2016年12月06日

片方では手厚く保護され片方は容赦なく切り捨てる自民党の差別体質

先の都知事選で党方針に反して小池百合子知事を支援した豊島、練馬両区の区議7人を同日付で除名したと 自民党東京都連会長の下村博文議員が明らかにしました。





すっかり過去の話となった都知事選ですが、自民党からすれば党の拘束を破ったことによる処分に関して小池候補が大勝したこと、そして衆院補欠選挙となった東京の若狭勝候補と福岡において小池都知事や支援した区議が応援したこともありあまり立つ鳥跡を濁さずという感じで有耶無耶にするのではないかと思われました。ところが党としては党議拘束の通り除名とすることにしたのです。


自民党都連が自民党所属議員に出した東京都知事選での通達文書

(1)党の公認・推薦候補者を応援し、党公認・推薦候補者以外の者を応援してはならない

(2)反対党の候補者を応援し、または党公認・推薦候補者を不利に陥れる行為をしてはならない

(3)各級議員(親族含む)が非推薦の候補を応援した場合は除名等の処分の対象となる−−などとしている




増田寛也候補を自民党都連が推薦した際にこのような脅迫めいた通達文を出して小池への支援を徹底的に阻止した訳ですからその公約通り除名とするのは致し方ありません。処分された自民党区議も党の通達を破り小池都知事の支援を行ったのですからすんなりと除名処分を受け入れるべきです。むしろその方が今後にプラスになりますし、自民党を追いやられた悲劇の戦士として今後の選挙や活動で名前を売れば良いのです。



しかし腑に落ちないのが同じく小池支援をしたにも拘わらず、先の東京選挙区の補欠選挙で自民党から推薦をしてもらい当選した若狭勝議員と除名された自民党区議とのあまりにも違う処遇の仕方は何なのでしょうか?そして今だに自民党所属のままとなっている小池都知事に対しても自民党は何らかの処分を下すべきではないのか?こちらはお咎めなしで一方では除名とはあまりに酷い差別と言えるでしょう。なぜ小池百合子都知事若狭勝議員には処分しないのでしょうか?





答えは簡単、290万票という得票数を稼いで当選した小池氏を除名することは自民党支持低下の要因となりますし、若狭氏にしても元検事や弁護士という肩書でメディアへの出演も数多く、いわゆる人気者の両者を切ることは党の支持にも影響してくるので切るに切れないという事情があります。




小池都知事が誕生してから党のトップである安倍総理とにこやかに談笑し、自民党としても今後のために都との連携を図る上でも首を切ってしまっては東京都と国政との間に軋轢が生じてしまい立ち行かなくなるからです。

安倍 小池 にこやかに談笑.jpg



しかしそれでは有権者は納得できません。この処分の違いは有権者はよーく見ておくべきでしょう。なぜ小池や若狭が除名されずに立場の弱い区議が処分されるのかを!まさに自民党政権が行っている年金や福祉切り捨ての政策と類似していると思いませんか?立場の強い者は処分せず弱い者はすんなり切り捨てる今の自民党の体質が顕著に表れた今回の措置であると言えるのです。


当の若狭議員も今回の差別的処分に怒り心頭です。









若狭議員は小池都知事を共に支援した自民党区議が除名されれば離党すると宣言しています。当然若狭議員は離党するでしょうが、ではそうなると先の補欠選挙は一体何のために自民が若狭を候補に仕立てたのかまったく意味がなくなることになりますが、これも混迷している今の自民党の体質としてよく表れていると言えます。


いずれにしてもこれで来年の都議会選挙がどのような結果となるのか楽しみですし、自民党に対する支持率にも影響してくるでしょう。こんな不条理な処分を平気で行える自民党など国民のための政治が行える訳がありません!!!


(スポンサードリンク)






posted by yuuponshow at 23:50| Comment(0) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

姑息な自民党都連、強者には弱腰、弱者には離党勧告処分

ヒ素に続いて基準値並みのシアン化合物が検出され移転が危ぶまれている豊洲新市場。移転推進を行った当事者である石原慎太郎元東京都知事や自民党都議連が豊洲移転による利権を蝕んでいるという噂もあり批判が向けられていますが、この先どのような展開になるのか見物ですね。


その東京都議連がここにきて先の東京都議選で小池知事を応援していた自民党の区議会議員7人に対して離党勧告を突きつけたのです。




「小池を応援したら除名するぞ!」と脅しをかけたものの、それでも国会議員の若狭勝議員を始め、7人の自民党区議が小池候補の応援に駆け付け自民党都連の方針に反旗を翻しました。そして今になって自民党都連は公約通り小池都知事を応援した自民党議員に対して離党勧告処分を行うことになった訳です。従わなければ後々除名処分とすると併せて発表されているように党議に従わないから処分する。これについてはあまりにも強硬な姿勢ながら元々の方針ですから致し方ない部分もあるでしょう。

自民党都連が自民党所属議員に出した東京都知事選での通達文書

(1)党の公認・推薦候補者を応援し、党公認・推薦候補者以外の者を応援してはならない

(2)反対党の候補者を応援し、または党公認・推薦候補者を不利に陥れる行為をしてはならない

(3)各級議員(親族含む)が非推薦の候補を応援した場合は除名等の処分の対象となる−−などとしている







しかしながら都連の了承なく勝手に都知事選に立候補した小池百合子は処分なし。国会議員である若狭勝は厳重注意だけ、しかも小池知事の後任となる衆議院東京10区の補選には若狭氏が自民党の公認候補として立つことも決まっているという理不尽極まりな事をやってるのです。




小池都知事は290万もの得票を得て当選しており、小池知事を除名処分とすると290万もの民意に背くことになるので東京都連が批判に晒されます。若狭氏も小池応援の矢面に立ってメディアで顔を出し続けていることもあり簡単には首を切れない。ならば切りやすい力のない無名の反逆者を処分しようという魂胆なのです。



力のある者には平身低頭だが、弱い者には容赦なく断罪する。これって今の日本社会の図式に当てはまると思いませんか?大企業に優遇策をとって我々一般国民には消費税増税を始めとしたあらゆる課税措置を課して苦しめる。ついでに外国にも遜って我々国民からかすめ取ったお金を惜しげもなくバラ捲いていますよね。強きものに阿り弱きものを挫くという政策は今の安倍政権を見れば分かるように自民党本来の気質なのです。反逆者に対しても下っ端だけを処分するというのを見ると弱い者いじめ体質が蔓延しているのでしょうね。


それでもこれは自民都連のドンである内田茂都議を始めとした自民都連の悪しき体質であり、安倍ちゃん率いる自民党本部は都連と一線を画しているという意見もあちこちで見かけました。自民都議のドンに手を焼いているから仕方がないと弁明したいのでしょうが本部が支部に何も言えないとは組織運営としておかしいし異常であるとしか言いようがありません!!

それに今の自民党都連会長は安倍の懐刀と言われている下村博文。この男が直々に反逆者に対して除名処分を下したことで都連も本部も一蓮托生であることは間違いないのです。

「下村博文 離党勧告.jpg

自民東京都連会長、下村博文 小池応援区議7人に猶予付離党勧告 ANN NEWS (URL)



野党第一党の民進党のふがいなさもありそれをいいことに一強独裁ファシスト政権と化した自民党政権。この政党をのさばらせておくことは日本にとって不幸でしかないのです。


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 22:58| Comment(0) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

自民党が工作員も巻き込んでのセクハラまがいの小池包囲網

今度の日曜日に投開票日を迎える東京都知事選挙において増田寛也候補を推薦している自民党ですが、推薦のない小池百合子候補が優位に選挙戦を進めている状況にありもはや雌雄を決した感があります。そんな中情勢をひっくり返すべく石原伸晃東京都連会長が小池百合子候補に対し、「もう自民党の人間じゃない!」と絶縁宣言を突きつけました。旗色の悪い自民党としては一世一代の勝負に出たのかここにきての小池斬り宣言です。


小池は自民の人間ではない.jpg


自民党都議連は自民党所属の議員が家族を含めて小池候補を応援すれば除名にするという強権力行使とも言える通達を出していますが、自民党本部も選挙戦終盤となり都議連に同調する形となりました。しかし自民党も絶縁宣言をしたものの、及び腰の自民党本部は小池氏を除名するまでには至らず。理由は簡単、このままでは小池が勝つ可能性が高いので選挙後に自民党都議連と共に批判の矢面に立たされることになる訳ですから党籍だけは残しているのでしょう。非常にあざといやり口です。


このノブテルの絶縁宣言に呼応した形でお父ちゃんの石原慎太郎まで出てきて小池百合子に対して「厚化粧の年増には任せられない」と発言をしています。





不憫な息子のために何とか力になりたいという気持ちは分かりますが、女性蔑視が過ぎるようで日本全国の女性有権者からの反発を買っています。増田候補を応援するのは良いのですが、お年を召せられたからなのか理性を制御できなくなったようで自身の名誉にも傷がつく形になっちゃいましたね(^_^;)



この自民党の絶縁宣言で自民党関連のツイッターやフェイスブックのSNSは大炎上しています。




安倍ちゃんの増田応援声明の画像までアップされ自民党への批判が更に高まっているようで、選挙最終日には安倍総理自ら街頭に立ち、増田寛也候補への支持を訴えるとの情報も入っています。

安倍ちゃん増田応援.png


この光景、前回の都知事選でも舛添推しで自民党が批判に晒されましたが、それと似たような状況となっています。 「舛添さんしかいないではありませんか!」と自信満々に聴衆に訴えかけた安倍総理。舛添を推したことによる責任も果たさないまままた同じセリフを吐いてくれるのでしょうか?


こうした後手後手の自民党に助太刀をせんと自民党工作員のツイッターアカウント@fuzitaクンがこのようなまとめを作っています。要は増田age小池sageしたいようですが、世論が小池に傾いていることから小池へのDisり方もいまいち弱いようで、安倍ちゃん命の割に肝っ玉が小さいようですね(≧▽≦)



fuzitaクンの稚拙なtogetterまとめ(笑)


安倍総理&石原閣下が増田支持を表明!阿鼻叫喚の小池陣営の巻♪ (URL)



ともかく今度の日曜日に雌雄を決する東京都知事選、結果はともかくこの自民分裂騒動が今後どのような余波を巻き起こすのか楽しみではあります。





(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 23:20| Comment(0) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート