2018年07月09日

豪雨災害における安倍政権の対応の拙さで日本人の危機意識は目覚めるのか!?

西日本を襲った記録的な豪雨被害により死者120人超、行方不明者も80人以上にのぼるなど史上最大規模となる災害に見舞われましたが、今回の災害における安倍政権の対応の拙さが露わとなりました。



この安倍政権の対応の流れを時系列にしてみました。



7月5日   14時、気象庁が緊急会見を開き、記録的な大雨となるおそれがあるとして厳重な警戒を呼びかける。気象庁が台風や大雪以外で会見を開き、警戒を呼び掛けるのは異例。同日夜、大雨警報(50年に一度レベル)を出している中、安倍総理は自民党議員らと宴会


宴会 安倍.PNG


7月6日   14時、総理大臣官邸の危機管理センターに官邸連絡室を設置。西日本各地で緊急避難指示が続出し救助要請が多発 特別警報になっても規制改革担当者らと会食 。


7月7日   朝から二日酔い状態で官邸で大雨被害に対する会議(15分間)  その後、衆院議院運営委員会に11日からの海外渡航願を出すも自公でさえ反対で却下、海外渡航願を却下された安倍は即帰宅 、午後から全く動きを見せず会見も無し 、死者行方不明者100名以上の大惨事にもかかわらず緊急対策本部の設置もなし



宴会明け安倍.PNG



7月8日   10時、やっと非常災害対策本部を設置(会議20分間) 11日からの欧州外遊を決定して14時に帰宅、この日も会見無し


7月9日   激甚災害に指定、しぶしぶ外遊を取り止め お昼に安倍がコメント「静岡のメロンは美味しい」





未曾有の大災害にもかかわらず政府の遅すぎる対応がお分かりいただけると思います。5日の宴会の時点で死者10人と発表されており、被害拡大は避けられない状況であったのですが、どういう神経しているのか危機意識の無さをあらわしていますね。更に宴会に参加した議員が得意げに宴会の写真をUPするとは被災地で被害に遭われている被災者の感情を逆なでしていることも分からないのですかね。











翌日6日にオウム死刑囚7人の執行が行われることになるこの日に官邸連絡室を設置していますが、建前上のものであり総理の行動を見れば特段緊急性も感じられず、災害対策も皆無でした。



首相動静7.7.PNG
 首相動静7・8.PNG




死者や行方不明者が増えたのは官邸も把握していたはずですが、動静を見るとあまり深刻には考えていないように見受けられますね。そのくせ外遊は行く気満々でしたから呆れたものです。外遊できると浮かれていたのでしょうが、国内の災害をほおっておいて外遊など出たら国民から非難殺到されて当然ですね。




こんな安倍政権の体たらくぶりにネトサポも沈黙かと思いきや、このように持ち上げて称えていました。









EPA署名のための外遊が中止となり、EU首脳が手続きのため来日するということで今回の外遊が重要であり安倍総理でなければ成し遂げられないと強調したいのでしょう。このネタで形勢逆転したいところでしょうが、EPAは日欧版TPPと呼ばれる売国政策であり、国内では日欧EPAに対する抗議活動も行われます。







いずれにしても初動対応の拙さが酷く批判の声が小さくなるとは考えにくいのですがね。政府の災害対応を批判していた野党への反発に繋げたいようですが、初動対応の拙さを検証できないようでは救いようがありませんね。



大阪北部地震の時も数年前に起こった数々の災害の時も宴会に出たりゴルフしたりとかで非難されましたが、国民もいい加減にこの総理大臣では危機対応が欠落していることを認識するべきです。上のアカウントのような印象操作にコロッと騙されるようでは安倍政権はまだまだ安泰でしょうね。こんな政権が存続しては日本も近い将来破滅することになるでしょう。




(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 22:02| Comment(0) | 災害問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート