2016年06月15日

舛添擁立から辞任まで一連の動きから読み取れる自民党の姑息さ

日本中から壮絶とも言える大バッシングを浴びて遂に辞職を決意した舛添要一都知事。嘘で嘘を塗り固めた一連の会見が更に批判を強める結果となる上、新たな疑惑も噴出してはもうどうしようもありません。


辞任に追い込まれた舛添ですが寸前までは強硬に続投を明言しており楽観視していたようです。理由は自民都連が舛添を支える動きがあったことです。その裏付けとなる出来事が都議会の集中審議でした。


他の質問者が厳しく政治資金問題を追及し辞任を迫ったことに対して自民党質問者の鈴木隆道都議は厳しい追及をしていたものの、質問のペーパーをチラチラ見ながらの質問で舛添にまったくプレッシャーを与えていないばかりか、辞任せよ! という言葉は最後まで出てこず、この日の他の質疑者の追及度合を見ても大甘だったことは間違いありません。この質疑の時点では自民党は舛添に逃げ道を用意していたことは間違いないでしょう。






さて辞任となったからには都知事選となる訳です。メディアは著名人や政界人の名前を挙げて誰が都知事に相応しいかをアンケートしていますが、メディアのこんな体たらくこそが舛添のような人間を首長に担ぎ上げた大戦犯であり、こんな人気投票などで名前が挙がった候補者などロクなもんじゃないです。名前が知れていて政治家としての資質の伴わない人間をピックアップしての人気投票アンケートなど有権者をバカにした行為です。



今頃、マスコミが連日大騒ぎして叩いてやめさせる動きはちゃんちゃら可笑しいとしか言いようがありません。 マスコミが過去の舛添の問題を報じなかったから問題に気付かず舛添に投票してしまった人が大勢いたはずです。 辞任問題の一端となった都有地の韓国学校への譲渡についても一切言及せず、ヘイトスピーチ規制マンセーを唱えているこの国のマスコミは本当にどうしようもありません。


舛添を都知事に担いだ2年前の都知事選では自民党から除名させたにも拘わらず舛添を候補者に立てるという
有権者としては納得のできない人選を仕出かしました。更に舛添の所属していた政党「新党改革」での政治資金規正法による疑惑も週刊誌で騒がれていたころ、この動きをシャットアウトしようと自民党はマスコミに働きかけ、このような怪文書をマスコミに流し舛添スキャンダルの動きをシャットアウトしたのです。

都知事 マスコミひた隠し.jpg


その事にすでに気が付いていた有権者は自民党BBSに舛添擁立反対の猛抗議のメールを連日殺到していたのですが、その声も自民党は一切無視してきました。





こうして不祥事をひた隠し、票を取れる舛添を取り込んだ自公政権は大手を振って「舛添さんしかいないではありませんか!!」と都民を欺くことに成功したのです。




自民党公明党はこんな最悪な都知事を担いだことから今回の都知事選は候補者の擁立をするべきではありません。否、する資格もないのです!!大勢を占めている自民党都連の息のかかっていない候補者こそが都知事になって貰うことで都政運営を健全にもたらしてくれるはずです。


自民党はこれまでの舛添推しがアダとなったものの舛添切りが出来てホッとしているでしょうが、こんな政治家を人気だけで擁立し、挙句の果てに日本はもとより世界中に数々の悪態を晒したことを国民は忘れません。そして来るべき参議院選挙ではまたしても有名人、しかも他党の議員を擁立するというなりふり構わわぬ戦法で票田獲得に動いています。



来る参院選では国民の声を無視し欺いてきた自民公明両政権には鉄槌を食らわしてやりましょう!!!



(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 22:45| Comment(0) | 舛添要一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

舛添を擁立した自民都連、静観して騒ぎが治まるのを待つ方針

今月13日の釈明会見以降、総バッシングの舛添東京都知事。これまで舛添の不都合な噂をシークレットにしてきたマスコミもタガが外れたようにこぞってワイドショーで批判を展開しています。そして文春砲から新たな疑惑が出てきました。




この他にもこれまでの疑惑が出ていますが、笑っちゃうのが国会議員時代の2億5000万円もの政党交付金を借金返済にしていたというものをさも新疑惑として取り上げているテレビ局もありました。これ都知事立候補の時に週刊誌で騒いでいたのにマスコミがひた隠ししていたものです。

都知事 マスコミひた隠し.jpg



今更持ち出して最新疑惑とか国民を舐めてるとしか言いようがないですね。またあるワイドショーでは次の都知事は誰が良いのかなんて気の早い特集もやっていたようでマスコミの豹変ぶりには呆れてしまいます。


国民も9割以上が辞任すべきだとの調査もあるように舛添批判一色、擁護の声は一切聞こえてきません。まぁ擁護する方が無理がありますが、このままでは都議会は大荒れになるのは必至でしょう。野党は舛添批判を展開するのは間違いないですから、この状態で都知事としての職務を行うのは難しくなってきました。


この騒動に便乗したかのようにかつての妻である片山さつき議員も昔の夫婦生活時代の舛添の悪行を赤裸々に語っています。いずれにしてもシークレットにしていた分、舛添情報が今後ドンドン出されてくるでしょうから舛添の終焉も時間の問題でしょう。






一方、舛添を都知事候補に推薦した自民党東京都議連はこの舛添騒動を静観しているようです。そもそも除名された舛添をなぜか推薦しちゃったのが自民都連なのですから表立って舛添降ろしに加担したくはないでしょうが、対応があまりに世間と乖離していると言わざるを得ません。




ファーストクラスやスイートルームを使うのが当たり前ですか。。。名前も伏せているので発言者の特定はできませんが、人で見ないで人気だけで擁立しちゃうような自民党ですからこのような発言が自民党の真意であると捉えらえても仕方がありません。


自民党東京都議は現在、全議会議員の半数を占めており、連立を組む公明党を合わせると3分の2近い議席を占める巨大勢力です。かつて猪瀬東京都知事が政治資金規正法で辞職に追い込まれた時もこの自民党勢力が中心となり猪瀬降ろしを主導し辞任に追い込みました。その後任として自民都連が推したのが自民党を除名になった舛添なのです。

こういった経緯もあり常識的からしてあり得ない舛添推薦を数の力で押しきった自民都連にも一連の舛添問題において責任が伴います。高額出張や別荘への公用車送迎などやりたい放題を今まで追及もせずほおっておいたのですから責任を持って引きずりおろさなければなりません。それをしなければ舛添の共犯であり自民党都議への非難にも繋がることになるでしょう。勿論自民党本部と街頭宣伝まで繰り出した安倍総理も同罪です。



この数の力で女性議員に対するセクハラヤジなども行っていましたが、勢力が巨大になると少数政党を小馬鹿にして都民の声など聞くことはないのでしょうね。




鈴木 自民都議.jpg
鈴木 自民都議2.jpg




現在の国政を見ても自民・公明が全議席の3分の2を占める巨大勢力です。今の誤まった経済政策を見れば特定の政党に力が偏ることが必ずしも良いとは思えません。保守と認識されていた自民党が圧倒的数席を占めていながらそれまで理念にもなかったヘイトスピーチ法案や移民関連法案、TPPを成立させようとしているのですからロクでもありません。こうなれば巨大勢力である自民党の議席数を減らすことで政策を簡単には決められないようにするのが良いのではないか、これが暴走する政治を止めることになるのではと考えています。


(スポンサードリンク)






posted by yuuponshow at 22:55| Comment(1) | 舛添要一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

舛添辞任は避けられず!?政治資金規正法違反の大スクープ

テレビ週刊誌等がこぞって舛添東京都知事のスキャンダルを連日取り上げるようになりましたが、またしても週刊文春が超ド級とも言えるスーパースクープを取り上げました。

舛添都知事に政治資金規正法違反の重大疑惑! 週間文春web 2016.05.10 (url


本日発売の記事によれば家族旅行での飲食や宿泊費を「会議費」名目で政治資金報告書に計上したというもの。しかもホテルの従業員からも裏が取れているという記載もあることからも決定的な大スクープだと言えます。それにしてもセンテンススプリング最近タイムリーヒットばかりですね。芸能系はどうでも良いですが、これはGOOD JOB(o^-’)bですね。


元々舛添が都知事に出馬する段階で所属していた「新党改革」で政党交付金の私的流用などが週刊誌で取り上げられていましたが、舛添を都知事選に担ぎ上げた自公与党がマスコミと結託して徹底的にこれらの不都合な噂をひた隠しにしていました。

都知事 マスコミひた隠し.jpg



画像より抜粋


1.舛添候補の政党交付金問題については、『赤旗』による報道が告示後であることを考慮し、疑惑として提起されることがないようきわめて慎重を期すこと。

2.事務所費問題についても、同様に慎重に扱うこと。

3.細川候補、宇都宮候補らについては、問題発覚が告示前であることに鑑み、報道姿勢の変更は必要ないこと。




それにしても舛添に関しては次から次へとよくも出てくるものです。しかも今回は政治資金規正法違反に問われる可能性がありますのでリコールを待たずとも刑事事件として立件されれば公民権停止となり都知事失職を余儀なくされることになります。



先日も深夜のニュース番組に呼んで詭弁を振りかざして白々しく疑惑について釈明していましたが、今回の政治資金規正法違反に拘わる案件が事実であれば言い逃れができないレベルのものですから、舛添も追い詰められることは間違いないでしょう。著名人も舛添への批判を強めており、これでは政治家引退してもテレビタレントに戻ることも難しいでしょうね。









この舛添が東京都知事に上り詰めた経緯を一度おさらいしてみましょうか。

猪瀬直樹前東京都知事の政治資金規正法違反が発覚したことで自民党東京都連がマスコミを巻き込んで猪瀬を追及し辞任に追いやられた猪瀬に代わる新都知事候補として自民都連が推したのがなぜか自民党を除名された舛添でした。


舛添は新党を立ち上げる際に自民党を離党したことによるいざこざが元で自民党を除名された男。にも拘わらず舛添を都知事候補として担ぎ上げるという前代未聞の擁立となりました。除名とは会社で言えば懲戒解雇と同じことです。


しかし自民は舛添以外に候補者を擁立することができず、まだ人気の高かった頃の舛添であれば勝ち馬に乗れると判断した自民党執行部の思惑と舛添の妻が創価学会幹部であるという情報もあり公明が猛烈に舛添プッシュしたことから自公が共に推薦という形で舛添を推すこととなりました。そして都知事選応援演説では安倍総理と公明党山口代表が揃って熱弁をふるって応援することとなりましたが、舛添を取り巻く疑惑の数々が明らかになっている現状を見れば自公にとっては相当な汚点となることでしょう。







都知事選の時に舛添に関する不祥事ネタをマスコミと結託して文章を撒いてシークレット化させたのは素早い対応でしたが、不祥事が次々と発覚することになり、自民も創価もはや庇いきれることは困難になったと言えるでしょう。今回の事で舛添が失職となれば推薦を出した自民都連や執行部への責任は避けられません。舛添のスキャンダルをひた隠しにして都民を欺いてきた自公とマスコミの責任は非常に大きいです。


今更弁解しようがもう取り返しのつかないところまできています。世間を欺いてきた舛添東京都知事と自民公明与党政権には厳しく糾弾されることを望みます!!



(スポンサードリンク)






posted by yuuponshow at 23:26| Comment(0) | 舛添要一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート