2017年07月29日

安倍が失脚したらこの世の終わりのようにのたまう安倍支持者

加計学園や防衛省の日報問題など野党からの執拗な追及に追われた閉会中審議をようやく終え、改造内閣に着手する安倍総理ですが、どういう人事を配してももはや死に体内閣となることは避けられません。その改造直前にこれまで庇い続けてきた稲田防衛大臣が改造前に辞任を表明するなど、もはや安倍政権の行く末はお先真っ暗と言えるでしょう。


しかし野党が自民党に取って代わる対抗馬とならない以上、現実的には安倍が退陣しても自民党政権が続くことには変わりません、ただ安倍シンパは政党内での首相交代すら許さず安倍の代わりがいないと、安倍晋三を徹底的に守りきるという姿勢をとっています。先日にはチャンネル桜が「頑張れ安倍内閣!」と称した街頭デモ活動を行っています。



負けるな安倍政権.png
頑張れ安倍総理.JPG




こうした勢力が安倍を守る理由として挙げられるのが、「安倍の代わりに誰がいるのか!?」というものです。連中の安倍に対する買い被りは相当なものなのはよく分かりますが、では逆に安倍が突然死んだらどうするの?と問いかけてみたいです。安倍が死んだら日本は終わり、この世の終わりとでも思っているのでしょうか?



安倍の代わりなんている訳がありません。人間はそれぞれ独立・自立したものであり、思想信条も違うものです。安倍の代わりなど不要であるし探す必要もありません。むしろ安倍を崇拝することで消費税増税やTPP、移民政策といった売国政策が語られることなく推進させてしまった罪の方が深刻です。



そして安倍シンパが頑なに主張しているのが安倍政権による経済政策(アベノミクス)の成功と憲法改正を含めた安全保障の評価です。しかし安全保障に関しては中国の領海侵犯が民主党政権よりも圧倒的に増え、先日には津軽海峡にまで侵入するなど深刻な事態なのに何言ってんだ(#゚Д゚)ゴルァ!! と突っ込みいれたくなります。自民党シンパの有本香でさえも安全保障については後退していると言い切っているのにね。








経済に関しては日銀の金融緩和政策は政権発足前から掲げていた公約であり、これに関しては有言実行し株高と円安と一応の成果はもたらしましたが、何しろ金融緩和の出口が見えず6回も目標到達時期を先延ばししているのですから酷いものです。一見、好転しているように見える株価相場も年金を相場につぎ込んだ意図的に作り上げた官製相場に過ぎません。




最後にネットで拾った安倍シンパの声を取り上げます。

安倍政権を失えば、金融市場参加者は失望して全面的な失望売りに走るでしょう。せっかく回復しかけた日本経済が再び失速してしまう。



何か消費税増税すると国債価格が暴騰してハイパーインフレになるとか言っていた人と同じ主張のように思います。現実的に自民党政権が続くわけだから突然政策を反転させるなどあり得ません。今の経済政策と反する政策で行くにしても金融緩和の出口戦略を投げ出せばパニックになるのは誰でも分かります。政権が民主党に変わるならまだ言い分は理解できますが、あまりに飛躍した主張です。


回復しかけた日本経済が失速とかもう失速してますがな(笑)消費税増税以降の消費低迷が何よりですから、この点を総括しないで景気回復などあり得ないでしょう。そしてこんな意見もありました。

安倍総理の維持こそが国益であり、国民の命と財産を守るための現実的で妥当な手段となっており構造になっている。



もはや支持というか神格化レベルです。こうなっては、安倍以外はすべて認められないということなのでしょうか。安倍が失脚したら本当にこの世の終わりとなるのかぜひ見てみたいものです(笑)


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 18:20| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

自民党を惨敗に導いた無能な味方である有本香

東京都議選から一週間経ち、都議選の総括をあらゆるメディアで行われています。都民ファーストが勝ったというよりも自民党の自滅であるというのが大筋の見方ですが、自民党を惨敗に導いたのは執拗に小池都政を辛辣に批判をしていた連中もそれに当てはまるのではないかとみています。その中でも最たるのがジャーナリストの有本香です。


有本香.png


彼女の喋りはやや鼻づまりでトーンが低いものの無駄なく淡々と語るのでそれが却って視聴者に響き伝わりやすいと言われています。物おじしないはっきり物を言う論調が保守系の視聴者層に評価を得ているところもあります。


この有本香女史ですが、小池都政に関して他の話題に比べてモロに感情むき出しで批判しています。有本が小池批判に転じるきっかけとなったのが築地市場の豊洲移転にストップをかけたことによるものと自ら言っていますが、そもそも豊洲はガス工場跡地であり有害物質が長年の稼働によって蓄積されている場所です。こんなところに移転を決定してしまったというプロセスが果たして都民や市場関係者に十分に説明されていたのでしょうか?


豊洲移転に関しては、モニタリング調査が完了する前に建物を建ててしまったことも問題です。後で汚染が発覚した場合に建物が出来上がった後ですから完全な改修が出来なくなります。それに豊洲の建築費用も当初の予定よりも倍以上の6000億円もかけてしまい、移転により多くの仲卸業者が移転せず廃業の道を選ぶことで市場規模が縮小されると予想されるのに市場を運営する維持費は年間100億円とは間違いなく経営が行き詰まります。こうした状況を鑑みれば一度立ち止まって検証するのは当然のことです。


それでも移転を止めた小池都知事を批判する有本香を見ていると臭い物に蓋をして誤魔化す、一部の権力者に阿っているようにしか思えません。そして口だけではなく著書で小池批判を広めようとして都議会選挙前に急きょこうしたネガティブ本を出版しました。






立ち読みでパラっと見たのですが、豊洲の安全性に関してはお友達の建築家・佐藤尚巳の受け売りで安全性を主張しているだけです。(有本は建築学の知識ゼロなので当たり前ですが)この佐藤尚巳、地下の空洞を絶賛していますが、後で専門家会議において追加対策工事が必要との判断が下されており、環境アセスメントに載っていた盛り土もなくあるはずのない地下水の溜まった空洞など結果的にそれが良かったという見解とか建築士としてどうなのでしょうか?建築家ってこんないい加減なものなのでしょうか?


豊洲の敷地は広大でありながら市場関係者が指摘しているように市場内が道路で分断されており、トラックの積み荷下ろしも市場の構造上の問題から手間や時間もかかるとのこと。その他にも色々ありますが、汚染問題だけではなくこうした問題もあるのですが、建築学の知識のない有本香は「問答無用で移転せよ!」と高飛車に言い放っているのです。








お仲間が追加工事が必要と言ってもプライドの高さからか自己分析せずにあんたが間違っているのよと言わんばかりのこの物言い、そして憎っくき小池へのDisりも忘れていません。


小池Disりのために有本香が出版した「小池都政が日本を滅ぼす」ですが、豊洲新市場の建築的見解の検証もないようで安全性を主張しても空虚でしかありません。保守と言われる連中にはこの有本と同調した形で小池批判キャンペーンを展開していましたが、小池dISりあまりに度が過ぎたのか都民ファースト大圧勝、自民党は有本のお仲間まで議席を失うなど大惨敗を喫しました。



自身の妄想を最大限に膨らませてつくりあげたネガティブ本でしたがその効果はないばかりか、選挙から一転、情勢は変わって小池ネガティブキャンペーンを展開してきた有本への批判が集中することになりました。お友達の自民党都議のヤジ問題で言及されるとお友達はやっていませんと代弁していますが、当時現場にいなかった有本がどうしてやっていないと言い切れるのでしょうか?





お友達を必死で庇う健気な姿勢は感動ですが、直後にこのような証拠まで突き付けられるとは悲しいですね。良いヤジってどんなヤジやねん(笑)。








有本香はいまだ小池Disりに躍起になっていますが、お友達擁護ですっかりうさん臭さが定着したようです。一部のヒステリック同調者には需要はあるかも知れませんが、公平公正なジャーナリストとしては失格レベルでしょうね。有本と一緒に虎ノ門ニュースでコメンテーターをやる機会のある竹田恒泰なんか一緒に小池Disりしていますがこの男、一年前は豊洲はゴミダメ、事故物件だと言っていたのですがね。




このような持論を隣にいる有本に言わず、一緒になって小池批判している竹田を見てどう思いますか?竹田と言えば森友学園問題でも手のひら返しして籠池を非難していましたが、このような二枚舌を展開をされてはご自身のためにもよくないと思うのですがね(笑)



(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 23:30| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

罪深き安倍売国政策を高く評価し絶賛する保守言論人

これまで取り上げてきたしきしま会のぼうずPについては各方面から批判が殺到しており、この男の保守界隈としての影響・発信力は潰えたとみていいでしょう。しかし政権支持率に反映されていることからも分かるように安倍さんは保守であると妄信している者もいまだ多数おり、しきしま会だけでばなくメディアに登場する著名人にも安倍支持者は存在しているのです。


谷田川惣.jpg

谷田川惣(やたがわ おさむ) 保守言論人としてメディアへの露出も多く、チャンネル桜にも何度か出演しています。主に皇室関連についての著述本を出版しており、小林よしのりを始めとした女系天皇論者を厳しく批判するなど強固な男系論を主張しており一部保守層から評価を受け支持されていますが、この男も日韓合意について批判は一切しないどころか擁護しまくっています。









今話題の日韓合意についても日韓合意は成功したなどと吹聴しており、ぼうずPと同じ類いの安倍信者であることがお分かり頂けると思います。これを見ても安倍の盲目的な信者であることは疑いの余地がありません。しかも日韓合意だけではありません。安倍が行ってきたこれまでの売国政策についても谷田川は高く評価をし支持をしているのです。




消費税増税








TPP









移民政策









ヘイトスピーチ法案






ヘイトスピーチ法についてはどっちでもいいと言いながら作られたのは自動自得とか言ってるのって悪法だと暗に認めている証拠です。それでも自民党への批判は絶対しないのがこの男の特徴です。日韓合意だけではなく安倍政権の数々の悪政を行うたびにそれを絶賛し、支持をしている点においてはぼうずPと同等、むしろそれ以上の安倍支持者であると言えるでしょう。



ぼうずPのように感情を露わにし反論者に攻撃したがる単細胞とは違い、この男のように冷静且つ真面目そうな人間の言論には大衆はコロッと騙されやすく、一番やっかいでありタチが悪いのです。


また詭弁の達人、上念司さんとも仲が良いようで著書が出ると互いに絶賛し合っているようですね(;・∀・)






谷田川だけではなくこの他にもまだまだいる安倍を妄信する言論人。悪政が進行していくことに何の警鐘も鳴らさないどころか絶賛する時点でこの類の人間は信用に値しません。著名家ということを利用して安倍を絶賛し大衆を騙す彼らの責任は安倍政権同様に深く重いものなのです。

(スポンサードリンク)







posted by yuuponshow at 18:29| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート