2017年01月20日

韓国に毅然とした対応の裏で安倍政権が推し進める移民政策

慰安婦像問題の紛糾により日本の在韓大使が一時帰国して10日あまりになりました。日本政府は日本領事館前の撤去を求めていますが、韓国側は無視するどころか新たな慰安婦像建立を表明しており、更に竹島への建立を計画をほのめかすなど日本への挑発行為はますますエスカレートするばかりです。


韓国側が無法振りを晒してくれたこともあり安倍内閣支持率は報道機関の世論調査で最高67%と発表しているところもありまたまた支持率上昇となりましたが、そもそも日韓合意などを結んでしまったことで謝る必要もないのに謝って賠償金を支払ったことが原因なのです。 「韓国のオウンゴールを誘った安倍ちゃんの戦略が成功した!」と日韓合意を称賛し評価する安倍信者のアクロバティック擁護も酷いものですが、合意を結んだ経緯と本質を見れば日本政府の責任は重大であり将来禍根を残すことになるのは間違いありません。


韓国に対して大使を引き揚げさせるという毅然とした態度を取ることは当たり前のことです。何ら解決もしていないのに妥協して大使を戻したらそれまで擁護していた支持層からの反発は避けられませんので引くに引けないというのが正しい見解です。日韓合意という極めて愚かな外交を仕出かした安倍政権のこの不始末をどう片づけるのかを注意深く見守りたいと思います。



一方では相変わらず自国民そっちのけで外国には甘い汁を与え続けている安倍政権。三年前に外国人高度人材制度を改正しそれまでの外国人受け入れ条件を緩和してきましたが、その条件が更に緩和されることになりました。






高度人材制度とは専門知識や技術力、学歴、職歴、年収などをポイントに換算する「高度人材ポイント制」を導入し、70点以上の外国人を「高度人材」と認定している制度です。

それまで高度人材となるためには在留資格5年とされていたのですが今回の改訂で3年になり、更にポイントが80点を超える外国人には1年で取得できるようになっているのです。



頭が良い。技術力がある。お金を持っている。こうした高度人材ポイントで入ってくる外国人は限られますが実はこうした高度人材なる人間の方が厄介でありタチが悪いのです。ポイントが高い人物ということはそれだけ影響力があり発信力のある人物ですから日本の社会に溶け込むことで外国人に有利な環境にするために色んな方面から働きかけていくことになるでしょう。

そうした働きかけにより高度人材だけではなくあらゆる分野の単純労働者も受け入れ条件を緩和させることになり事実上の移民政策となるのです。このような衝撃的な記事もあるように、サッカー選手など最も高度な人材ですからテロリストが巧妙に日本国内に侵入してくる可能性が高くなるでしょう。





移民政策を着々と進行させていく安倍政権、このような反社会勢力のしばき隊からも称賛されているようでこのままでは日本が日本人にとって住みにくい環境となるのは間違いありません。





(スポンサードリンク)







posted by yuuponshow at 22:47| Comment(17) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

ドイツの悲劇を目の当たりにしてもなお移民政策を推し進める安倍政権

12月9日にTPP法案が自民、公明、日本維新の会の賛成多数で参院で可決され、同法案が成立となりました。ところがアメリカのトランプ次期大統領が来月1月の大統領就任式においてTPP離脱を宣言するとしており、TPPは事実上断念となりそうです。世界一の経済大国のアメリカが批准しないことでTPP成立は不可能となり日本の法案成立はまったく意味をなさないことになるのですが、法案成立によりTPP関連の予算が新たに計上されることから無駄な予算消費に回される懸念があります。無駄な予算垂れ流しと引き換えに国民への負担を更に押し付けることに繋がるのは言うまでもありません。


tppは経済の火柱.png


TPPは食料品だけではなく医療や金融など多岐にわたるサービス分野の流入がこれまで以上に行われることになりますが、それと平行して人の異動も頻繁に行われることになります。今まさに安倍政権が行っている外国人労働者受け入れと称した移民政策など最たるものであると言えるのです。




当初は「専門的・技術的分野の労働者」である高度外国人人材を受け入れ、単純労働者は受け入れないとしていましたが、その一方で「技術実習制度」の名目で単純労働者を受け入れる便宜措置を行っています。これでは単純労働者を受け入れないという文言が完全に覆されることとなりますが、それでも安倍総理は「外国人労働者は移民ではない」と否定しています。その言葉にまんまと騙された安倍信者はこんな稚拙なまとめをつくっていました。


安倍総理は移民受入推進というデマ @ (URL)

安倍総理は移民受入推進というデマ A (URL)




fuzitaクンが一生懸命安倍ちゃん擁護のためにつくりあげたこのまとめですが、その外国人労働者の枠組みが使用人や単純労働者などにも範囲を広げられては擁護の仕様がありません。どう捉えても移民のための政策でしかないのです!!!


移民推進の先輩国であるドイツも当初は移民政策ではなく、期限がきたら帰ってもらうと説明していましたが、ぞくぞくと移民者の受け入れを促進しており、果てには内戦の激しい中東、アフリカ諸国の難民まで大量に受け入れるなど大変な状況になっています。それによりドイツをはじめとするEU諸国は大混乱、異国の地で言葉の分からない移民難民者が就業できる訳もなく至る街では移民難民者で溢れかえっています。


こうなると移民支援のためにお金をつぎ込むことになり経済にも悪影響を及ぼし、更には移民者による暴行、略奪が繰り返されるなど治安も悪化し、EUの政策は今後ますます混迷を極めることになるでしょう。






そして先日にはこのような悲惨な事件が起きました。





若い女性が移民によってレイプ殺害されるというショッキングな事件、この事件が大々的に報道されたことからドイツ政府の移民政策に国民の怒りが爆発しており、このままでは倒閣運動も起こりかねません。こうした悲惨な事件が今の日本が行おうとしている移民政策を照らし合わせれば決して対岸の火事ではないのです。


一度受け入れた政策を取りやめるのは大変難しく、既に流入し溢れた移民者が母国に帰らずに受入国の経済や治安の悪化を招いているEU諸国のようになるのは目に見えています。こうした移民受け入れによる悪しき事例が次々発覚しているのを見ればここは一旦立ち止まって移民政策など見直すべきなのですが、危機感を感じさせないように移民政策ではないとうそぶく安倍総理は受け入れ推進に躍起となっています。将来、経済や治安の悪化を確実に招く外国人労働者受け入れ策を推し進めるこの嘘つき政権に絶対に騙されてはなりません!!!


(スポンサードリンク)






posted by yuuponshow at 22:45| Comment(0) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

外国人労働者の行方不明数が年5000人超、それでも移民政策を推し進める安倍政権

先ほど衆院においてTPP法案が強行採決され、参議院に審議が移りましたがこれにより法案可決がほぼ確定となってしまいました。食だけではなく国の根幹を変えてしまうことになるTPPの悪影響は必至です。この問題についてはまた後日、改めて記載したいと思います。




日本国内で物議を醸している移民問題ですが、日本政府は移民ではなくあくまで高度人材の外国人労働者と謳っていますが、この高度人材外国人を既に受け入れている日本においてこのような問題が生じています。

消えた中国人 5年間で1万人超 昨年の失踪外国人が最多 治安に影響も 産経ニュース 10/31(url)

外国人労働者の失踪者数の推移.png


上のグラフを見て分かるように外国人労働者の失踪者数が軒並み増加しております。この失踪した外国人は母国に帰る訳ではなく日本国内に潜伏しているのです。安倍政権になってから外国人労働者の期間延長などの人材受け入れ要件を緩和しましたが、それにより失踪者が増加しているとは何とも笑えない話となっています。身分も隠している彼らが潜伏することで治安の悪化や犯罪の温床に繋がる可能性が極めて高く非常に問題です。


この外国人労働者問題について関岡英之氏も安倍政権の政策に辛辣に批判をしています。この動画では技能実習外国人の決められた3年という期間を守らずにその後も残り、不法滞在をしていることについて安倍政権の失政であると指摘しています。 (移民政策部分だけを抜粋しています)




高度人材とは言えぬ介護分野での外国人受入れについても積極的に受け入れようとする安倍政権ですが、国内に従事する介護士の給与など待遇の改善がされておらず人材不足に陥っているのに外国人を入れ労働者不足を補うなどまさに移民政策であり到底受け入れるべきではありません!!


このままでは移民者の増加は年々増すばかりで、治安にも影響してくるのは必至です。期間が来れば帰って貰えず、途中で逃げ出して国内で雲隠れされては将来、このような事態に陥ることになるかも知れません。






移民ではないと偽り、外国人労働者を次々と受け入れる安倍政権、この政権にはもはや国や国益を守るという気概は感じられません。


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 18:37| Comment(1) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート