2018年05月11日

余命三年時事日記の懲戒請求に加担していた渡邉哲也という自称・経済評論家

柳瀬元首相秘書官の参考人質疑が行われましたが、役人らしくのらりくらりと追及をかわす弁明に終始していたという印象です。これまでの愛媛県・今治市職員とは会ったことがないという主張を、会ったことがあるかもしれないと修正していたのはいいとして、総理秘書官という立場でありながら職務における事後報告を安倍総理に対して一切していないとかあり得ない答弁を行ってしまいました。突っ込みどころ満載の柳瀬証言でしたが、安倍総理の証言と辻褄を合わせるためと考えれば無理やりそうするしかなかったのでしょうか。











今回の参考人質疑は柳瀬氏の他になぜか八田達夫国家戦略特別座長を衆議院に、加戸守行前愛媛県知事を参議院に参考人として呼んでいます。野党が要求していないこの二人を呼んだ理由は政府側に都合の良い人物であり、加計学園獣医学部創立の正当性を訴えたかったからに他ありません。実際に二人とも獣医師会からの圧力にかかわる裏話や創設に漕ぎつけた苦労話を述べていましたが、そんなもん今回の参考人質疑の主旨とは関係ないことです。





そもそもなぜ加計学園問題が一年以上こじれているのかと言えば安倍総理の「かかわっていたら総理を辞める」という余計な答弁が引き金となったからでありその後、証言の矛盾点が次々と明らかになってこじらせたことに他なりません。こんなもんサッサと幕引きできたはずなのに話をこじらせた安倍こそが最大の戦犯なのです。首相秘書官という職務でありながら首相への報告を放棄したと堂々と宣言する面の皮の厚さと、それを平気で見過ごす首相と官邸にも問題です。今回の更に国会で尾を引くことになるでしょうが、これも因果応報、安倍政権のまいた種です。






話しは変わって先日ブログで取り上げた余命三年時事日記の懲戒請求問題ですが、ここに来て新たな人間がクローズアップされることとなりました。


渡邉哲也 懲戒請求.PNG



このツイートは2017年の10月で、丁度余命ブログが煽り立ててそれに触発された読者が当該弁護士に懲戒請求を送りつけたまさに真っ最中の時期です。懲戒請求を煽動した余命ブログはまさに煽動の首謀者ですが、こうした煽動を助長するようなツイートは共犯者とも言えるでしょう。しかもこの渡邉哲也のこのツイートは数多くリツイートされたり、引用して煽り立てるツイートも散見されるなど十分共犯レベルの煽動行為を行ったと言えるでしょう。












ところが今回弁護士が懲戒請求者への反撃に出ると情勢は一変し、渡邉哲也を始めとしたこれらの扇動者はこの件には一切語ることはなくなりました。そして逆に無責任な扇動者として批判のツイートが寄せられていますが、渡邉はこれについて評論しているだけで煽動していないと弁明する始末です。










そのツイート通り、被害者である弁護士も渡邉哲也のツイートを問題視しているようです。







それでも私は煽動していない、論評しているだけダー!!!と自論を曲げることはしません。しかしこういうのっていくら詭弁を押し通しても他者から煽動したと捉えられればどうにもならないのですがね。しかも被害弁護士までも渡邉のツイートを問題視しているのだから反論の余地なしだと思います。
















ということでお決まりの台詞である「お困りの人が湧いてるなぁ」と呟き反論者をブロックしてしまいましたとさ(笑)




渡邉哲也と言えばパレルモ条約で嫁のデマを拡散してしまい、それの謝罪も訂正もしなかったことで胡散臭さが露呈することになりました。謝ったら自分の言論にキズがつくのかわかりませんが、こういうの拡散されてる段階で評論家などと称する資格などない人間です。煽っておいて情勢が不利になると知らぬ存ぜぬ、煽動したという自覚もなく平気で裏切り知らん顔、これって人間のクズそのものですね。








それにしてもこのブログで最初に渡邉哲也を取り上げたのが自民党工作員のfuzitaを窘めたもので、その時は好意的に取り上げたのですがここまでおかしな人間であるとは思いませんでした。fuzitaも渡邉も同じレベルだったということですね(^_^;)

posted by yuuponshow at 18:30| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート