2018年06月12日

男優位社会に媚びて女性の人権を蔑ろにする杉田水脈さん

世界が注目する米朝首脳会談、会談の交渉内容が明らかになりましたが、日本としては肝心の拉致問題については合意文書には盛り込まれていないことが気がかりです。今後は日本との交渉次第ということなのでしょうか。安倍政権下で交渉の段階に踏み込んでいないことから拉致問題の解決に不安面が露呈されることとなりました。安倍支持不支持関係なく拉致被害者を救出できれば嬉しいことですが、今後の展開は果たしてどうなるのでしょうか?




杉田水脈ツイッターアイコン.PNG



今回記事として取り上げるのは憂国の士であり自民党ネットサポーターズから熱烈な支持を受けている自民党保守の期待の星であらせられる杉田水脈さんです(笑)彼女のことはこれまで散々酷評を書き連ねてきましたが、今回のネタは三か月前の衆院予算委員会での質疑にさかのぼります。





上の動画はネトサポ関連がUPした動画ですのでコメントも杉田称賛のものばかりぶら下がっていますが気になさらないように(^^ゞ





動画ではAVに強制させられて出演した女性を救出するための「ヒューマンライツナウ」という人権団体が、調査の名目で政府から費用が捻出されていることに異議を唱えるものです。このヒューマンライツが過去に国連の関連イベントなどを通じて戦時中の慰安婦について「性奴隷説」を唱え、国際社会に広めた団体であるとしてこのいかがわしい団体の言うことを信用できるのか?と噛みついたという流れです。



戦時中の慰安婦問題については議論を深め反論すべきところは反論すれば良いのですが、AV強制は別の問題であり社会問題として大きくクローズアップされており行政としても問題視して真摯に取り組むべきです。ところが杉田はなぜか「AVは人気があり職業につきたい女性は多くて引く手あまたで狭き門なんだそうです(23分37秒頃)」とAV問題を矮小化させるような発言をしてしまいました。



AV強制問題など小言であり政府が取り組むべき問題なのか?との杉田の質問に答弁に立った野田聖子大臣から少数でも深刻な問題であり丁寧に拾い上げるべきと杉田のAV強制問題軽視を暗にたしなめるような答弁をしたことで逆上したのでしょうか、被害の実態があるにも拘わらずAVは人気があるとか問題の本質をすり替えるところが姑息ですね。






上の質疑についてまとめたブログもありますので紹介します。


杉田水脈衆議院議員は政治家だけでなく人間としても失格です。香西咲さんたち被害者を愚弄しています。国会での発言は虚語に満ち溢れたものでした(URL)



この質疑について批判の声が寄せられることになるのは仕方が至極当然と言えるでしょうね。







杉田に充てたリプライじゃないのに嗅ぎつけて反論しているところを見ると質疑の反応にかなり動揺したのでしょうね。









憧れという表現は見当たりませんが、引く手あまたとか狭き門とかそれを匂わせている表現をしているのは不味かったですね。偏った視点からでしか物事を見ることのできないバランス感覚が欠落した人なのでしょうね。



















杉田は維新で落選してから浪人生活を経て安倍自民に拾われた訳ですが、こういう少数の意見を蔑ろにするとは政治家としては失格です。ただ今の安倍政権自体がそういう体質ですからある意味拾われるべきところに拾われたとも言えるでしょう。今取りざたされている森友加計問題を大したことないと本質を逸らし矮小化に躍起となっている自民党を象徴する国会議員であると言えるでしょう。女性でありながら男優位社会に媚びて女性蔑視に加担している似非保守期待の星、杉田水脈こそ国益を損ねる国会議員です。次の選挙ではとっとと下野して貰いたいですね。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 23:17| Comment(0) | 杉田水脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート