2017年10月23日

安倍政権を存続させた戦犯と今後の政局

10月22日に行われた衆議院総選挙は自公政権が圧勝という結果となりました。この結果は予想されていたとは言え、獲得議席の結果を目の当たりにするとさすがに落ち込みますね。しかしよく見ると解散前勢力図は変わりなく、野党間での議席の入れ替えだけしたようにも見えます。それでも圧倒的だった自公勢力を削ぎ落すことができなかったので負けは負けですね。



2017総選挙.JPG



原因は自公の信任ではなく野党のゴタゴタであることは言うまでもありません。解散当初自民党は勢力を削がれ50から100議席は減らすとの見方が大半でした。その受け皿となるべきはずだった小池百合子率いる希望の党の失敗の原因は「排除の論」だと言われていますがそんなもん単なるこじつけに過ぎません。最大の敗因は民進党との合流です。


たらればの話はしたくないのですが、もし民進の離党者だけの受け入れだけならば政治塾の新人と合わせても100は超えていたでしょう。政策や党の方針については明らかではなかったものの解散後の支持率を見ると自民党と双璧、メディアによっては希望の方が高いところもあり、希望の党が野党第一党となる公算が高かったのですから。


合流についてはどちらが仕掛けたのか分かりませんが、これに乗った段階で希望の党の惨敗が確定したと言えます。都ファのおときたなどの離反もありましたが、あれは大した影響はありません。大きなほころびとなったのが選挙戦突入してからの民進合流組による選挙後民進への再合流発言が飛び出すなど一体感の無さを露呈したことです。これにより不審に感じた反自民の票が逃げる形となり以降順調に支持を失うことになりました。



立憲民主党の存在も大きかったです。排除する段階でリベラル新党が旗揚げする公算は想定していたのに、自分たちの人気を過信してか立憲民主党から立候補すれば刺客を送り込むことを掲げ調子に乗ったことで野党同士の潰し合いが確定、結果自民が利することとなりました。これに従来の民進党支持者が反発し、日本人が好きな判官贔屓の感情も手伝って立憲民主党に票を奪われる形となりました。元々嫌われていた民進党の息を吹き返す結果となったのですから完全に裏目になりました。これにより右からも左からもついでにマスコミからも嫌われることになったのですからもはやどうにもなりません。それでもよく50議席もとれた思います。



今回自民党安定政権の立役者となった希望の党ですが、しかし考えてみると小池百合子一人だけでよくここまで立ち振る舞えたものだと感心します。違う結果になることも可能だっただけに今回の反省を踏まえてまた巻き返すことになれば自民にとって相当な脅威になるでしょう。



ともかくこの惨敗を受け党としての存続できるのかも焦点になります。恐らく希望で当選した者の中からまた立憲や民進に鞍替えする者もいるでしょう。そういうリスクもありながらの合流ですから今後更に悲惨なことになりそうです。



このまま潰れるか存続するかは分かりませんが、潰れてしまえばそれだけの政党だと言うことです。しかし大きな過ちを犯したとは言えこのまま潰すにはあまりにも忍びないです。反自民は左翼やリベラルだけではありません。今の自民党に不満を抱く保守層はたくさんいるはずであり受け皿は絶対に必要なのです。この失敗を今後活かせるかが鍵となるでしょう。



ともかく自民党に安定議席数をもたらしたことは大きな禍根を残すことになります。嘘をつきまくり経済を貶め続ける自民党の勢力を削ぐという選択はせず、多くの有権者は安定政権を選択してしまったのですから。これで2年後の消費税増税は確定、今回の総選挙は後で自公政権の勢力を削ぐべきだったと後悔する分岐点になりかねません。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 17:00| Comment(0) | 国政選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

自公300議席が確実と言われる中での総選挙、私はここに投票します。

公示日から初めての世論調査が各報道機関より発表されましたが、自民党と公明党が300議席を上回る情勢だそうです。反自民を掲げている者からすれば卒倒しそうな絶望的な数字ですがこれが現実なのです。




2017年10月13日 朝日新聞 情勢調査 自民党300議席を伺う情勢
朝日新聞 世論調査10・13.JPG



前回の総選挙前(2014年12月)の情勢も今回と同じ300議席越えで実際その通りになりました。その際にもこのブログで書きましたが、また同じことが繰り返されてしまうことになりそうです。



原因は野党のゴタゴタなど色々言われていますがともかく不貞腐れることなく来る投票日には票を投じたいと思います。この情勢から投票率の低下が懸念されますが、私たち一人一人が諦めれば自民の思う壺です。


今の日本で絶対安定多数の議席を取らせることは非常に危険なのです!自公政権に限らず勝たせ過ぎると国民の真摯な声が届かなくなるのです。今安倍政権が向いているのは大企業だけ、組織票を見込めるところだけなのです。国民の意見に耳を傾けさせるには組織票など霞む程の投票率を押し上げる事しかあり得ません。



上の赤文字で書かれたものは2014年の総選挙前にもこのブログで書いたものです。この時は戦後史上最低の投票率となったことから自公圧勝となりました。政権支持率と共に安倍内閣の支持率も報道されていますが、支持しない方が13ポイントも多いと報道されています。






安倍政権の支持より支持されない方が多いのに圧勝されるっておかしいと思いませんか?つまり投票率が上がれば自公優性を解消できるのです。まずは選挙に行くことから始めましょう。





さて皆さんは選挙区・比例区でどの候補者政党に票を投じるか決めていますか?すでに期日前投票を済ませた方もおられるでしょうが、私も在住する鹿児島一区と九州ブロックの名簿から見て票を投じる候補者・政党を公表致します。


まず比例ですが、私の投じたい政党は憲法改正を掲げた保守政党であること、そして消費税廃止減税を掲げているところなのですが、まず今ある既成政党を見渡してみてそういう政党は残念ながらありませんでした。しかし白票は投じません。投じたい政党がなければ自分の願う政策に近い政党を選ぶことです。


経済の活性化のためには消費税廃止しかありませんので増税を選択する政党など論外です。そういう訳で増税あり気の自民・公明党は除外します。ただあくまで望みとしては消費税廃止減税であり、正直凍結など生ぬるいのですが、消去法的観点から見てそれに近い政党として選んだのが希望の党です。



希望の党については野党分断の元凶となったことや政策の稚拙さや現実性など色々言われています。そしてこういうきな臭い情報まで流れてきています。民進党はまだ解党しておらず同党の参議院議員はまだ在籍したままになっていることもあり選挙後の体制が不透明なままです。






しかし反自民としての受け皿としては現状ここしかありません。反安倍、反自民は左翼リベラル派だけに限らず私のように保守支持層にもたくさんいます。希望の党が問題山積なのは重々承知ですが、私は現状ここしかないのでここに票を投ずることに決めました。




続いて選挙区ですが、私の住む鹿児島一区の候補者が以下の通りです。


鹿児島一区.JPG


選挙区も自民は論外ですので外します。実は前回の総選挙で私は山之内候補に票を投じました。ただ前回の総選挙以降、維新はヘイトスピーチ条例という日本人弾圧条例を始めて大阪市で可決させた最低最悪の政党に成り下がってしまいましたので維新も選択肢から外しました。


立憲民主党の川内候補は豊洲問題で土壌汚染など問題提起し取り組んでくれましたが、消費税増税とヘイトスピーチ法案の元凶をつくった民主党の流れを汲む立憲民主党の候補であることから除外、という訳で私は選挙区では無所属の宮崎一博候補に票を投じることにしました。


宮崎候補のプロフィールを見ると自衛隊を国防軍とすると明記すること、かつて小池百合子の政治塾に参加していることなどから保守の思想信条であることが伺えます。これにより私は選挙区で白票を投じることなく投票できそうです。ただ選挙情勢を見ると死票になりそうなのが辛いところです(^_^;)


私の選挙区はまだ良い方でこの他の選挙区を見ると自民と共産の二択などどうしようもないところもあるようです。自民に票を投じたくない有権者で、共産にアレルギーがあるようならば無理に共産に票を投じず、比例だけ希望する政党に票を投じれば良いと思います。まずは選挙所に足を運ぶことが大事です。この絶望的な情勢を変えるために必ず投票に行きましょう!




(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:06| Comment(0) | 国政選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

小池新党血迷った民進との合流で自民の脅威にはなれない?

今週月曜日の安倍総理の解散会見を受けて各政党選挙体制に突入となりましたが、安倍の会見では想定通りとは言え、堂々と消費税増税の公約を掲げることとなりました。ついでに安倍支持層の悲願であるはずの改憲については具体案は一切明らかにせず、単に支持率上昇にの機会を待ってタイミングを計った解散したということがバレバレでした。


国難突破解散.JPG


北朝鮮によるミサイルや核実験などの脅威に対抗するための国難突破解散などと銘打っていますが、そんなに危機なら解散してる場合じゃねーだろが!と突っ込みたくなります。目標も過半数維持で十分とか本気で改憲などやる気がないのがお分かりでしょう。ともかく始まった選挙戦ですが、そんんな中、小池新党の「希望の党」が派手にひっかきまわしています。


小池百合子が突如新党名を発表し、党首に就任すると発表したかと思えば、既にプロモーションビデオまで作成して公開するなど用意周到、希望の党のネーミングライツも今年2月に取得したことも分かり都知事職をしながら周到に衆院の解散に備えていたようです。



希望の党が掲げた政権公約は自民の政権公約とは真逆の消費税の凍結、増税凍結は反自民の受け皿となるのでそれは良しなのですが、しかし非常―に解せないのが脱原発です。かつて本人が核武装論を掲げていたのに、選挙公約で突然掲げて転換するとはそんな整合性がなくていいのか!?そして大いに失望を買う衝撃的な今日のこの報道です。






都知事も辞任とかそりゃないだろうが・・・実は私、今回の記事を書くにあたって新党結党などの立ち回りの良さを評価して小池称賛の記事を書きかけていたのですが、この目まぐるしい急展開に碧碧しながら記事を書き直すことにしました。


民進党議員の受け入れについては改憲派であることが条件であったはずなのにこの報道の通りだとすべての民進党議員を受け入れることになります。それにこれまでの民進からの離党ドミノは何だったのか?結局元の鞘に収まるだけ、結果小池若狭ら数人が加わった民進党となってしまいます。こんな舐めたことして国民の信任を得られると思っているのでしょうか?真偽の程はこれから明らかになるでしょうが、せっかく反自民の受け皿ができると思ったのに増税凍結など凌駕してしまう失望を生むことは間違いありません。



野合だけの政局で民進党を抱き込むなどマイナスでしかないのにこれでは自民党にとって脅威とはなりません。なぜ民進党が支持を失ったか人気がないのかこれまでの事を振り返れば明らかなのに、あの安倍総理の記者会見で述べた国民を舐め切った消費税増税方針から新党へ票が流れる構図になるかと期待していたのがこんな浮足立ったことをやっては票が流れるどころか失うだけです。


これで混乱するのが両党の議員やその支持者、特に民進党は散々小池新党を叩いていたのを目にしていたので合流となれば掌返ししなければいけません。民進党支持など到底できませんが、この振り回されっぷりには少し同情してしまいます。逆にこの動きにニヤニヤとほくそ笑んでいるのが自民党議員やその支持者です。



与野党ともに失望を与え続ける我が国の政治に未来はないのでしょうか!?反自民の受け皿がこれでは安倍政権も安泰、新党は失望を呼びいずれ早いうちに解体へと向かうでしょう。国の将来に夢も希望も抱けず小池新党はこのまま失望の党で終わるのか、はたまた予想外の展開となるのかともかく選挙終了まで小池劇場に振り回されそうです。

(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 19:40| Comment(0) | 国政選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート