2018年06月19日

骨太の方針に盛り込まれた売国政策で日本潰しを敢行する安倍救国内閣

本日、加計学園理事長の加計考太郎氏がメディアの前に出て初めて記者会見を開き、愛媛県と今治市に対して誤った情報を伝えたとして、渡辺良人事務局長の減給処分を始めとした学園側関係者の処分を明らかにしました。この問題が発覚してから学園側がファックスで謝罪文を出したものの、愛媛県知事が「加計理事長自ら釈明すべき」と会見してから約二週間経過して実現する形となりましたが、なぜこのタイミングだったのでしょうか?



加計理事長 会見.PNG





前日には大阪北部を襲う震度6の大震災、更に今日はワールドカップの日本代表戦、それも学園側が記者会見の通知を送って僅か二時間後に地元・岡山の学園内で会見を開くとは首都圏のマスコミは駆け付けられませんし、あからさま且つ姑息にタイミングを図ったとしか言いようがありません。政府と学園側は理事長の会見によってやっつけ的なアリバイ作りをしたことで幕引きを図りたいところでしょうが、あからさまなタイミングは却って怪しまれ反発されることが理解できないのでしょうか?



色んなニュース盛りだくさんでメディアに大きく扱わないと思ったのでしょうが、お昼のニュースやTBSのひるおびでは冒頭から大々的に取り上げられ、会見のタイミングについても批判されていました。。最近下火になっていた加計問題のメディアの扱いでしたが、加計理事長本人の登場でクローズアップされたのを見るとメディアも取り上げる機会を伺っていたのでしょうね。影でこっそり疑惑晴らしという目論見は政府や学園側からすれば残念ながら当てが外れたようです。





今日の加計理事長の唐突な動きを把握していたのか司令を出していたのか知りませんが、友人である安倍総理は日本解体を盛り込んだ2018骨太の方針を発表しています。




2018 骨太の方針.png



2018骨太の方針の目玉は消費税10%を確実に上げることと外国人労働者受入拡大の移民政策でしょうか。既に法案化されている消費税はともかく拡大解釈して単純労働者までも受入れる移民推進を進めるとは、妄信的な安倍信者ならともかく、安倍総理を保守と信じて支持してきた保守層としては衝撃的に感じるでしょうね。これを見ても安倍を支持し続けるならば保守でも何でもなく安倍と同じ立派な売国奴です。





売国だけではなく公文書改ざんや隠蔽、虚偽答弁のオンパレードなのに野党の要求に応じようとせず後ろ向きの姿勢の政府に対し、内閣を構成する与党の所属議員として反発する気概もなく姿勢を正そうとしない自称・保守の与党国会議員って存在価値あるんですかね?













政府もクズならそれを構成する母体の与党議員もクズ、捏造データを元にした法案を、採決したら議決権行使した与党の責任になります。自浄能力が欠落した自民党には政権運営能力は皆無と言っていいでしょう。それでも政権支持率が30%超とかにわかに信じられませんが、本当なら安倍が手掛けるまでもなく日本は壊滅しています。ただこのまま安倍によって手掛ける売国政策をただ黙って見過ごす訳にはいきません。それに唐突な加計理事長の会見を仕掛け幕引きを図った裏返しは政権側の焦りを感じます。唐突な会見開催が思わぬ墓穴となれば良いのですが、ともかくこのままでの幕引きは絶対に許さません!


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:35| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート