2017年10月18日

選挙情勢は優勢なはずなのに野党を徹底的に潰しにかかる余裕のない自民党工作員

いよいよ今度の日曜日に雌雄を決することとなる総選挙ですが、情勢は自公与党政権の圧倒的優位は変わらずで、メディアでの扱いもややシラケ気味のようです。野党の混乱に乗じて漁夫の利を得る形となった自公与党勢力ですが、政権支持率は不支持が支持を上回っている状態でありながら予測が300議席超では納得がいきません。このまま自民党が圧倒的民意を得たと勘違いして更なる国民イジメ政策を敢行されると思うとおぞましい気分に苛まれます。



情勢優位に気を良くした自民党はその勝利を確実なものにするために自民党ネットサポーターズクラブ(JNC)を中心とした自民党工作員共がSNSなどWeb上において野党叩きを敢行しています。JNC最大のターゲットは小池百合子率いる希望の党です。保守思想を掲げ、自民党に取って代わる政権を目指して今回の総選挙に名乗り出た希望の党は支持層も被ることから潰さなければなりません。


そして自民党工作員の執拗なネガティブ攻撃と希望の党の内紛などの自滅もあり、当初好意的だったマスコミも批判に転じたことにより政党支持率も一気に下落となりました。何せ取り仕切っているのが小池百合子代表のみで代表代行、幹事長、政調会長などを置いていないことから政策も方針も一貫性がなく、有権者から不安視されるのは当然であると言えるでしょう。選挙期間中でこれですから選挙後も更なる混乱は避けられません。




この弱り目の希望の党ですからここぞとばかりに徹底的に叩き潰しにかかります。自民党Web戦略担当として希望の党叩きを率先して行っている和田政宗は希望の党の政見放送で背後に掲載している地図を取り上げ北方領土が載っていないと批判し拡散させています。








地図ごときでワーワー騒いでクレームを付ける和田もどうかと思いますが、これ見よがしにと後でひげの隊長佐藤正久まで参戦し、サポータークラブを始めとした自民党工作員共が拡散し希望の党を総出で叩いています。日本人として保守として許せん!けしからんという建前なのでしょうかね。くだらぬ揚げ足取りに躍起になっていたのですが、その後で自民党のホームページではな・何と北方領土は勿論、沖縄も載っていなかったことが判明したのです!和田は自分の党のサイトを見てぶったまげたのか気になるところです(笑)






威勢よく突っかかったのに何とも間抜け振りを晒していますが、それでも自民党工作員共はスルーして批判を続けているのだから始末が悪いです。選挙情勢が優位なのだからあちこちに突っ込むより悠然と構えていられないものでしょうか?



そして希望の党所属議員の中で小池百合子に次いで批判に晒されているのが中山成彬&恭子夫妻です。自民党の補完勢力である日本のこころを抜けて小池党に入ったもんですから中山夫妻への罵倒とも言える批判が絶えませんでしたが、更に怒りを買ったのがこのツイートです。







これに自民党シンパの著名人が噛みついたことで炎上にまで発展しましたが、確かにこの前まで安倍総理を応援すると言いながらこのツイートは変節と言えなくもありません。しかしツイートに書かれているように財務局の資料破棄や交渉過程を忘れたと言い逃れしていることに苦言を呈しており、モリカケの疑惑よりも官僚の不審な行動が官邸による意図的な指示か、それとも忖度したのか知りませんが、国民の不審が拭えていないことを指摘するものであって中山なりあき氏が言及していることは正論なのです。むしろそれまで安倍や自民党に対して擁護から批判に転じるのは悪いことではありませんし、評価したいくらいです。


TPPしないと言ったにもかかわらず参加を表明するなど公約も守らず、文章破棄やすっとぼけて忘れるだの抜かして情報隠蔽に徹するなど国民を欺いてきた大嘘つき自民党に反旗を翻すのは至極当然であり正常な判断です。そんな自民党工作員共が中山ツイートに噛みつくあたり、舐めてるのかと言いたいですね。私もこれは一言忠告してやろうと噛みついていた自民党工作員:文化人部門の百田尚樹にツイートしましたが、最後の一言は余計でした(^_^;)










こういう自民党工作員の突っかかり方を見ると、彼らが批判しているあちら側の人と大して変わりないように見えてしまいます。何度も言うように選挙では自民優勢だそうですが、世論調査では安倍政権不支持の方が支持よりも高いだけに彼らにも焦りが見え隠れしているように思えます。不支持が支持を上回る与党が圧勝していいのか!?我々有権者としてはサポーターなどの世論誘導に惑わされることなく正常な方向に導くべく貴重な一票を投じましょう。




(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:58| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

安倍が失脚したらこの世の終わりのようにのたまう安倍支持者

加計学園や防衛省の日報問題など野党からの執拗な追及に追われた閉会中審議をようやく終え、改造内閣に着手する安倍総理ですが、どういう人事を配してももはや死に体内閣となることは避けられません。その改造直前にこれまで庇い続けてきた稲田防衛大臣が改造前に辞任を表明するなど、もはや安倍政権の行く末はお先真っ暗と言えるでしょう。


しかし野党が自民党に取って代わる対抗馬とならない以上、現実的には安倍が退陣しても自民党政権が続くことには変わりません、ただ安倍シンパは政党内での首相交代すら許さず安倍の代わりがいないと、安倍晋三を徹底的に守りきるという姿勢をとっています。先日にはチャンネル桜が「頑張れ安倍内閣!」と称した街頭デモ活動を行っています。



負けるな安倍政権.png
頑張れ安倍総理.JPG




こうした勢力が安倍を守る理由として挙げられるのが、「安倍の代わりに誰がいるのか!?」というものです。連中の安倍に対する買い被りは相当なものなのはよく分かりますが、では逆に安倍が突然死んだらどうするの?と問いかけてみたいです。安倍が死んだら日本は終わり、この世の終わりとでも思っているのでしょうか?



安倍の代わりなんている訳がありません。人間はそれぞれ独立・自立したものであり、思想信条も違うものです。安倍の代わりなど不要であるし探す必要もありません。むしろ安倍を崇拝することで消費税増税やTPP、移民政策といった売国政策が語られることなく推進させてしまった罪の方が深刻です。



そして安倍シンパが頑なに主張しているのが安倍政権による経済政策(アベノミクス)の成功と憲法改正を含めた安全保障の評価です。しかし安全保障に関しては中国の領海侵犯が民主党政権よりも圧倒的に増え、先日には津軽海峡にまで侵入するなど深刻な事態なのに何言ってんだ(#゚Д゚)ゴルァ!! と突っ込みいれたくなります。自民党シンパの有本香でさえも安全保障については後退していると言い切っているのにね。








経済に関しては日銀の金融緩和政策は政権発足前から掲げていた公約であり、これに関しては有言実行し株高と円安と一応の成果はもたらしましたが、何しろ金融緩和の出口が見えず6回も目標到達時期を先延ばししているのですから酷いものです。一見、好転しているように見える株価相場も年金を相場につぎ込んだ意図的に作り上げた官製相場に過ぎません。




最後にネットで拾った安倍シンパの声を取り上げます。

安倍政権を失えば、金融市場参加者は失望して全面的な失望売りに走るでしょう。せっかく回復しかけた日本経済が再び失速してしまう。



何か消費税増税すると国債価格が暴騰してハイパーインフレになるとか言っていた人と同じ主張のように思います。現実的に自民党政権が続くわけだから突然政策を反転させるなどあり得ません。今の経済政策と反する政策で行くにしても金融緩和の出口戦略を投げ出せばパニックになるのは誰でも分かります。政権が民主党に変わるならまだ言い分は理解できますが、あまりに飛躍した主張です。


回復しかけた日本経済が失速とかもう失速してますがな(笑)消費税増税以降の消費低迷が何よりですから、この点を総括しないで景気回復などあり得ないでしょう。そしてこんな意見もありました。

安倍総理の維持こそが国益であり、国民の命と財産を守るための現実的で妥当な手段となっており構造になっている。



もはや支持というか神格化レベルです。こうなっては、安倍以外はすべて認められないということなのでしょうか。安倍が失脚したら本当にこの世の終わりとなるのかぜひ見てみたいものです(笑)


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 18:20| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

日韓合意の正当性を主張するしきしま会の詭弁まみれの見解

領事館前の慰安婦像建立を巡り日韓双方が緊迫した情勢となっていますが、日本側の対抗措置として釜山とソウルに在韓している大使を一時帰国させました。国際条約を平気で反故にする傍若無人な国ですから当然の措置ですが、召喚ではなく一時帰国というのが強硬な態度を見せても日本政府の弱気な部分が垣間見えるところです。

安倍政権の強硬な姿勢を評価する声もありますが、そもそも慰安婦像を完全撤去されていない状態で10億円支払うべきではなかったし、ましてや英霊の名誉を汚す日韓合意など結ぶべきではなかったのです!!


それすら理解しないのか、自民党の失策を誤魔化そうとしているのか日韓合意を正当化させて安倍政権を擁護している保守系団体の「しきしま会」会長の沓澤氏(ぼうずp)ですが、安倍政権に辛辣に批判していた在特会や桜井誠に対してネット配信で連日批判をし、日韓合意の正当性を主張しています。



この動画何度か見返しましたがどう見ても日韓合意の正当性など見当たりませんし、彼の詭弁が際立つあまりに酷い弁解です。コメント欄を見るとぼうずPへの称賛の声以上に苦言を呈している人が相当数あり、それ苛立ってにキレてますが、彼の苛立ちが如実に表れている証であると言えます。

しきしま会 キレる.png

この中で「安倍総理は(日韓合意で)謝っていない」としていますが、これを見てもそう言い切れるのでしょうか?


2015日韓合意 謝罪.png

安倍 心からおわびと反省.jpg
朴 謝りました.jpg


どう見ても謝ってるでしょうが!!(;・∀・)しかも韓国の朴大統領も日本政府のお詫びと反省と認識している以上言い逃れはできませんね。


それに「(10億円は)賠償金ではない」として「見舞金」と釈明しているのも理解に苦しみます。その棲み分けが不明だし、10億円を一人当たりに分けると一千万円という高額なものです。賠償金でも見舞金でもどちらでもいいんですがずいぶんと奮発して血税を支払ってくれましたね。政府見解で従軍慰安婦を認めないとしていながらこの高額の「見舞金」を日本国民の皆様納得できますか?


総理が言ってるから政府がそう言ってるからとこの男は散々口にしていますが、これまでの日本政府の詭弁を振り返れば政府見解をそのまま信じ込んでしまうのも自民党への忠誠心が垣間見えます。あまりに自民党を安倍を妄信しているこの男の言い分を聞いて胸糞悪くなったのは私だけではないはずです。


そもそもこの合意はアメリカが仲介した半ば無理やり感があり、日本を貶める要素盛沢山の欠陥ものです。かつて保守側から猛批判を浴びた河野談話よりも酷く、且つ踏み込んだ日本を咎める内容の日韓合意を結んだ最高責任者は安倍晋三なのです。


しきしま会のような自民党工作員は日韓合意の正当性を訴えて合意内容を破った韓国に矛先を向けさせようと躍起になっており、自民党様にホイホイと口車に乗せられて売国政策に加担しています。左翼右翼とカテゴリーを分別する前に日本を貶める自民党政権に加担している以上、この組織の存在は害悪でしかありません!!


(スポンサードリンク)







posted by yuuponshow at 22:40| Comment(2) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート