2017年11月25日

韓国・朝日よりも叩くべきは日韓合意失敗を総括できない安倍政権

大阪市の吉村市長がアメリカ・サンフランシスコ市との姉妹都市解消の発言が物議を醸しています。サンフランシスコへの韓国系グループによる慰安婦像設置を阻止するための抵抗なのですが、その甲斐もなくサ市議会で慰安婦像に碑文の寄贈受入が全会一致で決定したとのことで、姉妹都市解消は避けられないでしょう。






吉村市長と言えば日本で初のヘイトスピーチ条例を制定させた首長であり、到底許されない愚行を仕出かした人間ですが、この吉村の行動については一応支持します、が、それならば同じく慰安婦像が建立されている韓国・釜山や中国・上海と結んでいる友好都市解消をしなければ筋が通りません。もしやらないのであれば単なる保守層受けのパフォーマンスでしかありません。








そもそもこうした原因の根本にあるのは韓国による慰安婦ロビー活動であることは言うまでもありませんが、それを助長させたのが日韓合意を締結した日本政府に他なりません。


当時、最終的且つ不可逆的というフレーズが話題になりましたが、この合意により日韓両政府は慰安婦問題を最終的に解決したとし日本政府は慰安婦とされる韓国人女性への謝罪文と10億円の賠償金を送っています。日本国と先の大戦で亡くなられた英霊への名誉を棄損する形で謝罪をし、賠償金まで差し上げ韓国のご機嫌取りをしたにも拘わらず前韓国大統領の朴クネが失脚してからは合意そのものが宙に浮いた形となり、日本政府による謝罪だけがしっかり利用されているとう最悪の事態となりました。


全世界に日本を貶める慰安婦像設置のロビー活動を働き掛ける恥も外聞もない韓国。更に『慰安婦の日』を制定するなどやりたい放題です。


慰安婦の日 制定.jpg_large


日本政府は国際条約を反故にした無法者・韓国への抗議制裁を行わなければならないのですが、どうも口だけで終わりそうです。ならば国際間での約束を守らない無法国家だと全世界に拡散しろという声もありますが、そもそも韓国がそういう国だと分かり切っているのにそう認識せず日韓合意を結んだのですからどうにもならないでしょう。むしろ批判すべきはこの条約を率先して結んだ安倍政権です。


日韓合意は間違いなく失敗であり国益を損ねる結果となりました。こうなった原因の追及と関係者の処遇も含めて責任問題として総括しなければなりませんが、そういう声が自民党内から噴出しないのは情けない限りです。そう言えば慰安婦問題にご熱心で、自民党に鞍替えした和田政宗杉田水脈といった保守気取りのメンツがいるにも拘わらず、日韓合意についての検証総括を求めるといった声は党内からは一切聞こえてきません。韓国や朝日を叩くのはいいが、根本的な原因から目を逸らそうとしているようにも見えますね。



郷に入りては郷に従えということでしょうか。弱小政党にいるよりも巨大与党政党に入ることで再選もしやすくなるのでしょうが、身内の都合の悪いことには触れにくくなりますから自民党としてもこういう保守寄せパンダを囲うことはメリットでしょうね。自浄力はない癖に勢力だけは巨大になり悪い方向に邁進する自民党などロクなものではありません。



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 16:57| Comment(0) | 外交問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

加計学園の韓国留学生受入れに寛容で親韓派となった自民党工作員

総選挙が終わってからトランプ大統領来日や安倍総理の外遊などで延び延びとなっていた特別国会がようやく開会となりました。野党としては今年2月の森友学園の延長線上で勃発した加計騒動についても安倍追及のために手ぐすねひいて待ちわびたことでしょう。


しかしこの問題の肝は総理への忖度があったのかというものであり、事件性や犯罪性を問われているものではありません。確かに関与していたら総理を辞めるという言質を引き出したことで野党が躍起になっていますが、総理が直接大学設置を指示したところで国家戦略特区という建前がある以上、有耶無耶にされるだけで水掛け論に終始するだけです。せめて金銭授受など新展開があれば別ですが、野党側がそういうものを出さなければ飽きられてしまうことになるでしょう。



ところがそんな加計学園について保守層にとっては看過ならない新たな事実が発覚しました。









募集定員160名中、韓国からの留学生枠として20人分の受け入れを表明した加計学園ですが、本来獣医学部設置は日本の獣医師不足から国家戦略として行われるはずなのに、日本だけではなく外国の留学生まで獣医師の育成のための面倒を見るとなると当初の方針からは逸脱することになるのではないでしょうか?


それに韓国での留学生獲得のためのパンフレットには2010年にノーベル化学賞を受けた鈴木章北海道大名誉教授らを「輩出」し、「世界が認める研究成果を挙げている」と記述されているのですが、鈴木氏は北大教授時代の1979年に発見した有機化合物合成法でノーベル賞を受け、北大退官後の94年に岡山理科大教授となったが、在任は1年間にすぎません。別の大学での研究成果をちゃっかり横取りしているようであまり関心できない記述ですな。



そして韓国に限らず外国人留学生の厚遇とも言える待遇には首をかしげざるを得ません。






加計学園に限らずこうした厚遇で迎えられる外国人留学生と、大半が奨学金を借りて卒業後でもその返済で苦しんでいる日本人学生との待遇の違いは大いに検証されるべきでしょう。ましてや獣医師不足と言いながら設立初年度から留学生20人を受け入れる加計学園を設立する目的からは逸脱するのではないでしょうか。



こうした韓国人留学生問題が発覚したことで異論の声が挙がっていますが、安倍信者、ネットサポーターズはこうした異論の声に罵詈雑言を浴びせて封じ込めようようとしています。その象徴的なやり取りのツイートを見つけたので御覧ください。














一人の異論を唱えるアカウントに高尚ぶって留学生の受入に問題はないと畳みかけていますが、異論者の最後の呟きの通り設置根拠が覆されていることは問題提起として至極当然のことです。こうしてみると反安倍が嫌韓で安倍支持者は親韓と捉えても良いかも知れません、が、このやり取りしていたBOSSなるアカウントは普段在日や朝鮮に関してはディスりまくっているようです。










安倍ちゃん絡みの加計だけに関しては親韓派に寝返るという安倍シンパの鏡のようなアカウントですが、安倍の地元山口・下関でもこのような釜山フェスタなる催しを開催しているように安倍ちゃんはバリバリの親韓派です(笑)


下関 釜山フェスタ.jpg


親韓だろうが別に構わないのですが、国税を使っての手厚い外国人留学生への厚待遇に対して異論が出ないようでは国賊者としか言いようがないですね。増税あり気の安倍政権で血税を注ぎ込んでいる留学生について野党から追及されたら更に混迷を極めることとなるかも知れません。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 22:45| Comment(2) | 森友学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

暴言議員足立康史はバカなシンパにより更に追い込まれるのか!?

先の総選挙において選挙区で敗れたら比例復活はしないと公言しながら、選挙区で落選したのにあっさり撤回し、比例復活で再選を果たした日本維新の会・足立康史議員。これまでの勇ましい言動とは程遠いみっともない醜態を晒してしまったことでこれに凝りて大人しくなるかと思いきやツイッター上で「朝日死ね」と呟いたことでマスコミを賑わしています。


足立康史.png



これに対する足立の反論は山尾志桜里議員が取り上げた「日本死ね」を引き合いに出したとのことですが公職にある者としては不適切な発言であることに違いはありません。山尾議員は他人が発した言葉を引き合いにしてますが足立議員は自ら率先して発言している、このことから見ても足立の方が悪質であり非難を受けて当然と言えるでしょう。ところがこの発言に飽き足らず更なる問題発言で騒動を拡大させました。



加計学園設立に反対している獣医師会から100万円もの献金を受けていた玉木雄一郎議員と福山哲郎議員が国会質疑で加計問題を取り上げたことを利益供与だとして「犯罪者」と罵りました。調子に乗ったのか更に与党の石破茂にまでその矛先を向けるなどやりたい放題、野党は勿論のこと自民党の重鎮も怒りを露わに批判しました。






こうなると所属する維新も標的にされた三党に陳謝せざるを得なくなり、足立には厳重注意処分を下したことでさすがの足立も意気消沈し謝罪することとなりました。







この発言により普段メディアで取り上げられることのなかった足立康史という議員は、テレビなどのニュースやワイドショーで発言を取らげられ批判の的として晒されることとなりました。本人も日頃から自分の発言が取り上げられないと嘆いていましたが念願がかなったことになります。







そんな足立さんですが自民党ではなく追及する野党攻撃をしてくれるスタンスが自民党サポーターを中心に称賛されており不祥事も何のその、「やっさんは悪くない、もっとやれ」と熱いエールを送っています。












こういう時、本当の支持者であれば発言について慎重にとか苦言を呈するべきなのですが、本人は勿論、支持者も相当痛いですね。しかし連中はどんな形であれメディアで取り上げられれば注目されるので野党の不正が取り上げられることになると息巻いているようですが、その分足立のこれまでの言動も取り上げられることになるのですがね。


◎元秘書の女性が足立康史衆議院議員からパワハラを受け、約700万円分の残業代も支払われていないなどとして、大阪地裁に提訴。その際に明らかになったのがいすをけられたり、水をかけられるなどパワハラの実態が明らかに、これに対し足立は元秘書の提訴に逆切れして残業代支払いを拒否すると開き直りともとれる宣言。

◎足立議員が代表を務める「維新の党衆議院大阪府第9選挙区支部」の2014年分の収支報告書。支出項目にナント!「議員宿舎」(家賃)として「(月額)10万2298円」の記述していたとのこと。




メディアにとっては格好のネタが揃っており、これらを追及されればたちまち足立康史は追い込まれることになるでしょう。支持者は足立を不正をただす正義のヒーローだと崇めているようですが、一般の人から見たらとんでもないチンピラであると認識されることは間違いありません。このまま足立のシンパが「もっとやれ」煽り立てることで足立が調子に乗ってしまい墓穴を掘るというそんな滑稽な姿しか想像できません(笑)


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 17:35| Comment(0) | 橋下維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート