2014年08月22日

非常事態の豪雨災害の中、安倍総理の不可解なとんぼ返り

広島では20日未明からの集中豪雨による土砂災害により死者・行方不明者が計100名に迫る大惨事となっています。天皇陛下も犠牲者の方に対する悼みとお見舞いの気持ちを述べられ22日から予定されていた軽井沢、草津での静養を取りやめることとなりました。

現在も行方不明者の捜索が続いている中、安倍総理も静養先の山梨から首相官邸に戻り、災害報告を受け情報収集を行いました。ところがその日の夜になって静養先の山梨県に2時間かけて戻ってしまいました。

官邸に戻った理由というのも報道によると静養先で朝から一緒にゴルフをしていた森元総理から早期帰京を促され仕方なく戻ったとありましたが、自分の意思でなく人に促されたことが本当であれば国のトップとしての資質を問われても仕方がありません。

しかもとんぼ返りした次の日にまた官邸に戻っています。

8月20日 (午後)7時42分、別荘着。 8月21日 (午後)3時17分、官邸着。(首相動静より)

移動は車で片道2時間掛けて移動していますが、一旦とんぼ返りしなければならない程、重要な案件が別荘で行われていたのでしょうか?首相の移動には大勢の警備もつきますし、この東京ー山梨の往復が何とも無駄な時間を費やしているように思えます。

当然ながら官邸にいたとしても静養先にいたとしても情報収集は出来ますし、指示を出すことも出来ます。それならば彼方此方移動するのではなく一か所で待機しておくのが得策ではなかったでしょうか?官邸に戻らないことでの批判はあるでしょうが、きちんと災害における措置を講じていれば問題はないはずです。

とは言え17日に発覚したシリアの日本人拉致の際に、休暇を返上して官邸に戻って待機するべきだったと個人的には思いますがね。日本人の安否に関しては無事が確認されたそうですが、詳細はいまだ不明のままです。

この安倍総理の行動を擁護する声を拾い上げてみると

首相 静養.PNG

安倍 とんぼ返り2.PNG

どちらも首相の対応としては問題なしだそうですが、安倍総理でなかったら恐らく反応は違っていたものになっていたでしょうね。

更に井上太郎は静養を取り止めた両陛下に対して苦言めいたツイートを呟いています。安倍擁護が過ぎるとこんな事を言ってしまうんですね。

安倍 とんぼ返り3.PNG

せっかくの夏休み、大好きなゴルフの時間を奪われたくないから静養先に戻ってしまった。一国の総理がそんな考えを持っているとは思いたくないですが、この行動が今後にどう影響するか注目されます。
posted by yuuponshow at 17:38| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

安倍事務所へ電凸



2ちゃんねるでもスレッドが立ち、レスが伸びて話題になっている安倍事務所への電凸動画です。

この安倍事務所の事務員の態度、どう思われますでしょうかexclamation&question

この対応した事務員の問題発言を挙げていくと、


あなた(質問者)移民問題の否定意見が国民の総意と決めつけるのはいかがなものか。

文句ががあるのならあなたが選挙に出ればよい。

総理大臣は国民の代表ではない!総理は国民によって選挙で選んではいないのだから文句があるなら地元の議員に嘆願しろ!!


あくまで意見を述べているのにこういう反論の仕方は却って反発を招くとは思わないのでしょうかexclamation&question

そして移民問題を詭弁を使って質問をはぐらかしてあげくには論点ずらし、こういう声が安倍事務所に多く届いているからなのか分かりませんが、あまりにも酷い対応であると言えます。これ以上酷い対応する議員事務所があれば教えてほしいくらいです。

この動画のアクセス数の伸びと多く寄せられている批判コメントを安倍事務所や自民党はどう見ているのでしょうか?今後どう対応していくのか注目されます。

ところでこの電凸について安倍批判者をツイッターで攻撃している自民工作員のfuzita2013もこの動画についてコメントしております。予想通り電凸者を馬鹿にしていました。質問をはぐらかし人を馬鹿にするやり口はfuzitaと似ているのでもしかして同一人物かもexclamation&questionツイッターでお気に入りに登録しているのでご確認ください。
posted by yuuponshow at 12:18| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

安倍政権の公約破り

安倍政権が発足したのが2012年12月、先の総選挙で当時の政権与党だった民主党から議席を奪い返して政権奪還に成功しました。保守の安倍ちゃんが総理になったんだから

日本はよくなる。中国や韓国にも強い態度で臨むだろう。

私も政権交代でそう思いました。弱腰外交ではなく、強いリーダーシップを発揮して安倍総理が掲げていた戦後レジームからの脱却!!これが遂に実現となるのだと信じていました。

ところがふたを開けてみると、

・消費税増税
・TPP交渉参加
・竹島の日式典を政府主催で執り行われず
・外国人労働者受け入れと名前を変えた
 移民政策
・道州制
・リニア無償技術譲渡
・都知事選で自民党を除名された舛添応援
・慰安婦像設置に対する消極的な姿勢
・公的年金支給額削減
・配偶者控除見直し
・解雇規制緩和
・軽自動車税値上げ
・郵便貯金、保険の株式売却



よくもこれだけやってくれたものだと感心します。日本の経済を悪化させ、国益を損ねる政策を次から次に掲げているのです。

私が安倍総理を評価出来るのが黒田日銀総裁抜擢による異次元の金融緩和策です。

これにより日経平均株価は急上昇し、為替も円安が進みました。株価上昇に伴い上場企業の保有資産が膨らんだことで景気は確かに上向きになったのです。しかし株価上昇だけでは景気浮揚感は庶民には感じられません。更に第二の矢、第三の矢が必要になってくるのです。

それなのに消費税増税実施とは正気なのでしょうかexclamation&question経済政策、景気対策を第一に掲げていた政権だったはずなのに景気の腰折れになるばかりか景気悪化に繋がりかねません。

今年中には10%の消費税増税も検討されるようですが、10%のときに検討すると言っていた軽減税率の話はどうなったのかexclamation&question うやむやにして更なる増税を断行するのか。もう庶民苛めはいい加減にしてくれexclamation×2
posted by yuuponshow at 16:13| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート