2018年09月04日

恐喝には屈してないけど恐喝に屈するのは矛盾がないと意味不明な論調を展開する安倍サポ

今から20年近く前に起こった安倍事務所による下関市長選での選挙妨害疑惑についてネット上で大きく拡散されていますが、マスコミはこのネットで拡散されているトレンドに背を向けて報じていません。正確に言うと火炎瓶襲撃事件の判決前後には少なからずマスコミも取り上げていたのですが安倍側から圧力をかけたのか分かりませんがいつの間にかフェイドアウトすることとなりました。本来ならば判決前後の10年前に大騒ぎされて当然の案件ですが、今また騒動が焚きつけられるとは今の時代に因果が巡ってきたとも言えなくもありません。




自民支持者も神経を尖らせて推移を見守る状況ですが願わくばどこも取り上げることなくやり過ごしたいのでしょうが、それでも果敢に反安倍勢力に突っかかり潔白を訴える安倍サポもいますが、状況証拠を照らし合わせれば安倍ちゃんにまったく責任は生じないというのは無理筋と言えるでしょう。










以前当ブログで取り上げたフェイク浅井くん@asagonsotegonですが、今も私を含めた反安倍勢力に対して果敢に突っかかっています。しかし議論を戦わすのは構わないのですが人の意見は聞かず自分の主張をゴリ押し、その見解も無茶苦茶です。なので相手すると時間を無駄に消費するだけなので適当に相手してあげながら彼のツイートを拾い上げて嘲笑することにしました(笑)

















お金を支払ったと認めつつ支払ったのは別人だと言い張るとは驚きです。フェイク浅井くんが別人が支払ったと言ってるのは安倍議員秘書だった竹田氏のことを指しており、明らかに安倍事務所の関係者なのですが別人とか見解出されても納得いく人いないと思いますが(^^ゞ



それに脅しに屈しなかった安倍ちゃんの発言に矛盾はないのだそうですが、脅しに屈して300万円支払った安倍事務所の秘書さんの立場はどうなるんでしょうか?秘書が勝手に支払ったのだから僕ちゃん悪くないと言うことですか?これ聞くとイザとなった時、自分の主張を正当化させるために自分の秘書や仲間も非道に切り捨てることも厭わないようですね安倍ちゃんて、そしてこういう無茶苦茶なことを真面目に平気で返してくる安倍支持者の思考にも驚きを禁じえませんし理解不能です(驚愕)




ツイッターで拡散されてもトレンド入りしないよう人為的な操作が見られるなど、火消し工作が見受けられる安倍事務所による選挙妨害疑惑ですが、火消しに躍起になってもその動きを見透かされたらますます拡散されることになります。フェイク浅井のような無茶苦茶な突っかかりも逆効果のように思えますし、何より安倍ちゃん自身の弁明がなければ更に騒動が拡散されることになります。それまで安倍支持者は黙ってやり過ごすのが得策かも知れません(笑)。







そんな安倍サポに愛され守られている安倍ちゃん本人ですが、自民党総裁選三選確実と言われながらも相変わらず対立候補である石破氏との討論を避けているようです。自民党総裁になることすなわち総理大臣になるのですから論争を戦わせるべきであり国民にとって有益なのですが、どこ吹く風というか国民目線とは言えない姿勢ですね。




血判状 安倍.png




その癖党内の締め付けにご熱心のようでこのような血判状を党国会議員に強要しているようです。裏を返せばヤクザまがいの脅しがなければ相手に転んでしまうような情勢とも捉えられます。自身が今置かれている疑惑とマッチする血判状の存在ですが、こういうのが表に出ると世間の目はどう映るのか想定していないのでしょうかね。それでも安倍ちゃんが圧勝するようなら自民党の自浄能力は欠落していると言えるでしょう。





(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:06| Comment(0) | 安倍事務所による選挙妨害疑惑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート