2017年04月29日

スキャンダラスと失言の宝庫と化した自民党に自浄能力はなし

まるでドミノ倒しのように閣僚の失言が後を絶たない安倍自民党政権で遂に事実上の更迭となる今村雅弘復興担当大臣が自身の発言の責任をとって辞任を表明しました。


今村復興相 よかった.PNG



今村大臣と言えば記者会見の席での不敬な記者からの質問にキレて「(会見場から)出ていきなさい」と叱咤したことで物議を醸しましたが、この件についてはまだ擁護の余地はありました。しかしさすがに東北で良かったはダメですね。安倍ちゃんも同じパーティーに出席していてその場ですぐ謝罪しましたから相当バツが悪かったのでしょうね。



これで第二次安倍政権になってからの閣僚の引責辞職は5人目となりましたが、とりわけここ最近では大臣だけではなく二重婚の中川俊直政務官や妻の妊娠中に浮気をした宮崎謙介元議員など逸材の揃う自民党はさすがスキャンダラス人材の宝庫であると言えます(笑)


今村大臣の辞任で今村の派閥の長である二階幹事長は、自民党のスキャンダルを取り上げたマスコミに対して怒り心頭でした。

二階 首を取れ.PNG




更にはこんな発言まで出る始末、またこれがテレビのワイドショーで取り上げられることになるかも知れませんが、もはや自民党は重鎮も若手も自浄能力のない失言オンパレードの無法地帯と化しているようです。






これに対してなぜかはしゃいでいるのが自民党工作員の500円というツイッターアカウント。今回の不始末をすべて二階に押し付けようとしていますが、自民党の最高権力者であり閣僚の任命責任者である安倍になぜ言及しないのでしょうかね。任命責任はすべて自分にあると言って何ら責任を果たしていない安倍には何も言えず大甘なのだから自民党議員よりタチが悪いです。





自民党工作員というか安倍サポーターからすれば二階などお払い箱にしたいのでしょうが、閣僚不祥事はすべて最高権力者である総理大臣に返ってくることを理解できないのでしょうかね。なぜ第一次安倍政権が短期で終わったのかを検証すればわかると思うのですが、このサポーター連中には理解できていないようですね。

(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 00:13| Comment(3) | 閣僚辞任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

安倍政権の終焉か?閣僚の相次ぐ不祥事は第一次政権と酷似している

安倍政権の閣僚の不祥事が相次いでいます。その内容は失言によるものが多く、安倍長期政権になっていることで気が緩んでのものでしょう。ところが気の緩みどころではないレベルの不祥事をやらかしたのが経済産業省政務官の中川俊直です。





中川は元・自民党幹事長の中川秀直氏の娘婿で地盤・看板・カバンを引き継いで楽々当選してきた二世議員です。こういう風に書くと二世議員批判と捉えられるかも知れませんが、二世議員などはっきり言ってロクな人間がいませんからしょうがないですね(笑)

この中川のやらかしたのが不倫+二重婚+ストーカーという驚くべきトリプルスキャンダルで本人はフェイスブックで釈明をしていますが、既に政務官は辞任し、自民党も離党していますからおおむね報道されていることに間違いはないでしょう。




しかしこのスキャンダル閣僚辞任と党離党だけで済む話でしょうか?昨年同じ自民党の宮崎謙介議員が妻(金子恵美議員)の産休中に不倫したことが発覚して議員辞職したのですからこの基準に照らし合わせれば少なくとも議員辞職は避けられないはずですが、所属していた自民党は静観したままで処分はぜず。義父の威光もあるから言えないのかも知れませんが、こんな体たらくですからやりたい放題なのでしょうね。



ここ最近の安倍政権はスキャンダル勃発続きで、この一連の流れを見ると第一次安倍政権(2006〜2007年)の最期末を見ているように感じます。この当時も相次ぐ閣僚スキャンダルが相次ぎ支持率を落としていき安倍総理は退陣に追い込まれました。このこともあり不祥事には神経をとがらせており閣僚の身体検査はきっちりやってたはずなのですがね。辞任ドミノが一番支持率に影響するのでなるべく辞めさせたくはなかったでしょうが、今回のは庇いきれないレベルでした。

政治の舵取りがうまくいっていればこんな騒ぎもすぐに治まるでしょうが、悲しいかな安倍政権は失政ばかりですから民衆の怒りが爆発するのは時間の問題でしょう。特に消費税増税による景気停滞の責任はきっちり取らせたいところですが、緩やかな景気回復などと詭弁を使って絶対に認めない安倍政権。ならばこうしたスキャンダル騒動を利用してきっちり詰めて退陣に追い込むしかありません。!!


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 18:50| Comment(0) | 閣僚辞任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

証拠が揃っているのに何故か甘利不起訴の不思議

2017年4月に予定されていた消費税増税を2年半先送りする と発表した安倍総理、凍結や減税にまで言及しなかったのは不満でしたがともかくこれにより来年の消費税10%はなくなりました。また増税を先送りにした理由として世界経済の状況が増税に耐えられる状況にはないとし、アベノミクス政策の失敗であることには強く否定していました。

安倍 増税見送り.jpg


景気低迷の最大要因が消費税増税による影響とそれに連動する形でコストプッシュインフレにより物価上昇を招いたことなのは誰しも分かることなのですが、これを総括せずに単に増税を先送りにしても情勢は変わりません。

はっきりと消費税が原因と言えないあたりが増税官僚族に支配されている今の自民党の限界と言えるでしょう。また会見では景気刺激策として財政出動を行うとし、財源は赤字国債には頼らないとのことですが、プレイマリーバランスの健全化のためとは言え国債を発行せずにどうやって財源を用意するのでしょうか?どうにも論理のつじつまが合わずその場凌ぎとしか捉えられず、これは期待するのは難しいと言えるでしょう。




さて今週は驚きと言うべきかあっけに取られるニュースが飛び込んできました。都市再生機構からの現金授受疑惑がかけられている甘利明元経産大臣やその秘書に対して東京地検特捜部は早々と不起訴処分と決めました。現金授受を大臣自ら認めて、録音テープも残っているにも拘わらず不起訴とは意味が分かりません。この地検の大甘対応に納得できない告発者は検察審査会に審査申し立てを行いました。






あっせん利得収賄罪として捜査が動いてもおかしくない案件でありながら裏にはびこる権力が検察の動きを封じてしまったのでしょうか?ともかくこんなバカな裁定を国民が認める訳にはいきません!!


甘利問題は今話題になっている舛添の政治資金問題などよりも根が深く深刻な問題です。何せ権力の傘を利用した贈収賄ですから舛添よりも「まっ黒」であることは間違いありません。ところが今やり玉に挙げられているのは舛添だけです。金にまつわる疑惑をシャットアウトさせて都知事選に擁立させて当選させたのに、今は見捨てられるように次から次へと新たな疑惑が浮上しているのは舛添の人間性とせこさが浮き彫りになり庇いきれなくなったからでしょうか。人間性ってホント大事ですよね(笑)

しかし笑いごとでは済まされません。人間性が良く立ち回っていても悪質性では甘利のが上であることには変わりがありません。だが自民党権力の傘にかかってはどんなまっ黒な人間でも不起訴処分にさせることもたやすいことなのでしょうか。

参考サイト:真っ黒”な甘利明を検察はなぜ「不起訴」にしたのか?官邸と癒着した法務省幹部の“捜査潰し”全内幕 LITERA (url


甘利だけではありません。小渕優子の政治資金を使った買収容疑も地検は秘書を逮捕したのに小渕にはお咎めなし。しかもドリルでハードディスクを破壊するという悪質極まりない証拠隠滅を図っています。

ドリル小渕.jpg


当の小渕は禊が済んだと思っているのか、政治資金でやり玉に挙げられるきっかけとなった「観劇会」を再開させるとのこと。もはや何でもあり異常とも言える自民党議員への擁護ぶり。この国を良い方向に変えていくには権力が集中し過ぎている自民党勢力を一掃するしかないのです!!





(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 18:15| Comment(1) | 閣僚辞任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート