2017年09月16日

このままでは反自民の受け皿にもなれない都民ファースト

今年1月に発足した小池百合子が実質率いる政治団体『都民ファースト』、私はこの政党に希望も期待も抱いていませんが、批判はしていませんでした。なぜならばヒステリックに小池批判を展開している有本おばさんと同類と思われたくないからです(笑) 冗談はこれくらいにして批判しないのは東京都連との抗争を繰り広げてくれたことで都議選で自民都連を壊滅的惨敗に導いてくれたこと。東京ガス跡地の汚染物質が地中深く眠っている豊洲市場への移転を延期したことにより不可解な移転の経緯や土壌汚染の実態が明るみにしてくれたことも大きかったでしょう。


反自民の受け皿として、自民党の対立軸としてここまで良い流れで進んでいたのですが、やはりというか所詮自民党崩れの政党であることが露呈されつつあります。都民ファーストが国政に進出するにあたり国政を取り仕切る形となった若狭勝衆議院議員は記者会見において新党の目玉政策として今の衆議院・参議院の二院制を一院制に変える憲法改正を掲げる考えを発表しました。


若狭勝 一院制.jpeg



ん?これが目玉政策?はっきり言って興醒めレベルの会見です。一院制にするということは議員定数の削減を目指したいのでしょうが、一院制など偏った政策議会になるのが目に見えています。それより広い見識のある議員が当選できるよう小選挙区制の廃止、中・大選挙区の復活・参議院のような非拘束名簿式にすると訴えるべきでした。今の政党名だけで票を投じてしまうような選挙システムは明らかにおかしいしどうせならこれを訴えるべきでした。



いや、それでも一応都民ファーストを謳っている政党であれば消費税の見直し、廃止を第一に掲げるべきでした。経済政策を語らず何が都民ファーストか!?ということで党の方針としてはあまりにズレた政策発表であり落第点やり直しレベルの酷いものです。



そして党の顔である小池都知事、延期していた豊洲移転を表明したものの、豊洲と築地を活かすという方針を立てたものの具体的な両立案はいまだ示されないままです。私はこの両立案を示した時、必ず豊洲での問題が再燃して破錠になると期待していました。それを見越した両立案であるとも推測していました。案の定最新の豊洲でのモニタリング調査では過去調査最高値の基準値である120倍ものベンゼンが検出され、検出されないことが基準となっているシアンは22カ所で検出されるという燦々たる結果となりました。






汚染状況が続く豊洲市場に追加工事をしたところで金の無駄であるし、こんな環境下など本来国の認可がおりるはずがないので移転計画は即停止としなければなりません。しかし都は調査報告しただけで移転の見直しを示唆する動きはありません。去年だったら都知事が先頭に立って即延期表明していたでしょうが今年は何故かフットワークが鈍いです。一度決めたからには移転あり気になっているのでしょうか?


それに豊洲は移転後の赤字経営問題も取りざたされており必ず運営に行き詰まることが確実です。両論あり気など到底無茶であり、いい加減に方針転換するべきなのですがね。この豊洲問題については既に自民党支持層の反小池はもとより、小池支持層からも不満が沸き起こっており、このままでは小池や都ファの信頼を失い失墜となることに繋がりかねません。


と、ここまで小池都知事と都民ファーストへの批判を書き綴りましたが、野党第一党の民進党がこの体たらくですし、いずれは国政に進出することになるでしょうからそれに合わせた形で党の方針や政策も変わっていくのではと希望的観測ながら当面の反自民の受け皿になって貰いたいものです。正直今の都ファのメンツでは頼りないし、党首がコロコロ変わるなど心もとない部分が散見されますが、他にめぼしい政党もないですしね。反自民の受け皿は当面ココしかないのですから批判しつつも日本国民に受け入れられるためのまともな政策を掲げておくようにとエールを送っておきます。



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:30| Comment(0) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

都議選で自民党都議連を壊滅的惨敗にしなければならない理由

東京都議会選挙まで残り二日となりましたが、情勢では小池都知事率いる都民ファーストの会が優勢と伝えられています。都民ファーストが都議会の第一党となる可能性が高くなったのですが、一方都民ファーストと議席を分け合うと言われている自民党の動向も気になります・


自民党本部のごたごた続きで情勢は極めて厳しいと言われている自民党ですが、本来この政党に票を投ずることなどあってはいけないのです。幸いここ最近の本部のスキャンダルまみれにより自民党の支持率が落としていますが、スキャンダル以前に自民党都議連のこれまでの所業を見れば壊滅させなければならない諸悪の根源なのです。





ドンが仕切る全体主義が蔓延した組織においてそれに歯向かう人間は執拗にいびられ排除されます。猪瀬直樹元都知事も自民党都議連との確執が取りざたされ徳洲会との癒着と政治資金規正法違反をすっぱ抜かれましたが、これも自民党都議連が暗躍したことによる猪瀬おろしが功を奏したと言えるでしょう。


猪瀬おろしが成功した自民党は次期都知事として忠実な駒を据え置くために舛添要一を擁立させましたが、舛添は自民党に後足で砂をかけるようにして出て行っており除名された男、本来ならば党から擁立どころか推薦を得る資格のない人間です。それでも推薦となったのは自民党都議連の強力な後押しがあったからであり、党を捨て出て行った裏切り者を選挙で応援するというおかしなことを仕出かしたのです。


その舛添も任期途中でのまさかの失脚で自民党都議連は都知事選に備え新たな候補者を擁立しなければならなくなりました。その候補者として最初に名前が挙がったのが嵐の桜井翔のパパである桜井俊総務相事務次官に白羽の矢が立ちました。タレントの父親であり、事務方のトップであったことから使いやすい駒だと思ったのでしょう。しかし本人には断られ、替わりに立てたのが自治体首長の経験のある増田寛也でした。



その前に国会議員である小池百合子が都知事選への出馬を表明したものの、自民都連は使いやすい駒でなければならなかったので小池百合子は反逆者扱いされ、都知事選においては小池Disりは勿論のこと、並行して党内の締め付けを強化させることになったのです。


自民党都連が自民党所属議員に出した東京都知事選での通達文書

(1)党の公認・推薦候補者を応援し、党公認・推薦候補者以外の者を応援してはならない

(2)反対党の候補者を応援し、または党公認・推薦候補者を不利に陥れる行為をしてはならない

(3)各級議員(親族含む)が非推薦の候補を応援した場合は除名等の処分の対象となる−−などとしている



小池を応援したら議員はもとより家族が応援しても除名処分にするという徹底ぶり、それでも自民党の国会議員や地方議員からは小池支援に回った議員も出たことで名前の知られていない議員は即刻除名処分とされたのです。


小池都知事に対して豊洲に移転しないことによる金の無駄遣いやらが批判がされていますが、それも巡りめぐると全て自民党都議連に返ってくることになるのです。全体主義がまかり通る巨大権力と化した自民都議連はあらゆる政策も無理強いに推し進め、ガス工場の跡地である豊洲を生鮮食料品を扱う市場にするために6000億円もの費用をかけて市場を建設したのです。


ところがされているはずの盛り土はなく、不気味な地下空洞の存在が明らかになるばかりか地下水のモニタリング調査では基準値の100倍を超えるベンゼンが検出されるなど都民の不安や不信感は募るばかり、これでは安全性を約束出来ないので都知事が移転に一旦ストップをかけるのは当然なのですが、自民党やそのシンパはプロセスに関する検証も無視して豊洲に移転せよとしているのです。


思い返してみてください!都知事が任期を待たずにこれだけ変わることになった諸悪の原因を石原元都知事の気まぐれとも言うべき国政進出から端を発したことによるものです。もう長い間に渡って自民党都議連のやりたい放題に都政の運営を推し進めてきたのです。そんな自民党都議連の連中ですから今度の都知事選で対立する都民ファーストへの中傷に余念がありません。













小池都知事が都民ファースト候補応援のため何度も選挙区に入ったことで神経を尖らせて潰そうとしているなどとは笑止千万、被害妄想も甚だしい連中です。むしろそれだけ自分たちの選挙区が注目されていると言う風にポジティブに捉えられないものなのでしょうか。自分達の政党がこれまで行ってきた悪態を顧みずそれを対抗馬に妬み恨みのツイートをしているようではドンがいなくなっても自浄能力などない政党であることが分かります。自民党都議連の壊滅的惨敗しか都政を立て直す術はありません!!!



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 19:00| Comment(4) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

片方では手厚く保護され片方は容赦なく切り捨てる自民党の差別体質

先の都知事選で党方針に反して小池百合子知事を支援した豊島、練馬両区の区議7人を同日付で除名したと 自民党東京都連会長の下村博文議員が明らかにしました。





すっかり過去の話となった都知事選ですが、自民党からすれば党の拘束を破ったことによる処分に関して小池候補が大勝したこと、そして衆院補欠選挙となった東京の若狭勝候補と福岡において小池都知事や支援した区議が応援したこともありあまり立つ鳥跡を濁さずという感じで有耶無耶にするのではないかと思われました。ところが党としては党議拘束の通り除名とすることにしたのです。


自民党都連が自民党所属議員に出した東京都知事選での通達文書

(1)党の公認・推薦候補者を応援し、党公認・推薦候補者以外の者を応援してはならない

(2)反対党の候補者を応援し、または党公認・推薦候補者を不利に陥れる行為をしてはならない

(3)各級議員(親族含む)が非推薦の候補を応援した場合は除名等の処分の対象となる−−などとしている




増田寛也候補を自民党都連が推薦した際にこのような脅迫めいた通達文を出して小池への支援を徹底的に阻止した訳ですからその公約通り除名とするのは致し方ありません。処分された自民党区議も党の通達を破り小池都知事の支援を行ったのですからすんなりと除名処分を受け入れるべきです。むしろその方が今後にプラスになりますし、自民党を追いやられた悲劇の戦士として今後の選挙や活動で名前を売れば良いのです。



しかし腑に落ちないのが同じく小池支援をしたにも拘わらず、先の東京選挙区の補欠選挙で自民党から推薦をしてもらい当選した若狭勝議員と除名された自民党区議とのあまりにも違う処遇の仕方は何なのでしょうか?そして今だに自民党所属のままとなっている小池都知事に対しても自民党は何らかの処分を下すべきではないのか?こちらはお咎めなしで一方では除名とはあまりに酷い差別と言えるでしょう。なぜ小池百合子都知事若狭勝議員には処分しないのでしょうか?





答えは簡単、290万票という得票数を稼いで当選した小池氏を除名することは自民党支持低下の要因となりますし、若狭氏にしても元検事や弁護士という肩書でメディアへの出演も数多く、いわゆる人気者の両者を切ることは党の支持にも影響してくるので切るに切れないという事情があります。




小池都知事が誕生してから党のトップである安倍総理とにこやかに談笑し、自民党としても今後のために都との連携を図る上でも首を切ってしまっては東京都と国政との間に軋轢が生じてしまい立ち行かなくなるからです。

安倍 小池 にこやかに談笑.jpg



しかしそれでは有権者は納得できません。この処分の違いは有権者はよーく見ておくべきでしょう。なぜ小池や若狭が除名されずに立場の弱い区議が処分されるのかを!まさに自民党政権が行っている年金や福祉切り捨ての政策と類似していると思いませんか?立場の強い者は処分せず弱い者はすんなり切り捨てる今の自民党の体質が顕著に表れた今回の措置であると言えるのです。


当の若狭議員も今回の差別的処分に怒り心頭です。









若狭議員は小池都知事を共に支援した自民党区議が除名されれば離党すると宣言しています。当然若狭議員は離党するでしょうが、ではそうなると先の補欠選挙は一体何のために自民が若狭を候補に仕立てたのかまったく意味がなくなることになりますが、これも混迷している今の自民党の体質としてよく表れていると言えます。


いずれにしてもこれで来年の都議会選挙がどのような結果となるのか楽しみですし、自民党に対する支持率にも影響してくるでしょう。こんな不条理な処分を平気で行える自民党など国民のための政治が行える訳がありません!!!


(スポンサードリンク)






posted by yuuponshow at 23:50| Comment(0) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート