2018年05月25日

安倍護衛隊の超優秀女傑である杉田水脈さん、張り切り過ぎて墓穴を掘るの巻

国会では破棄された言われている森友の公文書が見つかったり、安倍総理と加計幸太郎氏が3年前に官邸内で会談していたと記載されるメモ紙が愛媛県から提出されるなど次々と出てくる新情報に対し安倍政権は後手後手の不味い対応に終始し、身内の自民党内からも批判が噴出するなどもはや取り繕うことも困難な状況となりました。こんな防戦一方の安倍ちゃん政権ですが、売国政策には一切目を噤んで、野党ガーとかマスゴミガーと批判の矛先を交わす活動を展開しているネットサポーターズの援護もあり誤魔化しで延命している状況と言えます。



ネットサポーターズのツイートを見ていると教養も知性もなく政権批判逸らしのために批判者への攻撃に躍起になっていることが分かります。そんなネトサポと同レベルの国会議員まで存在するのですから世も末です。



杉田水脈ツイッターアイコン.PNG







事の経緯は衆院本会議で登壇した柚木議員が、過労死で亡くなられた遺族を野党が国会に招致していたこともあり「働き方改革法案」を過労死に繋がる法案だとして批判意見を述べたのですが、それに対して自民党の杉田水脈議員が「パフォーマンスに利用するな!」とヤジったということです。



パフォーマンスかそうでないかはともかく、「働き方改革法案」を国会に提出した与党側は法案に反対の意見を述べるために陳情に訪れた遺族に対し、意見に耳を貸すこともなかったのにこの杉田のパフォーマンスだというヤジは遺族の心情から言えば許しがたいものであると言えるでしょう。データ改ざんが疑わしく、労働者奴隷制度と多くの専門家が指摘する高度プロフェッショナル制度を是認するその神経、そして開き直りともとれるこのツイートに批判のリプライが大量に寄せられることになったのは言うまでもありません。





ところが、杉田はこうした批判の声に一切聞く耳をもたず悪びれることなく批判に当たらないと捲し立てているのです。











審議拒否した野党批判も織り交ぜて弁明するという悪態ぶりには反吐が出そうです。真偽拒否したのは安倍政権でのデータねつ造破棄が元なのに野党へ責任転嫁とはまんまネトサポが議員やってるようなもんですね。こんな詭弁を捲し立てて自分の主張を正当化できると本気で思っているのでしょうか。



類は友を呼ぶというか同じ自民党内で杉田の意見に賛同し野党攻撃をするクズもいます。この長尾たかしも杉田と同じく他党から安倍に拾われたという共通点があり政権擁護して安倍ちゃんにアッピールしたいんでしょうかね。








杉田水脈に関しては政権を強烈に批判している大学教授の山口二郎の科研費についてツイートで噛みついていたことも話題になりました。









反安倍で虫の好かない人間だからと標的にしたのでしょうが、科研費は査読を通った研究計画に基づいて承認されるものであり、査読を通ったのにけちをつけられてもどうしようもありません。叩くなら査読を通した学術支援機構か文科省を叩くべきなのに、自分が国会議員ということを忘れて言いたい放題とは呆れるばかりです。この杉田の科研費批判は国会で問題視され逆に批判に晒されることとなりました。










同じ安倍シンパの足立くんにまでこの問題について謝罪を突き付けられるとは思わなかったでしょうね。まさかの内ゲバ展開となりました(笑)









自分の無知を恥じるべきですが、この杉田とか和田政宗とか他党から拾われた自民党の新参者はこうするしか自民党で生き残る道はないのでしょう。だがそれも安倍ちゃんが政権に座っている間だけなのですがね。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:38| Comment(0) | 杉田水脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート