2017年11月18日

暴言議員足立康史はバカなシンパにより更に追い込まれるのか!?

先の総選挙において選挙区で敗れたら比例復活はしないと公言しながら、選挙区で落選したのにあっさり撤回し、比例復活で再選を果たした日本維新の会・足立康史議員。これまでの勇ましい言動とは程遠いみっともない醜態を晒してしまったことでこれに凝りて大人しくなるかと思いきやツイッター上で「朝日死ね」と呟いたことでマスコミを賑わしています。


足立康史.png



これに対する足立の反論は山尾志桜里議員が取り上げた「日本死ね」を引き合いに出したとのことですが公職にある者としては不適切な発言であることに違いはありません。山尾議員は他人が発した言葉を引き合いにしてますが足立議員は自ら率先して発言している、このことから見ても足立の方が悪質であり非難を受けて当然と言えるでしょう。ところがこの発言に飽き足らず更なる問題発言で騒動を拡大させました。



加計学園設立に反対している獣医師会から100万円もの献金を受けていた玉木雄一郎議員と福山哲郎議員が国会質疑で加計問題を取り上げたことを利益供与だとして「犯罪者」と罵りました。調子に乗ったのか更に与党の石破茂にまでその矛先を向けるなどやりたい放題、野党は勿論のこと自民党の重鎮も怒りを露わに批判しました。






こうなると所属する維新も標的にされた三党に陳謝せざるを得なくなり、足立には厳重注意処分を下したことでさすがの足立も意気消沈し謝罪することとなりました。







この発言により普段メディアで取り上げられることのなかった足立康史という議員は、テレビなどのニュースやワイドショーで発言を取らげられ批判の的として晒されることとなりました。本人も日頃から自分の発言が取り上げられないと嘆いていましたが念願がかなったことになります。







そんな足立さんですが自民党ではなく追及する野党攻撃をしてくれるスタンスが自民党サポーターを中心に称賛されており不祥事も何のその、「やっさんは悪くない、もっとやれ」と熱いエールを送っています。












こういう時、本当の支持者であれば発言について慎重にとか苦言を呈するべきなのですが、本人は勿論、支持者も相当痛いですね。しかし連中はどんな形であれメディアで取り上げられれば注目されるので野党の不正が取り上げられることになると息巻いているようですが、その分足立のこれまでの言動も取り上げられることになるのですがね。


◎元秘書の女性が足立康史衆議院議員からパワハラを受け、約700万円分の残業代も支払われていないなどとして、大阪地裁に提訴。その際に明らかになったのがいすをけられたり、水をかけられるなどパワハラの実態が明らかに、これに対し足立は元秘書の提訴に逆切れして残業代支払いを拒否すると開き直りともとれる宣言。

◎足立議員が代表を務める「維新の党衆議院大阪府第9選挙区支部」の2014年分の収支報告書。支出項目にナント!「議員宿舎」(家賃)として「(月額)10万2298円」の記述していたとのこと。




メディアにとっては格好のネタが揃っており、これらを追及されればたちまち足立康史は追い込まれることになるでしょう。支持者は足立を不正をただす正義のヒーローだと崇めているようですが、一般の人から見たらとんでもないチンピラであると認識されることは間違いありません。このまま足立のシンパが「もっとやれ」煽り立てることで足立が調子に乗ってしまい墓穴を掘るというそんな滑稽な姿しか想像できません(笑)


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 17:35| Comment(0) | 橋下維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

議席大幅減の立役者、維新の足立康史の無様な居直り

今回の総選挙では小池百合子率いる希望の党の惨敗がメディアを賑わせていますが、同じく惨敗を喫したのが14から11まで議席を減らした日本維新の会です。元々のパイが少ないので惨敗すらマスコミで取り上げてくれないとは悲惨ですが、そもそも維新など自民党の補完勢力でしかなかったのですから日本のこころと共に自民党にでも吸収されるべき存在でしかありません。



なぜ日本維新の会が自民の補完勢力なのか?本来野党の立場というものは政権与党の進める政策を自分の党の政策と照らし合わせ、対案や異議を申し立てることが役目です。これにより議場に緊張感が生じ、与党側の権力監視としての役割を担うことになるのですが、維新は与党ではなく逆を向いて他の野党を攻撃しているのです。与党にとって追及に困っているところに助け船が出されて一息がつける、これでは健全な議場が運営できる訳がない。その維新の中でも最も自民党の補完勢力として活躍しているのが足立康史なのです。


足立康史.jpg



酔っ払いがくだを巻くような口調で民進党や共産党に敵意剥き出しで、与党への質疑そっちのけで野党攻撃を展開する足立康史。最近では森友・加計問題といった野党がこぞって追及する問題に対して逆に野党側に対峙する姿が有名となり、それが自民党やそのシンパから称賛されていました。確かに森友・加計問題では安倍総理への関与に結びつけるには無理があるし状況証拠も乏しいのですが、あまりに擁護し過ぎ。そんなもの与党側や官僚がきっちり説明すればいいだけなのに、忘れましたとか証拠は捨てましたとかあり得ないことを言うから世間から不審がられているのです。それを足立が下手な擁護をするから補完勢力と言われるのです。



この足立議員は総選挙に臨むに際し、このような勇ましい公約を掲げて支持層にアッピールしていました。








何とも勇ましい決意です。比例復活を辞退し退路を断つとは中々言えるものではありません!だがその勇ましい決意も及ばす選挙区での結果は落選となりましたので比例復活は辞退するかと思いきや、何とあっさり前言撤回となりました。








あの勇ましい足立せんせはどこに行ってしまったのか?ともかく偉そうにくだを巻きながら議員辞職を撤回することとなった足立議員はこれで説得力を失うこととなりました。身を切る改革と言いながら保身に走ってしまうとはこれこそまさに自分ファーストですね(笑)


国会質疑でまた立憲民主や希望の旧民進党の悪口言っちゃうと「お前、小選挙区で当選しないとバッチ返上するって言ってただろ」とか「筋通せよ」等旧民進党議員から野次返されて言い返せなくなってしまいます。何もかもブーメランとなって自分に突き刺さることになるのですがそれでも比例復活を辞退しないのでしょうか?


それでも「足立先生は国会に必要な人、民主や共産に対峙するのはやっさんしかいない」と抜かすネジが切れてるおかしな足立シンパもいます。ところがこの男、民進、共産などの左翼野党だけではなくいわゆる保守層にも攻撃を仕掛けており敵をつくっています。








有名なのが行橋市の小坪議員とのバトルですが、これは小坪議員のブログでも紹介されています。

維新・足立康史さん「小選挙区で落選したら比例枠返上」⇒ 比例復活 。身を切る改革はどこへ?(URL)



選挙中の候補者へデマを吹聴するも事実と異なるとバレても謝りもしない。







そういう自分は追求されると選挙期間中だからと相手に自制を促す








保守とかリベラルとか言う前にクズとしか言いようがありません。




日本維新の会は今回足立議員の活躍もありただでさえ少ない議席を更に減らすこととなりました。類は友を呼ぶというか足立の知り合いもロクなのがいません。







足立も度々出演している『報道特注』なる自民党本体かシンパ組織か分かりませんがその運営で賄っているインターネット番組のホストを務める生田よしかつってどっかの暴力組織組員なんでしょうか?追い詰めるって物騒ですね(怖)これらとも交流のある有本香にも言えることですがこういう柄の悪さも足立と似たり寄ったりと言ったところですからロクなもんではありません。こういうどうしようもないメンツが揃っている日本維新の会ですから立党した橋下徹ですらも三行半を突き付けられる事態となっています。







維新の丸山のドコが癪に障ったのか不明ですががブちぎれて、自らも維新の法律顧問を辞職すると言っています。






こんな学級崩壊のような様ですから近いうちに維新は消滅・解体となることは避けられません。足立や丸山といった自民補完勢力は今のうちに自民党への就職活動をしておいた方がいいと思います。彼らのこれまでの自民党への忠誠活動からして自民党も快く取り込んで貰えるでしょうね。

(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 23:22| Comment(0) | 橋下維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

ヘイトスピーチ条例を成立させた日本維新の会にシンパも賛成していたという驚愕の証言

先の東京都議会選挙で大躍進を遂げた都民ファーストと大惨敗を喫した自民党がクローズアップされていますが、割を喰ったのは自民党だけではありません。民進党の15⇒5 日本維新の会2⇒1があります。



民進党は地方レベルで言えばもはや自民党の対抗勢力とはならない少数勢力と化していますが、日本維新の会は民進党などよりも更に酷く絶滅危惧種と化しています。大田選挙区で最後の最後でようやく滑り込んで1議席を獲得するなど辛うじて首の皮一枚繋がりましたが、この政党に議席をくれてやることはなかった、消滅してくれた方が国のためでした。



今回の都議選で維新の党は自民党と同じく豊洲移転を訴えていましたが、むしろ自民党よりも強く訴え、自民党と対立している都民ファーストの小池都知事に執拗な口撃を仕掛けていました。特に衆議院議員の足立康史は候補者の応援演説において小池都知事へアホ呼ばわりし、小池都知事に吐き気を催すなどと抜かしていましたが、このような悪態を突き罵詈雑言を浴びせる足立そのものが吐き気を催す邪悪な人間なのです。そんな足立の悪態もあって維新は消滅寸前の惨敗に繋がることになりました。


維新の会 7・1.png



あからさまな売国奴である民進党に対し、いかにも保守受け狙いのことをやっている維新の党ですが、その正体は規制改革革新政党であり保守などと呼べる代物ではありません。大阪都構想やTPP賛成など国体を破壊する政策であり、こんなものを称賛すること自体が理解不能です。それよりも許せないのが大阪市でヘイトスピーチ条例をどの地方、どの政党よりも先駆けて成立させてしまったことです。




国政のヘイトスピーチ法案は罰則を設けていないのに対して、大阪市はヘイトスピーチと認定されたら氏名を公表するというもの。事実上社会的制裁を科し、言論の自由を侵害する非道な条例となっています。



この都議選の維新の応援演説のYOUTUBEの動画に私めがヘイトスピーチ条例を絡ませた批判コメントを寄せたところ、これに反論する維新支持者から反論を喰らったのですが、その中に驚くべきコメントをいただきました。


《日本維新の会》足立康史、吉村洋文大阪市長、やながせ裕文候補 東京都都議会議員選挙 街頭演説会 2017年7月1日 (URL)


維新支持者 アホ1.JPG
維新支持者 アホ2.JPG
維新支持者 アホ3.JPG
維新支持者 アホ4.JPG



維新の支持者は維新が仕出かしたヘイトスピーチ条例に後ろめたさを感じていると思ったのですが、むしろ諸手を挙げて賛成しているとは驚きです。言論弾圧に加担していることを自覚していながら応援しているのです。ヘイトスピーチ法案や条例など表現の自由の侵害以外何者でもないのですが、それに踏み込んでいることを自覚していないのか感覚が麻痺しているのかまともな思考回路ではありません。


野党でありながら自民党に迎合し、逆に追及する野党を攻撃する維新の党など存在意義はありません。自民党に吸収されるか早いとこ消滅してくれるかどちらかにして貰いたいものですね。


(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 23:25| Comment(0) | 橋下維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート