2018年08月17日

真相は!?安倍晋三と反社会組織との繋がり

国会は現在閉会中で、政局は9月に行われる自民党総裁選に話題が集まっています。情勢では安倍晋三総裁が三選確実とのことですが、安倍側の動きを見ると圧倒的勝利を目論んでいるようで石破陣営へ安倍再選後の冷遇措置をチラつかせるなど脅迫めいた批判を展開しています。








上の安倍支持者アカウントが石破の人事冷遇措置批判をあげつらっていますが、脅し恐喝も厭わない安倍側を支持できるとは恐ろしいことです。このツイートにぶらさがって称賛している連中も同様ですが、こういう人間が確実に存在し多数を占めているのが今の日本なのです。






総裁選での三選に向け党内引き締めに躍起の安倍総理ですが、ここにきて不穏な情報が拡散されています。


安倍 工藤会.PNG



1999年に安倍自宅や事務所(山口・下関)に何度も火炎瓶が投げ込まれるという事件が起こり事件から三年後に暴力団・工藤会の組長を含む6人が逮捕されたというものです。当時自民党売り出し中の若手議員だった安倍晋三氏が自宅や事務所が放火されるという衝撃的な事件でしたのでよく覚えています。しかも一度だけではなく何度にもわたって火炎瓶を投げ込まれるとはただならぬ恨まれっぷりを感じました。安倍側は事件発生時に北朝鮮工作員の仕業と公言していましたが、実は暴力団の仕業でしかも犯行の動機が安倍事務所との金銭トラブルだったことで安倍氏と工藤会という反社会勢力暴力団組織との繋がりが明らかになりました。


詳細はこちらにて 安倍総理の事務所がヤクザに対立候補の中傷を依頼!?安倍氏宅火炎瓶事件まとめ(URL)



上のまとめ記事が2013年ですから5年も前のものですが、この他にも多くの媒体が黒い交際疑惑として取り上げられていました。それが今再びクローズアップされることになった背景はその犯人の一人が今年刑期を終えて当時の背景を二人のジャーナリストに打ち明けたことによってこの事件が掘り起こされことによるものです。










火炎瓶襲撃事件の首謀者とされる小山佐市氏は安倍事務所の秘書と深い繋がりがあり、当時下関市長選で安倍事務所が推していた江島潔候補(現:自民党参議院議員)の対立候補への妨害工策の依頼を受け、対立候補の誹謗中傷を書いたビラを撒くなどをしていたとのことです。







対立候補への妨害活動が功を奏したようで安倍事務所が推す江島候補を当選させることができましたが、先述したように報酬額の相違という金銭トラブルにより恨まれた安倍事務所に火炎瓶を投げこまれる事態となったようです。安倍晋三本人と小山氏との繋がりは分かりませんが、自宅に火炎瓶を何度も投げ込まれるとは安倍本人に対して相当な恨みを抱いていることが垣間見えます。



真相を知る小山氏に取材するなど、この疑惑を追っかけていたジャーナリストが階段で突き飛ばされ転落し骨折する重症を負い、小山氏自身も週刊誌の取材前に突然キャンセルし失踪するなど事件の背景について非常にきな臭さを匂わせます。事件から19年を経て再びクローズアップされることとなった総理大臣と反社会組織の人間との交遊疑惑ですが、筋の悪い案件なのか大手メディアは当然ながら週刊誌も取り上げていません。


深堀りすればアキレス腱どころか致命傷にもなり兼ねないので安倍陣営も総裁選を前に神経を尖らしているでしょうが、筋が悪いので下手な動きができないのも事実。マスコミが反旗を翻せば三選どころか政界引退に繋がりかねない事態なだけに総裁選優勢を伝えられる中でもどっしりと構える余裕はないのではないでしょうか。



6年目を迎えた第二次安倍政権ですが、国民を欺き虚言を垂れ続けたツケがここに来て出ているのかも知れません。こうした疑惑が出る出ないに如何にかかわらず安倍総理は辞めて貰うしか国民生活は改善しません。この筋の悪い疑惑が公の場で広く大きく拡散されることを切に願います。



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 19:15| Comment(2) | 安倍事務所による選挙妨害疑惑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
辞任で済めばいいでしようけどね
下痢悪事を総決算すれば何億年豚箱行きになるんでしょうか
楽しみです
Posted by あ at 2018年08月19日 08:01
あさん

とりあえずこのことが公になるよう願うばかりです。官邸が操作しているのかマスコミは無視を決め込んでいますが、ネットではすさまじい勢いで拡散されてます。ネット時代の今封じ込めも難しいですから当然としてどこまで広まってくれるのか楽しみですね。
Posted by yuuponshow at 2018年08月20日 09:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート