2017年09月30日

姑息な寄生戦術で生き残りを図る見苦しい民進党と小池新党の運命

総選挙突入と同時に大いに賑わせている小池百合子率いる希望の党と民進党との統合問題、常識では測りしえない奇怪とも言える策ですがそのインパクトは凄いです!総選挙でのメディアの話題はこれ一色ですからね。


それも仕方がありません。野党第一党の民進党が消滅してまだ政党として出来たばかりの希望の党に吸収されるなどこんなのほんのちょっと前まで誰も想像できませんでしたからね。改憲・安保肯定の希望の党に真逆の思想を持つ議員が多く所属する民進党がなぜ合流するのか?そして政策協議もされていないのに民進党の両院議員総会では反対もなく満場一致で合流が成立されるというこの異常な光景を見ると衝撃的すぎて頭がおかしくなりそうです(´-∀-`;)


希望の党 立候補.png



民進党の両院総会で前原代表は民進党は存続させると述べており、選挙の間だけ屋号を借りて選挙が終われば元に戻るということもあり得ます。党名ロンダリングで有権者を欺くことで人気者にあやかり当選するというやり方ですが、実は公職選挙法ではある政党が候補者を擁立せず、違う政党から立候補して当選すれば(比例復活も含む)選挙後に元の政党に戻ることができるのだそうです。

かつて公明党がこの方法を取ったことがあるそうですから、とにかく希望に入れればこっちのものだと思っているようです。ただ連合や自治労などの民進党支援組織は人気のある小池党との合併を希望していることもあり、民進党所属議員をそのまま希望の党に移籍させ、あわよくば乗っとることまで考えていることでしょう。実際現職の民進党議員のこういうツイートがありますから有権者を欺くことで頭が一杯のようです。







小池新党がどういう形で民進党との合流を進めていくのか分かりませんが、丸のみや思想の異なる人間を取り込んでしまうようだとその時点で希望の党は終わりです。小沢一郎も噛んでいると言われるこの合流騒動、誰が仕掛けたのか分かりませんが、神がかった立ち振る舞いで突っ走ってきた小池百合子も大概にしないとしらけ切って投票率が下がり自民党圧勝という不幸な結果に繋がってしまいます。





一方、解散を仕掛けた自民党ですが話題の中心が小池百合子となり、すっかり蚊帳の外に置かれた状態となりました。何とか存在感を出したいところですが、北朝鮮危機も選挙戦に突入してやや下火となり、頼みの経済も10%消費税増税を打ち出して反感を買う始末、そこで安倍総理が解散会見でぶち上げた消費税増税の公約について、後日テレビ番組に出演した際に日和った発言をしています。






消費税凍結を訴える小池新党から喰われかねない自民党としてはリーマン級のうんたらとか言いながら増税の先延ばしを匂わせる発言が飛び出しました。このリーマンなんちゃら発言により以前も増税時期が延期になりましたから小池効果も少なからず影響したと言えるでしょう。



しかし延期も凍結も生ぬるい、減税して且つ、消費税増税法案の廃案まで踏み込むしかありません。今でなくとも将来、税金を上げられることで消費マインドが低下して節約志向に走ってしまいます。国民の消費マインドを上げるためこれくらいの刺激策は必要です。財務省に金玉握られた自民党では無理、小池新党や他の野党はこれくらいぶち上げて欲しいですね!口だけではない具体的な凍結廃止を掲げてくれる政党が必要なのです。



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 17:21| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

北朝鮮よりも民進党の崩壊が先?自民党とのスキャンダル対抗戦勃発か!?

ミサイル発射から間髪入れず水爆の核実験と国際社会に対して軍事挑発を行っている北朝鮮、まさに一触即発となる緊迫した事態が進行中ですが、こういう状況になったのは日本を含む世界がこのテロ国家を放置していたツケによるものです。それでも今だに対話を訴えるアホがいますが、考えてみてください。北朝鮮のこれまでの振る舞いや他国を欺いて核開発やミサイルで挑発してきたことを考えれば甘いことを持ちかけたら相手の足元を見て散々たかられるに決まっています。国家間での交渉をあっさり袖にする北朝鮮は国家としてみなすのはもう止めにしてISといったテロ組織と同列に扱うべきです。手段を選ばず人殺しをするISに話し合いを持ちかけたところで無駄だと誰でも分かるでしょう。暴発する前に潰すしか道はありません。




こういう時に日本の政治は与野党一体となって対北へ向けて足並みを揃えるべきなのですが、野党第一党・民進党は新代表が決まったものの浮足立った状態で、自民党の対抗馬としての器量を感じさせることができません。先の党代表選挙でも国会議員8名、地方議員は何と224名が棄権したそうです。所属議員ですら自分の政党に希望を見いだせないでいるとは何たる堕落っぷりでしょうか。






そんな民進党の新代表前原氏が新幹事長として抜擢した山尾志桜里氏が週刊誌に不倫疑惑が取り上げられ、急遽代表を差し替える事態となりました。ガソリンプリカや日本死ねなど話題には事欠かない人ですが、こんなのを幹事長に抜擢する前原の見る目の無さに脱力感しか湧きません。不倫とかこんなのまで自民党の真似しなくてもいいでしょうに。

山尾志桜里 スキャンダル.jpg


あーついでに総理大臣にと持ち上げていた山尾応援団もいましたが、見る目のない人間が多いこと(^_^;)





増税路線まっしぐらの自民党など支持できる訳ないのですが、対抗馬がこれですから有権者としてはどうしようもありません。こんなんだから外国勢力につけ入れられる訳ですね。早いとこまっとうな野党が・・・あー愚痴ばかりになってしまいます(-_-;)


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:50| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

やはり自民の補完勢力となる流れか、民進党前原が消費税増税を打ち出す

9月1日に行われる民進党の代表選挙は元代表の前原誠司枝野幸男の二人が立候補しています。野党第一党でありかつて政権政党であった民進党ですが、悲しいかな国民の大半にとってはどうでもよく関心を持たれていません。


民進党は本来リベラル色の強い政党であり、一応、保守政党と言われている自民党の対立軸として支持を集めて党の勢力を拡大してきました。その民進党が念願かなって自民党を下野させたのが2009年〜2012年の三年間、政権政党として君臨してきましたが、公約になかった消費税増税を突然打ち出して党内の増税反対派と仲違いしてまでも自民党と公明党で三党合意を結び、消費税増税法案を成立させたのです。


かつての政権政党として色々と批判されるべき案件はたくさんありますが、国民が最も怒りを買ったのが自民党と結託して行った消費税増税、これさえなければ多少の躓きがあってもこれだけ支持を失う要因にはならなかったと思います。左の方々が野党共闘せよと主張していますが、まずは政権政党時代の消費税増税法案の総括をしてからでなければ野党共闘などしても国民から信任はされることはないでしょう。



その民進党の代表選に出馬する前原誠司氏が消費税増税について容認すべきと匂わせています。





「将来世代にツケを残さない」「痛みを分かち合う」消費税増税派がこぞって使いたがるワードです。そんな前原に最悪の選択肢と批判のツイートが寄せられていますが、まったくその通り、前原が財源として消費税に固執している段階でもはや詰んでいるのです。


前原は本来保守派であり自民党と政策が同じ思想を持つ政治家です。そんな前原は消費税に関しても自民党と考えが同じでは消費税を争点にすることができなくなります。これでどうやって自民党との対立軸を生めるというのでしょうか?民主党政権がなぜ政権から追われることになったのかが理解できていないからここのような事を平気で口に出来るのでしょう。


民進党代表 争点.jpg


これならまだ(現状では)上げるべきではないと述べている枝野の方がまだマシです。ただ枝野も本来消費税増税法案に賛成票を投じている増税推進論者であり枝野のがちょっとマシかな?と言えるレベルです。それでも政権政党に返り咲くこともないので官僚に取り込まれることもないでしょうから取りあえず代表が枝野になれば消費税に関して争点とすることができます。


とは言え、民進党も政党としての寿命が尽きかけているのは間違いありません。そんな民進党の代表選を記事として今回取り上げたのも何とか自民党の対立軸になってほしいというよりも、賞味期限切れの民進党の支持者に早く見切りをつけるべきと訴える思いのが強いのです。自民党の補完勢力にならず、自民党に取って代わり消費税廃止を訴えてくれる政党が出てくれれば何よりなのですがね(^^ゞ

(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 19:54| Comment(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート