2018年06月05日

ヘイトスピーチはダメでも言論弾圧OKがまかり通るニッポン

ヘイトスピーチ法案について久々に取り上げたいと思います。国がヘイトスピーチ法を施行してちょうど2年経過した訳ですがこの法案は罰則規定はありません。しかし2年経過して明らかになったのが反ヘイトスピーチを盾に言論を封鎖させようとする弊害がもたらされていることです。








川崎市の施設で行われる予定だった弁護士を交えての講演会が、主催者がヘイトスピーチを普段から行う人物だとして反レイシスト団体が動員をかけて会場に押し寄せて、中止に追い込まれてしまいました。上のYahooニュースは普段から反レイシスト運動に加担している神奈川新聞の石橋記者の記事ですが、言論弾圧を是とした反レイシスト団体に加担するような内容であり、地方紙とは言えマスコミも加担して言論弾圧を敢行する社会とは正直恐ろしく感じます。




そもそも今回中止に追い込まれた集会とは「ヘイトスピーチを考える会」という題目の講演会であり、先述した通り弁護士も交えての討論会を行うものでありヘイトスピーチが飛び交うなんて想定できないのですが、単に主催者が気に食わないという理由から今回の妨害行為へと発展したものと言えます。








妨害した側としてはヘイトスピーチを発する前に中止に追い込んだから良かったと思っているかも知れませんが、傍から見れば発言の機会を奪う立派な言論弾圧行為であり民主主義の否定行為です。それに会場を貸した川崎市はヘイト関連の集会では事前に利用を許可しないというガイドラインがあり、それが許可されたものです。それを力づくで阻止する行為こそが違法であり妨害者は山口弁護士の見解の通り威力業務妨害で裁かれるべきです。












猪野 亨(いのとおる)弁護士は以前、余命三年の集団訴訟を取り上げた記事で彼のツイートとブログを否定的な見解から紹介しましたが今回は同意します。ヘイトスピーチとレッテル貼りをして言論弾圧を正当化させることが許されていいはずがありませんし民主主義の否定です。ヘイトスピーチ反対を唱えるのはいいとして法案・条例を盾に過剰解釈して言論弾圧するなど許されていいはずがありません。しかもこの反レイシストと称する連中の中に国会議員もいるのですからどうしようもありません。











この連中に対しては民衆から批判の声はあがっても賛同する声は皆無です。しかもそれを自覚できていないのですから救いようがありません。そしてこの連中は反安倍を唱えていることから政権支持率が一定水準から落ちない一因となっていることもありいい迷惑です。



いずれにしても言論の自由を脅かし、言論弾圧も厭わないヘイトスピーチ法案・条例は日本に弊害をもたらす結果となりました。反ヘイト連中は中止に追い込んだことで今後更にヒステリックになり行動が過激化していくことになるでしょう。対する勢力は反発を強め、一部の精鋭化したグループが暴走し対立が深刻化することにもなりかねません。百害あって一利なし、こんな法案・条例すぐにでも廃案にすべきです!!




(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 19:11| Comment(0) | ヘイトスピーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート