2017年06月10日

東京都議選は自民党が歴史的惨敗となる!?

地方選挙ながら小池新党と自民党との遺恨が繰り広げられたことで注目されている東京都知事選まであと一ヵ月を切りましたが、世論調査を見ると自民党と都民ファーストの会が支持率において拮抗しているようです。

参考記事: 小池新党、自民と並び27% 都議選の投票先調査 朝日新聞 2017.6.5(URL) 


都議選 どこに入れたいか.JPG



前回の調査では自民党が10ポイント引き離してリードしていましたが、ここに来ての拮抗となった原因としては小池都知事が自民党に離党届を提出したことにより、袂を分かつことで自民党からの支持者が流れたものと思われます。前回の調査と比べて他の政党への支持が変わらないのに自民減・都ファ増となっているのが何よりの証です。



このままでいくと都議会の議席の大半を自民と都民ファーストで分け合うことになりそうですが、自民党は都議選までに支持を減らしていき歴史的惨敗を喫することになるかも知れないのです。



と言うのは先日、兵庫県尼崎市で行われた市議会選挙における結果がそのまま都議選の結果に反映されるという論です。NHKをぶっ壊すでお馴染みの立花孝志氏が、この論について詳しく解説してくれています。





6月4日に行われた尼崎市議会選挙において自民党は9から3議席と大幅に減らしています。得票数も27000票から18000票と3分の2も減らしているとは驚くべき減票です。

動画の中で自民党の減票について分析していますが、世間を賑わせている森友・加計問題、レイプ云々が影響しており、野党やマスコミが連日これを追いかけているというのが自民党にダメージを与えていることがあります。確かにこれについては同意するところがあり、今のところ見事に自民党にマイナスイメージを植えつけることに成功しているようです。野党はともかくやはりマスコミの力は脅威であり、報道されたことが相当堪えているようですね。



それに疑惑追及に対して与党がとったのらりくらり戦術も有権者から見てもイメージ悪化に繋がったと言えます。これらの疑惑というか犯罪性も悪質性もありませんが、敵のイメージ悪化作戦が思ったよりも効果として表れたということでしょう。


そしてもう一つ挙げる要因が公明党の存在です。動画でも解説していますが、尼崎では公明党と自民党との不協和音が原因で選挙協力が叶わず票を落としています。東京も同じく公明党と自民党の選挙協力はなくなり公明党からの票が得られないことによって自民党惨敗の図式が成り立つということになります。


あくまで一地方議会選挙の結果を受けての都議会選挙分析なのですが、非常に理に叶っており興味深い分析であると言えます。


自民党も都民ファーストも思想信条は同じようなものですが、これまでの豊洲市場決定からのプロセスを含めた不透明さと今だ問題が残る豊洲市場の問題点がありながら立ち止まって再検証している小池都知事を批判し、早期移転せよと訴えている自民党都連など信用なりません。



小池都知事率いる都民ファーストも今だ市場の着地点を見いだせずにいる中では票を投じて大丈夫かという不安もあります。小池都知事の胸の内は本人にしか分かりませんが、もし豊洲移転を決めてしまえばこれまで延期していたことは何だったと憤り豊洲移転反対派はもとより推進派からも批判されることは避けられません。


もはや小池都知事が取るべきスタンスは豊洲移転中止であり、それが小池都政の取るべき道であると考えます。そして無責任に豊洲移転を推し進める自民党都議には予言通りに歴史的壊滅となることを祈ってやみません。



(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 01:20| Comment(0) | 豊洲移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

築地市場で汚染発覚、しかし豊洲に移転はできない理由

豊洲新市場の土壌汚染についてはこれまで散々述べてきましたが、今回現市場である築地でも土壌調査を行ったところ111ヵ所での調査地点のうち30ヵ所から基準値を超える汚染物質が検出されました。



豊洲 汚染.jpg



豊洲だけではなく築地も汚染物質が検出されたことで早急に対策を講じなければなりません。特に今回の調査は地表に近いところでの汚染物質が検出されたことで市場への影響が出るのは必至です。しかしながらこの状況にほくそ笑んでいるのが豊洲移転推進派の連中です。今回の調査で「それ見たことか!」と言わんばかりにこれまで豊洲の土壌汚染を煽られたことによる対抗心から築地への汚染を問題とし。豊洲移転しろと煽っています。


確かに築地から規定値を超える汚染物質が出ましたし、特に水銀は揮発性があるので深刻に受け止めるべきです。しかしだからと言って豊洲移転を早急にすべきとはなりません。なぜならば築地は江戸時代初期に埋め立てられたほぼ自然由来の土壌であるのに対し、豊洲は昭和の終わりまでガス工場跡地であり、ガスの製造工程から蓄積された化学汚染物質が地中に埋没しているのです。豊洲市場建築前のベンゼン濃度が基準値の43000倍であったことからも分かるようにいくら厚い岩盤を敷いたところで100倍を超えるベンゼンが出てしまったのは明らかに封じ込めに失敗したということです。6000億円もの大金を投じても無駄であったと言わざるを得ません。





そして豊洲には深刻な問題として建物の構造欠陥が指摘されています。






何と驚いたことに大型トレーラーの出入りが困難で出荷できないとのこと。これは市場プロジェクト・チームでも議題で取り上げられており指摘されています。



そして豊洲の建築物の耐震基準にも問題があるとの指摘もあります。





耐震基準は問題ないと報告されていますが、豊洲は軟弱地帯であることから杭をうたねばならず、その杭の検定比が不足していることも指摘されています。これだけ見ても早期移転など安易に促すべきではないことが分かります。


その他には市場内の道路が分断されており使い勝手が悪いこと。そして空調密閉施設の豊洲の維持管理費は年100億円以上にも上り、減価償却を見積もっても将来的な破錠は避けられないことになります。


こうした問題があるのにジャーナリストの有本香などは感情的ヒステリックに小池都知事をこき下ろし豊洲移転を促していますが、もし早期移転していたらこれらの課題点が後で浮き彫りにされ市場関係者が混乱することになったことでしょう。築地Disりに余念のない豊洲移転派の言い分は有本同様、感情的ヒステリックにしか聞こえません。この連中は石原や自民党都連を守ることしか頭にないので市場の使い勝手などどうでも良いのですから!!


仮に築地での操業が難しいのであれば仮移転という形で大田などいくつかの首都圏の市場を間借りして築地継続の線でいくのが望ましいと言えるのではないでしょうか。豊洲は地雷地帯であり避けるのが賢明と言えます。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:40| Comment(2) | 豊洲移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

豊洲積極移転派でストーカーじみた迷惑なアカウント

築地市場移転問題関連のツイートを観察していると、移転推進派と反対派が意見や主張をぶつけ合う場面を見掛けます。豊洲移転云々の是非はともかく、こうした意見の違う者同士の議論というのは刺激的であり、それまで知ることのなかった新たな情報を知ることもありますのでこうした主張のぶつけ合いはどんどんやるべきであると思うのですが、これが度を過ぎると迷惑行為でしかありません。


著名な移転反対派はもとより、無名のアカウントに対してもわざわざ出向いて粘着するストーカータイプの移転推進派のアカウントを紹介致します。

下地.PNG



















いかがでしょうか?このアカウントを観察すると手あたり次第に豊洲反対者のアカウントにリプを送っているのが分かります。たまに相手してあげると次々と質問を投げかけるの繰り返し、要は暇人なのですが、はっきり言って時間を無駄にしてしまうブロック推奨アカウントです。


意見の相容れない者に対して罵詈雑言を浴びせるのも問題ありですが、こういうのはリプを返された相手も傍観者もウザがられるだけです。それを本人は勲章と思っているのかこのようにブロックスクショをとって誇らしげにアピールしているのですからかなり痛いアカウントです。






そしてこの@sagechin_MRの特徴は相手に質問責めをして、堂々巡りの不毛なやり取りをして相手を疲弊させる戦術のようですから遂にはこのように要注意人物として注意勧告される始末。







こういうのは相手にすると不毛な時間のロスを食うばかりで時間の無駄。もはや病的気質を持ったストーカーです。



こういうのを見てると移転推進派というのはあまり余裕がないのかなと感じます。論もない癖に反目するアカウントに突っ込みを入れてもウザがられて嘲笑されることを自覚した方がいいのですが、ブロックされたことを勝ち誇る哀れなストーカー気質の豊洲移転派のアカウントには理解できないでしょうね(^_^;)

(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 18:48| Comment(2) | 豊洲移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート