2017年06月07日

有田芳生の放置を許す常識感覚の欠落した政界とマスコミ

自民党が森友加計問題で連日野党とメディアのネガティブキャンペーンを展開していながら今週の世論調査で自民党の支持率が下がったにせよ今だ支持率が50%を超えています。反安倍からすれば信じられないでしょうが、それよりも深刻なのがこんなに一生懸命追及している野党に支持が集まらないことです。特に民進党への世間からの批判が相当高いものがあります。


それを象徴するのが民進党参議院議員でネクスト法務大臣となっている有田芳生、この男の数々の悪行に対し、ネット上ではそれを非難する声がありながらなぜかマスコミでは取り上げません。とても公職にある人間とは思えぬ所業の数々ですのでメディアが報道すればたちまち拡散され国会議員辞職せざるを得ない状況に追い込まれるはずなのですが、報道の自由を盾に有田のことがメディアで流れることはありません。ただネット限定ながらこの男の悪行が知れ渡っていることもありとてもこんなチンピラを野放しにする政党に支持が集まる訳がありません。


今回またしても有田芳生に関してこのような言論弾圧に加担するという事態が発覚しましたが、百田尚樹の一橋大学での学園祭での講演中止要請に賛同するリツイートを行うとは公職のある人間とはとても思えません。


有田 関与.JPG


この組織(反レイシズム情報センターARIC)。は百田尚樹講演の中止を明確に示しており、有田はこれに賛同して名前も残しており明らかに中止に加担しており言い逃れはできません。奴やその取り巻きがどうのこうの言い訳しても関与は疑いようのない事実なのです。


百田 中止を呼び掛ける会.jpg






有田はこれまで保守系のサイン会や講演会を中止に追い込んだ組織に加担している証拠がたくさんあります。一般人ならともかく公職にある人間がやっては言論弾圧していると捉えられても仕方がありません。道義的にも放置することは許されることではありませんし、さすがに同僚の原口一博議員からも苦言のツイートが発せられました。


原口 正論.JPG


これに有田が逆上してツイッター上で原口を口撃していました。思わぬ原口と有田の抗争が勃発かと思いきや後日何と仲直りしています。




このように手と手を取り合ってハッピーエンドを演じていましたが、この茶番劇は何だったのか?原口も民進党という泥船にいながら良心の呵責に耐えられず発した言葉だと思っていましたが、やはり原口も腐ったみかんでしたね。


おまけに差別云々とツイートしていて見るも無様。 原口に限らず有田芳生の一連の行動を見過ごし民主主義を冒涜している行為を許すのは民主主義の否定です。


この問題について他の媒体でも取り上げられていますが、この百田騒動をツイッターで取り上げている国会議員を確認したところ、前述した原口議員の他に上西小百合議員と和田政宗議員の計3名しか確認していません。もし他の議員がいたら教えてほしいのですが、他の議員は何をやっているのでしょうか?


一部マスコミでも取り上げられた現職の国会議員の不始末に批判の声があがらないとは異常であると思いませんか?しかし考えてみれば自民党はヘイトスピーチ法案を共に成立させた盟友であるし、維新もそう。他の野党は有田のような思考なので問題にすることもなく、結果取り上げてくれるのが組織に縛られることのないごく少数の無所属議員しかいません。


恐らく有田の所業は国会内でも知れ渡っているはずです。有権者から国会議員に対して有田の悪行に対する通報はされているはずですがだがそれを放置しているのです。何でだかわかりますか皆さん?バックに暴力集団しばき隊がいるから脅しが怖いからでもなく国会議員全体の常識感覚が欠落しており問題であると思っていないのですよ。


こんなチンピラを放置すること自体、倫理上、道義上あり得ない話なのですが、それがまかり通っている今の政界、そしてそれを報じないメディアも同罪。皆が庇ってくれるから前科者有田はまた同じようなことをやらかすでしょう。国民からの怒りを届けても肝心の国会議員がシャットダウンしてくれるからこのチンピラの横暴はまだまだ続きます。民進党などに通報しても無駄、自民党に通報しても無駄。既存の政党は潰すしかこういうチンピラを排除することはできません!!!



(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 18:52| Comment(0) | 有田芳生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

悪態ついて罵る反安倍こそが安倍政権の最大の応援団

今週、各報道機関において内閣支持率が発表されていますが、いずれも60%前後と軒並み高水準の支持率をキープしています。数字が盛られているのでは?という推測もありますが多少盛っていたとしても数値が高いことには変わりがありません。こうした安倍政権の高い支持率を維持させている要因は安倍政権の政策ではなくて反安倍側に原因があるとも言えます。

特に野党第一党である民進党は党首蓮舫はが今だ自身の二重国籍問題について明確な説明をしていません。党首がこの状態というのもありますが、政策ではなく言葉の揚げ足取りに躍起になっているのですからどうしようもありません。必死こいてツイートで「でんでん」を拡散しようとした大西健介議員も逆に批判されてしまう始末。こんなんで政権支持率下げられるならばいくらでもやりますがこんなの却って反感を抱かれるだけです。なんでこんな間抜けな攻めしかできないのでしょうか(-_-;)




その野党第一党である民進党で安倍支持率上昇に最も貢献しているのが有田芳生であることは疑いの余地がありません。ツイッターでこれまで数々の暴言を吐いてもなぜかマスコミから取り上げられることがないので言いたい放題なのですが、その有田もここにきて著名人から批判を浴びています。










橋下が数年前の有田のツイートを持ち出し、自身に向けられた侮蔑ツイートを取り上げて批判することで慌てた有田が反撃をしていますが、この弁解があまりに見苦しい言い訳です。








すかさず橋下も有田のツイートに対して応戦するなど橋下VS有田という新たな対立抗争の火ぶたが切って落とされました。この抗争は出目を揶揄された橋下に分がありますから、どうせならメディアも使って徹底的に罵倒して貰いたいですね。影響力があり発信力のある橋下ですから有田の醜態がネットを越えて世間に広く知れ渡らせるいいチャンスになるのではないかと思います。


オウム事件の時に最もテレビに出演していたジャーナリストとしての知名度もあるでしょうが、このような差別主義者が国会議員であることが驚きであり、そしてこの男をネクスト法務大臣として重用している民進党の扱いが信じられません。


有田芳生も酷いものですが、それ以上に酷いのが有田の弟です。兄貴に対する批判リプを飛ばした者や思想の反する者にわざわざ乗り込んでいって子供じみた罵詈雑言をまき散らしているのですから、それがあまりにエスカレートしてしまい遂には杉田水脈氏から告訴される模様となりました。杉田水脈氏にストーカー行為ともとれる執拗で汚い言葉を浴びせかけるとは思想の相違以前に人間として最悪であり、兄弟揃ってこれまでの悪行を司法で裁いて貰いたいものです。

有田 うんこ.png

公職にある者の身内なのだから自分が暴言を吐いたらそれが公職にある身内に迷惑が及ぶとか考えないのでしょうか?もしかしてわざと悪態を振りかざして反安倍勢力を咎めようとする安倍応援団なのではと勘繰りたくなりますが、批判される側にとってはまったくダメージもありませんしむしろもっとやってほしいと思うでしょう。うんこだのぼろ雑巾だの汚く罵ってくれる連中を民進党が囲っていれば自民党のがマシだと考えることになるのですから。

本気で安倍政権打倒を考えているならばこういう連中を何とかしなければならないのですが、民進党もこの外野でガヤガヤ騒ぐ方が性に合っているようですし居心地が良いのでしょう。口汚く罵りながら「安倍倒せ!!」とプロレスのようなヒール役を買って出ている民進党の存在があるからこそ自民党政権は失政続きでも安泰のままなのです。



(スポンサードリンク)







posted by yuuponshow at 18:17| Comment(0) | 有田芳生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

自民党を追及する事の出来ない民主党の体たらくさ

メディアがこぞって集団的自衛権の行使に警鐘を鳴らし、自民政権に揺さぶりをかけています。そして国会の場で自公政権を追及すべきなのが野党第一党である民主党のはずですが、この政党はもはや死に体です。消費税増税法案を野田政権で打ち出したことで、増税による経済失速について政権与党を追及出来ないですし、政権政党の頃の失政が続いた事から国民からは総スカン、質疑で追及してもブーメランになり攻めることも中途半端です。民主党の存在意義が疑われている中、この政党に属している国会議員有田芳生のツイッターでの言動が世間で批判にさらされています。

有田1.PNG

在特会らの一連の活動についてゴキブリ呼ばわり しているのです。仮にも国会議員という肩書を持つ人間の言動ではないし、思想の衝突という概念を突き抜ける議員辞職に相当するとんでもない発言です!

そして共産党区議会議員の金子洋氏がこれまた意見が衝突した末に死ねなどとツイートし辞職に追い込まれています。
有田2.PNG

国会議員の有田議員と区議会議員の金子議員の言動の差がよく分かりません。金子議員が辞職して有田に対して民主党はなぜ不問としているのか分かりませんが、これでは自民党を追及など出来るはずがありませんね。更に有田議員の子飼いとも言われている民族排外デモを妨害するレイシストしばき隊の下部組織、男組のメンバー8名がカウンター活動中における集団暴行事件で逮捕されました。



有田はこのメンバーらとつるんでいる画像や動画も確認されており、全く関係ないとは言えません。



有田はツイートでも敵対する相手に挑発的なツイートをしており、直接的には暴行に関与していないとは言え道義的責任は追及されてしかるべきです。

こういった人間をのさばらせている民主党という政党は次で消滅すべきですが、それでは自民党が調子に乗って国民を締めあげる政策を次々と掲げていくと思うといたたまれない気持ちでいっぱいになります。こんなろくでもない政党が大勢を占めているのが日本の現状なのです。



posted by yuuponshow at 23:35| Comment(0) | 有田芳生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート