2019年09月03日

法治国家の体を成さず!汚職を平然とスルーする我が日本国

テレビのニュースやワイドショーはどのチャンネルも韓国政権と玉ねぎ男の話題一色の嫌韓バラエティーショーと化しています。テレビだけではなく週刊誌まで嫌韓記事が目白押し、確かに文政権に問題大ありですが、外国のスキャンダルにこれ程時間やページを割いて取り上げている場合なのでしょうか?








この隣国騒動の裏で我が日本国では安倍政権の不祥事が発覚しており、厚生労働政務官の斡旋利得疑惑が浮上しています。外国人労働者の在留資格をめぐって口利きを行う見返りに、企業に金銭を求めていたと報じられたことを受け、疑惑の当事者である上野宏史厚生労働政務官は政務官を辞任しました。








斡旋利得をしていた音声テープも概に公表されており事実とみて良いでしょう。しかしこの問題政務官辞任だけでは済ませる訳にはいきません。



上野政務官 辞任.PNG






こんなくだらない詭弁で言い逃れするとはふざけるにも程があります。斡旋利得の疑惑についてきっちり記者会見を開いた上で議員辞職するべきです。議員辞職だけではない!汚職となれば特捜部による強制捜査や逮捕案件にも繋がります!



ところが、周辺状況は驚くほど静かで特捜の動きも今のところない。それもそのはずでこんな大それたこと議員歴が10年にも満たない一介の国会議員一人でやれる訳もなく強大なバックボーンが後ろに構えていなければあり得ません。所属している自民党や政権もこの疑惑に一切追及の構えを見せないことから一枚噛んでいると考えた方が自然でしょう。











こうした背景もあり安倍政権や所属している自民党は上野一人に罪をおっ被せることができないので、メディアに嫌韓を流させて自分とこの不始末を誤魔化そうとしているのです。しかし汚職が公になって証拠も出ているのに役職辞めさせてお咎めなしで通そうとしているとか驚かされれます。法治国家ならば絶対あり得ないことです。





それでも自民党は過去斡旋利得の疑惑がもたれながら、いずれも不起訴に終わった先輩方もおり、先輩方の例に倣って役職辞職だけで終わらせるつもりなのでしょう。








汚職まみれ疑惑まみれながら、安倍政権や自民党への風当たりがないようマスコミやテレビ、更には特捜まで忖度してスルーしている状況からしてこの国は異常です。法治国家とは呼べる代物ではありません!!どうかこの異常な事態を多くの国民の皆さんに認識していただきたいです。
posted by yuuponshow at 18:35| Comment(0) | 閣僚辞任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート