2017年10月11日

消費税そのものを総括しようとしない日本の与野党

総選挙の公示日を迎え、各陣営が本格的に選挙戦に突入しましたが、消費税の公約について改めて触れたいと思います。安倍総理が解散会見で消費税増税の必要性について信を問うと述べていましたが、8%へ増税したときに増税分はすべて社会保障に充てると言っていましたが、実は増税分の8割を赤字解消のため借金返済していたと明かにしました。つまり今まで嘘をついていたのです。そして今回それを見直した上ですべて社会保障に充てるそうですが、これまで嘘をひた隠しにしておきながら信用できる訳がありません。



増税分 社会保障 安倍.jpg



ところがこの会見以降消費税については自ら積極的に公言しなくなりました。理由は言わずもがな野党が皆、消費税増税凍結を訴えているのでそれを争点にされたくないからです。あの解散会見で北朝鮮有事への対応と共に述べた消費税増税はオブラートに包んだ形で有権者を欺きながら選挙戦を戦おうとする魂胆が見え見えです。



そして選挙情勢を有利に導くために安倍はリーマンショック級のことが起きればうんぬん・・と前回増税延期と同じ事由を挙げて増税延期をほのめかしています。しかしリーマンショックを心配する前に、国内の家計消費の大きな落ち込みを深刻に受け止めるべきではないのか!?増税したら家計消費の落ち込みは更に酷くなりますし、国民はいずれ消費税を上げられてしまうというマインドが働き、積極的に消費をしようとは思わなくなります。日々節約を心がける習慣が身に付き、それが世間に浸透しているからデフレから脱却できないのです。延期するから良いではなく消費税という制度自体を止めなければならないのです。



更に姑息なのが増税できなければ教育無償化はしませんよと増税と教育無償化を天秤にかけています。増税できなければ財源がないので何もできませんよとうそぶく自民党、プライマリーバランスの黒字化などする必要もないのに、そもそも全部社会保障にと嘘をついておきながら敢えてつくる必要のない財源に拘り消費税増税を正当化に導こうとするこの政党に夢も将来も託せる訳がありません。


しかしこの増税抑制発言と、野党の混乱が功を奏したのか直近での各政党の支持率では自民党が他野党を大きく引き離しています。







野党のごたごたは目に余りますが、これで熱気が冷めて投票率が下がれば寝ててくれればいいと願う自民党の思うがままとなり自民増税政権を継続させることになります。野党もただ単に凍結ではなく消費税そのものについて総括するべきです。これをやらなければいつまで経っても自民党の延期詐欺に付き合うことになり国民の消費マインドは冷え込んだままになりその結果、争点をはぐらかされるばかりです。有権者の大事な一票を投じる総選挙で票を投じたいと思える政党がないということは国民にとって最大の不幸でしかありません!!


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:31| Comment(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

消費増税容認と金融政策の失敗を認めた安倍政権ブレーンの爆弾発言

安倍総理が選挙公約で打ち出した消費税増税ですが、安倍信者からは「また延期してくれる」「安倍さんは本当は上げたくないんだよ」という意見をネット上でよく見かけます。確かに安倍総理はこれまで2014年11月と2016年6月の二度に渡って消費税の10%増税を延期しました。二度あることは三度あると言いますが、しかし今度ばかりは財務省の突き上げもあり、野党が打ち出している増税凍結に歩調を合わせることはできそうもありません。



その理由は、安倍政権の経済政策ブレーンを務める浜田宏一内閣参与が消費税の10%増税にGOサインを出したからです。


hamako1.png
hamako2.png



増税慎重だった浜田宏一内閣参与 消費税10%を容認(2017/10/05 ANN NEWS)(URL)



浜田宏一内閣参与と言えばリフレ派の御大とも言える存在で、私が敬愛(笑)する経済評論家の上念司先生のお師匠さんであらせられる方です。そんなリフレ派の象徴とも言える人物が増税容認とは驚きですが、日本経済が記録的な好況が続いており増税に耐えうる環境になったことを理由として挙げています。



(゚Д゚)ハァ?実質賃金ダダ下がりで景況感がまったく感じないのにどうして記録的な好景気なのか不思議なのですが、更に驚いたのが現在日銀が行っている金融緩和について日銀が掲げていた物価目標である2%について、これを1%でも問題ないとの見解を述べています。つまり2%の目標は達成できず金融緩和は限界であると示唆しているのです。


金融緩和=アベノミクスとも言われており、安倍総理の肝入りの政策である金融緩和は限界であると安倍政権のブレーンの発言からしてベノミクスは失敗したと暗に認めたことになります。



リフレ派としては自身を否定されたかのようなあまりに無慈悲な爆弾発言です。この点について上念先生に尋ねようと思っていたら既に質問していた方もおりました。







さすがにバツが悪いのか返答できずに困っていたようでしたが、お師匠とは言えやはり増税容認は許せなかったようで増税を是とする浜田先生に対して辛辣な批判をしています。師匠と弟子の関係はこれでもろくも崩れ去ってしまいましたとさ(^^;)








そして上念さんと共にリフレ派の盟友である上智大学教授の田中秀臣先生もこのように突っ込まれて返答できず困っています。












浜田先生の衝撃爆弾発言に閉口してしまったリフレ派たちの前途は多難のようですが、それより深刻なのが消費税を10%に引き上げられる私達日本国民です。好況とうそぶき増税のGOサインを出した安倍政権のブレーンにより三度目の正直で確実に引き上げられることになった消費税。これを止めるには今度の選挙で安倍政権に自民党にNOと民意を突き付けなければなりません。野党のあら捜しに躍起になっている自民党勢力に民意という鉄槌を喰らわせてやりましょう!!


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 16:31| Comment(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

消費税増税が争点にならない!日本を破滅に追い込む我が国の政治家

来週の国会召集と同時に解散を打ち出す安倍政権ですが、そこで掲げる公約として緊迫している北朝鮮情勢に備える対応と消費税10%増税の使途として社会保障を増やすことを盛り込むと言われています。前回の総選挙では消費税増税の延期を掲げていましたが、今度こそ待ったなしに増税が決行されることになります。


衆院選争点.JPG



対する野党第一党の民進党も消費税増税を打ち出しているのでこれでは争点にはなりません。消費税増税など経済を停滞させ悪化させる最大の要因となるのに、与野党揃って増税とは消費税が争点にならない絶望的な展開です。我が国の政治家は日本経済を破滅させたいようですね。



そして解散表明に先立って自民党の悪評高い西田昌司議員がビデオレターにおいて、消費税増税を公約として打ち出す安倍総理を高く評価し、更に国民負担率が欧州並みに増やせと言っているのです。







日本もヨーロッパ並みの税率を課すべきだと抜かしていますが、高負担低福祉の日本が福祉が充実しているヨーロッパとを単純に比較することなど無茶なのです。それを国民から更に搾り取れば格差社会が広がり貧乏人がもっと増えていくことになります。西田はヨーロッパ式を目指したいのだそうですが、緊縮財政グローバル、移民受け入れという国民を貶める政策を目指したいのでしょうね。今の日本の現状を見ると本当にヨーロッパを目指しているように見えてしまいます。




私達国民が望むべきは自民党と民進党の壊滅的惨敗しかありませんが、自民と民進だけしかいない選挙区では票を投じるところがありません。選択肢もなければ票を投じても無駄となり、結果、支持率が下がって結果的に自民党に漁夫の利を得ることになりそうです。そうなれば国民からの信任を得たとして増税が決定されてしまう。もうこういう展開は見たくはありません。なし崩し的に増税が決定されるこの流れを止めなければ日本の未来はありません。

(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:28| Comment(1) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート