2020年01月10日

カルロス・ゴーン国外逃亡から見てとれる法治国家とは言えない日本の現状

IR汚職を巡る問題で今週一つの動きがあり、現金を授受したと名前の挙がった現職の国会議員5人のうちの一人である日本維新の会の下地幹雄が現金授受を認めたことで、所属する日本維新の会より除名処分を突き付けられることとなりました。








維新としてはトカゲの尻尾切りでIR賄賂にまつわる疑惑の幕引きを図りたいところでしょうが、今回IR疑惑で逮捕されたチャイナ企業の顧問である紺野昌彦の父親は日本維新の会参議院の室井邦彦議員であることも含めて、IR企業と維新との拘わりは深いと推測されます。ともかく名前の挙がっている他の4人と比べて潔い対応でしたが、否認したままの自民党議員はどう弁明し対処するつもりなのでしょうか?



それに5人だけとは思えない、他にも賄賂を受け取った議員がいてその名前も出てくることも予想されます。それでも賄賂は別の話と政府は聞く耳なしのようですが、疑獄事件に発展しかねないIR問題は政権へのダメージに繋がることになるのですがそれでも破れかぶれで邁進させたいのでしょうかね。








さて、話をカルロス・ゴーンの国外逃亡に話題を変えますが、レバノンでのゴーン会見を受けて日本政府の森まさこ法務大臣の会見が波紋を呼んでいます。








後でツイッターにて無罪を証明すべきを無罪を主張すべきと訂正していましたが、言い間違いには敢えて突っ込みません。それよりもまず釈明すべきはいとも簡単に出国させてしまったことを監督省庁大臣として恥じるべきではないですかね。出国されて収監が事実上不可能になった被告への非難声明よりも今後の対応策などを省庁内で検証するべきですがね。体裁を取り繕いたい態度が見え見えですが、ゴーンに指摘されるまでもなく日本の司法は腐っており、それに言及せずゴーンへの非難あり気でお茶を濁そうとする法務大臣も同様です。




森雅子法務大臣.PNG




追求すべき組織や人間には捜査の手を伸ばすことなく、政権側に無関係若しくは反目している側には庶民にとって関係しない興味もない不明な金の流れを執拗に追いかけていること。別にカルロス・ゴーンに同情する訳ではありませんが、日本では未だに被告弁護人不在のまま取り調べが何時間も行われ、他国にはない犯罪が確定していない段階で長期の拘留が当然のように行われていること、しかも身内との接見も禁ずるという人権無視の人質司法が平然と行われていることは世界各国の司法制度と比べて人道上酷いものと言わざるを得ません。








記憶に新しい籠池氏の処遇を振り返れば明らかで、悪者を決めてそれにすべて責任を擦り付け、拘った人間は忖度した検察が裁判にかけることなく不起訴処分でお咎めなし、政権に媚びるか反目するかで処遇が大きく異なる日本の司法制度は明らかにおかしく腐っています。








先述したIR汚職もそうですし、桜を見る会においても収監されても何らおかしくない関係者がゴロゴロいるのに政府に近ければ近いほど検察は動かずお咎めなしの司法の在り方を見ればどうしてもゴーンに加担したくなります。少なくともこうした改善策が求められますが果たしてそれが叶うのでしょうか?日本の三権分立は名ばかりの民主主義を壊しまくる現政権の退場しか正常化の道はないと考えます。
posted by yuuponshow at 22:25| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

サイコパス本領発揮!安倍の年頭会見を見て思うこと

令和二年新年最初の記事です。今年もよろしくお願い致します。




新年早々アメリカによるイラン司令官暗殺とIR汚職で5人の国会議員への受領が発覚、ついでにカルロス・ゴーンの海外逃亡と波乱の様相を呈してますが、わが国の総理大臣・安倍晋三はそうした問題山積の不安情勢を踏まえて年頭会見にて抱負を語りました。会見の内容や質疑応答は後に触れるとしてまずはこのツイートをご覧ください。










最初のツイートのVTRを検証して貰うとまさに指摘の通り、質問通告している質問だけであらかじめ回答も用意されているので逐一目線を落とすところが目撃できます。このように緊張感のない会見ですから世界情勢における懸念や自身の疑惑についても適当に言葉を並べただけ質問に真摯に答えず心の通ってないものです。








桜を見る会の質問についても事前通告したものでしょうが、記者が桜疑惑の世論調査の結果やジャパンライフの会長が自ら招待されていることを明らかにしている以上、個人情報には当たらないと釘を刺すなど安倍総理には都合の悪い質問でしたが、これもあっさり「個人情報」を理由に回答拒否するなど、相変わらず逃げの一手で通しました。




個人情報で逃げ切れると思ったのでしょうが、20日からの通常国会での野党からの追求ではそんな言い訳通用しません。不誠実言い逃れ詭弁では集中砲火され徹底的に吊るし上げることになります。果たしてそれをこの総理が認識しているのか来るべき通常国会での追求が楽しみでなりません。




そしてアメリカによるイラン最高司令官の暗殺で混沌としてきた中東問題については米イラク両国に自制を促し、閣議決定した自衛隊の中東派遣は変更なしなのだそうです。







安倍シンパと思しき上記のツイートを見るとタンカー護衛のためだと正当性を主張していますが、タンカーも丸腰ならば国軍ではない自衛隊も武器を持たない丸腰同然で護衛しなければならないことを理解していないのか?下手すれば被害を余計に拡大させてしまう恐れになるのにそうした予見とか見識など持ち合わせていないのでしょう。



自衛官を危険に晒す中東派遣に正義などないし、ただちに派遣中止するべきですが、安倍は自制を促すと言いながら両国に良い顔したいから面向かっては言えないしトランプへの忠誠心から中止とは言えないでしょうね。粛々と危険地帯と化した中東派遣を押し通すつもりなのでしょうか。



IR汚職に関しては自分の党から4人も現金受領が報じられているにも関わらず一切無視、これでは自浄能力などできる訳ないのですがIR事業は推進していくのだそうです。世間の不信感が募っても無視して邁進していくのでしょう。








という訳で2020年の年頭会見を検証すると、ここまで自分を持ち上げて不都合な部分は一切言及することなく適当に言葉を濁して問題ないように印象操作する安倍総理の会見でした。安倍総理の任期は来年秋までですが、こんな体たらくで任期一杯まで持つとは思えず、任期途中で失職するのではないかと思います。というかいつまでもこのサイコパスに総理の座に据える訳にはいきません!!通常国会での桜の追求から逃れなくなり辞職に追い込むしかあり得ません。
posted by yuuponshow at 23:07| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

責任を取らず国会を混乱に陥れる我が国の宰相安倍晋三

国会開会しても中々首相出席の予算委員会を開かない異常な状況が続く国会ですが、今年3月から10月まで予算委員会開催を拒否して、ようやく開会したと思いきや閣僚の辞任にとり審議がいくつか中止に追い込まれるなど混乱を来す状態となっています。更に民間英語検定試験を巡る萩生田大臣の失言と試験導入を巡る不透明な経緯があらわとなり、任命責任も併せて安倍政権発足以来最大と言っても良い程の苦境に立たされています。



安倍 うなだれる.PNG




新たな疑惑として持ち上がっている民間英語試験の大学入試試験導入の不透明な経緯について、企業一社につき国会議員が付いているという驚くべき利権が絡んでいるとテレビで報じられましたが、これが事実ならばモリカケと同等もしくはそれ以上の大スキャンダルに発展することになるでしょう。










上手く機能していたセンター試験を民間試験導入するなど利権絡みになることは想定されていたことですが、そもそもセンター試験を止める理由が分かりません。あまりにも不公正不平等な試験制度を導入しようとして多くの学生に混乱を来し、大規模なデモをせざるを得ない状況に追い込んだこのこの利権まみれの事業の実態を明らかにして貰いたいものです。









国会でも追及がありましたが、試験に関わる企業の一つであるベネッセコーポレーションの役人が元官僚や元政府要人がずらりと並ぶまさに天下りの温床と言えます。よくもこんな癒着温床まみれの利権構造を編み出してくれたものです。







これについては国会で徹底的に追及して頂きたいですが、追及される側の安倍ちゃんは先日の国会質疑でもお得意の論点逸らしのご飯論法で都合が悪いとまともに向き合うことはしません。








イエスかノーか?の問いにはまったく答えず、無駄に長〜〜〜い意味不明な答弁というか言い逃れに終始する有様。これまでで一番酷い答弁ですが、これより酷かったのが質疑に立った今井議員に対するヤジです。







何の脈絡もなく該当者を決めつけるとは、しかも自分に向けられた答弁でもないのに国会を混乱させる悪態ぶりです。ヤジを指摘されると君かも知れないし僕かも知れないと人を小馬鹿にする言い逃れを見ると総理大臣どころか国会議員、いや社会人としても不適格者と言わざるを得ません。







この宰相だからその部下も言わずもがなというか当然の資質であると言えるでしょう。これが憲政史上最長の在任期間とか何かの冗談かと思いたくなりますがこれが現実なのです。責任も取らない部下の不祥事も有耶無耶にして国会を混乱に陥れる安倍政権を存続させている諸悪の根源は私たち国民なのですから。
posted by yuuponshow at 17:00| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする