2019年10月01日

国内産業絶滅化政策である消費税増税が遂に決行される!

本日より消費税が10%となりました。メディアでは増税対策や軽減税率の仕組みなどを時間を割いて特集していますが、増税直後の混乱の中で遅きに失するタイミングで周知するとか庶民を舐めているのでしょうかね。そんなことよりも増税に伴い確実に訪れる経済危機を警鐘するべきだと思いますがね。かしこい買い物特集など庶民にとっては糞役にも立ちません、どうせ買い物を減らすだけなのだから。



ワイドショー 消費税10%.PNG



お国が決めたのだからと素直に値上げと軽減税率レジを導入した事業も数多くありますが、補助金が出ているとは言え大きな出費を余儀なくされることとなりますし、増税で消費が冷え込むことは確定しているのですから先行きは決して明るくはありません。そうした設備投資資金が足らずに止むなく廃業を決めた事業主さんもいます。









上記で取り上げられたお店は100年も続いた老舗ですが、今回の増税と複雑過ぎる軽減税率が決定打となり廃業を決定したそうです。こうした増税による廃業を決めたお店は全国でも相当出てくると思われますが、既に休業・廃業を増税前に行っている飲食店は過去最高を記録しているそうです。









こうした事態を安倍政権は真摯に受け止めることができるのかと言えば無理でしょうね。政権から美味しい蜜を甘受している財界がこれですからね。










財界のトップの庶民を嘲笑う発言、国内産業を絶滅化させることを喜ばしいとかこれが財界のトップのセリフとは思えません。はっきり言って殺意を覚えます。内需破壊に導く消費税増税を財界のトップが推進するのがこの国の異常さを表しています。財務省もそうですが、国民を苦しめようと企む連中にはそれなりの仕打ちを与えなければ気が済みません。




ともかく決行された消費税増税ですが、上げたものは下げることも可能です。決まったからしょうがないではなく、悪政は廃止するための運動を展開していくことです。旧民主党と自民公明が結託して出した消費税増税法案を廃案し、消費税廃止法へ導けば良いのです。そのためには増税あり気で推し進めている今の自民党政権と腐れ切った財界共を一網打尽に蹴散らすしかあり得ません!!
posted by yuuponshow at 23:14| Comment(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

消費税増税を推奨する国会議員の経済音痴ぶり

前回取り上げた日米貿易交渉におけるトウモロコシ買取問題について新たな事実が判明したのでお伝えします。










いやはや辻褄合わせのために方便使っちゃって後でバレるとは思わなかったのでしょうか?農水省から収穫に影響ないと公式見解を述べられてはこれまでWINWINを強調していた安倍シンパも立つ瀬無しですな。あまりに酷いデタラメっぷりですが、急遽275万トンものトウモロコシを買い取った理由は前回書いた通りトランプの指令か忖度により安倍ちゃんが被ったというのが正しい見解と見るべきでしょう。










それにしても遺伝子組み換えやモンサント社のラウンドアップ除草剤を使用している米国産飼料に抵抗ある国内農家も多いのにこの飼料用トウモロコシどうやって消化させるつもりでしょうか?バイオ燃料にでも転換できれば良いのですが実用化は厳しいでしょうね。ホントに安倍ちゃん余計なことばかりやらかしてくれます(泣)






さて今回の本題ですが、来るべき消費税増税が10月に控えている訳ですが、分かりにくい軽減税率も絡んで不満の声は日に日に増えています。消費税が導入されて30年になりますが、この30年を振り返れば日本はデフレから抜け出せず、実質給料は下がる一方で庶民の生活は厳しくなる一方です。そんな庶民の声が気に喰わないのか、とある国会議員の先生が庶民の嘆きの声に対して高尚ぶって説き伏せようとしています。







青山まさゆきという国会議員が上のようなツイートをぶち上げたことで反発リプライが寄せられ大炎上することとなりました。











上記のやり取りを見る限りこのせんせ緊縮財政派とお見受けします。国民には増税を強要して財政は緊縮させるという方向で国の発展のことは何も考えていないようですね。マネタリーベースとマネーストックを混同させるツイートがあるなど経済音痴であることは間違いありません。あと反論リプに対する興味深いツイートもありますので掲載します。












ツイート中にある山本氏というのは山本太郎のことを言っているのだと思いますが、MMTを提唱するなどいわゆる積極財政論に対して相当嫌悪感を抱いているようです。というか国家予算と家計簿を混同している時点で救われませんね。誰かレクチャーしてあげないとこの人次の選挙通りませんよ。てゆうかもう諦めているのかも知れませんが。




税金が増えても収入が増えないようでは国民は投資に回さず節約に走るのは自然の摂理、そうなれば国内でお金は回らず経済停滞することに繋がります。日本は通貨発行権もあり財政出動が可能で景気対策を十分打てるのになぜわざわざ景気を停滞させる愚かな思考に及ぶのか?この青山まさゆきのような考えで経済を動かせばたちまち国は滅んでしまうでしょう。



今まさに自民党安倍政権がそれをやろうとしているのですから遅かれ早かれ滅亡の道をゆくのは間違いないでしょう。この青山まさゆき自民党ではなく元立憲民主党の無所属議員だそうです。辞めたとは言え野党第一党の一員がこれですから、自民党と似たり寄ったりと受け止められても仕方がありません。この青山議員秘書へのセクハラで離党を余儀なくされたそうですが、人道的な問題も含めて国会議員の資格などありません。もちろん消費税増税を推奨する全ての連中然りです。


posted by yuuponshow at 18:53| Comment(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

景気後退の前兆か?長期金利と短期金利が逆転する「逆イールド」の現象

国会はただ今夏休み中、と言うことで日本国の宰相安倍晋三さんは別荘でゆっくり静養されているようです。秋の国会に向けて英気を養っておられるようですが、北朝鮮の度重なるミサイル発射の報があってもまったく反応していないとはかつてのJアラート騒動は何だったのだろうと感じます。







また消費税増税を10月に控え、軽減税率対策もままならない企業多数なのに呑気に休んでる場合ではないと思いますが、悠長な宰相に対して我々国民は不安が募るだけです。




そんな休会中の国会を尻目に市場に目を向けると衝撃的な動きがありました。







ダウが今年最大の下げ幅となる800ドルの下落となりましたが、それ以上に注目すべきは2007年以降で初めて10年債の利回りが2年債利回りを一時下回るという逆イールド現象が起こったことです。




本来ならば短期が利回りが悪く、長く預ける長期のが利回りが良くなるものですが、長く預ければ損をするという奇妙とも言えるこの現象を見る限り、有識者の見解を拾い上げて見るとサブプライムやリーマンショックの再来が訪れる可能性が高いようです。実際に過去に逆イールドに陥った時期を検証した統計があるのでそれで確認すると。







いずれも高値圏を模索して平均二年かけて底値へ真っ逆さまとなる傾向にあることが分かります。底値への到達にタイムラグがあるのは雇用が悪化するまでの猶予期間なのだそうです。この統計通りならば一度上値を試す動きもあるのでは?と考えられますが、昨年3短−5長債で逆イールドが発生していますからこのまま下落となることも考えられます。








サブプライム&リーマンショックもこれに当てはまるので、確実に全世界景気後退局面のシグナルが点灯したと言えるでしょう。この状況しっかり受け止めて対策を講じなければならないのですが、我が日本国は消費税増税を10月に控えています。増税と複雑な軽減税率のおかげで経済は大混乱に陥ることは間違いなく、それに加えて全世界を襲うリセッションが重なれば日本が一番被害を被ることは間違いありません。




日銀はマイナス金利の更なる深堀りを検討していると報じられていますが、全世界が低金利競争に突入しているのでその効果は限定的か皆無となる公算が強いのです。マイナス金利の長期化による副作用として挙げられるのが金融機関は利ザヤを稼ぐことができず低採算貸出の信用コスト増加と、金融株下落による減損が赤字決算続出に繋がります。副作用が強い上に却って円高が進む可能性もあります。



リセッションに対抗する日本の打つ手は消費税増税を止めること&減税を行うしかありません。緊急事態だからではなく消費税はリセッションを招く大きなリスクがあるので一刻も見直すべきなのです。しかし現政権を見る限りその願いは叶えられそうもありません。仮に10月に上げられても下げれば良いのでそれを実現するための政党の躍進と政権交代しかないのです!!
posted by yuuponshow at 18:12| Comment(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート