2018年06月22日

見苦しい加計擁護もネトサポ動画で祭り上げられ称えられる自民党工作員・八代英輝

先日の加計学園理事長・加計考太郎氏の行った記者会見は各マスコミにおいて非難轟轟でした。前日の大阪大地震やサッカー代表戦当日というマスコミの扱いを小さくさせる狙いと会見二時間前の発表で地元の記者限定としたどさくさ紛れの記者会見、会見場に入ろうとした報道ステーションの記者を締め出すといったあからさまな逃げ腰もそうですが、会見の中身も酷いものでした。












上記のような矛盾点が露呈されてしまったことが大きく拡散されてしまい、これでは真相解明どころかますます藪蛇となるぶざまな会見となりました。



学園側が出した処分は理事長自身は半年間減俸10%というものですが、公的機関ならともかく自分が経営する会社のオーナーが報酬を自分の会社に戻すだけだから痛くもかゆくもないし処分として成り立っておらず世間を欺くために適当に算段したとしか思えません。



証人喚問に応ずるかという質問には「私が決めることではない」「お待ちしています」と、盟友の安倍の真似をしてみせるなどどこか余裕を感じさせる対応でした。政府や自民党が守ってくれ拒否してくれるという確信があるのでしょう。自分たちで仕切った上、僅か30分足らずで打ち切る加計学園の対応に誠実さは微塵も感じられませんでした。



誰が見ても藪蛇会見となったことは疑いようがなく、TBSのひるおびでも久しぶりに長い尺を使って加計問題を取り上げていました。案の定加計理事長の会見についてコメンテーターからは批判のコメントが寄せていましたが、そんな中、見苦しく無理筋な擁護をしていたのが国際弁護士を自称する八代英輝氏です。









八代英輝は安倍ちゃん擁護の第一人者として有名であり、あちら界隈からは称賛されているようでこのようなYOUTUBEの動画もあります。







モリカケは飽きたとか他にやることあるだろとかまるでネトサポ用のマニュアルを読んでいるかのようなコメントばかりで両論併記とは程遠くまともな言論人とは言えません。八代は弁護士なので法律に抵触するかしないかを言いたいのでしょうが、政治は道義的責任も伴うもので、法律に触れなくともこんな論理矛盾の会見をされては八代の擁護があまりに無理筋であることがお分かりいただけるでしょう。



それにしてもこの動画の見出しと言い最後のまとめと言い、八代の主張が正しいかのような作りは噴飯ものです。せっかくなので私もコメントを寄せたのですが、案の定批判コメを返されてしまいました。それでもきっちり反論しましたが拍手の少なさと言い同意のコメもなくアウェイ感半端ありませんでした(^^ゞ



偏向許さないくん.png






もう一つ八代の無理筋擁護で取り上げたいのが下の動画です。愛媛県の中村知事が官邸とのやり取りを書いた忘備録に信ぴょう性が乏しいと匂わせて中村知事を批判していたのですが、後日、中村知事が証拠として柳瀬秘書官の名刺を公開したことで疑いは晴れた訳ですが、よほど悔しかったのかなんと「早く名刺を出せば良かったのにぃ(怒)」などと再び中村知事を批判しているのです。(6:50以降)







「名刺がぁー!名刺がぁー!!」と被害者である自治体の首長を叩いて、嘘をついた柳瀬秘書官を責めないとはこの男、愛媛県知事の中立性を疑問視してますが、見苦しく立ち振る舞って中立性が欠落しているのはお前だろうが!!



国際弁護士という肩書を疑いたくなる糞ガキのような噛みつき方を見ると醜態極まりなく見苦しいとしか言いようがありません。こんな男がお昼の帯レギュラーコメンテーターやっているのですからワイドショーのレベル低下を感じずにはいられません。以前はまだまともだったような感じがするこの男も安倍のスシトモとなったことがこのような噴飯ものの振る舞いができるのでしょう。しかし同じスシトモの田崎がまともに見える程酷いものです(笑)



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 17:38| Comment(0) | 森友加計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート