2018年07月27日

史上最低最悪の総理大臣は安倍で異論なし。

杉田水脈女史のJGBT発言が波紋を呼んでテレビのワイドショーでも取り上げられることとなり、その報道を巡る波紋が広がっています。いずれは三顧の礼で杉田を自民党に迎えた安倍総理にも飛び火しすることになりそうですが、タイミング良くオウムの死刑執行をぶっこんでくるなど対策に抜かりはありません。ただ国内はもとより世界でも大々的に報道されていることから火消しするには相当厳しい状況と言えます。こういう危なっかしい駒を自民党がどこまで庇い続けるのか見物ですね。



その自民党は国会を終えて9月の総裁選へとシフトすることになりますが、三選を目指す安倍総理が、先日の豪雨の際に豪雨対策そっちのけで総裁選の足固めのため地方議員と会合を持っていたことが分かりました。







7月6日と言えば政府首脳が雁首揃えて酒宴を開催し批判を浴びた赤坂自民亭の翌日です。西日本の豪雨被害が深刻化していたその最中、安部総理は総裁三選のための無派閥議員と会合を持っていたということです。非常災害対策本部の設置が8日ですから、空白の66時間などと言われその初動対応が遅かったことも問題となりましたが、まさか国内の大災害そっちのけで自分の票固めに集中していたとは思いませんでした。翌7日は酩酊したような表情を浮かべていましたからこういう事情があったんだなと知れば納得です。


宴会明け安倍.PNG




ちなみに7月6日の首相動静がこちらです。


首相動静7.6.PNG



会合についてはごっそり抜け落ちていますから報道した日テレのスクープとなる訳ですが、日テレの報道動画を見ると災害には一切触れていません。安倍総理を貶めるつもりはなかったのにうっかり事実を流してしまったのかも知れません(笑)



総裁選三選は当然として、前回石破に地方選で負けていることもあり今回は地方選も含めて圧勝したいのでしょうが、国内の災害を疎かにするとは総裁はもとより国政を司る最高責任者である総理大臣としての資格はありません。首相動静に会合は乗っけなかったのは批判に晒されるのが分かっていたからでしょうが、人を欺いてきたツケがこのようにスクープされたことは良かったと思います。首相動脈で都合の悪いものは省かれたことが判明したことで問題となった公文書改ざんや破棄など官邸主導で行われてきたと勘繰られても仕方がないでしょう。岸田を囲って出馬断念させたり、再選後の人事で対抗側を干すなどと脅したり独裁ぶりが目に余りますが、こういうのが漏れてくるあたり神様はちゃんと見ているんだなと思います。




岸田 安倍支持で.PNG







このような悪名振りが露呈されることで史上最低最悪との呼び声が高まる安倍総理、鳩山や菅が最低最悪と罵る意見もありますが、掲示板で拾ってきたこういう意見を見ると腑に落ちてしまいます。



日本に害を及ぼした実行力や実績がないものは、 いくらどんなキチガイ言動があったとしても 最低最悪とは言わないよ。

安倍の最低最悪な実行力は、鳩山や菅などかすむぐらい ずば抜けている。

鳩山や菅なら、TPPも国立大学解体も ネットも議員も世論も反対だらけで、 出来なかったのは間違いない。

モリカケの時点で退陣してる。 卑劣な大規模ネット工作なんて、鳩山や菅は行わなかった。

安倍は、戦後最悪の内閣で間違いないよ。





おっしゃる通りで鳩山や菅がいくら売国政策を推し進めても政治力がないのでその野望は立ち消えになりますが、安倍のように下手に政治力があると思うがままに売国政策を推し進めることができるのです。良い悪いは別に権力者を強大化させることは民主主義を誤った方向に向かわせる危険性があります。異を唱えると反日だと罵る安倍シンパに支えられ支持率40%を誇る安倍政権。こんなのを三選などとんでもありません、安倍を辞めさせる以外に日本を救う道はありません!!!






(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 17:33| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート