2019年08月16日

入管法改正で安倍界隈が唱えていた外国人受入規制の強化とはならず、受入拡大が止まらない!!

今年も終戦の日である8月15日を迎えました。元号が令和となり初めての終戦の日ですが、安倍首相以下閣僚は今年も参拝することはありませんでした。第二次安倍内閣発足以降の数々の売国政策を目の当たりにしては靖国参拝などしたところで罪滅ぼしになる訳ないのですが、それでも子飼いの稲田を参拝の身代わりに仕立てるなど保守陣営へのアッピールは欠かせません。









安倍政権が推し進める売国政策に改正入管法と銘打った移民法がありますが、この改正法が施行される前後の頃、安倍界隈の方々から法律が厳しくなり外国人受入の罰則化が進むとの情報が拡散されていたことを覚えておられるでしょうか?















入国管理局が入国在留管理庁に格上げされることで、入出国する外国人を管理しやすくなり事実上の厳罰化などと吹聴していました。坂東忠信などはこの改正案を肯定した上で反対する野党に対して移民規制が厳罰化するから反対してると野党Disりを行うなどデマ拡散していたものです。



ところが入管法改正から半年あまりで、その規制強化はもろくも崩れ去ってしまうことになります。








EPAは国や地域間で貿易や投資を自由化する協定です。これに外国人労働者を現行入管法に倣って受け入れることになるのですが、上記の記事にあるように受入は非常に緩緩になることが理解できると思います。厳正な審査など坂東忠信始め、安倍界隈の幻想でしかなかったのです。それか初めから支持者を欺くつもりだったのか?いずれにしても安倍界隈が主張してきたデマ主張がまた一つ暴かれました。




日本に来れば技能試験の合否など関係なく住み続けることが可能となった訳で、労働者不足の日本においてまだまだ受入拡大のために制度を緩和させるのが容易に想定できます。移民受入拡大を着実に進める安倍政権もそうですが、移民ではないと言い、規制強化で受入が厳しくなると欺いてきた安倍界隈の連中も同罪です。取りあえず自分の非を認めて謝ってもらいたいものですが、適当に詭弁を使って逃げるでしょうね。野党DISりまでして嘘までついた坂東が最も悪質です。坂東のアカウント見かけたら遠慮なく突っ込んであげましょう(笑)


posted by yuuponshow at 18:52| Comment(0) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

来月に控えた移民政策導入の危険性を改めて検証する

来月4月1日より外国人労働者の受入を拡大する改正入管法が施行されます。制度改正に伴い今後日本を取り巻く状況が大きく変わることが予想されますが、人手不足だからと財界の安易な要求を呑んだ形での移民受入は今後大きな禍根を残すことになります。




既に移民の数が世界第4位に躍進している日本では、外国人を巡る様々な問題が紛糾しています。







国会でも取り上げられた東京福祉大の700人もの消えた留学生騒動。定員割れの人気のない大学は留学生をたくさん囲っておくことで国からの補助金を得られるメリットがありますが、こうした大学は国内に数多くあり、失踪者を多数出していることから大学運営や留学生制度のあり方も検証されるべきであると言えます。そして失踪した留学生が裏社会に潜んで犯罪に手を染めることは容易に想定されることもあり得るのです。










メディアの報道によると改正後5年間で34万人の外国人労働者の増加が予想されていますが、この34万人というのは高度技能や留学を要しない単純労働者だけの数字であり、今までの受入れた外国人の性質とは明らかに違うのです。最も懸念されるのが治安の問題、乱闘や窃盗などあらゆるトラブルが既に表面化しており、こうした問題が拡大し凶悪狂暴化することは間違いありません。












人道的配慮や受入体制もままならずどこの誰か分からない国籍不明のブローカーが主導して移民を日本に横流し状態の安倍政権の安易な移民受入制度は日本に大きな弊害をもたらすことになります。移民が拡大すれば日本人の賃金抑制にも繋がり、そうなれば更なる少子化は避けられず人口減少に歯止めがかからなくなりますので、例外問わず移民緩和策は日本に不幸をもたらすことに繋がるのです。












安倍政権への批判とは別に、リベラル人権派の主張にも一言申し上げておきます。








ニュージーランドの不幸な襲撃事件は移民問題に絡めて批判する移民排斥者への批判ですが、国の移民拡大策へ一石投じるツイートであり、特に問題とは言えません。移民拡大はテロの要因に繋がりますし、現に欧州ではテロも頻発しているでしょう。事が大きくなってからでは手遅れです。寛容な移民受入推進者もいますが排斥主義者とかヘイトとかレッテルを貼ることより、国に対して移民受入の在り方に警鐘を鳴らすべきです。こういった面からしてこの人は移民問題の深刻さを理解が欠如していると言えるでしょう。



移民政策は国家の根底を覆す悪法であり決して受け入れてはならない!それを強く推進する安倍政権は一刻も潰さなければならない、そう強く申しあげておきます!!



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 22:34| Comment(0) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

外国人受入拡大を後押しする反日国賊自民アベサポ

審議にたいした時間も取らずにあっという間に法案可決となってしまった出入国管理法改正案(移民政策)、しかし監督省庁である法務省の国会に提示したデータや資料が誤ったり、虚偽記載がされたりと審議を行う以前に酷い有様。野党から追及されるまでは実態を明らかにすることはしませんでした。そして今回外国人技能実習生の実態について衝撃的な事実が明らかになりました。









外国人技能実習生が3年間で69人が死亡。上記にある業務中での死亡事例があるように、日本企業は実習とは名ばかりの危険な業務に不慣れな技能実習生に従事させていたようです。入管局長は経緯を把握していないというのも驚きですし、それに加えて年間7000人を超える技能実習生の失踪という現実を鑑みると、外国人技能実習制度そのものを見直す必要があると言えるでしょう。




こうした問題が詳らかになることで外国人材の受入拡大策など早急であり慎重にならなければならないのは当然のこと、しかし日本政府は財界の要望に早急に応えるため人権問題など二の次で来年4月の法改正あり気だったのです。




安倍 ややこしい.png




問題だらけの制度を推し進めようとしているのに追及をややこしいなどという安倍総理にはハナから対応策など考えてもいないのでしょう。そもそも外国人材受入の拡大など日本人の雇用や賃金の低下、更には治安の悪化にも繋がるので大反対ですが、日本政府は人権意識が欠如しているようで、そんな政府主導で事を進めればどちらの立場も不幸しか招きません。



実態が明らかになり、問題点を高らかに危惧する声が増えていますが、それでも安倍政権を後押しする反日国賊自民ネットサポーターズはそんな識者の声に論点をずらしの揚げ足取りに躍起です。













要するにこの連中は日本人の死亡率と比べればそんな高い数値じゃないじゃん!と言いたいようです。言い返して得意満面してそうですが問題はそこではない!!まったくの見当違いというか、呆れた論点ずらしです。死亡の比率や比較などどうでも良く、技能実習生に命を落としかねない危険業務に従事させていたことが問題でしょう。待遇や金銭面の悪さも明らかになっていますからそれらをひっくるめて実習生側は追い詰められていたと言えますそれに死亡の比較対象もおかしく年齢だけで区切って比較するのは間違いであることも指摘しておきます。国会議員もどきのアダチくんにも早速突っ込みが入っているようですが(笑)








自民党をアシストするために命の統計を都合良く操作してツイートしたのでしょう。こいつらは国体が変わりかねない法改正や人権などよりも自民党を守れればそれで良いのです。本当の保守であれば今安倍がやろうとしていることへの批判を行うべきであり、追及者の揚げ足取りなどではない。これまで政権支持してきた連中もこの制度だけは受け入れられないと反発する声も数多く上がっていますが、それでも今だ政権擁護する自民党ネットサポーターズこそ反日勢力であり国賊なのです!!


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:38| Comment(0) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする