2018年05月11日

余命三年時事日記の懲戒請求に加担していた渡邉哲也という自称・経済評論家

柳瀬元首相秘書官の参考人質疑が行われましたが、役人らしくのらりくらりと追及をかわす弁明に終始していたという印象です。これまでの愛媛県・今治市職員とは会ったことがないという主張を、会ったことがあるかもしれないと修正していたのはいいとして、総理秘書官という立場でありながら職務における事後報告を安倍総理に対して一切していないとかあり得ない答弁を行ってしまいました。突っ込みどころ満載の柳瀬証言でしたが、安倍総理の証言と辻褄を合わせるためと考えれば無理やりそうするしかなかったのでしょうか。











今回の参考人質疑は柳瀬氏の他になぜか八田達夫国家戦略特別座長を衆議院に、加戸守行前愛媛県知事を参議院に参考人として呼んでいます。野党が要求していないこの二人を呼んだ理由は政府側に都合の良い人物であり、加計学園獣医学部創立の正当性を訴えたかったからに他ありません。実際に二人とも獣医師会からの圧力にかかわる裏話や創設に漕ぎつけた苦労話を述べていましたが、そんなもん今回の参考人質疑の主旨とは関係ないことです。





そもそもなぜ加計学園問題が一年以上こじれているのかと言えば安倍総理の「かかわっていたら総理を辞める」という余計な答弁が引き金となったからでありその後、証言の矛盾点が次々と明らかになってこじらせたことに他なりません。こんなもんサッサと幕引きできたはずなのに話をこじらせた安倍こそが最大の戦犯なのです。首相秘書官という職務でありながら首相への報告を放棄したと堂々と宣言する面の皮の厚さと、それを平気で見過ごす首相と官邸にも問題です。今回の更に国会で尾を引くことになるでしょうが、これも因果応報、安倍政権のまいた種です。






話しは変わって先日ブログで取り上げた余命三年時事日記の懲戒請求問題ですが、ここに来て新たな人間がクローズアップされることとなりました。


渡邉哲也 懲戒請求.PNG



このツイートは2017年の10月で、丁度余命ブログが煽り立ててそれに触発された読者が当該弁護士に懲戒請求を送りつけたまさに真っ最中の時期です。懲戒請求を煽動した余命ブログはまさに煽動の首謀者ですが、こうした煽動を助長するようなツイートは共犯者とも言えるでしょう。しかもこの渡邉哲也のこのツイートは数多くリツイートされたり、引用して煽り立てるツイートも散見されるなど十分共犯レベルの煽動行為を行ったと言えるでしょう。












ところが今回弁護士が懲戒請求者への反撃に出ると情勢は一変し、渡邉哲也を始めとしたこれらの扇動者はこの件には一切語ることはなくなりました。そして逆に無責任な扇動者として批判のツイートが寄せられていますが、渡邉はこれについて評論しているだけで煽動していないと弁明する始末です。










そのツイート通り、被害者である弁護士も渡邉哲也のツイートを問題視しているようです。







それでも私は煽動していない、論評しているだけダー!!!と自論を曲げることはしません。しかしこういうのっていくら詭弁を押し通しても他者から煽動したと捉えられればどうにもならないのですがね。しかも被害弁護士までも渡邉のツイートを問題視しているのだから反論の余地なしだと思います。
















ということでお決まりの台詞である「お困りの人が湧いてるなぁ」と呟き反論者をブロックしてしまいましたとさ(笑)




渡邉哲也と言えばパレルモ条約で嫁のデマを拡散してしまい、それの謝罪も訂正もしなかったことで胡散臭さが露呈することになりました。謝ったら自分の言論にキズがつくのかわかりませんが、こういうの拡散されてる段階で評論家などと称する資格などない人間です。煽っておいて情勢が不利になると知らぬ存ぜぬ、煽動したという自覚もなく平気で裏切り知らん顔、これって人間のクズそのものですね。








それにしてもこのブログで最初に渡邉哲也を取り上げたのが自民党工作員のfuzitaを窘めたもので、その時は好意的に取り上げたのですがここまでおかしな人間であるとは思いませんでした。fuzitaも渡邉も同じレベルだったということですね(^_^;)

posted by yuuponshow at 18:30| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

似非保守ブログに煽られリスクを知らず懲戒請求を弁護士に付き付けた1000人が逆提訴される

ネットで影響力の高い保守系ブログが、弁護士に対して懲戒請求を求める働き掛けを行ったところ、それに煽られた約1000名が一斉に懲戒請求を仕掛けたものの、逆に裁判で訴えられるという騒動が明らかになりました。


余命三年時事日記.PNG





余命三年時事日記
という保守界隈では有名なブログがその発端となった訳ですが、そもそも懲戒請求を起こすきっかけとなったのが、この弁護士を含む東京弁護士会が朝鮮学校への補助金支給を求める活動に対する批判が元となったようです。実はこの他にも余命ブログを支援し,著作本の発行元出版会社の青林堂内部のパワハラ問題に絡んでいる弁護士とも重なっていることからこの際一気に撲滅させようとブログ読者へ懲戒請求をするよう煽ったのでしょう。ご丁寧にも懲戒請求のための雛型を作成し、それを周知するという徹底ぶりでこれに触発されたブログ読者が一斉に懲戒請求を弁護士に付き付けたという経緯のようです。




ところが訴えられた弁護士はそれに対し、訴えた約1000名すべてを威力業務妨害で訴えると公表したのです。












これに呼応した同じく懲戒請求された弁護士も加わり、反訴として懲戒請求を訴えた1000名に対して損害賠償請求を求めて反訴すると反撃されることとなりました。これに大慌てしたのか、懲戒請求を行った者の中には弁護士に対して示談金10万円を支払い示談を済ませる者もいるなど、煽動されたとは言え、ろくすっぽ調べもせずその代償の高さを噛みしめる結果となりました。








思想信条が異なるから懲らしめたいという気持ちから起きた行動なのでしょうが、突きつけた懲戒理由も明確な具体性がなくあまりに浅はかとしか言いようがありません。そしてこれを煽動した余命三年時事日記のブログ主の無責任さにも呆れます。それに懲戒請求しても個人情報は相手には届かないというデマも流しており、それで安心したのか1000名近くの懲戒請求となった模様です。しかも煽動した自分は懲戒請求を出していないとは煽動で煽られた連中が哀れでなりません。



法律のプロである弁護士相手に素人が法律家との相談もなく法律シバキをやろうというのが無謀なのですが、裁判なら数十万円、示談ならば10万円で済みますが、あまりに高い代償であることに違いはありません。



それにしても1000名もの人間を煽動できるとは私も名前はよく聞くのですが、この余命日記については相当な影響力があるのだと始めて知りました。しかし多くの人間に損害を被らせてしまいかねない多大な迷惑を掛けて、今のところ謝罪も対処もなしとは酷いもんです。同じ思想を抱く仲間が余命日記への支援と連携を表明していますが、その前に煽られた読者に対するケアと浅はかな懲戒請求を煽動した余命ブログ主を非難するべきなのですがね。









小坪行橋市議員についてはこのブログで何度か取り上げていて彼については否定的な見解を述べることはなかったのですが、今回はダメですね。この先反訴を起こされてどのような結果になるのか分かりませんが懲戒請求をした1000名については自業自得とは言え損害を被ると同時に精神的な苦痛も相当なものでしょう。



この余命三年時事日記は安倍政権のこれまでの政策にも異を唱えず称賛しているようで、今回の懲戒を仕掛けられた弁護士も安倍政権の政策を非難していたと聞きます。それが大量懲戒請求を突きつける最大の引き金になったのかも知れませんが、安倍の売国政策を称賛し、それに賛同するとはどうしようもありません。別に弁護士側に共感するつもりはありませんが、今回の件で多くの人が目を覚ましてほしいものです。


posted by yuuponshow at 22:24| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

安倍倒閣の近道は自民党工作員アカウントの正体を暴き潰すこと!

野党による審議拒否により国会が空転してからというものの、政権支持派と反政権派による罵倒合戦が繰り広げられています。


「公文書改ざんなど日報隠蔽、セクハラなど与党は説明責任を一切果たしておらず、これらの責任者への処遇についても曖昧なままで審議できる環境が整っていない。国会を正常化させる責任は政府、与党にある」




「審議拒否は国民への冒涜、怠慢、税金の無駄、職場放棄する野党に問題がある」



野党6党の審議拒否については、ネットはもとよりメディアでもズル休みなどと称して伝えられており、やや政権支持側が押し気味のようです。









このようにデカデカとズル休みと乗っけられては経緯に疎い国民もそうなのかなと信じ込んでしまいそうですが、そもそも安倍政権は野党の追及に何一つ答えていないゼロ回答という舐めきった態度を取っている与党の姿勢が原因の発端なのです。



政権もそうですが、自民党内からも説明責任を果たさないという声を挙げ問いただすことなく野党へ責任転嫁したりする始末。









そしてそういう与党の不誠実な対応にも拘わらず審議がスムーズに進行すると嘲笑っている政権支持者たち。こいつら裁量労働制のデータ改ざんが明らかになったのにデタラメな情報を元に審議可決する流れが正しいと思っているのでしょうか?










財務省の不祥事における対応の甘さとハニートラップと決めつけテレビ朝日女性記者へのセカンドレイプ発言を仕出かした麻生太郎など本来であれば辞任に追い込まれて当然なのですが、政権の中枢として政権を支える麻生が辞任となると屋台骨が崩れる懸念からそれができない安倍政権、こうした官僚や閣僚の不始末を抱える安倍政権への批判は当然です。しかし思ったようには世間が動かない。



理由は野党の支持の弱さに尽きます。活動がやや左翼的プロパガンダ傾向が強く、思想信条が国民の支持が受け入れにくさせていることは猛省するべきです。昨年の総選挙序盤にあった小池旋風のような風があれば良いのですがそんな風頼りでは心もとないですし、民主党政権のような体たらくを目の当たりにしては自民党のがマシかなと感じてしまう人が増えるのは必然であると言えます。国民を欺くような再合併などしていては支持拡大などあり得ません。





政権交代よりもキャスティングボードを握るといった地道に支持を増やすことに尽力すれば道は開けてくるのではないかと思います。野党連携やマスコミなど外部との接触を図るなどして時には与党勢力を切り崩すための接触を図るなどしたたかさがあればデタラメ安倍政権などすぐに崩壊するでしょう。そういう点で今の安倍政権は国内においてしたたかさを発揮しており、それを潰すくらいの活動が求められます。







自民党が力を入れているのがマスコミ対策よりもSNSやyoutubeなどのネット対策です。自民党政権というか安倍政権を持ち上げ、それを批判する勢力(野党・マスコミ・著名人)を叩く名もなき戦士をたくさん送り込むことで世論誘導が形成しやすくなりますが、ここにきて自民党ネットサポーターとして悪名高きツイッターアカウントのDAPPIがネット上でクローズアップされています。







DAPPIに関しては拙ブログで度々取り上げていてそれなりに反響はありました。そして今回取り上げたこのまとめ記事の影響力は大きく、正体不明のアカウントにしては予想外の反響があるようです。平日の朝8時から21時までのシフト制を敷いていて複数による組織的な活動をしていると分析されたことでDAPPIのアカウントに多くの出勤ご苦労様です(笑)という嫌がらせのぶらさがりツイートが確認できます。












香山リカセンセまでリスペクトされています(笑)






印象操作をして時にはデマを使ってまで安倍政権を持ち上げ野党や批判的なマスコミ著名人を叩くDAPPIを始めとする正体不明の自民党ネットサポーターズですが、これでは印象操作活動がやりづらくなるでしょう。そろそろこういう連中にも痛い目に遭わせなければならないのでどんどんやってほしいです。Mi2やアノニマスポストといったアカウントも切りとりした動画編集や投稿間隔などDAPPIと似ておりこれらも業者臭さ満載です。


Mi2.PNGアノニマスポスト.PNG




フォロワーも多くツイート数の多いアカウントは逐一チェックして丸裸にすることで、その組織力や資金源はどこからくるのかを精査すればこの連中を一網打尽に出来るでしょう。いずれにしても綻びが目立つようになりそう長くない安倍政権を必死で支えるこの名もなき連中もいずれは失業するでしょうが、潰すのであれば早ければ早いに越したことはありません。




posted by yuuponshow at 22:22| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート