2018年06月15日

ヘイトスピーチ法案の余波!?愛国を謳う曲への言論弾圧

この国はいつの間にか言論の自由が脅かされる事態となっています。ニュース記事としても取り上げられている人気バンド「RADWINMPS」(ラッドウィンプス)の新曲である「HINOMARU」の歌詞が愛国心を焚きつける歌だと非難が殺到し炎上騒動となっているのです。


歌詞や表現について文句を言うの表現の自由の範囲内です。しかし批判する彼らはその行為をエスカレートさせてツイッターなどでライブ会場前での抗議集会の開催を拡散しているのです。


言論弾圧 抗議活動.PNG














ツイッターでも表明していますが抗議活動を主催するこの人物は、RADWIMPSおよびレコード会社に対して、

・「HINOMARU」シングルを回収し、廃盤にすること
・ライブなどで2度と歌わない事
・「HINOMARU」の内容と、これまでの釈明が間違っていたと早急に表明すること




を要求していましたが、この呼びかけをした園良太なる主催者のアカウントに逆に批判のリプが殺到することになりました。RADWIMPSは大ヒットアニメ君の名はの主題歌を手掛けたバンドでありファンも多く抗議活動への反発も凄いことになったのでしょうが、この騒動を傍観している一般人から見ても言論弾圧に映るでしょう。廃盤とか歌わせないとか彼らの主張は表現の自由を逸脱した脅迫行為です。



今回の騒動で思い出されるのが2年前に国が制定したヘイトスピーチ法案です。ヘイトスピーチ法案は言論の自由を尊重して罰則は設けていませんが、それを過大解釈された形で国内の政治活動の集会やデモ活動を力づくで阻止させています。彼らの主張はヘイトスピーチに言論の自由は認められないと批判しますが、どこがどのようにヘイトスピーチなのかを説明もできず、解釈も彼らの勝手な解釈によって行われているので非常に始末が悪いです。現にこの曲への抗議活動を実施しようとしている主催者はこのようなことを呟いています。










hinomaruの歌詞がヘイトスピーチというこの解釈は意味不明ですが、日の丸が戦争犯罪の象徴とか言って賛同している人間も数多くいることも事実です。そしてこの連中は反安倍派という共通点があります。









政策について批判するのはいいのですが、このようなきちがいじみたイデオロギーを振りかざせば反安倍を唱えることが物凄く胡散臭く思われることになり、政策で安倍政権を批判している私達にとっては大迷惑そのものです!!現にネットサポーターズはこの騒動を大歓迎し、批判のネタとして引き合いにされている始末です。こんなことをして反安倍を唱えても安倍政権を利するだけ、迷惑なので直ちに辞めるか、安倍の応援でもしとけ!!




少し前にもYOUTUBEの動画削除祭りもありましたが、あれも一種の言論弾圧です。5月中旬にネット掲示板の住人が祭りと称して大量の動画削除依頼をYOUTUBEに申請したところ短期間のうちに20万件も削除されたのも非常に不可解です。削除要請されたからといってすぐに膨大な数の動画をYOUTUBEが内容を精査して削除したとは考えにくいからです。削除依頼者に言われるがままに応じた可能性が高く、裏で何か大きな力が動いたと考えられます。動画については安倍称賛のものや一方的な野党叩き、差別表現もあったので共感することはありませんが、それに該当しないアカウントの動画も今回大量削除の対象とされていました。言論や表現がいとも簡単に奪われるというのを目の当たりにしてヘイト法案の余波の影響があったのではと勘繰りたくなります。



特定の人種や民族を地域社会から排除することを扇動するヘイトスピーチを解消する目的で施行されたはずのヘイトスピーチ法案がいつの間にか日本から言論を奪う事態に発展していると感じずにはいられません。当初から危惧していた通り、理念法などと安心させていながら中途半端な解釈を要する法律など民主主義の定着していないこの日本では必要ないと断言できます。この悪しき法案を先導して制定させた安倍政権の罪は深いです。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 17:40| Comment(0) | ヘイトスピーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート