2018年05月01日

ネトサポと同レベルの知能しかない安倍チルドレンの無様な擁護&野党攻撃

世界中が注目した朝鮮半島の南北首脳会談と、それに先立って行われた中朝首脳会談を見て分かるように北朝鮮が融和路線にシフトしています。この後アメリカとの首脳会談も控えていることから国際情勢を取り巻く環境は激変していると言っていいでしょう。そんな中で日本としては拉致問題解決に繋げることが最重要課題であると言えるのですが、北朝鮮との直接的な交渉することもなく当然首脳会談もないことから日本の置かれた状況としては「蚊帳の外」と言われています。




安倍政権の方針は北朝鮮への圧力を掛け続けることを優先し、交渉事は一切してこなかったのですからどうしてもわき役に徹せざるを得なくなります。今回北朝鮮が南北首脳や米国との首脳会談が実現したことについては、圧力の成果が出たとも言えますが、直接交渉していないことから拉致問題などの窓口交渉については韓国や中国、米国頼みになります。




しかしこれは安倍政権の決めた方針なのですから今更しのごの言っても仕方がありません。私としても拉致問題は一刻も早く解決して貰いたいと願っていますから直接交渉できなくても解決の道筋が整えば何も言うことはありません。蚊帳の外などと揶揄されても拉致家族が戻ってくれば万事目出度いことなのですから。




ところがそういう外野の批判の声に我慢ならないのか政権内部や与党議員からは一連の首脳会談実現は日本の成果、安倍政権の成果であると猛アピールしています。













日本側の成果をアピールするのはいいのですが、かなり誇張し過ぎですね。特に和田政宗は日本側がイニシアティブを取ったとか身内を持ち上げすぎる様は見ていて気持ち悪さを感じずにはいられません。直接交渉できずに外国頼みであることは変わりはないのに調子に乗り過ぎでしょう。度の過ぎた財務省への質疑で自民党内部からも批判され議事録から削除される羽目になった和田くんはまったく反省の色がないようですね。



太田理財局長 ご容赦ください.PNG





安倍政権を持ち上げるツイートをする暇があったら政府に拉致家族の訴えの窓口を設けるなど働きかけるべきでしょう。わざわざ拉致家族がアメリカに足を運んでアメリカ大統領に拉致解決の訴えを要請するなど日本政府に期待を持てず信用していない裏付けにしか映らないのですがね。












無能な味方の存在は却って足を引っ張るよい典型ですが、そんな人物は自民党にたくさんいるのですから困ったものです。













野党が審議拒否している理由が、文章改ざんや隠蔽などの問いかけに対して政権が一切答えていないからなのすが、杉田水脈はそれを理解しているのでしょうか?この一年事実と異なるデータを元に審議が進められていたことは非常に問題であり、国益を損なう行為です。実際に外国では事実と異なる説明をしたことで引責辞任にまで追い込まれているのです。









ネットサポーターと一緒になって野党を揶揄する暇があったら政府にきちんと説明責任を果たせよと苦言を呈するべきなのですがね。和田にしろ杉田にしろ他党出身ですから拾ってくれた安倍政権に恩義を感じて必要以上に擁護してるのでしょうが、自党の不始末には一切言及しないとは呆れるばかりです。こういう連中は安倍退陣となれば共に消え去る運命でしかありません(笑)



posted by yuuponshow at 22:40| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート