2017年08月12日

稲田朋美の政治生命を奪う自民党の過保護主義

8月10日に行われた閉会中審査の最大の焦点は防衛相の日報隠し問題でした。北朝鮮と米国との軍事衝突が懸念される中、日報あり気の集中審議とは如何かと思いますが、政府側が野党の要求を呑む形で実施されたことから早急にこの問題を釈明して貰いたいところでしたが、その日報問題の当事者であり渦中にある当時の防衛大臣稲田朋美はこの閉会中審査に姿を見せることはありませんでした。


稲田朋美 似非保守.jpg




森友や加計騒動で後手後手の対応に追われ支持率を大幅に下落させてしまった安倍政権としてはこれまでの強気姿勢の一辺倒から軌道修正し「真摯に、丁寧に、一つ一つ、ご説明を重ねてまいります」と発言しました日報に関しては、機密情報に抵触することから野党が要求するすべての開示には応じる必要はありませんが、責任者であった稲田前防衛大臣を招致するのはやぶさかではないと思います。


しかし自民党は稲田朋美の参考人招致は頑なに拒否、その理由が「大臣を辞職したのだから責任を取ったので出席する必要はない」というものです。真摯に応じるとしながらこれでは整合性がとれませんし、国民からすれば益々不信感が募るでしょう。稲田前大臣に代わって答弁に立った小野寺新防衛大臣も当事者ではないことから特別防衛監察の結果をなぞった受け答えに終始し、丁寧なゼロ回答となりました。これで世論を納得させることなど出来る訳がありません。


稲田前防衛大臣の政治家の資質としては私は以前から言っていますが、まったくないと断言します。昨年のPKO派遣部隊への訪問の際のバカンスファッションなどズレた感覚を晒したのはあまりに有名です。それと稲田の政治家として致命的なのが、責められるとあたふた取り乱してしまうことです。






在特会と蜜月という見出しで取りざたされた週刊誌の記事に対してヒステリックに訴訟を起こしましたが、結果は無様なまでの敗訴、これについては断片的な在特会の評判を元に同系とされたことが癪に障ったのか分かりませんが感情的に騒ぎ立てるべきではありませんでした。おまけに在特会と敵対する反社会組織のしばき隊と仲良く握手しながら写真に収まるという醜態ぶりを晒すなど稲田朋美の器量の無さと脇の甘さを知らしめる結果となりました。

稲田 しばき隊.JPG




そんな器量のない稲田朋美ですが安倍総理の後継者として第二次安倍政権発足以降、閣僚や党要職に抜擢するなど重用されてきました。しかし今回に限らず失言諸々の失態を見ると総理候補どころか議員としての資質もないことが分かります。そしてこの次期総理候補をシャットアウトする自民党の対応では稲田朋美の政治生命を奪うことに繋がるのです。


手厚い過保護状態の稲田は国会で晒されることはなくなりますが、政治家として疑惑を弁明する機会がなければ有権者からどう思われるでしょうか?疑惑を持たれたままでは有権者の心証は悪くなるばかり、結果選挙で落選の憂き目に遭うことは容易に想像できます。


これは稲田だけの問題ではなく、自民党全体の隠ぺい体質が取りざたされることとなりますから自民党自体への悪影響は避けられません。説明責任を果たせない自民党に誰が信頼して票を投ずることができるでしょうか?せっかくの弁明の機会を奪われては稲田朋美本人も浮かばれないでしょう。というか本人は既に政治家としての限界を感じこれで良かったと清々しているかも知れません。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 16:15| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

加計学園問題での濡れ衣は晴れても安倍政権の支持が回復しない理由

野党が予算委員会での集中審議を求めるなど追及の手を緩めない加計学園問題ですが、これについては先週の加戸前愛媛県知事の参考人質疑や京都産業大学の記者会見により安倍総理が個人的な思惑だけで加計ありきの獣医学部設立に加担していなかったことが明らかになりました。腰を折られた形となった野党とマスコミは来週の安倍総理出席の集中審議では何を追及するのか分かりませんが、どういう審議になるのか却って面白くはなりました。



濡れ衣を着せられ汚名が晴れたかと思われる安倍政権ですが、メディアによる世論調査では政権支持率は無残にも20%台、不支持率は50%台に落ち込んでいます。


内閣支持率 推移.png-large



加計や森友など前川や籠池の証言が信用できるという意見が多数を占めている調査結果などを見るとマスコミの調査の信ぴょう性も疑わしく思えます。マスコミがこぞって安倍政権倒閣の姿勢であることは疑いの余地はなく、こういった世論調査も作為的につくられたと言えなくもないのですが、政権支持率については自民の支持が落ちた分が他の野党に流れずそのまま支持政党なしに流れていますから信用性があり、決して作為的なものとは思えません。



何が言いたいのかというとこの安倍政権の支持率下落はマスコミのせいではなく安倍政権の政策や対応の誤りが蓄積された極めて当然の結果となったのです。



消費税増税やTPP、移民政策など国民を貶める政策を打ち出しては支持が下がって当然です。特に生活に直結する経済不況を招いた消費税増税は明らかな失政です。その穴埋め策であるはずの金融緩和も不発では反発の声が高まるのは当然でしょう。この影響は15か月連続消費支出の下落となって貧困化を加速させていますから言い逃れはできません。





安倍政権頼みの保守層からの支持も、ここ最近の情勢を見るととても支持できるものではありません。度重なる中国船の尖閣への領海侵犯、先日には津軽海峡にまで現れましたがこれを見事に放置する日本政府の弱腰姿勢は、かつて民主党政権において海上保安庁の船に衝突した中国船船長の釈放に匹敵するものであると言えます。







これらのことが重なり安倍政治への不信不満は左右両方から押し寄せています。国防も経済も立ち行かない安倍政権など保守層にとって唯一の希望である憲法改正が上手くいく訳がありません。どこぞの保守団体が「負けるな安倍内閣」と首相官邸前で街宣活動を行っているようですが無駄なあがきです。不信感を払しょくできないのに守る意味があるのか問いたいですね。安倍を守ることすなわち亡国に貶める行為であると認識すべきです。










(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 18:50| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

安倍政権終焉は間近!?安倍シンパも認める危険水域

今週賑わしたのが前川元文科事務次官の参考人招致でしたが、両者相譲らず平行線のまま終わったと言う感じが否めません。追及する野党側も落としどころが分かりませんが、金銭の絡みがない以上不毛の追及のような気がします。この問題に関しては政府側に同情しますが、政権側も文章消失など対応が後手後手になって付け入る隙を与えてしまっていることもあり鎮火しない状況となっています。それに今回の参考人招致も後に引きずらないよう登場人物を全て出しておくべきでしたが、これではまた追及を強めることになります。


この森友学園問題で野党に同調しているのがマスコミです。ここ最近の報道を見ているとマスコミは本気で安倍潰しを画策しています。森友や加計など政府側がどんなに鎮静化を図ろうとも「疑惑が深まった」として更に追及の手を緩めることはありません。この毎日新聞の編集者が証言しているように安倍潰しは今後更に加速していくものと思われます。








こうしたマスコミの画策が功を奏して政権支持率の世論調査は、どこも支持率より不支持率が上回るという結果となり、不支持率は50%を超えるところも出てきました。



内閣支持率 推移.png-large


上記のグラフは主要マスコミの2016年初頭からの政権支持率平均値を出したものです。50%超えの不支持率というのは恐らく安倍政権発足時からすれば初めてではないかと思われますが、その理由というのも「人柄が信用できない」というものが最も高かったそうで、政策云々ではなく人間として評価できないとは衝撃的と言えるでしょう。この不支持率50%超えというのは実は鬼門でして、この水準を超えると政権運営が危うくなるのです。


自民党から民主党政権に変わる直前の麻生政権での不支持率が65%。民主党から自民党政権に変わる直前の野田政権での不支持率が68%です。両政権とも直後の総選挙で自党を大惨敗に追い込まれ、政権交代となりましたから、支持率が不支持率を上回る50%超えの不支持率がいかに危険な水域であるかがお分かりいただけるかと思います。ですので私の場合、支持率よりも不支持率に注目しています。




安倍擁護の自民党シンパからも安倍政権の現状を危険水域であるとブログで発信しています。

遠藤健太郎オフィシャルブログ  安倍政権が危険水域に… (URL)

記事の一部を抜粋

決して「反日(対日ヘイト)派」だけでなく「もう安倍晋三首相の顔も見たくない。テレビで映ればチャンネルを変える」という意見が増え始めているというのです。
 これは、首相官邸としては「えらいこっちゃ」と真剣に思ったほうがよいでしょう。私が述べたような程度で構えていると、挽回しないどころかこのまま安倍内閣が終わるのです。


これを見ても分かるように自民党シンパからしてもかなり絶望的な状況と捉えているのではないでしょうか。




第二次安倍政権になって4年半になりますが、国民が一番期待していた経済においては消費税増税による失速が大きく、それを総括をしないままでは、右左の思想を問わず国民全体からの不支持が高まるのは当然です。不始末の女王、稲田朋美も閣僚に残したままでは真摯な姿勢とは到底思えません。自民党シンパも認める安倍政権の危険水域は更に上がることとなり退陣も近いと言えるのではないでしょうか。


(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 20:14| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート