2017年06月24日

政権を追い詰めるキーパーソン続出で安倍政権の終焉は近い!?

今年の2月に勃発した森友学園問題の籠池理事長から加計学園の前川善文部科学大臣、安倍総理と懇意にしていたジャーナリストからレイプされた伊藤詩織といった安倍政権を貶めるキーパーソンが次から次に出現しています。正直言ってよくこれだけ濃いメンツが短期間の間に連なって出てくるものだと関心していますが、こういう連鎖が起こると身内の不祥事を引き起こすことになるのでしょうかね。






豊田真由子議員の「このハゲーー」「ち・が・う・だ・ろー」はしばらくメディアで賑わしそうです。政権は迅速に離党させましたが安倍チルドレンという事実は覆すことはできませんので、今後も政権批判の材料として扱われることになるでしょう。豊田議員に関しては園遊会で実の母親を出席させようとして宮内庁の職員と押し問答の恫喝をしたことで当時批判されていたのですが、その後文科政務官に抜擢されています。






園遊会での不祥事がありながら政務官に抜擢とは安倍総理の任命責任として追及されても当然です。部下に対する罵倒だけならまだ良かったのでしょうが、娘を〇すとか言っては議員どころか人としての資質などありません。即刻議員辞職すべきです!接待漬けで囲っていたはずのメディアもさすがに擁護ができない酷いレベルですから安倍政権にとって痛恨のダメージとなることに間違いはありません。



豊田議員だけではなく、二重婚の中川俊直議員や不倫の宮崎謙介元議員、セクハラの大西英夫議員と不祥事議員の温床と化している自民党という政党。これは自民党に限らず特定の政党が勢力を拡大しすぎるとこのような弊害が起こることになるのです。候補者個人の資質ではなく政党の看板で判断して票を投じてしまうとこういうことになるのです。



話を森友・加計問題に戻しますが、政権も深刻に受け止めず高を括っていたことも問題です。正直私もこれが長引くとは思いませんでしたが、今だに騒動となっている原因は「私が関わっていたら・・・」という初動での対応の誤りと、次から次に明らかにされるリーク文章での対応が後手後手となったからです。正直くだらないことなのですが、政府の対応の拙さが騒動を拡大させたと言えます。


この流れを見ると第一次政権の終焉に似ています。絆創膏やら何とか還元水やら政治に全く関係ないところで焚きつけられ、決め手となったのが「最後の一人までお支払いしていく」と言いながら結局その公約も果たされぬまま有耶無耶にした年金問題。


安倍 最後の一人まで年金.JPG



これが原因で2007年の参院選に惨敗し、安倍総理は体調を崩しての退陣となりましたが、関わっていないなど大見得をきった現在進行形の森友・加計と一次政権での年金問題とがリンクしているように見えます。


ここ最近、メディア間で安倍総理の思わしくない健康状態の噂が広まっているようですが、歴史は二度繰り返されるということになるのでしょうか。五年に及ぶ長期政権に今、黄信号が灯っているのは間違いありません。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:00| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

行動保守勢力同士で論争勃発!安倍擁護&安倍批判

今年最初の記事更新となります。皆さま今年もどうぞよろしくお願いいたします(^^)


昨年末にも記事として取り上げましたが、韓国領事館前での慰安婦像が次々と設置されることで2015年末に自民党政権が韓国と結んだ日韓合意の失敗があらわとなりました。血税10億円をつぎ込んで慰安婦問題を最終的且つ不可逆的に解決に導くとほざいていながら慰安婦問題が全世界に拡散される結果となり、ますます韓国の反日感情を高める結果となったのです。

韓国のこれまでの振る舞いを見れば法治国家と呼べる代物ではないことは一般人でも分かることであり日韓合意を結ぶなどやってはいけなかった。そして無駄なお金をくれてやってしまっただけでなく先人の名誉を貶めることになったことについて安倍やその閣僚はこの失政をどう落とし前を付けてくれるのでしょうか!?


日本政府は否定していますがこれは明らかな慰安婦への賠償金です。日本政府が従軍慰安婦を認めて金を支払ったことが日本国内の保守派が反発し、安倍政権批判の声が高まりました。



そして在特会が1月5日自民党本部に国民を騙し続ける自民党へ怒りの抗議行動と題した抗議街宣を行いました。在特会が反自民のデモ活動とは意外ですが、これまでの経緯を振り返れば当然ですね。安倍政権への批判はリベラル側だけではなく、保守勢力からも怒りが込み上げるのは当然であると言えます。




在特会を含めた行動保守運動が自民党批判の街宣を行うとは恐らく初めてではないかと思いますが、街宣の様子を見ると日韓合意だけではなく経済や拉致問題、移民に関する辛辣な批判を行っており「安倍はやめろ」「倒閣せよ」と叫ぶシーンもあります。自民党批判と言えば左翼の常套手段かと思いきや思想が真逆の保守側からこのような声が高まることは安倍政権にとって今後のダメージに繋がるのは間違いないでしょう。


この状況に慌てた自民党の菅官房長官が保守派の溜飲を下げようと切り札「遺憾の意」砲を放ち駐韓大使を引上げさせる対抗措置を取りました。





こんなことで日本人の怒りの溜飲を下げられると思っているのか分かりませんが、残念ながらすっかり騙される保守勢力もいまだに存在しています。






沓澤氏(ぼうずP)が代表をつとめる行動保守運動「しきしま会」は安倍政権を擁護し在特会の街宣に対して

「それでは左翼と同じだ!自民の足を引っ張るな!改憲の邪魔をするな!」

など在特側の抗議内容に一々反論しているのです。


しきしま会のツイートにあるURLのサイトの反論を見るとまったくもって納得できないものであることはお分かりいただけると思われます。彼らは安倍政権を守ろうと必死で反論していますがもしこれが民主党政権だったら彼らは同じ反論していたでしょうか?する訳などありません。一緒になって厳しく政権批判をするに決まっています。


主張や政策ではなく人で判断するとしきしま会のような盲目的に自民党の擁護をしてしまうといういい見本です。こうした団体は保守・リベラル以前に売国に加担する害悪でしかありません。こうした盲目的な安倍工作員には騙されないようにしましょう。


(スポンサードリンク)







posted by yuuponshow at 15:30| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

第二次安倍政権発足から丸四年、アベノミクスは「失敗」ではなく「道半ば」

12月26日第二次安倍政権が発足して丸四年です。四年前の2012年と言えば民主党政権のあまりに酷い政権運営に国民が怒りが最高潮に達し、直前の総選挙では民主党は壊滅的な大惨敗、そして野党に転落していた自民党が300議席に迫る勢いの議席を獲得し政権奪還を果たしました。「もう頼れるのは自民党しかいない」そう信じて自民党に票を投じた人も多かったことでしょう。そして何より保守派の期待の星である安倍晋三が総理大臣になるのですから明るい展望が開かれると信じていました。



ところがどうでしょうか?期待を一身に受けた救国内閣安倍政権は国民の期待に応えるどころか消費税増税、TPP法案成立、年金会悪法、移民法推進、ヘイトスピーチ法案と言ったように国民を貶める政策を掲げている国民を貶めているのです。一丁目一番地として取り組んだはずの経済政策はデフレに逆戻り。消費税増税による経済の悪影響は今まさに現在進行中であり、更に消費税を引き上げようとしているのだから国民の消費マインドなど向上するはずがありません。


そうした経済の失策においては「アベノミクスは道半ば」と絶対に失敗を認めようとはしません。更に「明るい兆しが見える」といった詭弁を使って期待を持たせようと躍起になっています。いまだにアベノミクスという造語を使って国民に期待を持たせようとしていますが四年も経って政策が行き詰まっていることなど誰でも分かることです。もはや安倍政権に期待どころかこのままほおっておいたら取返しのつかない事態に陥ることは間違いありません。


いつも道半ば.jpg



第一次と比べて違うのはマスコミ、メディアとの癒着を強化したこと。ゴルフや会食の接待尽くしの安倍総理の功績もあり、あまり安倍政権に批判的な声は聞こえてきません。自民党政権を敵対視していた朝日新聞までこのような提灯記事を書かせています。

「決意」渋ったプーチン氏 首脳会談、安倍首相が説得 朝日デジタル 2016・12・26(URL)




領土問題が一切進展せず3000億円を援助してあげているだけなのに何を説得し何を決意させたのでしょうか?まったく理解に苦しみます。所詮大新聞、戦時中政府の大本営発表を繰り返していた新聞社なのですから機密費を握らせれば政権側に都合の良い記事を書かせることは容易なのです。


もはやアベノミクスなど信じている人など安倍信者以外いません。「失敗」を「道半ば」という表現に変えれば確かに永遠に失敗していないことになるのでしょう。しかしもはやそんな詭弁で誤魔化させて悠長に構えている余裕はありません。誤った道を正すならば頭が責任を取って辞めさせるしかないのです。つまり安倍が辞める以外に道はなし!!



(スポンサードリンク)







posted by yuuponshow at 18:37| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート