2017年11月15日

ヘイトスピーチ事前規制を制定した福田紀彦は自民党推薦だった

総選挙後の地方議会選挙として注目されていた東京都・葛飾区議選において東京都議選で大躍進を遂げた都民ファーストの会は5人中1人しか当選できず大惨敗を喫しました。


都民ファースト惨敗.jpg_large


僅か4か月前の東京都議選の大躍進が信じられない結果ですが、区議会のような地方選挙は候補者が地域に根付いた選挙活動をしなければどんな大政党候補者であれ厳しいのです。国政や都議選と同じように風頼みで選挙活動で戦った都民ファーストにとっては致し方ない結果と言えます。


完全に風の止まった小池百合子の希望・都民ファースト、そして党を率いてきた小池氏は希望の党代表を辞任することに、僅か数か月前には我が世の春を謳歌していたのが信じられません。主義主張の一貫性がなく、野党分断行為をもたらしたことで有権者の反発を招いたことが現状の批判となっていることは言うまでもありません。ともかく何がまずかったのか失敗だったかを総括しないことにはこの先も厳しい結果となるでしょう。


ちなみにこの選挙には注目の候補者が立候補しており、行動保守・桜井誠の日本第一党から推薦を受けた無所属の鈴木信行氏とNHKから国民を守る党の立花孝志氏が当選しました。メディアでもてはやされていた都民ファーストが敗れ、ネットを中心に支持を訴えてきた両氏が当選したというのはある意味時流の変化と言えなくもありません。





さて本題に入りますが、総選挙と同日で行われた神奈川県川崎市長選挙において昨年川崎市において右派団体への公共施設の使用貸出を不許可として物議を醸した福田紀彦が再選を果たしています。福田は国政で可決されたヘイトスピーチ法案を踏襲する形でヘイトスピーチ根絶に尽力している人権派市長なのですが、公園や公民館など公的施設の利用申請に際して「不当な差別的言動の恐れが客観的事実に照らし具体的に認められる場合」に、申請者に警告や不許可などの措置を取れるヘイトスピーチ事前規制方針を全国で初めて施行することが発表されました。



川崎ヘイト条例 流れ.jpg_large



川崎市でデモや抗議活動を行う利用者については、これまでの言動や活動を照らし合わせて市が判断した人物や団体には川崎市の施設を貸さないことになります。なお審査については第三者機関が判断するとのことですが、第三者機関の選定が不透明であることから事実上川崎市の裁量によって合否が判断できると言えるでしょう。このままではヘイトスピーチとはかけ離れた政治思想がヘイトスピートと判断されることにも繋がり、ひいては特定の思想団体を排除することも可能です。過激な行動や言動には現行法でも対処できるのに敢えて言論弾圧とも言える政策は大きな反発を招くことは必須と言えます。



既に施行されている大阪市のヘイトスピーチ条例よりも踏み込んだ形と言えるヘイトスピーチ事前規制を制定した福田紀彦は、昨年の施設への不許可問題もあり反発を招いているにもかかわらず今年再選を果たしてしまった訳ですが、今回の川崎市長選においては自民、公明、民進各党の地方組織が福田を支援しバックアップしています。



三原じゅんこオフィシャルブログ「夢前案内人」(URL)



2017年10月08日(日) 13時31分18秒
川崎市長選挙
テーマ:ブログ
本日から川崎市長選挙が始まりました❗️


投票日はなんと衆議院と一緒。


投票率は上がるでしょうが、市民への浸透と言う意味では心配しています。


市民にとって1番身近な選挙です。


私たちは福田紀彦現市長を応援いたします❗️





このように自民党の三原じゅんこ議員が言論弾圧政策を推し進める福田にエールを送っていることから見ても自民党という政党の本質が垣間見えると言えるでしょう。



福田は川崎市長選のマニフェストで「あらゆる差別の根絶を目指す条例を提案」と謳っているようにその公約を実行している訳ですが、さすがヘイトスピーチ法案を主導した自民党が推す候補者だけあって忠実に日本人差別を遂行しようとしています。



福田の政策は自民党の政策と似通っているようにも見えます。外国には手厚く自国には締め付けを行っていることも共通しています。それに加えて日本人に対する言論弾圧に加担しているのから日本人にとってはありがたくない存在なのですが、いずれも選挙で信任を得てしまっている訳ですから有権者の罪深き汚点と言えるでしょう。


こうした連中の政策に真向から異を唱えるべきであり、葛飾区議として選出された鈴木信行氏のような人物が議会で増えることが抑止に繋がります。ヘイトスピーチ法案や条例など容認しないさせない社会を訴えなければこれから先とんでもないファシスト社会が形成されていくことでしょう。


福田紀彦 レイシスト.jpg


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 22:15| Comment(0) | ヘイトスピーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

ヘイトスピーチ法案成立の立役者、西田昌司の保守層へのご機嫌伺い

当ブログ「自民党工作員の異常なネット活動」の一日平均アクセス数は200から300位で推移しています。ところが突如アクセス数が伸び始めて先週には普段の10倍以上となる一日3000件以上のアカウント数を記録しました。


このブログをたくさんの方に御覧いただくことは大変嬉しいのですが、突然アクセス数が10倍も増えたのには驚きました(^_^;)それもアクセスが集中しているのが「愛国から反日へ華麗に転身、西田昌司の非道と言える変節振り」(URL)という一年も前の記事なのです。


googleかyahooで「西田昌司」と検索に入れると一番目のページにこのブログが出てきます。西田議員のウィキペディアやオフィシャルブログに続いてこのブログが表示されるようになっているのでアクセスが急激に伸びたのでしょう。「西田昌司」というファーストキーワードだけでトップページに掲載されるとは正直驚きましたが、この記事を興味深く読んでくださる方が増えているということは大変嬉しいですね。


という事は私の記事を西田昌司本人やその関係者もこのブログを閲覧した可能性もあります。このブログの影響かは分かりませんが、西田議員の最近の発言などを見るとその影響が表れているようにも感じます。


そもそもこの記事を書くきっかけとなったのがヘイトスピーチ法案成立によるものです。法務委員会の筆頭理事である西田昌司がよりにもよって有田芳生と結託し、日本人を貶めるヘイトスピーチ法案を成立させたのですから西田を散々持ち上げていた保守層からすれば裏切られた気持ちです。ヘイトスピーチ法案が成立後には川崎のデモが中止に追い込まれるなどその弊害が如実に露わになったものの、その批判の声に対して聴く耳も持たずデモが潰れたことを良かったとした上で、批判者を高尚ぶってお説教しているのですから怒りを禁じえません。




それにより西田が出演している動画のコメント欄には批判の山で埋め尽くされ、保守層からは総スカン状態。次回選挙での落選運動をちらつかす声まで上がる始末、もはや西田昌司に対する信用はなく、反日国賊のレッテルを貼られるまでに落ちぶれました。



その批判の声を逸らしたいという思惑なのか、かつてヘイトスピーチ団体であると批判をしていた在特会の八木会長との対談が実現しました。

西田 八木 対談.jpg



在特会の八木会長との対談では相変わらず高尚ぶった態度で反論を説き伏せていましたが、両手でガッチリ握手をして再度の対談も約束するなど良好な関係を印象付けようとしているようです。




そして東京MXテレビのニュース女子という番組がヘイトスピーチにあたると批判しているのりこえねっとやそのシンパに対して「政治的主張はヘイトに当たらない」と批判者の主張を一刀両断しています。

西田 のりこえねっと.jpg


在特会と歩み寄りの姿勢を見せたり、反ヘイトスピーチ団体への批判を展開するなど、西田へ浴びせかけた多勢の批判の声が相当堪えているのではないかと見ています。


しかし西田昌司の罪はこれで消えることにはなりません。何よりヘイトスピーチ法案を成立させた張本人であること。政権政党の法務委員会筆頭理事である西田は法案を成立させるための重要な職責を担っているので責任は重大であり一手に批判を受けて当然なのです。


ヘイトスピーチ法案は言論封殺の温床となる危険な法案であり直ちに廃案にしなければなりませんが、一度提出した法案を同じ政党が廃案にするなどあり得ません。自ら法案として提出したものを引っ込めるということは政治家として政党としても致命傷になります。西田はヘイトスピーチ法案成立以降の批判の声を打ち消そうと躍起になっていますが、これで再び信頼を得られると考えているのであればとんだ勘違い野郎です!!


(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 18:45| Comment(4) | ヘイトスピーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

ヘイトスピーチの拡大解釈で言論が封殺されようとしている日本

昨年施行されたヘイトスピーチ規制法ですが、罰則は設けていないものの既に条例施行している大阪市や、規制を盛り込む条例制定を目指しているとも言われる神奈川県川崎市のような自治体もありますのでこうした言葉狩り政策が全国に広がる懸念があります。


法案制定した法務省はこの度、解釈や定義を明確化させるためにヘイトスピーチと言われる具体例を提示しました。





「〜は国に帰れ」「〜人は殺せ」などの脅迫的言動や「ゴキブリ」など害虫に例える侮蔑的言動が示されていますが、表現方法はデモの発言のほか、プラカードの文字、インターネット上の書き込みも該当するそうです。


そして対象となるのが日本人ではなく日本国内に住む在日外国人に対するものです。人権のための法案と謳いながら外国人にだけ限定するとかいまだ理解ができません。そもそも人権法案など恐怖政治の横行に繋がるので絶対反対なのですが、一方で「日本死ね」が流行語大賞に選ばれるという差別を助長する言葉が選ばれるとはこの国の倫理感はどうなっているのでしょうか?

日本死ね 山尾しおり.jpg


言葉を明確化させようとしても時の政権がいいように解釈変更し、色んな言説を差別表現だとして規制をかけることも可能なのです。

すでに川崎のデモがヘイトスピーチだとレッテル貼りをされて中止に追い込まれたようにヘイトスピーチとはまったく関係ないデモが言論弾圧された実績があるようにこのヘイトスピーチ規制法は独り歩きして我々の生活を脅かすことに繋がる恐れがあるのです。

その流れを汲む最近の騒動が東京MXテレビで放送された「ニュース女子」騒動です。この番組で沖縄での反米軍活動参加者を本土から募って交通費を支給していたとする内容を否定的に捉えたのか特派員を送り込んでいたのりこえねっとと代表を務める辛淑玉は交通費を支給されたことは認めながら勝手に日当ではないと解釈を変えてデマだと主張し、ヘイト番組だと批判を展開、BPOへの申し立てまでやっています。これに賛同する東京新聞や朝日新聞などのマスコミも紙面で東京MXに対して集中攻撃を展開しているのです。


ところがヘイトスピーチの首謀者である西田昌司はこの問題はヘイトには当たらず、批判者は都合良く解釈して言論弾圧の道具に使う言いがかりだとしています。




川崎のデモ以外での西田の主張は至極当然なのですが、このようなことを述べられるならば組織やメディアがやっているヘイトスピーチとレッテル貼りの言論弾圧がなぜ平然と行われているのか?このような一連の騒動を想定できなかったのか?今後ヘイトスピーチ法案が更に日本人を陥れる人権弾圧法として活用されてしまうことは間違いなく、今すぐにでも廃止しなければなりません!!


法務省の行った罪は極めて重いと言えます。本来であれば日本人の人権を優先に考えなければならない省庁なのに日本の言論を弾圧し奪い去ろうとしているのですから。そしてこの法案成立に加担した西田昌司や有田芳生の首謀者共を始め、法案に賛成した国会議員すべて同罪なのです!!


(スポンサードリンク)







posted by yuuponshow at 18:24| Comment(1) | ヘイトスピーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート