2018年05月29日

自治体へ嘘をついたと公表し自らの評判を貶めることになっても安倍を守りたい加計学園

世間では日本大学のアメフト部の違法タックルが問題となり大学の評判を著しく損なう事態となっていますが、その日大と双璧もしくはそれ以上に評判を損なう事態に陥っているのが加計学園が運営する大学グループです。


加計学園.PNG


愛媛県が国会から要請され提出した安倍総理と加計理事長が2015年2月25日に会ったとされる忘備録のメモについて首相官邸と加計学園側は面会していないと反論していました。愛媛県と官邸+加計の主張が食い違う展開となりどちらかが嘘を付いていたことになるのですが自民党ネットサポーターは愛媛県側がフェイクと決めつけ中村知事がネット上で叩かれる事態となりました。










愛媛県はフェイクだと虎ノ門テレビで力説していた百田尚樹を始め、高橋洋一、上念司、有本香、渡邉哲也と名だたる自民党御用著名者共やネットサポーターズがこぞって中村愛媛県知事を総攻撃、おまけに加戸前愛媛県知事まで安倍を貶めるとは何事か!?と現知事を批判する事態となりました。確かに当日は国会質疑と重なっていて安倍総理は日中身動きが取れませんでしたのでメモの内容否定論に推される形となりました。




ところが今度は今治市から愛媛県と同調する回答があったことで情勢は一変、慌てた加計学園がマスコミにファックスで愛媛県と今治市に嘘の伝聞を伝えたことを発表しました。これにより愛媛県の忘備録とされるメモは伝え聞いたことを正確に記録していたことが証明されました。



加計 ファックス.PNG



愛媛県は捏造する必要性がないのにここまで散々愛媛県を叩いてきた連中は謝罪も撤回もせずとはホントにろくでもない連中ですが、それよりも酷いのがこの一連の流れを受けての先日の予算委員会の答弁に立った安倍総理です。加計学園のファックスについては「コメントしようがない」嘘を付かれたことにも「抗議する必要はない」、愛媛のメモについて問われると「コメントする立場にない」と野党の質問にまともに答えられなくなりました。








野党からの追及質問にまともに答えられず得意の論点をはぐらかしに終始、これに怒った小池晃議員から「ご飯論法」と揶揄されるなど膿を出しきると言い切った恩人とは思えぬ振舞い。山本太郎議員から「膿はあなたです」と綺麗に締められるなど内閣総理大臣としての権威も糞もあったもんじゃないですね。








加計学園側としてはこれでいいんでしょうかね?国家戦略特区として学部新設したことはいいとして、なぜ後になって嘘をついたとのファックスをマスコミに送ったのか。ファックス一枚だけで関係者は表に出てこないのでは後ろめたいことがあるのではと勘繰ってしまいます。ましてや自治体関係者に嘘を付いていたのですから補助金詐取と捉えられても仕方がありません。公の場で説明しないと学校法人としての信頼性に拘わることになるのですがね。学園に通う学生や保護者にも説明しないつもりなのか!?風評被害を助長しているのは加計学園そのものであり不信感極まりません。



これで幕引きとか許されません。安倍は鈍感力が麻痺したのか野党の揶揄も気にならないようですし、野党が要求した関係者の国会招致を一切拒否しているようですから真相解明する気はないようです。こんな総理大臣をのさばらせることは民主主義の否定であり国益を損なうだけ、自分で辞めると考えることもできないようですから国民の力で全力で引きずり下ろすしかないようです。



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:30| Comment(0) | 森友加計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート