2019年12月24日

自民党内で安倍VS二階によるIR利権抗争勃発で共倒れの可能性も

桜を見る会の話題は一時に比べてテレビの露出は減ってきています。しかし、それは安倍総理が説明することなく逃げまくっているからで、来るべき来年一月の通常国会では嫌が上にも国会に出ざるを得ない状況ですから再度大々的にスポットライトを浴びせられることとなるでしょう。桜の話題も野党やメディアの掘り起こしもあり新たな真実が次々と明らかになっているので国民が飽きるということにはならないと思います。安倍総理におかれましては首を洗ってお待ちくださいと言いたいですね。



安倍 うなだれる.PNG



桜を見る会においてあからさまとも言える法律違反が諸所に指摘されていますが、そんな中、IR利権絡みの収賄疑惑が持たれている秋元司内閣府副大臣の自宅や事務所に東京地検特捜部による家宅捜索が行われました。当初秘書に責任を擦り付けていたのが、さすがに利権絡みの収賄を秘書に押し付けるのは無理筋ですから当然の捜査着手と言えるでしょう。









収賄容疑といえば同じ自民党の先輩である甘利明元経済産業大臣のUR絡みの収賄疑惑が思い出されますが、この時には甘利自身の音声テープが残っているにも関わらず秘書も含めて捜査に着手されることなく不起訴となりました。雲隠れのための一時の入院措置の後、禊が済んだと言わんばかりに自民党の行革推進本部長など党の要職に就いてあの疑惑が何だったのかと思うほどに何事もなかったかのように疑惑払拭を果たした訳ですが、甘利が能天気な記事を上げ続けるSNS上において、今も疑惑における説明責任を求める声が後を絶ちません。









今回のUR絡みの収賄疑惑は甘利の案件と非常に似ていますが、違うのは今回特捜が動いた事。何を持って特捜が動くのか否かは安倍ちゃんのさじ加減のようにも思います。秋元内閣副大臣は二階派に属しており、二階と言えば媚が付く程の親中国派です。今回の捜査は中国カジノ企業との癒着と違法な資金移動があったと言われており、米国系カジノを推す安倍側との軋轢が今回の動きとなったのではと推測されます。




規模も金額も甘利の収賄より小さい秋元司副大臣が特捜に狙われた理由は媚中派である二階派を追い落とすこと。それを裏付けるぶら下がりインタビューで二階がインタビューに恫喝しながら激高したシーンが印象深いですが、まさに的を得たりといったところでしょうか。








きな臭いIR利権絡みの動きがここに来て世に晒されることになりましたが、この問題も絡めて大きな闇が見え隠れしているようです。二階自身も以前に捜査に着手されかかったこともあり、特捜の狙いはこちらが本丸との見方もあるようです。



二階総崩れとなると、安倍ちゃんとしては利権独り占めとなり大勝利、二階の求心力も消えるのでこれまで以上に幅を利かせることになりますが、その安倍ちゃんも桜の追求から逃げ回っている状況では安泰とは言えないでしょう。双方ともにリーク合戦で共倒れしてくれるととてもありがたいのですがこの顛末は如何に。
posted by yuuponshow at 18:48| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

マウントを取り脅しまくる安倍政権の醜悪な上から目線体質

国会閉幕と共に桜を見る会のメディアの露出が少なくなった今日この頃ですが、総理やその周辺の閣僚や官僚の稚拙な嘘出鱈目言い逃れが世間に知れ渡ってしまったことでそれを追求しなくなることは現政権の隠蔽を見逃すことになり、メディアに課せられた権力の監視という報道姿勢を放棄することになります。そんな中でも手を抜かず毎日系や朝日系のメディアはニュース番組やワイドショーで桜を見る会の追求を止めませんが、それが癪に障ったのか自民党議員から重箱の隅をつつくようなクレームをテレビ局側に申し立てたのです。













テレビ朝日報道ステーションの桜を見る会についての報道で意図的に政権を貶める編集動画に仕立てたと自民党の世耕弘也議員からクレームを付けられることになり、報道したテレビ朝日は謝罪に追い込まれることとなりました。







世耕が怒っているのは「総理は説明した」というコメントと、会見終了後のオフレコ的なところで「よいお年を」とコメントしたことを意図的に繋ぎ合わせて印象操作したというもの。しかしこれ同じ会場で発言しているのだし(総理が)説明責任を果たしたと嘯いて反省の態度は微塵も感じず幕引きを図りたい様が見え見えですからね。総理に苦言を呈することもなくよいお年をとか言われたら誰でも突っ込みたくなりますよ。



それにしてもこんな重箱を突くようなクレームに素直に対応して謝罪してしまったテレビ朝日にも問題ありです。何せ上層部が安倍ちゃんとしょっちゅう会食する仲なのですが、権力側と権力の監視側が仲良く酒宴に講じるなど先進国ではあり得ないのですがね。これにより萎縮して政権側に批判的な報道がしにくくなってしまいますからね。更に政権政党の中核を担う麻生太郎副首相の記者会見で質問記者を恫喝めいた口調でやじるシーンが話題になっています。







相手の些細な言説を執拗に揚げ足取りするという副総理とあろうもんが随分横柄な態度ですが、これも今の安倍政権の体質を表しているとも言えます。相手をやじるだけやじってマウントを取って優位に立つことしか考えておらず、都合が悪くなると適当に誤魔化して、そこには建設的な議論は存在しなくなります。



稚拙な閣議決定を見れば一目瞭然で、明恵夫人は私人とか反社は定義できないとかデータ復元は考えていないとか、こんなの政権に都合が悪い事案だから無理やり閣議決定にしたようなもんだと子供でも分かる酷い所業です。安倍は憲法改正を唱えているが、憲法に抵触してもまかり通る閣議決定乱発というそんな状況で憲法を触る資格などありません。





話を世耕のクレームに戻しますが、テレビ報道規制にとどまらずあろうことか野党幹部に対して「相手は謝ったからそっちの批判ツイートを取り下げよ!」と上から目線で命令する厚かましさ。この男は野党は勿論のこと、日本国すべての有権者を舐めきっています。








予算委員会からも逃げ、野党が参院規則に沿って要求した会期延期も拒否する憲政史上最低最悪安倍政権と自民党に国政を任せる資格などありません。子供騙しの信じられない嘘隠蔽破棄がまかり通る安倍政権そのものがまさに反社であり、この異常事態を一刻も早く終わらせなければなりません!!



posted by yuuponshow at 18:07| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

次代の総理候補から国民のおもちゃへ!小泉進次郎ブランドが崩壊の道へ

前回の記事で取り上げましたが、ツイッターの安倍総理公式アカウントが二週間ぶりに再開したツイートがラグビーワールドカップ日本開催のPR動画でしたが台風の被災状況には一切触れることがなかったことで多くの批判リプが寄せられることとなりました。これに対し安倍公式アカウントがやったのが批判リプアカウントへブロックという手段が大きな波紋を呼んでいます。













上記のツイートに限らず多くのアカウントをブロックしているようで、異論については即シャットアウトしたがるこんな人たち扱いなのでしょう。それにしても我が国の宰相という立場でありながらこれだけの甚大な被害があったにも拘わらずなぜ一言被災地や被災者についての言及や注意喚起をしないのか?これでは批判殺到しても当然なのですが、もう面倒臭いと思っているのでしょうか。国民に寄り添う姿勢が一切なくはっきり言って政治を担うレベルにはなく国民にとっては不幸な事態であると言えるでしょう。






そんな批判轟轟の第四次安倍新政権で最大の目玉人事で抜擢された自民党唯一の期待の星である小泉進次郎新環境大臣が早速初外遊し国連の場でデビューを果たしました。



小泉進次郎 セクシー.PNG



真意が分かりかねるセクシー発言が飛び出すなど進次郎大臣早速ぶちかましておりますが、これの説明を求められると「説明すること自体がセクシーじゃない。やぼな説明は要らない」と自身のイミフな発言を煙に巻いてカッコよく決めたつもりなのでしょうか?しかしこの具体策もくそもない論点を逸らしたセクシー発言をそのまま引用して海外メディアで発信されたことで格好のネタにされています。









日本の化石燃料依存が国連で非難されているのに、親父の受け売りで脱原発も主張する進次郎大臣は「(化石燃料脱却を」どうやって?」という核心を突いた質問には何も答えることができずテレビのコメンテーターから中身がないことを堂々と発言して驚いてると突っ込まれるなど散々な外交デビューとなりました。










総理を務めた親父を持つ代議士なのでただでさえ注目度が高いのですからその点では同情しますが、それを割り引いても突っ込みどころ満載の外交デビューとなった訳ですが、ツイッターではこのようなハッシュタグを付けられすっかりもて遊ばれています。








次代の総理大臣候補ともてはやされていたのにいつの間にか国民のおもちゃに遂げた小泉進次郎大臣、当人であればかなり凹むのでしょうが、ステーキが食べたいと食欲旺盛なところを見るとあまり気にしていない様子です。








ステーキを食うだけでもこうしてメディアで取り上げられもてはやされる政界のサラブレッドですが、これから大臣として実務をこなしていくには中身のないポンコツぶりが露わになり前途多難の様相です。








こういう発信がこれからどんどんされていくことになればさすがの進次郎推しのメディアもフォローし切れなくなるでしょう。国会議員になって10年、築いてきた小泉進次郎ブランドは今後崩壊することに繋がることになるでしょう。悪いことは言いません。お兄ちゃんに相談して政界から足を洗って芸能界への転身をお勧めします。私の私見では俳優よりも天然お笑い芸人の方が合っていると思いますが(笑)
posted by yuuponshow at 23:03| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする