2018年05月15日

辞めない麻生、責任を取らせない安倍政権はいずれ世間の反感を買うことになる

老害麻生太郎と酷評されるほど、ここ最近の麻生の舌禍は自民党内からも苦言を差されるなど度が過ぎるというレベルを超越した老害ぶりを発揮しています。









明らかに誰でもわかるふてくされながらの誠意を感じない謝罪の直後に野党質疑者へヤジで審議を中断させるなど言動・振舞いはもはや副総裁&財務大臣という重職を担う資格はありません。麻生もこれまで野党・マスコミから相当叩かれたことで相当鬱積が溜まっていたことも無法な振る舞いに拍車がかかったのでしょうが、それにしてもあまりに酷い醜態を晒してくれました。




麻生 自分から喋りたい.PNG




セクハラ次官の擁護と被害者への中傷もそうですが、公文書改ざんはどこもやってると平気で述べるなど公職にある者としてあるまじき発言をしたこと、これだけで即刻罷免されるレベルの大失態もんです。そんな麻生太郎に追い打ちとも言えるスキャンダルが報じられるなど麻生包囲網が着実に敷かれることとなりました。










しかし、こうした包囲網もどこ吹く風、いまだに大臣として居座っていられるとはどういうことでしょうか?本来であれば辞職して当然なのですが本人は辞める気はなし、安倍総理も辞めさせる気はありません。




その安倍総理もまた新たな嘘が明らかになるなど膿を出すと言いながら安倍政権そのものが膿であると言わざるを得ません。














麻生も安倍もそれ程深刻とは考えていないのでしょう。安倍総理自身が膿を出しきると言いながら説明責任を果たさず責任も取らない、思考力がマヒしているからこそ麻生のような傍若無人な振舞いができるのでしょう。




そして政権政党支持率が思ったように下がらないことも深刻です。非支持率が上回っているとは言えいまだに政権支持率が30%超えというのはまだ危険水域とは言えません。支持率調査の信ぴょう性を指摘する声もありますが、どこの世論調査も似たような数字からして国民の三割以上は支持していると見ていいでしょう。野党の体たらくとマスコミの突っ込みの甘さなどもありますし、自民党主導で行っているネットサポーターズによるネットの動画配信やSNSを活用した対抗勢力やの工作攻撃活動も功を奏していると言えるでしょう。




かつて一次政権で失態を晒した安倍政権ですが、これを糧に長期政権を構築するための組織強化に着手した手腕においては素直に認めざるを得ません。のらりくらりと頓珍漢なことを答弁する安倍ちゃんですが、日々ネット活動に明け暮れる自民党ネットサポーターズや国政に無関心な国民に守られる安倍政権の地盤は思った以上に強固であると言えるでしょう。




反安倍側とすれば正直どう仕留めれば良いのか悩ましいところですがあまり悲観することもありません。長期政権を築いているとはいえ、ここ最近これまでにない程安倍政権の醜態が晒されていますし、これが永劫続くとは考えられません。説明しない責任を果たさないのであればとことん世論を誘導し追い詰めるだけです。









先述したように自民党の支持率はたかだか30%台です。それより増して脅威なのがどこの政党も支持しない無党派層の比率は高いことからも分かるように無党派を取り込むことで安倍政権は一気に窮地に陥るでしょう。今野党叩きに躍起の自民党ネットサポーターズですが、それだけ危機感を募らせているのです。だがこんな体たらくな政権政党を見せつけられては無党派層が自民になびくこともありません。ここで一気呵成に追い詰めることが肝心なのです!!!



posted by yuuponshow at 22:05| Comment(0) | 麻生太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

改ざんを容認してしまうならず者麻生太郎の舌禍が止まらないが安倍政権は続投を表明

ゴールデン・ウィーク明けとなった今週10日に柳瀬元首相秘書官の国会招致が決まり、それまで審議拒否を続けていた野党6党は審議復帰となったことで空転していた国会がようやく正常化する運びとなりました。記憶にないと愛媛県や今治市職員との面会を否定してきた柳瀬氏にとっては相手の証言との食い違いが明らかとなっており、どういう言い訳を参考人招致でするのか楽しみです。野党は偽証罪が問われる証人喚問を要求していますが、弁解の仕方によっては更なる火種となる可能性もありモリカケ問題はまだまだ続きそうです。





そして新たな火種としてクローズアップされているのが、麻生太郎副総裁兼財務大臣の度重なる舌禍発言です。



麻生 セクハラ.PNG



「セクハラ罪などない、殺人とか強制わいせつとは違う!」というこの発言がワイドショーで取り上げられることとなり大きな反響を呼んでいます。人権団体はこれに怒り心頭でセクハラ容認と受け止め麻生大臣の辞任を求める集会やデモが各地で開催されることとなりました。












これに対しネットサポーターを中心とする擁護派は発言の真意を汲み取らず言葉を切り取って印象操作をしていると反論していますが、これは無理筋な擁護論です。セクハラについて何かしらの対処策を述べるとかすれば良かったのに、ただ事実関係を述べたのだけならばセクハラを罪として認めず放置してると捉えられるし、マスコミにいいように使われても仕方がありません。仮に別の真意があったとしてもこれまでの度重なる舌禍を行っている常習者であることに変わりはないのですから。かつて麻生は女性の参政権を認めたのは失敗だったなど女性への差別発言を行った前科もあるにもっ拘わらず、よくも今まで政治家として続けていられたもんです。







そして新たな舌禍としてセクハラ発言以上に大きな反響となりかねない文書改ざんを受けての発言が取り上げられることとなりました。









行政を司る国務大臣が公文書改ざんなどどこでもやってるなど平気で発言するこの無神経さ、失言とかそんなレベルではなく犯罪の認識すら持てないとは驚きです。第二次安倍政権発足後から副総裁兼財務大臣として五年以上に渡って政権の中枢を担ってきた麻生太郎ですが、国務大臣として政治家として万死に値するこの発言はアウトです。これまでの財務省の不手際についてトップとして責任を取らないばかりか自ら火に油を注ぐなど政権からすれば罷免して当然なのですが安倍政権はこれまで通り麻生を続投させようとしているのですから開いた口が塞がりません。これにより安倍政権はセクハラも文書改ざんも容認するというという憲政史上始まって以来のならず者政権であることが明らかとなった訳ですが、それを支持する事の重大性を認識できない逝かれた人間もまだ存在していることも事実であり、日本国の大きな禍根と言えるでしょう。














野党はモリカケと共に麻生罷免要求を徹底してやるでしょうが当然引きずりおろさなければなりません。ならず者麻生太郎を引きずり下ろすことができないのであれば拙いことがあれば平気で公文書を改ざんしてしまうことを厭わないならず者国家であることを全世界に認識されてしまうのです。そして麻生を庇い続ける安倍総理も然り、もはや政権を担う資格はありません!!!
posted by yuuponshow at 18:42| Comment(0) | 麻生太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート