2017年08月06日

改造直後に消費税10%を示唆した安倍政権に景気回復は望めない

改造安倍内閣が船出となった訳ですが、失言大臣を排除し実務的に無難な人間を閣僚に取り込んだ布陣となりました。今回の人事の目玉と言うべきなのか安倍政権に距離を置いていた野田聖子と河野太郎を重要閣僚に抜擢されたことです。これについて保守層から批判が出ていますが、正直どうでもいいです。だって消費税増税・TPP・日韓合意・移民政策など売国政策をやりまくる安倍政権ですよ?何をもって野田と河野だけが批判されるのか理解に苦しみます。むしろ憤慨したのが当の安倍総理自らが再出発の出鼻をくじく消費税増税を示唆する発言をしていることです。








安部総理はこれまで二回の消費税10%への増税を延期しており、安部支持層からすればまた延期してくれるのではと期待しているかも知れませんが、増税に含みを持たせることで国民の消費意欲は削がれるだけになり、景気の悪化が続いていくことになります。


消費税 2019.10 再延期.jpg



消費税は単なる不評に留まらず景気悪化させてしまう悪政です。この税制の根幹である消費税増税法案は当時の政権政党である民主党と野党であった自民党と公明党が三党合意で成立させましたが、税率の上限を設定していないのでこの先更に税率を上げられる可能性があります。消費をする者にはペナルティーを課すようなこの制度では国民がこぞって消費する気持ちにはなりません。



本気で景気を回復させるのであれば消費税による景気悪化を総括して一旦、凍結にし将来的に廃止させるべきです。増税を唱えたのは財務官僚に対するフェイクだと抜かす者もいますが、そんなことをやる必要などありません。国のトップが景気の足を引っ張ることを言えば国民の消費マインドはますます下がるからです。五年も日本の舵取りをしていながらまだ消費税による悪影響を総括できず増税に固執している安部政権ではもはやダメなのです!



この消費税については全国民怒り心頭ですが、それでも安倍を擁護する支持者からすれば改憲を旗印にしている政権であることから支持を続けている人もいるでしょう。しかしまともに考えても改憲できる体制には程遠いと感じませんか?私も改憲はするべきだと思いますが、どうやら支持率を重視するあまり改憲時期を先延ばしにするようです。








目標に掲げていた2020年の憲法改正実現について、事実上、目標時期にこだわらない姿勢に軌道修正し、今秋の改憲案提出を見送るとのことです。小手先でかわしてよければ改憲したいなという感じにしか見てとれません。そうこうしている間に総選挙となり改憲派が数を減らす形となるのは明白。つまり改憲を行おうとする気概すらない改憲やるやる詐欺なのです。



やる気だけを見せるのと最初からやる気のないのとどちらがマシかという話になりますが、それより財務官僚の言いなりで経済の悪化をもたらす消費税増税を推進する国民の民意を汲み取ることができない政権が五年も居座り続けているのは非常に問題ではないでしょうか。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 11:20| Comment(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

安倍政権を助ける利敵行為を行う馬鹿

政権支持率が下落している安倍政権、反安倍にとってはこういった時は無理に煽り立てず粛々と疑惑を追及するべきなのですが、この支持率転落に狂喜乱舞するはねっかえり者は必ずいるものでこういう人間が政権の利敵行為を生み出しているのです。


黒川敦彦 ツイッター.JPG







この黒川敦彦なる人物。現在今治市在住で加計問題の追及チームを立ち上げてSNSで情報発信しているのですが、内容がまた凄いというか加計学園や孝太郎氏の誹謗中傷とも取れる情報発信をしているのです。









加計追及と言うには少し稚拙なDisり方してますが、まぁこれくらいは許容範囲として、この男ネット上だけではなく、直接加計のキャンパスに出向いて嫌がらせを企てているのです。






前回の記事で少し触れましたが加計学園のキャンパス前で抗議活動を呼びかけ、賛同者を募っているこのツイート、疑惑の渦中にあるとはいえこうしたことを行えば加計学園への風評被害に繋がります。森友の時と同じ報道陣が幼稚園に押し寄せる行為も酷いもんでしたが、学園前で抗議活動など明らかな嫌がらせというか業務妨害行為です。いくら何でもこの男の行為はやり過ぎであり、学園側も断固たる措置をとるべきです。


またこのような真偽不明確な情報を流していますが、これ十分に名誉棄損で訴えられても仕方がないツイートです。本人もやばいと感じたのかこれらのツイートは削除しています。





自分と異なる意見ならあなたも黒ですよと一種脅しのような誤った正義感。誰かがブレーキをかけなければヤバいところまで突っ走りそうな感じです(^_^;)






こうしたはねっかえりと呼ぶにはあまりに悪質な反安倍ですが、思想云々よりもただやみくもに敵を貶めたくて理性を押さえられない危なっかしい人間であり、敵に塩を送る利敵行為となってしまうのです。こういうのには賛同しないことが得策です。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 23:22| Comment(1) | 森友学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

安倍が失脚したらこの世の終わりのようにのたまう安倍支持者

加計学園や防衛省の日報問題など野党からの執拗な追及に追われた閉会中審議をようやく終え、改造内閣に着手する安倍総理ですが、どういう人事を配してももはや死に体内閣となることは避けられません。その改造直前にこれまで庇い続けてきた稲田防衛大臣が改造前に辞任を表明するなど、もはや安倍政権の行く末はお先真っ暗と言えるでしょう。


しかし野党が自民党に取って代わる対抗馬とならない以上、現実的には安倍が退陣しても自民党政権が続くことには変わりません、ただ安倍シンパは政党内での首相交代すら許さず安倍の代わりがいないと、安倍晋三を徹底的に守りきるという姿勢をとっています。先日にはチャンネル桜が「頑張れ安倍内閣!」と称した街頭デモ活動を行っています。



負けるな安倍政権.png
頑張れ安倍総理.JPG




こうした勢力が安倍を守る理由として挙げられるのが、「安倍の代わりに誰がいるのか!?」というものです。連中の安倍に対する買い被りは相当なものなのはよく分かりますが、では逆に安倍が突然死んだらどうするの?と問いかけてみたいです。安倍が死んだら日本は終わり、この世の終わりとでも思っているのでしょうか?



安倍の代わりなんている訳がありません。人間はそれぞれ独立・自立したものであり、思想信条も違うものです。安倍の代わりなど不要であるし探す必要もありません。むしろ安倍を崇拝することで消費税増税やTPP、移民政策といった売国政策が語られることなく推進させてしまった罪の方が深刻です。



そして安倍シンパが頑なに主張しているのが安倍政権による経済政策(アベノミクス)の成功と憲法改正を含めた安全保障の評価です。しかし安全保障に関しては中国の領海侵犯が民主党政権よりも圧倒的に増え、先日には津軽海峡にまで侵入するなど深刻な事態なのに何言ってんだ(#゚Д゚)ゴルァ!! と突っ込みいれたくなります。自民党シンパの有本香でさえも安全保障については後退していると言い切っているのにね。








経済に関しては日銀の金融緩和政策は政権発足前から掲げていた公約であり、これに関しては有言実行し株高と円安と一応の成果はもたらしましたが、何しろ金融緩和の出口が見えず6回も目標到達時期を先延ばししているのですから酷いものです。一見、好転しているように見える株価相場も年金を相場につぎ込んだ意図的に作り上げた官製相場に過ぎません。




最後にネットで拾った安倍シンパの声を取り上げます。

安倍政権を失えば、金融市場参加者は失望して全面的な失望売りに走るでしょう。せっかく回復しかけた日本経済が再び失速してしまう。



何か消費税増税すると国債価格が暴騰してハイパーインフレになるとか言っていた人と同じ主張のように思います。現実的に自民党政権が続くわけだから突然政策を反転させるなどあり得ません。今の経済政策と反する政策で行くにしても金融緩和の出口戦略を投げ出せばパニックになるのは誰でも分かります。政権が民主党に変わるならまだ言い分は理解できますが、あまりに飛躍した主張です。


回復しかけた日本経済が失速とかもう失速してますがな(笑)消費税増税以降の消費低迷が何よりですから、この点を総括しないで景気回復などあり得ないでしょう。そしてこんな意見もありました。

安倍総理の維持こそが国益であり、国民の命と財産を守るための現実的で妥当な手段となっており構造になっている。



もはや支持というか神格化レベルです。こうなっては、安倍以外はすべて認められないということなのでしょうか。安倍が失脚したら本当にこの世の終わりとなるのかぜひ見てみたいものです(笑)


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 18:20| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート