2019年11月05日

世論も反対に流れかねない東京五輪開催の意義とは?

東京オリンピックのマラソン・競歩競技が札幌変更という唐突な要求を突き付けられた開催都市東京都と開催国日本ですが、開催一年を切った段階で会場変更を強要されるという前代未聞の事態となりました。トウキョウと発表されて歓喜に沸いた日本国内ですがまさかこんな形で禍根を残すことになろうとは思いもしませんでした。



トウキョ開催決定瞬間.PNG




こんな事になった諸悪の根源ははIOCであることは言うまでもありません。強引な開催地変更要求と莫大な米国の放映権料の縛りにより7〜8月から動かせない開催時期に灼熱地獄と台風などの風水害に見舞われる東京での開催地を決定したのは他ならぬIOCなのだから、コースの設定も決まってない、時間も決まっていない、どこが費用を持つのか決まっていない、ボランティアは?ホテルの確保は?あらゆる面で問題山積です。開催地を指定された札幌もいい迷惑でオリンピックの時期にイベントが盛りだくさんで競技が札幌となれば警備の関係でそれらのイベントを中止にせざるを得なくなり、どうあがいても混乱を来すことは間違いありません。



IOCのご都合主義に振り回される選手と関係者にとっては事故に見舞われたも同然であり、この件はきっちり突き詰めて糾弾した上で総括しなければなりません。




オリンピック招致委員と開催都市東京都の責任にも触れておきます。そもそもオリンピック開催をぶち上げたのが石原慎太郎元東京都知事であり、当初のコンセプトとしては既存施設を利用したエコでコンパクトなオリンピックのはずが、競技会場の新規建設ラッシュとなり予算は膨大膨らんでしまいました。


そして招致におけるIOCへの報告で「この時期の天候は晴れる日が多く、且つ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である。」と報告を行ってしまったこと。そして灼熱の7−8月開催が固定されてしまっていることも世論の支持を高めるため招致委員会としても殆ど公表していなかったことも含めて嘘・デタラメばかりの招致活動だったのです。



今年の初めには日本オリンピック委員会(IOC)会長の竹田恒和氏がフランス当局から贈賄容疑で起訴されることで会長職を辞任するなど汚職が発覚する始末、五輪招致の経緯も非常に闇が深く汚れた東京五輪招致となった訳です。


竹田恒和 起訴.PNG




そして日本国の首相であるこの人も福島の原発処理はアンダーコントロールされていると嘘を言ってましたよね。








アンダーコントロールどころか現時点においても汚染の深刻な状況が明らかとなっています。除染廃棄物の入ったフレコンバックの流出はもっとメディアで深刻に取り上げなければいけない問題なのに、大きく報道することはない、アンダーコントロールしたのは放射能ではなくマスコミ対策の方でした。








福島第一原発の建屋から3シーベルトという高放射線量が計測されておりもはや風評被害などと言ってる場合ではないのです。








嘘デタラメまみれの東京五輪は札幌移転どころか返上しても良いレベル世論も五輪開催に苦言を呈し、返上を促すコメントが相次いでおり五輪返上の気運が高まることは間違いありません。







これまでは返上などあり得ないと考えていましたが、こんな利権・汚職まみれの腐った五輪など返上するべきであり、安倍総理を始めとした嘘・デタラメで誘致に加担した連中にも責任の所在を明らかにするべきです!
posted by yuuponshow at 23:00| Comment(0) | 東京オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

罵詈雑言など差別発言オンパレード、旧宮家出の由緒正しき日本人竹田恒泰さん

日本オリンピック委員会(IOC)会長の竹田恒和氏がフランス当局から贈賄容疑で起訴されるというショッキングなニュースが新年早々日本列島を駆け巡りました。この疑惑について3年ほど前から一部のマスコミが疑惑として取り上げており知る人ぞ知る的な情報として私も記憶にありますが、五輪開催を翌年に控えたこの時期にまさかJOC会長の贈賄疑惑が持ち上がるとは思いませんでした。


竹田恒和 起訴.PNG



賄賂については日本国内の報道を見る限り真偽のほどは掴めていない状況ですが、東京五輪招致委員会が契約したと言われるコンサル会社の元代表が受取った報酬が賄賂にあたるとして逮捕されており、近く収監されるとのことですからこの騒動まだまだ波紋が広がりそうです。









一方贈賄を支払った側と疑いがかけられている竹田恒和会長は疑惑を払拭するために記者会見に臨みましたが、これがまた酷いもので7分足らずの短い会見で賄賂の関与はないと捲し立てただけで質疑応答はなし。JOC会長職にありながら自分は決定プロセスに関わってないなどと平気で言い放つなど、言いたいことだけ言って詳細についての説明なし、これでは却って疑惑が深まることになるのではないでしょうか。





しかし会長一人で2億もの賄賂を仕組んだとは考えにくく、招致委員長の森喜朗や電通、更にはその上の組織関与も考えられます。来年五輪が東京で開催されるのか?されたとしても疑惑まみれ汚点まみれと酷評されることは避けられず日本としては大きなダメージとなりそうです。




全世界から疑惑の目が向けられている窮地の竹田会長を助けるべく立ち上がったのが竹田会長のご子息であらせられる似非保守タレントの竹田恒泰氏です。パパの窮地を救いたいと勇んでメディアに登場して反論を展開しようとしたのですが、パパの擁護には程遠く捜査当局への恨みつらみの罵詈雑言ショーとなりました。









フランス司法当局へ向けての恨み節全開で、更にはフランス国家への罵詈雑言へと発展する有様で、放送事故レベルの酷さです(;・∀・)



・欧州の中国
・戦争弱い
・敗戦国のクセに戦勝国ぶってる
・民度が低い
・フランス革命は人類史の汚点
・フランスは皇室がないから日本をひがんでいる
・自国の治安も守れずなにが「五輪の贈収賄だ」
・ゴーンを保釈すれば話は終わる





パパが責め立てられ悔しくてよっぽど腹が立っているのでしょうが、随分と口汚い言葉が羅列されて聞くに耐えません。それを隣で同調ながら一緒にはしゃいでいる有本香も酷いもんです。しかしこれまずくないですかね?疑惑をかけられてる人間の息子の発言ですよ?この罵詈雑言が海外に向けて発信されどんな反応されるか想像できないのでしょうか?パパの疑惑の払拭どころか日本側の心象が更に悪くなる。そんな考えにも及びもつかないから罵詈雑言が口汚くポンポン飛び出すのでしょうね。








釈明とは言い難いフランスへの差別発言オンパレードの罵詈雑言を浴びせかける竹田恒泰タレントですが、この先どのような結果となるのか分かりませんが、間違いなくフランス当局やフランス国民への心象を悪くしたことは間違いありません。悪ガキの如く悪態を放つ明治帝の玄孫であり旧宮家の血を受け継ぐ40男の振る舞いが国際問題に発展しないことを願わずにはいられません。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:00| Comment(0) | 東京オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

酷暑のオリンピックは国民の総意!サマータイム導入を強引に迫る森喜朗とJOC

東京オリンピック開催まであと2年、開催地として東京に決まった時に皆歓喜の声を上げたものですがが開催が近づくにつれその深刻な問題点が浮き彫りになってきたことで開催反対の声が拡大してきました。




問題なのは何と言っても開催時期を7、8月に固定されてしまっていることです。前回の東京五輪は涼しく澄み切った青空の元10月開催でしたので今回も同様に10月開催が望ましいはずですが、米国のテレビ放映権料を当て込んでいることで時期をずらすことができません。つまり米国の都合で時期を動かせないのですが、東京開催に拘る石原慎太郎元東京都知事やJOCはその点を一切考慮しないばかりか、IOCへの報告で「この時期の天候は晴れる日が多く、且つ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である。」と大嘘をこいたのです。




実際は気温40度を超える地域もあり湿度も半端なく高い、おまけに台風や水害も襲ってくるこの季節にオリンピック開催など普通の判断であれば見送られるのが当然です。海外や国内には都合の悪いことをひた隠しにしておまけに裏金まで積んで発覚までして世界に恥を晒してくれるJOCと五輪招致を主導した石原慎太郎は厳しく糾弾されるべきです。




世間も酷暑五輪開催のおかしさに気が付いてテレビでも取り上げられることとなり、さすがに風当たりが強くなったことで打開策に動いたJOCと森喜朗が妙案として唐突に出してきたのがサマータイム導入でした。



打ち水やら建物から冷房を開放するとかその場しのぎにもならないアイディアをよくも出せるもんですが、あげくの果てにサマータイムですか(呆)



案として出ているのは五輪開催期間中の7、8月に開催前年からの二年間限定で二時間繰り上げるというもので、これにより涼しい時間帯に競技を行えるということらしいですが、二時間のタイムラグって人間の体のリズムを大幅に狂わせます。それに酷暑のダメージが重なりますし、時間を早めて早朝に競技を始めても気温差はさほど変わらないのですからとんでもない愚策と言えるでしょう。



それでも国民に嘘を付いて五輪招致してきた森喜朗始めとするJOCは国威掲揚という旗印を掲げに嘘を付いたツケを国民に支払わせるというとんでもない愚策を仕出かそうとしているのです。



総理時代に国民から支持されなかった森喜朗を五輪組織委員会の会長に抜擢されるというのもおかしな話しですが、この男がトップにいることで当初お金の掛からない既存の施設で行う五輪というキャッチフレーズが見事に覆され金喰い尽くされることになるのです。


森喜朗 たった2500億円.png



かつて日本にもサマータイムを導入していた時期が戦後数年間ほどありましたが、それを経験した人の声は酷評ばかりです。仮に導入されることになればネットワーク時代においてシステム変更に伴うSEの疲労は半端ないでしょう。誰が得するかってサマータイム導入を決めた森喜朗の功績だけです。老害ここに極まれりですね!!










世論調査では信じられないことにサマータイム導入に賛成の声が多数を占めているという、これも安倍政権得意の捏造改ざん操作なのでしょうかね。安倍支持派と言われる長谷川幸洋もこの調査に苦言を呈しています。








酷暑の中、無駄に労働時間を増やしその上、高プロや裁量労働制で国民を疲弊させようとする我が日本国、この無能な組織委員と国のトップにかかれば日本壊滅も容易いように思えます。





(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:30| Comment(0) | 東京オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする