2018年01月10日

安倍マンセーの保守系ネットチャンネルで異彩を放つ反安倍キャスター

保守系と言われるネットチャンネルがいくつかあります。『チャンネル桜、虎ノ門ニュース、報道特注、KAZUYAチャンネル』などですが、これらの保守系チャンネルの基本姿勢は安倍マンセー、自民党マンセー&韓国朝鮮、野党叩きです。


一方で安倍政権が推し進める増税路線や移民政策等といった売国政策には都合が悪いのか触れたがりません。唯一チャンネル桜が三橋貴明登場回に政権批判をしますが、三橋とて今だ自民党員の党籍があり、安倍総理との会食も行うほどの仲の良さをアピールしているように本気で政権転覆を企てている人物ではありません。

三橋 安倍 会食.jpg


私から言わせて貰えば三橋貴明とて自民党政策へ不満を抱く保守層へのガス抜き要因にしか見えません。その三橋氏も10代妻へのDVにより逮捕されるなど脇の甘さが露呈されたことで反安倍としての影響力・発信力は下がることは否めないでしょう。ただ三橋氏の経済理論等、支持できるものもありますので今後しばらくメディアに出演しないのは残念です。


先述として取り上げた(自称)保守系チャンネルで唯一私が視聴しているチャンネル桜も三橋氏が謹慎という形で当分出ないでしょうから安倍マンセーが更に強くなるでしょうから視聴する興味も失せています。しかしそんなチャンネル桜にも安倍政権の問題点を視聴者目線で取り上げマンセーキャスターに異論をぶつける存在はいます。



前田有一.jpg


桜プロジェクト月曜日担当をしている映画評論家の前田有一氏です。彼はチャンネル桜開局からキャスターを務めており、桜出演者では古参的立場にあります。しかし本来、映画評論家という立場から政治的思想や学識的見地はそれほど深くなくどちらかというと進行役に徹していますが、時折ご意見番キャスターに鋭く突っ込みを入れることで安倍賛辞姿勢を食い止める役割を果たしています。


月曜日と言えばかつては井尻千男氏がご意見番のような形でキャスターをしていました。井尻氏は安倍政権への注文や辛辣な批判もありましたが、井尻氏が死去し、安倍マンセーの渡邉哲也と馬渕睦夫に替わったことで胸糞悪い番組になってしまいました。最近前田氏への批判が多いのも彼らへ反目する切り返しが要因となったのでしょう。



そんな前田氏ですが、ツイッターでは桜のキャスターの時よりも踏み込んだ形で政権への批判を展開しています。












加計問題で安倍政権を批判し住民訴訟まで仕掛け、先の総選挙では安倍のおひざ元である山口4区から出馬した黒川敦彦氏とも懇意の仲のようです。


















桜では誰も触れたがらない森友・加計問題を皮肉を込めてツイートしているあたり桜視聴者からすれば胸糞悪く思われるでしょう。実際彼のツイートを見たであろう視聴者からも「左翼の前田は降ろせ」「売国奴」などと動画のコメント欄に多く寄せられている状況です。


しかしモリカケに関しては、安倍の関与はともかく土地取得に関わる不可解な値引きや交渉における記録書類の破棄など行政が歪められている現状です。この点前田氏の視点はやや左寄りながら一般視聴者と同じ目線で疑問点を拾い上げており、その着眼点も適格であると言えます。



チャンネル桜では唯一と言ってもいい安倍マンセー隊には属さない前田有一氏です。見識は深いとは言えませんが、視聴者目線から切り込む論調は鋭さを感じますし、口調もソフトで分かりやすく前田氏の存在は似非保守化するチャンネル桜のキャスターのなかではまともであり良心的存在であると言えるでしょう。こういった存在がある分、桜は他よりはまだマシな方でしょうね。


孤立無援な前田氏ですが、今後も安倍マンセー隊に怯むことなく突っ込んでほしいですし、ツイッターでも政権への疑問点や批判をどんどん発信してほしいですね。

(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 22:31| Comment(0) | チャンネル桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

抗議の声についてのチャンネル桜水島社長からの返事

スカパーや無料動画配信されている保守系チャンネルの日本文化チャンネル桜、私も番組を毎回視聴していますが、7月28日放送のフロントジャパン桜(司会:水島総・高清水有子)の番組内で、東京都知事選に出馬していた桜井誠候補や在特会を、先日相模原で起きた養護施設での大量殺人を犯した容疑者をリンクさせて同列の思想を持った人間達であると非難したのです。


これに視聴者からの批判がYou tubeのコメント欄に次々と投稿され炎上しました。私もこれはないと怒りをぶつけるように批判投稿をしました。20歳以上も人生の先輩である水島社長に命令口調で意見を述べる形となってしまい大変失礼になったと後で恥てしまいましたがこれがその投稿内容です。

チャンネル桜20160728.png


後日、水島社長が視聴者の答えるという特別編成のコーナーでこれらの批判やコメント削除に対しての見解を述べていましたが、ここで何と私のコメントが取り上げられていました。(コメント抜粋部分のみ)






ちなみにこの特別編成にもコメントを投稿したのですが反映されていなかったのでここに改めて記載致します。

52分過ぎ 水島社長.png


障害者殺人と在特会をリンクをさせていることについては触れず。挙句、おまえ呼ばわりされてしまいましたが、これは私に限らず長年桜を見てきた人にとっては到底納得のいかないものでしょう。別に桜井誠や在特会を批判するのは構いませんし、桜井側からチャンネル桜や水島社長に対して批判しているのも知っていますので双方徹底的にやり合えば良いのです。


しかし大量虐殺殺人者と同列に語り、またオウム真理教とも比較させ悪印象を植え付けてるとはチャンネル桜らしくないし、あまりに酷い!!更にこの放送回は選挙期間中であり、これはあからさまな選挙妨害行為であると言わざるを得ません。この件は後々桜にとって痛恨のダメージとなる可能性もあります。



少し前までは「武士の情け」と称して桜井氏のこれまでの所業を含めて桜井や在特会については桜で取り上げることはしないと言っておきながらこのような形で引っ張り出してきて残虐な殺人者と同等に扱う印象操作とはあまりに酷いやり口です。


こんな事をして誰得なのか?喜ぶのは西田昌司や有田ヨシフといったヘイトスピーチ法制定に尽力した反日勢力共です。口ではヘイト法反対と言っておきながら、結局西田と水島社長も根底は同じと思われても仕方がないですし、ヘイト法制定に尽力した西田や有田を喜ばせる番組をつくって彼らを喜ばせることになってしまいました。




ついでに言わせて頂くと桜がヘイトスピーチ法に関しての討論を行わないのも疑問です。ヘイトスピーチ反対の街宣で所轄警察の妨害に遭うなど嫌がらせをされたのだから国会議員を呼んで徹底的に議論するべきなのに、これもお友達の西田に配慮しているのか施行後一切行われていません。西田や他の国会議員に出演交渉しているのか分かりませんが、もし出ないのであればそれは視聴者からすれば討論から逃げたと捉えられる訳ですし、それについても今後責められることになるでしょう。日本の言論を封殺する危険な法案であれば首謀者が逃げたとしても他の識者を交えてでも討論をし問題提起すべきです。


長年チャンネル桜を視聴してきた者からすれば、桜によって知り得たこともたくさんありますし感謝しています。売国政策を推し進める安倍政権の擁護もご愛嬌として受け流してきたのですが、今回ばかりは看過できません!それだけに今回の放送は残念です。水島社長は冷静になれと批判者に呼びかけていましたが、老婆心で言わせていただきますが冷静にならなければならないのは水島社長ではないのですか!?


(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 00:00| Comment(1) | チャンネル桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

自民党という強大な権力の傘に守られなかった田母神強制捜査

昨年初めから騒がれていた田母神俊雄氏への政治資金横領疑惑ですが、先日突如として田母神氏関係箇所への強制捜査が執り行われニュースでも大々的に報じられました。

選挙資金として寄付を募って集めた一億円以上にのぼる政治資金のうちの半分が使途不明金であったとされ、当初は会計責任者が一人で横領していたとのことでしたが、報道によると他の選挙スタッフや田母神氏本人も横領に直接関与していたとのことです。更に前妻との訴訟費用に充てたなど政治家を志す人間としてはずさんであり非常識であると言えます。都知事になって貰いたいという有権者の願いを込めた寄付金を自分のお金だと錯覚したんでしょうが、田母神本人も周りの人間も政治資金規制法すら理解できない連中のようです。


当初この疑惑を陰謀として捉え、告発したチャンネル桜の水島社長に対して攻撃した連中もたくさんいました。デマッターとして名高い井上太郎氏もその一人です。




田母神を咎めようとする水島社長に相当お怒りの井上太郎、つい最近こんなツイートをしていました。



水島社長と写真に納まっているいるのはジャーナリストの佐藤昇氏。彼についてはよく分かりませんが、裏社会との繋がりがある人物として一緒に納まっている写真を引っ張り出してきたようですが、この辺りが井上太郎がいかに水島社長憎しで凝り固まっているかが分かります(^_^;)




もう一つ、くまというブロガーが田母神問題は問題なしとして水島批判を展開しているブログ

動物が掘り下げる 
田母神俊雄事務所の選挙資金横領問題。その9。 田母神事務所の通帳公開は意味があるのか、について。

カテゴリ
url



ここよりブログからの引用

田母神事務所の通帳を公開すれば、横領の事実は一目瞭然なんでしたっけ?

いやあ凄いですね。
その道のスペシャリストの警察や検察、弁護士なんかが束になって取り組んでも
これまで述べた通り、横領事件の立証は非常に骨が折れる作業なのに、
ろくに法知識が無い事があきらかな、水島社長や一般視聴者が
通帳の内容を見ただけで、横領の事実が確定できちゃうんですかー。


すいません。へそで茶を沸かしてしまいます。




このブログ主は法律論を展開して自信満々に田母神の告訴は受理されないと分析していました。その上で水島社長への批判と桜の支援金に関する疑惑追及をしていたのですが、ブログは昨年末で更新が途絶えています。告訴受理どころか強制捜査にまで至ったことについての感想を聞いてみたいところですね。


とは言え、田母神氏を都知事選に担ぎ上げたのは告発した水島社長ですし、選対本部長までやっていたのですからこんなのを担ぎ上げてしまったということから水島社長の道義的責任は避けられません。水島社長を始めとする支援者も保守の希望であった田母神氏がまさかこんな事を仕出かすとは思わなかったでしょう。

田母神「ポスター.jpg



一昨年の都知事選、保守層の圧倒的支持を受けて都知事選に臨んだ田母神でしたが当選していれば遅かれ早かれ、失職に追い込まれる可能性もあっただけに当選しなくて良かったかも知れません。




しかし当選したのがこれまた2億5千万円もの政党助成金を着服した疑惑がもたれている舛添要一です。金銭的なものや税金から使われたことを鑑みれば舛添のがかなり悪質です。

舛添 安倍.png



これ程の公金横領疑惑がありながら今でも東京都知事として職務を全う出来るのは自民党安倍政権によるバックアップによるものです。田母神が強制捜査されて舛添がされない決定的な違いは安倍自民に囲われているかそうでないかによるものです。

泡沫候補の田母神に捜査をご熱心なのに額が一桁大きく税金を着服した舛添をほおっておいていいのでしょうか?更に甘利前経済産業大臣の斡旋利得や小渕ドリルなどもありますが自民党という強大な権力の傘に守られることで地検の動きを止めているとしか思えないのですがね。田母神が追及されて自民関連の不祥事が有耶無耶のままでは世間は納得できません。

(スポンサードリンク)




posted by yuuponshow at 00:37| Comment(0) | チャンネル桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート