2018年06月29日

ルールを守らず良心持たざる嘘つきモンスターと化した安倍晋三

今週水曜日に行われた党首討論、ライブまたはニュースで党首討論をご覧になられた方は多いかと思いますが、これほど酷い党首討論は見たことありません。野党を舐め切り国民を舐め切った立ち振る舞いを演じた安倍晋三は憲政史上最悪の総理大臣であると断言します!



歴史的使命終了.PNG




今回の党首討論は先月5月以来1か月ぶり、その前だと1年半もインターバルが開いています。野党が分裂し質問者4,5人となったにも拘わらず時間が45分と短く質問時間が5分から10分にも満たないこともあり党首討論の開催意義が問われていますが、そんな中先月に続き党首討論の開催を決めたのは安倍晋三に野党の追及を交わす自信があったのでしょう。





野党党首の都合の悪い質問にも論点ずらしの答弁を延々と続けて時間を潰し発言を封じてきた実績もあり、今回も乗り切ることで野党の追及をかわしたと発信するのが狙いですから安倍総理にとっては願ったり叶ったりといったところでしょう。しかし野党を舐め切り、国民を舐め切った立ち振る舞いの答弁は安倍晋三の醜態を見事に晒すこととなりました。




トップバッターは立憲民主党の枝野代表、前回のモリカケの追及にも論点ずらしのダラダラ答弁で時間を潰された経験から、安倍政権の問題点を一気に捲し立てて安倍の答弁を極力短くさせる作戦に出ました。時間が限られ論点ずらしのダラダラ答弁されることを考えればこれは良好な作戦と言えるでしょう。それでも安倍は前回と同様ダラダラ時間つぶしの答弁をし、果てはこのダラダラ答弁に怒った野党のヤジを拾いあげて野党叩きに利用するなどヤリたい放題、しまいには委員長に注意を促されるなど国政を司る最高責任者とは思えない振舞いでした。




沖縄米軍基地での事故を受け、政府は訓練の中止を申し入れたことを米軍側に否定されたことについて安倍は悪びれず言い訳してますが、政府が中止の申し入れすると発言した答弁が残っており虚偽答弁であることが明るみになりました。これだけ見ても後で検証されれば言い訳が利かないのにとんでもない開き直り様です。











共産党の志位委員長からは加計学園の補助金支給について問いただされているのに私は知らないとか加計学園の獣医学部新設を国家戦略特区として進めてきた議長として無責任極まりない発言にも驚かされます。










そして岡田無所属の会代表との討論では再び明後日の答弁で時間つぶし、委員長から注意されてようやく止めるも時間となったことでこの安倍の振る舞いに業を煮やしたのか良心の呵責は無いのか!?と問いただすのが精一杯でした。ところが安倍は悪びれずに「岡田さん、ルール守んなきゃ(笑)」と捨てセリフを吐いて自分のルールを逸脱した振る舞いを顧みず岡田代表を貶したのです。










辻褄があわない異常な言動に終始した安倍は恥も外聞もなく日本国の首相としてみっともない醜態を晒してくれた訳ですが、翌日の新聞では平行線の党首討論との見出しが見受けられました。メディアは与野党の論戦が噛み合わなかったと強調したいのでしょうが、上記のことから明らかなように平行線ではなく追及を避けるためにはぐらかしているだけです。「ルール守んなきゃ」とか「(党首討論の)歴史的使命は終わった」など安倍の異常な言動をメディアが伝えないことも問題ですが、政府官邸とメディアとの癒着が続く限りこの状況は変わらないでしょう。



安倍のペースに乗せられデタラメな審議運営でTPPや働き方改革法案も可決しかねない国会、日本を切り売りされる法案が次々通ってしまうこの状況に国民は怒らなければなりません!サッカー日本代表のパス回しがフェアプレイ精神に反するとの報道がありますが、フェアプレイなど程遠いルール無視のデタラメばかりの日本の総理大臣こそがよっぽど問題でしょう。異常な言動振る舞いを露呈しモンスターと化した安倍晋三を総理大臣の座に置くことは国益を損ねる日本国の自殺行為でしかありません。そう断言致します!!!




(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:42| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート