2017年11月04日

野党の国会審議から逃げるために姑息に会期短縮や時間配分変更を要求する安倍政権

安倍総理が度々公言している「真摯に対応する、説明責任を果たす」このセリフを発するようになったきっかけは7月の東京都議選において自民党が歴史上まれにみる大惨敗を喫してからです。惨敗の要因は森友加計問題など様々な問題がありますが、それまでのおごりたかぶりを反省して野党の要求にも謙虚に対応するとしていたのです。



ところが衆院選で圧勝すると謙虚な姿勢はどこへやら、総選挙後召集される特別国会もそこそこに会期を閉じようとしていました。野党が6月から要求していた臨時国会にも応じることなく解散総選挙に踏み切られたことで野党側の反発もあり特別国会の会期延長の措置がとられたのですが、与党側は更に国会での審議時間を野党:与党の「8:2」から議席数に応じた時間配分にしようと野党側の時間を削減しようとしています。



この審議時間比率は過去に何度か見直しされており、現行の8:2は民主党政権になってから継続している時間配分です。時間配分の変更は過去に何度か行われてきましたが、このタイミングで突然の変更を申し出るとは森友・加計の追及を避けるためと勘繰られても仕方がなくあからさま過ぎます。



安倍総理が野党からの審議を逃げていると確信を持って言えるのが、第二次安倍政権以降の国会会期の日数です。


国会会期 安倍政権.JPG



これまでの会期を見ると常に200日は超えていたのに今年は150日足らず、なぜ今年だけこんなに会期が短くなってしまったのか?面倒くさいことから逃げたいと会期を調整していたらこうなってしまったと捉えられても仕方がありません。真摯と謙虚が聞いて呆れます。


確かに森友・加計問題を安倍総理との関わりなど証拠もないし、関与したという確たる証拠が出ない限り時間の無駄なのですが、審議における事務方の不自然な記憶がない、重要書類を廃棄したなど公職とは思えない不手際極まりないし、わざわざ国民に不信感を抱かせるようなことを見せつけられては関与があるのではと疑念を持たれても仕方がありません。


それに「国会で質問されれば丁寧に答えたい」と総理自らが発言しているのだから有耶無耶にはできません。こうした官僚の曖昧な答弁や書類処理などはきっちり追及することが政府の役目であると思うのですがね。



そんな安倍総理の逃げたい気持ちを附託してか、なぜか自民党でない維新の足立康史が安倍擁護のツイートを繰り返しています。








同僚の丸山ほだかと維新顧問の橋下とのツイッター上での舌戦が禍根となり丸山は離党を余儀なくされ、党としての一体感の無さを露呈し崩壊秒読みの段階になったといわれる日本維新の会。そんな維新に属している足立自身も嫌気を差していずれは自民党に雇ってもらいたいとゴマすりしている姿は見苦しいとしか言いようがありません。時間調整されたら維新の質疑もなくなるのに足立に関しては愛する自民党のためなら構わないようです。更に自民党内から政権に苦言を呈している人気者の小泉進次郎に噛みついています。






選挙区で負けたら比例復活せず引退を表明しながらあっさり撤回し、ツイッター上で公開処刑に晒された丸山を擁護することなく見放した足立康史さん。見事なまでのクズっぷりですが、将来のためにと自民党安倍政権への忠誠心は忘れていません。勇ましいことを口にしながら日和ってしまい逃げ道をつくるなど安倍も足立も似たり寄ったりですので足立康史は自民党の方が相応しいかも知れませんね。



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 17:19| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

安倍政権への不満は左翼だけではない!保守層から続々と渦巻く批判の声

国連安保理の北朝鮮への制裁決議が、全会一致で可決されました。しかしこの採択、本来米国が主張していた、石油輸出禁止とキム総書記の個人資産凍結までは盛り込まれない極めて妥協した形の採決であったことは否めません。北朝鮮はこの制裁措置に激怒し次なる挑発行為を匂わすなどしていますが、北朝鮮からすればこの措置は想定内ではないでしょうか。


金正恩 笑い.jpg


ロシアと中国による北への手厚い配慮から異次元の制裁にまで踏み込めなかったことで怒りの表明をしながら裏ではこのように高笑いしていそうです。ともかく今後の北朝鮮を取り巻く情勢はまだまだ予断のならないものとなっています。




ただ自民党支持者、安倍シンパからは今回の制裁決議に関しては安倍総理の功績があったからとのことで、「さすが安倍ちゃん」「安倍ちゃんの根回しがあったから全会一致で採択されたのだ」「安倍ちゃんでなければ到底できない採択だ」などと気炎を吐いています。この採決が安倍ちゃんの思惑なのかどうなのか知る由もないですが、日本への度重なるミサイルで挑発されてこんな骨抜き制裁決議で満足していちゃいかんのですがね!



勿論、万歳などとは到底言えぬと本来自民党を支持してきた保守層から批判の声が沸き起こっています。





このツイートまったくその通りで強固な制裁からは程遠い骨抜き制裁案が可決されました。ちなみに民進党の原口議員も同じような内容のツイートをしていますが、「民進党に何ができる!?「口だけのお前がやってみろよ」などとリプを返されていました。








しかし制裁は骨抜きであることに違いはなく、原口氏の指摘はまったく批判される術はありません。政党として資質に欠ける政治家揃いの民進党なのでこぞって茶化すようなリプなどが散見されていますが、原口氏の主張は正論でありこうした声にもっと真摯に耳を傾けなければ本質を見失うことになるのです。


話を山際氏に戻しますが、山際氏はこのツイート以外にも安倍批判というか苦言を呈するツイートが目立ちます。左翼の安倍憎しツイートとは違いこういう保守系の人の批判が増えると安倍支持に凝り固まっている保守層の同意も得られるというものです。











山際澄夫氏と言えば、朝生などのテレビ討論番組でがなり立てる口調でお馴染みの保守論客として知られており、自民党寄り安倍政権寄りのスタンスでした。ところが最近の山際氏のツイートを見ると政府に対しての苦言で占められるようになっています。


更には安倍晋三にべったりと言われていたNHKの岩田明子解説委員も文藝春秋にこのような安倍政権批判を思わせる記事を寄稿しています。少し読みましたが批判というよりは山際氏と同じ苦言とも言える内容で叱咤激励的な意味合いが強かったです。ただ安倍派と言われていた人物の書いた内容としては衝撃的であると言えます。






保守層からの苦言の声が増えてきた安倍政権、支持率が回復してきたとはいえ、本来支持を受けるべき層からの苦言は耳が痛いところでしょう。冷静に見れば今の安倍政権を支持できる理由などこれっぽっちもないのですが、左翼のような安倍憎しに凝り固まった中傷めいた批判ではなく、支持しているからこその苦言を呈する批判が増えることが重要と考えます。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 20:02| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

安倍政権批判を分断工作と批判する似非保守はまだまだ多い

前回の記事でも触れましたが、今年の72回目の終戦の日を迎えた8月15日に安倍首相を始めとする安倍政権の閣僚は全員靖国神社への参拝を見送りました。この日は東京は朝から激しい雨で、例年8月15日は朝から日差しが照り付ける快晴の日が多かったのですが、何か不安な前兆を感じすらさせる一日でした。



日本政府閣僚の8・15靖国神社参拝がゼロというのは安倍政権では初めてで近年では2011年と2012年の民主党政権がありましたが、それ以前ではあまり記憶にありません。


この参拝ゼロに関してはそれまで安倍政権を擁護していた保守層からもこういう批判があっても当然ですね。






かつて石原慎太郎もこのようなことを言っていましたから、その言葉を当てはめると安倍政権閣僚は日本人ではないのでしょうが、慎太郎も数年後この言葉をタイムラグで自民党に投げかけるとは思わなかったでしょうね。


石原 日本人じゃない.JPG


まぁ、国民を貶めている内閣ですから参拝しようがしまいがどうでも良く、政局のために参拝するくらいならして貰いたくはないですがね。



こういう体たらくでありながら今だに安倍政権を絶賛支持している自称・保守はまだまだいる一方で、安倍政権んに苦言を呈さないことに警鐘を鳴らしているまともな人もいる訳です。






これまでの政策を顧みれば保守から見てとても支持できることなどやってはいないのに安倍政権批判をすれば反日左翼とレッテル貼りされてしまいます。これが非常に危険な訳でして何をやっても許してしまう態度を見せれば政権を甘やかし暴走させてしまうことになるのです。民主党の時は明らかな敵としてみなすことができましたが、安倍政権は一応保守の看板を掲げていることから売国していても非常に分かりずらく、たまに批判をすると「保守を分断させる気か!」「左翼に寝返った」などと批判に晒されてしまうのです。


こうした数々の失政を見逃し擁護する様は見苦しいとしか言いようがありませんが、まだまだこうした安倍擁護を続ける自称・保守が多いのは事実です。どういう形であれ安倍政権が崩壊してくれればなによりですが、目に見える形での失政を目の当たりにしなければ次の政権になっても彼らは安倍支持・再待望論を掲げることでしょうね。



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 19:35| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート