2017年12月06日

安倍総理に近いジャーナリストのレイプ疑惑に自民党議員がイチャモンをつける

野党が安倍政権を追及しているのはモリカケ問題だけではありません。安倍総理に有利な情報を書いている山口敬之氏が起こしたとされるレイプ疑惑が大きくクローズアップされてきました。


詩織さん.jpg



この問題は被疑者と言われる伊藤詩織という女性が記者会見を開いて告発したことで明らかになりましたが、会見で野党寄りとも言える政治的主張を展開するなど、レイプ自体がヤラセではないかと捉える見方もありましたし、第一安倍総理に繋げるにはモリカケ以上にハードルが高いことから当初私も眉唾ものとして捉えていました。


逮捕の執行にも繋がらず、告発しても検察審再会において不起訴となるなど情勢は詩織さん不利となるかと思いきや、その事件性や捜査段階での不透明さかが物議を醸し、国会質疑で取り上げられることになりました。






この問題で明らかになっているのは性交渉があったこと。山口氏は既婚者であり、不貞行為であることを認めていること。詩織さんが泥酔状態であったこと。これは互いに認めています。



以上の状況を勘案すると薬を盛られたレイプであったかなかったかは抜きにして、不貞行為を認めた山口氏が不利であることに間違いありません。泥酔いの状態で性行為をしたことは間違いないので、「準強姦容疑事件」の疑いがかけられても致し方ありません。


そして告発したにも拘わらず当時の警視庁刑事部長が裁判所からの逮捕状請求を取り下げたということなど非常にミステリアスな部分が醸し出されることでこの問題がクローズアップされてしまう要因となりました。


中村格 逃げる.JPG



この問題は安倍総理との関与よりも、公権力の裁量によって事件性を有耶無耶にできることが問題であると言えます。メディアでも大々的に取り上げられていることから当時の刑事部長を国会に招致して事実関係を明らかにすることは避けられない状況と言えるでしょう。




この流れに反目する形で名もなき自民党ネットサポーターズは被疑者女性へのバッシングを展開しており、「民主党の仕込みではないのか?」などと女性に対する胡散臭さを強調するネット上の書き込みが散見されます。しかしこの問題反発すればするほど大きくメディアで取り上げられる可能性がありますし、あまり被疑者を責め立てる行為が蔓延するとセカンドレイプとして逆に批判を浴びることになります。



こういうデリケートな問題を突き付けられるとなるべく穏便に流したいところですが、我慢ならないのか自民党に入党したばかりの気鋭の女傑がイチャモンをつけています。







安倍ちゃんを守りたいがためにこんなツイートしたのでしょうが、不起訴が決定してるからといって疑惑が晴れる訳ではありませんし、刑事部長の件といい非常に問題の筋が悪く、きっちり精査した上で語るべきです。この人慰安婦問題で日本の潔白を国連で訴えていましたがそれと混同しちゃってるかも知れませんね。自民党に囲われたからなのでしょうが、女性としての見識のない杉田水脈はもとよりそれに波及する形で自民党に悪影響を来すことになるかも知れません。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 22:50| Comment(0) | 伊藤詩織レイプ疑惑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート