2018年05月22日

橋下徹の参入で争点がぼやけてきた大量懲戒請求問題について

ここ最近ネットを賑わせている弁護士への大量懲戒請求について、弁護士からの反撃を喰らい逆に批判に晒されていた1000名の懲戒請求者と煽動した余命ブログやそのシンパでしたが、ここに来て思わぬ救世主が現れました。





橋下徹前大阪市長
が懲戒請求を受けた弁護士に対し、脅迫行為にあたると怒りのツイートをぶちまけたのです。











この橋下ツイートにより青息吐息だった懲戒請求者や余命支持者は息を吹き返し、ささきりょう、北周二両弁護士へ反撃ののろしを上げることとなりました。



またこの動きに呼応するかのように猪野亮・高島章両弁護士が賠償請求に異を唱えており、小坪しんや行橋行橋市市議はこの賠償請求を国民権利の抑圧だとして懲戒請求をかけるようです。















頼もしい援軍の参入により今回懲戒請求した者や余命ブログとそのシンパは大喜びとなり、これによりこの問題の本質である余命ブログによる不当懲戒請求の問題がややぼやけてしまうことになりました。橋下などジャーナリストに対して否定的なツイートをしただけで100万円の損害賠償の提訴するくらいの恫喝者なのになぜ今回の騒動に擁護する形で首を突っ込んだのか理解に苦しみます。









そもそも今回対象となった大量懲戒請求を煽動されるきっかけとなった朝鮮学校無償化に加担しているとされる弁護士ですが、ささき・北両弁護士は一切加担していないことも分かっています。ささき弁護士は余命ブログの著書を発行している青林堂内部のパワハラ問題を担当している弁護士さんであることから余命と青林堂と結託して私怨でデタラメな懲戒請求を煽った可能性が強いでしょう。北弁護士などささき弁護士が受けた大量懲戒請求に対して異を唱えただけなのに逆鱗に触れての同じく大量懲戒請求されてしまったのです。




よって二人に対しては適切な懲戒請求事由ではなく、余命による八つ当たり的な要素が強い不当懲戒請求であると言えます。一人当たり60万円の訴訟と5万円の和解金について適正な金額かは判断できかねますが、身に覚えのない懲戒請求については一市民であろうが煽動されたであろうが反撃するのは当然であると言えます。



訴訟額や和解金についての金額の是非については法廷で争ってもいいでしょうが、悪ノリしている小坪議員など余命の煽動行為を一切無視して、弁護士への敵対心を突き付けるなどまったくもって理解不能です。なぜ間に入って仲介しないのか?煽られた請求者への相談に応じないのか?この小坪の行動に賛同者は拍手喝采のようですが、傍から見れば結局保守と反日左翼の抗争に祭り上げてその抗争の中心にいたかったのではないかと捉えられるほど呆れる行為です。




とは言え弁護士側の対応も不味いものです。ささき弁護士の言われなき懲戒請求には同情しますが、懲戒請求した者をネトウヨ連呼したり、おとしまえとか震えてまてとか恐怖心を煽ったりと冷静さを求められる弁護士の言動としては品がなさすぎますね。













そして上記のツイートで名前が挙がっている神原元弁護士も同じく大量懲戒請求を突き付けられた当事者ですが、これまでの言動や活動・大量懲戒請求後の悪態ぶりなど見ればささき弁護士などよりも懲戒請求を受けるに相応しい人物でしょう。






シバキ隊と精通し、偏った思想と敵対する相手への非道な挑発行為を見てもこの男ほど懲戒請求に相応しい男はいないでしょう。右とか左以前に弁護士としてだけではなく、人間の資質としても問題のある神原相手なら懲戒請求は突きつけられても当然です。しかしどの弁護士に懲戒するにしても相手は法律のプロですから反撃されることを覚悟して臨まなければなりません。




長々と書き綴りましたが、この騒動の元凶は賛同者をさんざん煽って自分は懲戒を出していない余命ブログです。騒動について多くの人間に迷惑をかけたことについて反省もせず、橋下の助太刀もあり再び支持者を煽り立て敵を挑発する行為を見るからに一度痛い目に遭わせないとまた同じことを繰り返すことになるでしょう。




posted by yuuponshow at 18:37| Comment(0) | 余命ブログ懲戒請求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート