2017年06月17日

禁じ手を使い共謀罪を成立させた自民党は今後の党運営に暗い影を落とすことに

今週、夜通しで行われたテロ等準備法罪の審議が紆余曲折を経てようやく可決となり、法案成立の運びとなりました。テロ準備法案というか新聞紙面でも共謀罪と書いていますので共謀罪に統一しますが、私はこの法案に関しては賛成の立場なのでこれはこれで良かったと思っていますが、その法案成立までの過程には非常に憤っています。






与党の言い分からすれば審議時間は十分置いておきながら野党は森友や加計の脱獄疑惑の追及ばかり、それに加えて首相や閣僚に対する問責決議の乱発もあり、まともに審議ができない状況だったことは理解できます。それに来月の東京都議選に備えて選挙対策も行わなければならないので会期の延長はしたくなかったでしょうから法案成立に急いだのはある程度理解しています。



しかし法案は本来法務委員会審議を経て行うべきが、中間報告という禁じ手を使い委員会審議をすっ飛ばしたのはやり過ぎであり、今後に禍根を残すことになるでしょう。委員会を省略する中間報告は過去数例ありますが、今回の行使は政権による自己都合であり決して肯定できる理屈にはなりません。

中間報告.png


共謀罪の是非は国民世論を二分しており、野党の妨害があっても辛抱強く審議を経るべきでした。正規の過程を経ていればまだ納得できたでしょうし、数の論理でいけばいずれは法案を通すことは可能なはずです。しかしこんなことをしては国民の法案や与党への不信感が募るばかり、恐らく今後の支持率にも影響してくるでしょう。



そんな状況を知ってか知らずか自民党議員のおごりとも言うべきかこのようなツイートがありました。





太鼓の音とは国会の前で行われている共謀罪反対を訴えている左翼連中のことを差しているのでしょうが、保守の中にも共謀罪に関しては否定の声もあり、反対の声がすべて太鼓の連中とレッテルを貼った長尾たかしにこのような怒りのツイートをしています。








更には国会において共謀罪を揶揄するような神経を逆なでする信じられないヤジを飛ばした議員もいたようです。






自民党からなのか分かりませんが、こういう無神経なヤジを飛ばせるほど国会議員としての資質が劣化しているのでしょうか?そう考えると非常に恐ろしいです。



中間報告という禁じ手を使いようやく成立してホッとしているのでしょうが、この禁じ手行使は国民世論の反発を買い、確実に自民党政権に暗い影を落としていくことになるでしょう。


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 15:55| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

増税の権化、与謝野馨自民党復党で消費税増税は既定路線に

いつの間にか与謝野馨が7年振りに自民党に復党しましたが、除名までしておきながらなぜこのタイミングで復党できたのか謎です。まー緊縮増税路線まっしぐらの自民党ですから増税推進論者である与謝野の復党は特に不思議ではありません。国民を欺くための知恵袋として復党させたのではないかと勘繰りたくなります。







ここで与謝野馨が自民党を離党する経緯をおさらいしておきます。自民党政権において閣僚や官房長官を歴任していた与謝野ですが2009年の総選挙において民主党(現民進党)に政権交代となってからは政権を失った当時の自民党執行部へ批判を行うようになり翌2010年に平沼赳夫と共に新党「たちあがれ日本」を結成しました。


その際に一部の自民党議員へ離党を促していたことから除名処分となった訳ですが、立ち上がれ日本に属した後も与謝野はトラブルの種となる民主党政権との連携を模索したことで、それが党内から反発に遭いたちあがれ日本を離党することとなりました。それから民主党の会派に属し、そのまま民主党政権の閣僚を歴任することとなりました。



それまで消費税増税に否定的だった民主党が消費税増税へシフトしたのは与謝野の存在も大きかったと言えるでしょう。与謝野は消費税増税なくして社会保障は守れない と述べているように一貫した消費税増税論者なのです。この与謝野を重用した民主党政権では経済財政政策担当大臣を担うなど民主党の増税路線に舵を切る中心的役割を担っていました。


この与謝野も民主党政権の陥落と同時に政界引退となった訳ですが、その後、自民党への復党を懇願をします。一度裏切っておきながらこの節操のなさには呆れますが、この陰では自民党の区議、都連からの働き掛けもあったようで一度除名となったにもかかわらず復党が認められることとなりました。



国会議員ではなく単なる党員という身分ですが、自民党という政党は森元総理など見れば分かりますが、元総理や閣僚経験者などの重鎮にはもの凄く配慮する政党です。与謝野もそれをいいことに政権への注進は積極的に行うことになるでしょう。特に消費税増税の必要性を自民党政権に執拗に訴えることになるのは容易に想像できます。



何度か増税を見送り延期としてきたもののいい加減に増税を決めてほしいとの声は自民党内からあがります。与謝野の復党を認めた自民党は今度こそ本腰を入れて消費税増税に邁進することになるでしょう。あらゆる指標を小細工して景気の悪化を誤魔化している自民党政権ですから与謝野復党が増税のための布石と捉える節があることは間違いありません。



野党(特に民進党)のスタンドプレイのおかげで批判が広まらない自民党ですが、その隙に虎視眈々と国民を窮する悪政が進行していることを日本国民は理解しておかなければなりません!


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 23:50| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

悪政を押し付けられても政権支持率60%を維持させる日本人の国民性

安倍首相が米ハワイの真珠湾を訪問したことを受け各報道機関が全国世論調査を実施したところ、下記のように60%超という高い支持率となりました。


安倍60%.jpg


読売新聞  63%

産経新聞  68%

日経新聞  64%


現時点で発表しているのが上の三つの報道機関ですが、それ以前の世論調査でも高水準の支持率を叩き出しています。



国民の三人に二人の割合が安倍政権支持ということでしょうか。しかしこれまで行ってきた政策を振り返ってると決して称賛される内容ではありませんし、今回の真珠湾訪問もオバマが広島訪問したことによるバーターであることは誰しも分かること。国民生活に直結した経済政策を見ても消費税増税による悪影響の総括もせず、アベノミクスという言葉ももはや死語となっているのに、それでも支持できるとは何が受け入れられているのかさっぱり分かりません。日本人とは痛めつけられることがたまらなく好きなマゾな国民性なのでしょうか。


安倍政権の政策を見ると左派的な政策が目につく一方で、右派への配慮も忘れていません。稲田朋美防衛相が、政治イベントがほぼ終わった年末の12月29日に靖国参拝しました。参拝するのは別に構わないのですが、関心度の下がる年末のドサクサの時期に参拝するとは普段は外圧にビクビクしながらも保守面をアッピールしたいという側面が垣間見えるようです。この年末参拝は3年前にも安倍総理がしていますが、防衛相という重責を担う稲田も安倍と同じ手段を取ったということでしょう。





日本が外圧は勿論のこと、国内からも政治家の靖国参拝に圧力をかけているのは皆承知しているのですから日本の国政や外交をまともにしているのであれば参拝しなくとも支持する人は支持してくれるものです。ところが失政・悪政を国民に押し付けてばかりの今の状態では右派への支持取り込みのために靖国をパフォーマンスに利用しているように見えます。

「愛国もしてますよ」と右派系にアッピールすることで右派から称賛してくれるとても便利な靖国神社。稲田本人は勿論のこと、こんなパフォーマンスでコロッと騙される人間もどうしようもありません。



稲田朋美は英霊に手を合わせるパフォーマンスをする前に日韓合意の不手際に何か言うべきことはないのか!?世界中に日本が慰安婦問題を表面化させた上で慰安婦と称する人間に血税10億円も払ってしまうという国辱とも言える外交をしておいて、沈静化どころか火に油を注ぐような行為を仕出かしたのですから。そして合意から一年経って慰安婦像を新たに設置される始末。こんな国に配慮したことによるツケは明らかに安倍や閣僚による大失態であり、その閣僚として携わっていた稲田も同罪である!!!








こんな自民党を支持できる輩もどうしようもありませんが、こうした事態を招いた野党にも責任の一端があるのも事実です。特に二重国籍批判を浴びながら全く釈明をすることもなく党首に居座り続ける蓮舫、日本死ねガソリンプリカの山尾しおり政調会長と野党第一党民進党のメンツがこれではどうしようもありません。


そしてこのようなレッテル貼りに終始する野党諸君、君たちのパフォーマンスがなぜ国民から受け入れられないのか理解できないのならば反自民勢力としては邪魔なだけだ!!

感じ悪いよね.jpg


かつて自民党政権への不満が増大し国民世論を動かし2009年の政権交代となったのに、替わった民主党の体たらくさから失望を生んで、再び自民党政権に返り咲くことになりました。その自民党が野党に転落したことによる反省から国民に真摯に向き合って国民のための政策をやってくれるのかと思いきや、国民虐め政策に前のめり。日本人や日本国のために働いてくれる政治家が存在していないとは言え、この無気力な国民性は非常に問題ありと言えます。

(スポンサードリンク)










posted by yuuponshow at 16:50| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート