2018年09月11日

安倍サポさん達が子役を使ったヤラセ番組と騒ぎ立てるが

ここ数日、安倍サポ界隈盛り上がっているのが先日フジテレビで放送された「池上彰スペシャル」においてスタジオに観覧に来ている子どもたちが安倍政権の批判をしているという企画ですが、その子どもたちが実は劇団員やタレントであったということが明らかになったというものです。


池上彰 子役1.PNG池上彰 子役2.PNG


トランプさんが校長先生で、安倍さんが担任の先生みたいな身分が違うように見えてきちゃいました。

政治家の人たちがある問題を隠したりその問題がバレちゃったときに他人のせいにしたり・・





この番組見ていないので詳細は分かりませんが、代表的なのが上の二つのコメントを中心にネットで取り上げられています。











著名人としてはあるまじき物騒な批判リプもありますが、安倍サポはこれについてこぞって池上彰と番組批判を展開しています。また政治ブログランキング上位にある「正しい歴史認識」(URL)さくらの花びらの「日本人よ誇りを持とう」(URL)という二つの政治ブログでは出演した子どもの素性をつまびらかに晒してヤラセであることを徹底アピールしています。ところでこの二つのブログ、日々の記事の内容がほぼ似通っています。まーどうでも良いことですが(笑)






更には池上彰が番組で述べる意見は実は他人のパクリだと暴露する著名人まであらわれました。










八幡和郎が発信源となりそれに呼応した著名人が私も俺もと名乗り上げたことで池上批判が更に焚きつけられることとなりました。このタイミングの良さは安倍御用著名人の見事な連携といいますか、これを安倍サポが拡散したことで池上彰がパクリ野郎として晒されることとなりました。



池上氏はこれについて即座に反論しています。別に池上彰を擁護する訳ではないですが八幡やら有本やら高橋のような安倍シンパの意見を自分のものにするというメリットなど微塵も感じないのですが、焚きつけられた以上はっきりしておくべきでしょうね。











論点がすっかりぼやけてしまいましたが、私が言いたいのは子どものコメントって政権批判になってるの?ってことです。すべて当たっているし罵詈雑言でもないし何ら批判されるべきことではありません。仕込みについてもテレビの公開番組に素人の子どもを出演させて想定外の放送事故が出るよりはテレビ慣れした子役の方が放送局も安心できます。何より普段からテレビは信用できないと言ってる連中が今更あげつらうことの方が笑止千万なのです。



安倍総理がトランプの部下のように振る舞ってるのも公文書改ざんによる責任の処遇を有耶無耶にして逃げているのも事実でありそれについての反論が皆無なのが物語っているように安倍サポが核心を逸らすための池上総攻撃組織工作を仕掛けた。今回の騒動についてはそう思えて仕方がありません。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 17:07| Comment(2) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。各局が安倍に忖度して批判が減った分、安倍に逆らう人間を全力で叩き潰すようになりましたね。恐ろしいことです。
私のフォロワーさんが、上念が必死に池上を叩いているのは、池上が加計の韓国人留学生の件に触れたからだとおっしゃっていました。私もそう思います。あのペラペラは痛いところを突かれたので発狂しているんでしょう。

しかし番組側もよくこの内容を許しましたね。しかもフジ産経ですし。報道ステーションから安倍批判が減ったと聞きますが、今一度各局には情報を伝えることの意味を考えてもらいたいですね。
Posted by ボルト at 2018年09月12日 01:02
ボルトさん

安倍サポさんたちが躍起になって池上潰しを画策している反面、安倍の締め付けに嫌気を差した自民党内部の反乱が露呈されるなど統制が図れない状況に陥っているようですね。池上の番組炎上も含めてこの流れ非常に興味深く見ていますが統制の崩壊が近い将来起こり得るように思えてなりません。
Posted by yuuponshow at 2018年09月12日 10:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート