2017年08月16日

GDP4%増の裏で着実に進む消費税増税のシナリオ

8月15日終戦の日を迎えた靖国神社で安倍総理を始めとした閣僚の参拝はゼロとなりました。自民党が野党時代の頃は民主党政権の閣僚に対して「靖国参拝はされるのですか?」と度々国会質疑で質していたのを思い出します。政権に返り咲くとこんなもんですかね。自分達ができないことをよくも平気で質していたものです。


昨年は靖国参拝をせず戦没者慰霊式典までも欠席した稲田朋美前防衛相は今年はめでたくしがらみが無く参拝したようですが、バカンスファッションで自衛隊派遣部隊に視察に出向いたことや、度重なる失言、最後日報問題で逃げるように辞任となった訳ですが、こういうのを見ると靖国に行った行かないかと言った物議が馬鹿らしく感じます。今考えてみれば政局のために自民党が靖国を政治利用していたというのが良くわかります。



さて今週はそんな安倍政権に久々の朗報と言えるニュースが流れました。国内総生産(GDP)の4−6月の四半期の速報値が発表され年率4%という高い数値が出ました。主な要因は個人消費や設備投資が堅調で、これで6期連続のプラスで2006年以来11年振りなんだそうです。


gdp4%成長.png


いやーめでたいですね♪まさに世はバブル経済並みの景況感に溢れ返っています・・って本当にそうでしょうか?いや、悔し紛れに言っているのではなく今の肌で感じる景況感とはかけ離れていると言えるのではないでしょうか。それもそのはずでつい最近まで消費支出も15か月連続でマイナスだったことからも見てとれるように日本国民の大半は景況感を肌で感じることなく今だに節約のために切り詰めた生活をしています。というか強いられているといった表現の方が正しいでしょう。


GDPとは国民がお金を使った額のことであり、これは消費だけではなく設備投資や研究開発費といった将来における投資資産も加算されています。今は東京オリンピックなど大きなイベントが控えていますからこうした数字が増えるのは至極当然であると言えます。


GDP増加の要因として個人消費の伸びとされていますが、実態はどうかと言えばGDPデフレーターを見ると一目瞭然です。GDPデフレーターは名目GDPと実質GDPとを対比させて求められる数値、すなわちこれにより正確な物価の変動を把握することができるものなのです。



総合的な物価の動きを示すGDPデフレーターは前年同期と比べてマイナス0.4%だったことから見ても、いまだデフレ状態が継続されていることとなります。年率4%のGDPの伸びがあってもデフレーターがマイナスであればデフレが蔓延している状況であり、実態としては昨年よりも思わしくない景況感を感じているはずです。


デフレにより価格を押し下げたことによる一時的に購買意欲が湧いてきたことから少しは消費が回復してはいるものの、消費税8%はやはり生活を圧迫させており、このGDPの伸びも短期的なものと推測されます。身の回りの状況を見れば分かるでしょうが、決して生活が豊かになった訳ではなく数字のレトリックによる印象操作なのです。




とは言え、政府や自民党工作員共は今回のGDPの伸びに歓喜し、安倍ちゃんのおかげと吹聴することでしょう。しかし再来年には消費税増税をすることが決定されており、今度こそは上げると安倍ちゃんも明言していることから余程悪い数値が出なければ消費税増税となるでしょう。安倍ちゃんや政府首脳はそこそこ収入も恵まれているからいいでしょうが、自民党工作員の皆さんは消費税を上げられて嬉しいのでしょうか?まぁ安倍ちゃん命の工作員ならばそれでも本望なのでしょうかね(^_^;)



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 21:47| Comment(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

改造直後に消費税10%を示唆した安倍政権に景気回復は望めない

改造安倍内閣が船出となった訳ですが、失言大臣を排除し実務的に無難な人間を閣僚に取り込んだ布陣となりました。今回の人事の目玉と言うべきなのか安倍政権に距離を置いていた野田聖子と河野太郎を重要閣僚に抜擢されたことです。これについて保守層から批判が出ていますが、正直どうでもいいです。だって消費税増税・TPP・日韓合意・移民政策など売国政策をやりまくる安倍政権ですよ?何をもって野田と河野だけが批判されるのか理解に苦しみます。むしろ憤慨したのが当の安倍総理自らが再出発の出鼻をくじく消費税増税を示唆する発言をしていることです。








安部総理はこれまで二回の消費税10%への増税を延期しており、安部支持層からすればまた延期してくれるのではと期待しているかも知れませんが、増税に含みを持たせることで国民の消費意欲は削がれるだけになり、景気の悪化が続いていくことになります。


消費税 2019.10 再延期.jpg



消費税は単なる不評に留まらず景気悪化させてしまう悪政です。この税制の根幹である消費税増税法案は当時の政権政党である民主党と野党であった自民党と公明党が三党合意で成立させましたが、税率の上限を設定していないのでこの先更に税率を上げられる可能性があります。消費をする者にはペナルティーを課すようなこの制度では国民がこぞって消費する気持ちにはなりません。



本気で景気を回復させるのであれば消費税による景気悪化を総括して一旦、凍結にし将来的に廃止させるべきです。増税を唱えたのは財務官僚に対するフェイクだと抜かす者もいますが、そんなことをやる必要などありません。国のトップが景気の足を引っ張ることを言えば国民の消費マインドはますます下がるからです。五年も日本の舵取りをしていながらまだ消費税による悪影響を総括できず増税に固執している安部政権ではもはやダメなのです!



この消費税については全国民怒り心頭ですが、それでも安倍を擁護する支持者からすれば改憲を旗印にしている政権であることから支持を続けている人もいるでしょう。しかしまともに考えても改憲できる体制には程遠いと感じませんか?私も改憲はするべきだと思いますが、どうやら支持率を重視するあまり改憲時期を先延ばしにするようです。








目標に掲げていた2020年の憲法改正実現について、事実上、目標時期にこだわらない姿勢に軌道修正し、今秋の改憲案提出を見送るとのことです。小手先でかわしてよければ改憲したいなという感じにしか見てとれません。そうこうしている間に総選挙となり改憲派が数を減らす形となるのは明白。つまり改憲を行おうとする気概すらない改憲やるやる詐欺なのです。



やる気だけを見せるのと最初からやる気のないのとどちらがマシかという話になりますが、それより財務官僚の言いなりで経済の悪化をもたらす消費税増税を推進する国民の民意を汲み取ることができない政権が五年も居座り続けているのは非常に問題ではないでしょうか。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 11:20| Comment(0) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

消費税増税の影響が完全に露呈、1世帯当たりの消費支出は3年連続減少。

総務省が今月発表した2016年の総世帯の家計調査で1世帯当たりの消費支出は前年比1.8%減 、減少は3年連続となりました。

消費支出 三年連続減.png


家庭の消費支出 3年連続で減少 
 NHK NEWS 2月17日 17時02分 (URL)

消費支出とは?

国民が生活するうえで、必要となる家計の支出のこと。総務省統計局が毎月実施している家計調査によって算出され、経済指標のひとつとなっている。食糧費、住居費、光熱費、被服費、教育費、教養娯楽費、交通通信費、保健医療費など生活を維持するために必要な支出が消費支出に入る。一方で税金や社会保険料など、消費を目的としない費用は非消費支出と呼ばれる。実収入から非消費支出を差し引いたものを可処分所得という。




要するに贅沢品購入を除いた生活する上で必要な支出ということですね。減少傾向にあるということは「生活が厳しくなって消費を抑えなければならない、もしくは将来に不安があり敢えて消費を抑えている」のどちらかの理由になります。


消費支出3年連続減少は消費税が8%に増税された2014年からであり、これほど消費税の影響が露わとなって示される指標はないのではないでしょうか。単に将来が不安だから節約しているならばまだいいのですが、生活が困窮している状況で支出を抑えているのならば相当堪えます。




その一方でこのように年金支給引き下げ&年金保険料引き上げなどやられては節約志向が強まりますます消費支出は落ち込むことは避けられません。これでは冗談でも景気が良くなったなどと言える状況ではないことなど誰でも分かります。

年金引き下げ.png


給付に少しでも充てるのであればGPIFにつぎ込んでいる年金を切り崩して支給に充てるべきなのですが、年金を切り崩すと莫大な資金が必要となる株価維持ができません。株式への年金注入増額を決定したことで維持に掛かる年金資金は更に必要となるのです。つまり株式で儲かろうが損失しようが国民にとっては痛みを強いられるしかないのです。


今回の三年連続消費支出減という統計を深刻に受け止め消費税の影響を真剣に議論する機会になればいいのですが、 「景気は緩やかに回復している」と詭弁を垂れ流す安倍政権に経済政策への期待など無理というものです


(スポンサードリンク)







posted by yuuponshow at 23:10| Comment(6) | 消費税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート