2016年12月31日

悪政を押し付けられても政権支持率60%を維持させる日本人の国民性

安倍首相が米ハワイの真珠湾を訪問したことを受け各報道機関が全国世論調査を実施したところ、下記のように60%超という高い支持率となりました。


安倍60%.jpg


読売新聞  63%

産経新聞  68%

日経新聞  64%


現時点で発表しているのが上の三つの報道機関ですが、それ以前の世論調査でも高水準の支持率を叩き出しています。



国民の三人に二人の割合が安倍政権支持ということでしょうか。しかしこれまで行ってきた政策を振り返ってると決して称賛される内容ではありませんし、今回の真珠湾訪問もオバマが広島訪問したことによるバーターであることは誰しも分かること。国民生活に直結した経済政策を見ても消費税増税による悪影響の総括もせず、アベノミクスという言葉ももはや死語となっているのに、それでも支持できるとは何が受け入れられているのかさっぱり分かりません。日本人とは痛めつけられることがたまらなく好きなマゾな国民性なのでしょうか。


安倍政権の政策を見ると左派的な政策が目につく一方で、右派への配慮も忘れていません。稲田朋美防衛相が、政治イベントがほぼ終わった年末の12月29日に靖国参拝しました。参拝するのは別に構わないのですが、関心度の下がる年末のドサクサの時期に参拝するとは普段は外圧にビクビクしながらも保守面をアッピールしたいという側面が垣間見えるようです。この年末参拝は3年前にも安倍総理がしていますが、防衛相という重責を担う稲田も安倍と同じ手段を取ったということでしょう。





日本が外圧は勿論のこと、国内からも政治家の靖国参拝に圧力をかけているのは皆承知しているのですから日本の国政や外交をまともにしているのであれば参拝しなくとも支持する人は支持してくれるものです。ところが失政・悪政を国民に押し付けてばかりの今の状態では右派への支持取り込みのために靖国をパフォーマンスに利用しているように見えます。

「愛国もしてますよ」と右派系にアッピールすることで右派から称賛してくれるとても便利な靖国神社。稲田本人は勿論のこと、こんなパフォーマンスでコロッと騙される人間もどうしようもありません。



稲田朋美は英霊に手を合わせるパフォーマンスをする前に日韓合意の不手際に何か言うべきことはないのか!?世界中に日本が慰安婦問題を表面化させた上で慰安婦と称する人間に血税10億円も払ってしまうという国辱とも言える外交をしておいて、沈静化どころか火に油を注ぐような行為を仕出かしたのですから。そして合意から一年経って慰安婦像を新たに設置される始末。こんな国に配慮したことによるツケは明らかに安倍や閣僚による大失態であり、その閣僚として携わっていた稲田も同罪である!!!








こんな自民党を支持できる輩もどうしようもありませんが、こうした事態を招いた野党にも責任の一端があるのも事実です。特に二重国籍批判を浴びながら全く釈明をすることもなく党首に居座り続ける蓮舫、日本死ねガソリンプリカの山尾しおり政調会長と野党第一党民進党のメンツがこれではどうしようもありません。


そしてこのようなレッテル貼りに終始する野党諸君、君たちのパフォーマンスがなぜ国民から受け入れられないのか理解できないのならば反自民勢力としては邪魔なだけだ!!

感じ悪いよね.jpg


かつて自民党政権への不満が増大し国民世論を動かし2009年の政権交代となったのに、替わった民主党の体たらくさから失望を生んで、再び自民党政権に返り咲くことになりました。その自民党が野党に転落したことによる反省から国民に真摯に向き合って国民のための政策をやってくれるのかと思いきや、国民虐め政策に前のめり。日本人や日本国のために働いてくれる政治家が存在していないとは言え、この無気力な国民性は非常に問題ありと言えます。

(スポンサードリンク)










posted by yuuponshow at 16:50| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

未公開株で詐欺行為を働いた武藤議員は果たして離党だけで済ませられるのか!?

前代未聞の現職の国会議員によるスキャンダルが勃発しました。自民党の武藤貴也衆議院議員が知人に未公開株の購入を持ちかけ、集めた出資金の返還を巡ってトラブルになっていると週刊誌で報じられたことで責任を取り自民党を離職する事となりました。

武藤貴也.jpg

学生デモ批判 武藤議員が“議員枠未公開株”で4100万円集金していた 週刊文春web


詳細についてはまだ明らかでない部分もありますが、武藤議員本人は「(記事に書かれた事は)一方的な内容で事実と異なるとして議員辞職はしない」「プライベートな問題により党に迷惑をかけたので離党する」と表明しています。事実と異なるのに自民党を離党とは整合性の取れない行動であり、週刊誌の記事の通りと見て間違いないようです。

しかし出処不明の未公開株の話を議員自ら持ちかけるとはどういう事でしょうか?しかも国会議員枠の未公開株とは初めて聞きますが、これ本当に言っていたのであれば政界を揺るがす大スキャンダルであり、国会議員という立場を利用した詐欺罪として立件されるかも知れません。自民党本部から集金するためのノルマでも課せられたのでしょうか?あまりにも阿漕で露骨な詐欺を働いたものです!一般国民から見て看過できませんし武藤議員本人から事実関係を明らかにしなければなりません。


自民党も自民党です!離党の申し出をあっさり受託し離党させるなどタイミングが早すぎるでしょう!それで済むと思ってるのでしょうかね?党が率先して武藤議員から事実関係を聴取しそれ公表させた上で議員辞職を勧告するべき事案だと思います。即日離党届を提出させておいて騒動が鎮まるのを待っているようにしか見えません。



この方のように騒動の沈静化を待っているのでしょうかね。

小渕 ドリル.jpg




武藤議員と言えば安保法案反対を訴えている学生団体「SEALDs(シールズ)に対して「自分中心、極端な利己的考え」とツイッターで批判していました。自民党が解釈変更による安保法制を通すために説明が十分に果たされていないのに拘わらず逆切れとは呆れたものです。今回の騒動は武藤議員が国会議員としての立場を使った利己的な詐欺事件ではないのですかね。



このシールズとの流れで武藤議員の発言を擁護していた方々もいましたが、まさかこんなスキャンダルが発生するとは思いもよらなかったでしょう。






それにしても今回の騒動は禊が済むまでなど悠長な事にしないよう明らかにして貰いたいものです。






posted by yuuponshow at 23:15| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

百田尚樹発言問題から読み取る自民党の体たらくさ

ここ数日波紋を呼んでいる百田尚樹氏による沖縄タイムスと琉球新報への潰せ発言、私の意見としてはこの騒ぎを焚きつけている発言否定者に対して何を今更という感想しかありません。登壇の場やツイッターでも左翼勢力に容赦なく浴びせかける発言を何度も見ている者からしてもいつもながらの百田節であり否定論者に対して今更騒いでどうしたいの?と言いたいです。


新聞社に報道の自由があるように、その新聞社の論調に異を唱えるのも自由です。潰したいと言われたなら批判の前になぜそう言われるのか紙面において検証すればいいでしょう。それすらせず一言論に怒りまくって抗議とはこちらの方が言論弾圧しているようにしか見えません。

実際に名前を挙げた沖縄二社の新聞社は日本の報道機関とは思えない論評を度々掲載しており、中国の尖閣諸島領海侵犯もまったく問題にしない有様、日本人としてこうした新聞社への異論を焚きつけるのは当然です!しかも会合が終了した後のオフレコでの発言であり、ここぞとばかりに叩いてはいますが、百田氏は一民間人であり、組織に属さず後ろ盾もない人間への批判は逆に言論弾圧と捉えかねません。バカな民主党はこの流れに便乗して国会質疑において百田氏を取り挙げて追及しようとしています。

ならば民主党に提案したいのだが、百田尚樹氏に対する参考人質疑でも求めたらどうか?与党が応じるかは分かりませんが物怖じしない百田の性格からして質疑に勇んで応じて散々左翼メディアや政党に対してぶちまけるでしょう。テレビのワイドショーや報道番組にでも出演させてもいい。どちらにしても思う存分ぶちまけられてスッキリされて帰られるのが目に見えます。

現にツイッターでも炎上を楽しんでいるようなこれらの発言、いくら非難しようが賛同する者も大勢いる以上、百田尚樹への非難は却ってメディアに対する批判として跳ね返ってくるのではないですか。









百田批判はメディアだけでなく、個人ブログにおいても取り上げていますが、一番話題にしているのが普天間基地でしょうか。

真実を探すブログ

百田氏の発言を検証した結果、殆どがデマだったことが判明!「普天間飛行場は田んぼだった」⇒戦前は9千人超生活!


正しい歴史認識・国益重視の外交・核武装の実現

「マスコミ懲らしめるには…」文化芸術懇話会の主な意見・いったい何が悪いのか?更迭こそ言論弾圧


この話題に関してはアクセスを集める大手ブログでも意見が分かれいますが、普天間基地が出来た頃と現在の写真を掲載している後者の方が説得力があり、あながち百田氏のデマではないと言えるでしょう。それに百田氏が唱えているのは普天間基地建設時から周辺住民の数が格段に増えた事を言っているのであって戦前に9千人いたとかの反論は問題提起をすり替えているだけなのです。否定したい叩きたいだけの人間はこのように論拠を都合よく解釈変更して追い込んでくるのでしっかりと情報を把握していく事は大事だと言えます。


問題なのは百田の発言ではなく、勉強会に出席を要請しながら百田発言で後手後手に回っている自民党執行部の対応です。別に百田を擁護しろとは言わないが、自民党自体もメディアの偏向報道の問題提起をしておいて、大騒ぎされると平謝りに終始し、招聘した議員を更迭処分するなど対応に追われる様は非常に腹立たしく情けなく感じます。百田は自民党に対して謝れとか抜かす自民擁護のバカもいますが、発言は本人が常日頃から主義主張としているものであり今更謝る必要などこれっぽっちもないのです。


こうした百田の歯に衣を着せぬ発言は周知の通りであり、そんな人物を自民党が呼んでおいてバツが悪くなると梯子外しする有様。この政党は主義主張に一貫性がなく、事を荒立てられるのを恐れて事なかれ主義に徹して賛同者を平気で切り捨てるのです。


アホなメディアからの圧力が強まると尻込みするアホな自民党政権、主義主張を曖昧にしては保守勢力はもとより全ての日本人からソッポをむかれるのも時間の問題でしょう。甚だ遺憾だと安倍総理が釈明しながらそのくせアイドルグループの政権批判の替え歌には怒り心頭、血眼になって会場使用差し止めするなどメディア顔負けの言論弾圧をやらかす始末。百田尚樹が自民党に対してこういったツイートを飛ばすのも時間の問題かも知れません。







posted by yuuponshow at 22:24| Comment(1) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート