこの男、一年前は豊洲はゴミダメ、事故物件だと言っていたのですがね。




このような持論を隣にいる有本に言わず、一緒になって小池批判している竹田を見てどう思いますか?竹田と言えば森友学園問題でも手のひら返しして籠池を非難していましたが、このような二枚舌を展開をされてはご自身のためにもよくないと思うのですがね(笑)



(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 23:30| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート