2018年07月17日

上田晋也の安倍政権批判に怒り狂乱するネトサポ

消費税増税、TPP、移民政策、水道民営化etc・・・次々と売国政策を推し進める安倍自民党政権ですが、こうした売国政策も不祥事追及のネタも安倍政権を追い詰めるまでには至っていません。自民党ネットサポーターズによるネット上における批判潰しの暗躍と、政権に忖度しているマスコミの隠蔽で潰されてしまう現状です。本来であれば麻生財務大臣兼副総理は確実にクビ切りしてもおかしくないのにいまだに政権にとどまり幅を利かせていることから見ても思った以上に六年を超える安倍長期政権の政治力というものは強靭であると言えるでしょう。




しかし強靭とは言え六年も政権が続けば弛み歪みが出てくるもの、先日の赤坂自民亭と揶揄された呑み会やその後の私邸での引きこもりなどを見ても確実に弛み歪みと言えるものです。それ以前の豪雨災害や大地震でも対応の拙さを見ても安倍総理の資質はこんなもんでしょうが、今回は更に酷いものであり批判や苦言を呈されて当然です。こんな様ですから普段政治とは無縁ながら影響力のある芸能人やタレントが異論や批判をぶつけられてしまうことになります。












上田晋也.PNG


くりいむしちゅーの上田晋也が「森首相のえひめ丸の時と全く同じ!退陣すべき‼️」と安倍総理の退陣を促したことが大きく取り上げられることとなりました。今回の対応の拙さの批判は当然としてよくここまで踏み込んだ発言したものだと感心します。芸能人だと一般人と比較にならないほどしがらみがありますから時の政権への退陣要求とは思い切った発言ですが、その発言は称賛に値します。安倍本人や官邸はこれについてコメントを発していませんが、安倍応援部隊のネトサポは怒り狂乱し上田晋也を痛烈に批判しています。













しまいには批判ツイートを集約したまとめサイトをつくられてしまいました。








サタデージャーナルの番組内で災害発生と自民党の呑み会の時系列をまとめたフリップボードが出てきますが、それを見れば一目瞭然、行政を司る閣僚が揃って会食しているその最中に大規模な避難勧告と災害発生しているのだから言い訳できません。更に宴会中に災害対策の指示を出したとか実は勉強会だったという方便が官邸内から出る始末、この政権は言い訳ばかりで反省することはありませんから普段政治にかかわりのない芸能人でも憤慨するのは当然です。




安倍批判を許さないネトサポ連中は上田晋也と一緒に政権批判した大宮エリーを吊るし上げ罵倒していますが、安倍ありきの連中の批判など受入れる必要はありません。災害対策に限らずモリカケなどの文章改ざんなど責任者への処遇を蔑ろにする政権ですよ、タガが外れているんですよ、今後もこういう不手際が政権が続く限りたくさん出てくることでしょう。




おかしいものをおかしいと言うのは当然であり、批判されるべきではありません。テレビを見ない人や世帯が増えたと言いますが芸能人の政権批判がこれだけ騒がれるのであればテレビの影響力はまだまだ侮れないものです。芸能人など著名人による安倍政権批判が拡大すればマスコミも取り上げざるを得ないでしょうし、政権倒閣も遠い未来ではないかも知れません。




(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:43| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート